最近のBlog

📚

 

 

 

 

いつも読んでいただき

ありがとうございます

🌸🌸🌸🌸🌸 

 

 

 

🐱 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒さんへ

 

ああ学調対策

過去問やれば本当になんとかなるのかな❔❔

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 (-ω-)

 

 

 

学校でも学調の過去問を渡している

中学校もあるようで、

 

 

 

それを宿題にしている学校もあったね。

っていうか、どの学校でも渡してたみたい。

🏫

 

 

 

けどね、

 

 

 

その過去問やっても、

それが結果に結びついた

実感あったのかな❔❔❔

 

 

 

う~ん、って

考えちゃうくらいだから🤔

あんまり点数が上がった実感が

なかったんじゃないのかな。

 

 

 

もしも効果があったら、

「出た問題あった」って

きっと言うよね。

 

 

 

それも、そのはず、

 

 

 

学調は、出題範囲が広いから、

そんなわずかばかりの対策を

やったって、

 

 

 

焼石に水、

熱く焼けた石に水滴を落としても

ジュっと蒸発して、

ほとんど石は冷えない。

 

 

 

その程度の効果とは言いすぎかも

しれないけど、

効果はそんなに出るはずがないよ。

 

 

 

効果はそんなには、

ナッシング~👍

 

 

 

nothingとgoo(good)を

かけた言葉なんだけど・・・😞

 

 

 

💧あ、もう古いか、やっぱ知らないのね・・

 

 

 

 

 

それから中2ともなれば、

学調のテスト範囲はさらに広がるし、

 

 

 

3年生ともなると、

もう、ほぼ今までの中学の総復習

=「総決算」になるんで、

 

 

 

そんなちょろちょろっと

勉強したぐらいでは

びくともしないよ 😿

 

 

 

勉強した効果がナッシング(ない)

とはいわないけど、

 

 

 

学年が上がるごとに、直前の対策は

厳しくなってくるね。

 

 

 

普通に考えて、

2-3年間の勉強を

数週間でやってしまってなんとかしようって

 

 

 

虫が良すぎ、

むりに決まってるよね✋

 

 

 

だから、

過去問をやればなんとかなる、

なんて夢にも思っちゃいけないんだよ。

 

 

 

ただしね、

過去問をやることが全くむだなことだとは

思ってないよ。

 

 

 

 

 

それでは、

 

 

 

過去問をやることにどんな意味が

あるのかを話していくね。

 

 

 

 

 

★=過去問をどう活かす🤔

 

 

 

じゃあね、

学調(学力調査)の過去問をどう生かしたら

いいのかを話すね。

 

 

 

さっきも言ったけど、

過去問が役に立たないなんて、

ぜんぜん思ってないよ。

👋👋👋

 

 

 

過去問はその役割を考えて、

そのために利用することが

大事なんじゃないかと思ってるんだよね。

 

 

 

I think so.

 

 

 

 

 

過去問をどう利用するか❔

 

 

 

やるんだったら、

なんのために過去問をやるかを

考えないといけないね。

 

 

 

何事もそうだけど、

いまやってることは何のため、

って考えることは大事だよね。

🤔

 

 

 

 

 

ではでは、

過去問の利用目的について

考えてみたいと思うよ。

 

 

 

まず過去問を開いてみると、

全体的に学調って

ざっとどんなものかなって、

 

 

 

確認するんじゃないかな❔

 

 

 

まずは、

気になるところとして、

量を確認するんじゃないかな❔

 

 

 

僕だったらそうするかな。

 

 

 

何問くらい出てるのか、

いつもテスト時間内で問題が

やりきれてないとか、

 

 

 

いつもテスト時間ギリギリで

終わってる人は、

そんなところはとくに気になってるんじゃ

ないかな。

 

 

 

白紙にされた解答欄は100%

0点だからね。

 

 

 

 

そして、次に個別の問題、

大問と小問を確認していくよね。

 

 

 

問題番号が

1⃣とか2⃣とか、1)とか2)とか

なってるでしょ。

 

 

 

1⃣、2⃣が大問。

大問をみて、どんな分野の問題が出ているか、

 

 

 

そして、「難易度」がどんなもんかを

確認するよね。

 

 

 

難易度っていうのは、

問題が難しいかやさしいかの

 

 

 

その問題のレベルのことを言うよ。

 

 

 

そうやって、

問題の全体的なところを

把握(状況確認と理解)

するんじゃない❔

 

 

 

🤔💭

この問題ならできそうだ・・・

これはむりだ。

こんなの出てんだ。

など

 

 

 

 

学調って試験が

大体どのくらいの量で、

どんな形式で

どのくらいのレベルの問題が出てるのか

 

 

 

を知るよね。

 

 

 

 

これで、問題全体の雰囲気は

つかめたかもしれないね。

 

 

 

 

どんな試験でもそうだけど、

形式のちがう問題をいきなりやると

面食らうよ。

 

 

 

僕にも高校入試のときに

経験あるから。

 

 

 

当時は過去問集なんてなかった

(多分(笑))から、

 

 

 

入試本番で社会の問題を

みたとき、

 

 

 

「なにこれ、

学校でやってた実力テストより

レベルが高いよ。👀」

しまった。」

 

 

って思ったよ(苦笑)

 

 

 

 

よくみんなにも話してるけど、

 

 

 

 

