最近のBlog

📚

 

静岡市 駿河区 塾 学習塾、 数学、英語、算数  中学生 小学生 葵区、清水区からでもOK

 

 

 

いつも読んでいただき

ありがとうございます

🌸🌸🌸🌸🌸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のブログ📚

 

 

 

 

静岡市 駿河区 塾 学習塾、 数学、英語、算数 中学生 小学生 葵区、清水区
静岡市 学習塾 塾 駿河区
問題を解いて自己採点をして「自己採点ミス」😢 自己採点でミスをしてはいけませんが、小学生には多いんです(T_T) だからと言って、「〇つけをやってあげる」のではなく、自分でミスに気づけるように自己採点することが大切と考えます💡 【静岡学習塾】

 

 

 

 

 

 

2月8日 (土)

 

 

 

 

 

「できないものを

できるようにするのが勉強」

 

 

 

 

こんにちは、西ヶ谷です。

 

 

 

 

昨日からのつづきになります。

 

最近のブログ(👈click)

 

 

 

 

練習=普段の勉強

本番=テスト

 

 

 

 

と考えた場合、

正解〇の判断の仕方は

練習と本番では

逆の意識で、

というお話しでした。

 

 

 

 

勉強だけでなく

スポーツでも同じだと

思うんです。

 

 

 

 

スポーツの練習だって、

うまくいかなくても

ポイントできていればいい、

 

 

 

 

なんてことを考えながら

練習しないと思います。

 

 

 

 

まぐれは継続してつづかない

ものです。

 

 

 

 

練習では、

しっかりとした技術を

身に付けるために、

 

 

 

 

納得がいかなければ

同じ練習をくり返すはずです。

 

 

 

 

簡単に結果に納得せず

自分に厳しく練習を課すほど

上達するものではないでしょうか❓

 

 

 

 

もっと、うまくなろう、

もっと、うまくやろう、

 

 

 

 

そんなふうに思って

トレーニングをしているもの

だと思います。

 

 

 

 

つまり、

普段からやっている勉強は

すぐに正解扱いにする

のではなく

 

 

 

 

納得いかない場合は

×をためらいなくつける

べきです。

 

 

 

 

そして、

自信をもってできなかった

問題を改めて解く。

 

 

 

 

こんなこと、

あたりまえのことのように

聞こえる方もいるかも

しれませんが、

 

 

 

 

自分の力でしっかりできた

わけでもないのに

をつけたがる

 

 

 

 

あるいは、

たまたまの正解なのに

 

 

 

 

を欲しがる生徒さんが

結構いるんです。

 

 

 

 

だから、生徒さんたちに

言うんですが、

 

 

 

 

自分でやった答案には

×をどんどんつけるようにと。

 

 

 

 

ええっ😲

 

と驚く生徒さんもいますが、

これは本番のテストじゃなく

練習なんです。

 

 

 

 

練習では、どんどん🙅をつける、

本番では、何がなんでも🙆

ゲットする。

 

 

 

 

練習と本番とでは

この逆🔁の意識が大事なんだと。

 

 

 

 

練習で×の数が多ければ

多いほど、

 

 

 

 

そして、

その×に変える練習を

していればしているほど

 

 

 

 

実力は上がっていくものと

考えています。

 

 

 

 

がつけばうれしい、

をもらえればうれしい、

 

 

 

 

それはわかりますが、

それを練習段階でやって

しまっては

 

成長の伸びしろは小さくなります。

 

 

 

 

練習段階では×になった

ときに喜ぶべきです。

 

 

 

そんなときにこそ、

「できたー」

 

 

 

 

と自然に声が上がるものです(笑)

 

 

 

 

 

(声を出さずとも

心で叫んでるのでは

ないでしょうか❓)

 

 

 

 

「せんせえ~、できました~」

「せんせえ~、できました~」

「せんせえ~、できました~」

「せんせえ~、できました~」

 

 

 

 

1回1回わざわざ

報告しなくていいよ(苦笑)

 

 

と内心思いながらも、

 

 

「おお~、ヨッシャー👌」

 

 

と言ってみたくも

なるわけです。

 

 

 

 

そんなわけで、

テスト本番と普段の学習である

練習とでは、

 

 

 

 

「真逆」の意識で

取り組んでほしいと思います。

 

 

 

 

今まで、見えなかったものが

見えるようになってくると

思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月7日 (金)

 

 

 

本番(テスト)と

練習(普段の勉強)

では逆の考え方で

🔁

 

 

 

こんにちは、西ヶ谷です。

 

 

 

 

面接のお話しをつづけて

きましたが、

 

 

 

最近のブログ(👈click)

 

 

 

 

今回は違うお話しをさせて

いただきますね。

 

 

 

 

また面接の話しかよ、

と言われないために(苦笑)

 

 

 

 

課題のある生徒さんには

 

 

 

 

入試や定期テスト、

学力調査、

小テストなど

 

 

 

 

テスト本番では、

自分の評価に

関わってくるため

 

 

 

 

少しでも得点することを

考えなければいけない

(ガメつく)

とお話ししています。

 

 

 

 

そのため、

テストの用紙は

できるだけ空欄をつくらない

ようにします。

 

 

 

 

たとえば、

選択問題については、

わからなくても空欄に

しないで、

 

 

 

 

アとかイとか➂とか

なんらかの文字や数字を

入れるようにします。

 

 

 

 

選択問題でなくても

数学であれば、

カンで数字を書き込んだり

することができます。

 

 

 

 

テキトーな数字を空欄に

放り込むのも

 

 

 

 

カンの働かせ次第では、

「的中🎯」

の確率を上げることができます。

 

 

 

 

(すみませんが、

ブログでは、コツに関しての

解説はしません🙇)

 

 

 

 

スマートに得点するのも

泥臭く得点するのも

 

 

 

 

同じ点には変わりありません。

 

 

 

 

本番のテストでは

どんなことをしてでも

点数を上げることを考える

べきと思います。

 

 

 

 

(もちろん、不正はいけませんよ🚫)

 

 

 

 

スポーツでも同じです。

 

 

 

 

テニスなら、

鮮やかなパッシングショット🎾で

奪ったポイントも、

 

 

 

 

ラケットのフレーム

への当たり損ねの

なさけない👻

フレームショット( ;∀;)

でとったポイントも、

 

 

 

 

同じ点であることに

変わりはありません。

 

 

 

 

サッカー⚽でもそうです。

 

 

 

 

誰もがうなる

中村俊輔かと思わせる

 

回転の利いた

正確なフリーキックによる

シュートによる1点も、

 

 

 

 

ゴール前で、

ダサくもコケながらも、

 

 

 

 

それでもなんとかと

泥臭くとった1点も

同じ1点で1点で

価値は同じです。

 

 

 

 

テスト本番では、

なんとしてでも得点してやろう

 

 

 

 

という意識をもって

もらうことが大事です。

 

 

 

 

結果オーライでも

結果を出すことが必要です。

 

 

 

 

ところが、

普段の勉強は、

本番のテストで点数を

とるためにやっている

「練習」です

 

 

 

 

練習となれば

話しは全く変わってきます。

 

 

 

 

練習から、

当てずっぽうでもいいので、

得点してやろう、

当たればいい

 

 

 

 

などと考えてはいけません。

 

 

 

 

よくわからなかったけど、

たまたま正解になっていた

 

 

 

結果オーライ👌

 

 

 

 

という考え方はナッシング~

👍🚫です。

 

 

 

 

たまたま当たったラッキーは

あくまでたまたまであって、

 

 

 

 

多くの場合は

再現できずに外れ×になります。

 

 

 

 

まぐれ🎯は正解にしては

いけません。

 

 

 

 

記号問題でわからないとか

自信がなければ

 

 

 

 

練習段階では、

空欄でいい、いや空欄がいい

 

 

 

(感覚的にこれかな、

という場合であれば

とりあえず解答して、

 

 

 

あとから見直すための

チェックをいれておく

といいと思います。)

 

 

 

 

正解できても

自信のない状態だと、

 

 

 

 

本番で自信がない解答をする

ことにつながりますので、

 

 

 

 

しっかり練習段階で

理解をしておく必要が

ありますね。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

当塾の小学生の生徒さん👧が作成したスケジュールです。
当塾の小学生の生徒さん👧が作成したスケジュールです。

 

 

 

 

 

 

1月8日 (水)

 

 

 

 

勉強をしてどんな🉐があるのか❓

 

 

 

 

 

こんにちは、西ヶ谷です。

 

 

 

 

年の初めということもあり

ある生徒さんたちに

 

「勉強してどんな得があるのか❓」

 

 

 

質問しています。

 

 

 

 

「なぜ勉強しなければいけないのか❓」

 

 

とはちょっと違います。

 

 

 

 

なぜ勉強するのか❓

 

の中には他への貢献、

などが含まれると思います。

 

 

 

が、

 

 

 

得をする、

ということは、

ダイレクトにモチベーションに

つながるものだと思います。

 

 

 

 

人間、得にもならないことは

なかなかやる気には

ならないものです。

 

 

 

 

なので、あえてそれをテーマに。

 

 

 

 

だから、

今回は、あえて🉐という言葉を

使ってみました😊

 

 

 

 

勉強するといろんな得がある

と思います。

 

 

 

が、聞いてみると😲

 

 

 

 

考えられる得はいろいろ

あると思うのですが・・・

 

 

 

 

たとえば、

「外国人とコミュニケーション

とれる」

という意見がありました。

 

 

 

 

それはそれでいいと思いますが、

 

その生徒さん、

そんな希望があるようには

ちょっと・・・💧

 

 

 

 

「勉強を教えることができる。」

こちらも同様です💧

 

 

 

 

これでは、

勉強に対するモチベーション

なんて上がりませんよね。

 

 

 

 

「建前」では

本気になんてなれません。

 

 

 

 

だから、

現実的なお話しもしました。

 

 

 

 

「仕事の選択肢が増える」

⇒やりたい仕事に就ける

 

 

つまり、その逆なら、

やりたい仕事もできない。

 

 

 

 

「稼げる」

⇒お金は大事です。

 

 

 

お金はいらない、

と言っていた生徒さんも

いましたが、

 

 

 

それは、今は、

直接、自分が不自由して

ないからですよね。

 

 

 

 

他にも、

勉強して得することは

いろいろあります。

 

 

 

イメージがいい、とか、

 

 

 

視野が広がる、

 

 

 

などなど、

 

 

 

 

 

仕事、賃金についてだけで、

いろんなお話しができます。

 

 

 

 

 

さすがに、勉強してなんの得が

あるのか考えてないと

 

 

勉強に対するモチベーション

なんて、

とてもとても

上がるはずないですよね。

 

 

 

 

生徒間での認識の違いが

驚くほどに大きんです。

 

 

 

 

 

👧「勉強したって、役にたたない

ことも多いじゃん」

 

 

 

 

🚹「もちろんです。

連立方程式とか、二次関数なんて

直接、役に立たないでしょう。

 

 

 

役に立たなくても

絶対にためになるんです。」

 

 

 

 

っていうと、

生徒さん黙ります (笑)

 

 

 

 

 

どのように役に立つのか❓

 

質問をお待ちしています(笑)

 

 

 

 

 

静岡学習塾 静岡市 塾 駿河区 学習塾
こちらは「経営の神様😇」パナソニックの創始者の松下幸之助さんの言葉です。成功する会社は成功するような方法で仕事をしているから成功するし😊、失敗する会社は、失敗するような方法でやっているから失敗をする(T_T)。 勉強についても全く同じで、できるようにならない方法、覚えられない方法で覚えようとしても、失敗するのは当然なのでは、と思います(>_<)☝。 塾で様子をみていてもよくわかります。

 

 

 

 

 

12月13日 (金)

 

 

 

 

「人体モデル買って」💀💥

 

 

 

 

小学生で

理科が比較的苦手な

生徒さん👩がいるんですが、

 

 

 

とくに、人間の体の中

よくわからないとのこと

でした😲

 

 

 

 

そこで自慢のnice body

 

 

 

 

いやいや👋

 

 

 

すっかり余計な🥩がついた

My Body(泣)を指して👉

聞いてみると

 

 

 

そう、とのこと。

 

 

 

 

理科というと、

範囲はいろいろで

人体の「解剖」については

 

 

 

 

その中のほんの一部なんですが

 

 

 

 

これをきっかけに

理科自体に興味をもって

もらえればと思い、

 

 

 

 

人体についての勉強を

してみることにしました💡

 

 

 

 

さて、ネットで

参考になるものはないかと

調べていると

 

 

 

 

その生徒さんが

 

 

 

 

 

 

「人体モデル買って」💥

 

 

 

 

 

 

と言ってきました😲

 

 

 

 

まじかー

 

 

 

どんなもんかは

わかってはいるものの

 

 

 

 

実際に調べてみてみると

 

 

 

 

う~ん、

なかなかエグいな💧💧💧

 

 

 

 

なになに❓

 

これで

「ここが心臓、ここが大腸だよ」

 

 

 

って教えるっちゅうんですかい💧

 

 

 

 

 

 

待てよ、

実はやってみたらなかなか

おもろいかも😁

 

 

 

なんて思ってみたりして(苦笑)

 

 

 

 

というわけで、

人体モデル買うか買わないか、

 

 

 

只今検討中✋(笑)

 

 

 

 

買うにしても

そんなにデカいのは買いませんよ。

 

 

 

激しい拒否反応示す

生徒さんいるかもしれませんので💧

 

 

 

おしまい。

 

つづくかも、です(笑)

 

 

 

 

 

静岡学習塾
ケアレスミスは誰にでもあるもの。問題は、そのミスに自分から気づけているのか?です。自己学習をしていて、答え合わせをして、自分で自分のミスに気づけていないと進歩できません。「注意力」を働かせて勉強を進める必要があります。【静岡学習塾】

 

 

 

 

 

ベーシックダイヤル☎❓

😱

 

 

 

 

 

中学校の英語の教科書

Sunshineには

 

 

 

各セクションの最初に

「Basic Dialog」という

 

 

 

 

短い例文があります。

 

 

 

 

Basic=基本・基礎

Dialog=対話・会話

 

 

 

 

という意味になります。

 

 

 

 

基本会話ってことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が💥

 

 

 

 

 

 

 

 

このベーシックダイアログの

ダイアログを

 

 

 

 

ダイヤル

と言っている

何人もの生徒さんがいました💥

 

 

 

 

はあ❓

ダイヤル❓❓❓

 

 

 

 

その度、

ベーシックダイアログ

だっちゅうに

 

 

 

 

と正しています。

 

 

 

 

ある生徒さん👩

(T_T)

 

 

 

「学校の先生も

ダイヤルっていってたと

思うけど・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

👋

 

 

 

ないない

 

 

言ってない、

言ってないでしょ!

 

 

 

 

 

 

📢

〇〇中学校のせんせー

 

 

 

 

「ダイアログ」って

しっかり強調しといて

くださいねー

 

 

 

犯人にされてますよー🚨

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで🙇

 

 

 

 

 

 

静岡市 駿河区 学習塾 塾 個別指導塾 数学 英語
自分が神ってるとのことです💧

 

 

 

10月28日

 

小テストをがんばることがなぜ大切か?(👈click) 

   

やるのは今でしょ!(👈click)

 

覚えてしまうのも「今でしょ!」(👈click)

 

 

 

 

 

10月21日

 

書き取りのための書き取りはそろそろ・・(👈click)

 

 

 

静岡市 静岡 駿河区 学習塾 塾 個別指導塾 数学 英語

  

 

 

Site Menu 

 

【ホームページ】(👈click)  

【お問い合わせ】(👈click)

短期集中特別講座(👈click)

最近のブログ(👈click)

こんな生徒様を募集(👈click)

授業料・時間割り(👈click)

塾生様・保護者様の声(👈click)

よくある質問(👈click)

自己紹介(👈click)

入塾手順・ルール(👈click)

講習・イベント情報(👈click)

 塾生の部屋】(👈click)

概要(👈click) 

サイトマップ(👈click) 

 

 

 

 

 

  

静岡市 駿河区 塾 学習塾、 数学、英語、算数  中学生 小学生 葵区、清水区からでもOK
【こちらをクリックorタップ👆👆👆】でホームページへGo!