行ったことがないところに

イキナリ行くより、

🚶‍♀️🚶‍♂️

 

 

 

一回下見をしてから、

行った方が不安がなくて、

そして目的地には行きやすいって。

 

 

 

だから、学調がどんなもんか、

過去問を事前にながめておくのは、

 

 

 

本番であわてないためにも

いいんじゃないかな、って思うよ。

 

 

 

次にどんな問題演習(練習)を

やったらいいのかについて、

お話しさせてもらいますね👐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい発音は

書くこと、読むことにも

影響すると思うよ。

📖🖊😲

 

中学英語

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

 (-ω-)/

 

 

 

 

英語は、

 

聞く、

話す、

読む、

書く、

 

 

 

が、できないとダメだよ、

 

聞くこと、話すことも、

発音ができないと、

できるようにはならないよ、

 

 

 

って、話しだったね。

 

 

 

南中のレジェンドたち👧

 

 

think フィンク

any 兄~

enough エノウグフ~

 

 

 

💧

 

 

 

これじゃ、サンドイッチマンにも

 

 

「何いってんだか、わかんない」🤷‍♂️

 

 

 

って、言われちゃうよ、

って、話だったね。

(笑)

 

 

 

 

さてさて💧

 

 

 

確かに聞くこと、話すことについては、

発音と関係があることを

わかってくれたと思うけど、

 

 

 

実はまだ、読むこと、書くことが

できるようになるためにも、

 

 

 

発音が大事だって

思ってるだよね。

 

 

 

 

読み書きについては、

声に出さないから、

単語の発音とは関係ないって

👋👋👋

 

 

 

 

思ってるからもしれないけど、

それは、ちがうと思うよ。

 

 

 

 

発音からスペル(つづり)が

想像できるからこそ、

 

 

 

 

単語が覚えやすくなるってのは

あると思うよ。

 

 

 

発音から単語のスペルは

だいたいの想像がつくものなんだよね。

わかならなかった❔

 

 

 

 

単語を覚えるために

発音のしかたを覚えるってことは

役に立つってことだよ。

 

 

 

だから、いつも、英語をしゃべって

しゃべって、って

言ってるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと詳しく説明するね。

 

 

 

単語ってのは、アルファベットの

組み合わせでできてるよね。

 

 

 

実際には

アルファベット同士の組み合わせで

発音が決まってくることが

多いんだよね。

 

 

 

もちろん、例外もあって、

絶対そうなるってわけじゃないんだけど。

 

 

 

それでも、

だいたい、アルファベット動詞の

組み合わせで、

 

 

 

読み方が決まってくるって

いうのはあるんだよ。

 

 

 

ただし、その組み合わせによっての

発音の仕方は、

 

 

 

1つの組み合わせで、

2つや3つの発声の仕方があったりも

するんだよね。

 

 

 

たとえば、

pu だったら、「プ」ってよんだり

「パ」って読んだりと、

 

 

 

プだけとは限らないよ。

 

 

 

(注✋:本当は英語の発音を

カタカナで表現することは

できないんだけどね)

 

 

 

 

thの発音については、

息を抜くように「す~」と

発音したり、

 

 

 

音を立てて「ず~」と発音する

こともあるの。

 

 

 

thの発音については、

2通りあるってことだよ。

 

 

 

それらを一個一個覚えていくんだよね。

 

 

 

単純じゃないけど、

アルファベットの並びをみて、

 

 

 

だいたいのこんな発音になるのかなって

「あたり」🎯を

つけることはできるんだよね。

 

 

 

だんだんとなれてくれば、

だいたいこのアルファベットの

組み合わせで

 

 

 

こんな感じっていう、

発音の仕方がわかってくると思うよ。

 

 

 

 

中1の人で誤解している人いるけど、

英語の読みは、完全なローマ字読み

じゃないんだよね。

 

 

 

 

ローマ字は、あくまで参考程度だよ。

それで、中1の始めは

混乱するんだけど💧

 

 

 

英語はローマ字と同じ発音じゃなくて

ローマ字はあくまで参考程度。

 

 

 

でも、参考になるものは必要だよ。

 

 

 

 

 

さっきのpuがプとパみたいに。

 

 

 

 

 

逆に、

発音から単語のスペルを

推測することもできるね。

 

 

 

発音を聞いてみて、

だいたいこういうスペルになるな❔

 

 

 

って想像ができるんだよね。

 

 

 

 

そして、読み書きができるために、

発音が役立つかっていうと、

 

 

 

さっき言った理由で、

単語が覚えやすくなるから。

 

 

 

単語を覚えれば、当然、

文の読み書きにも有利になるよね。

 

 

 

単語が覚えられれば、

英文中の単語が訳せるから、

文が読めたり書けたり

するはずだよ。

 

 

 

だから、

発音を覚えることで

それが読み書きにも役立つんだよって

ことが言えると思うんだよね。

 

 

 

だから、

英語は、声に出して読む習慣を

つけてよね👍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読む、書く、聞く、話すの

4つの要件と

「発音」との関係 📖

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 (-ω-)

 

 

 

 

読む=リーディング

書く=ライティング

聞く=リスニング

話す=スピーキング

 

 

 

これらの4つは、

国の「文部科学省」っていう

お役所で、

 

 

 

英語の教育の柱にしましょう、

って決まったんだよね。

割と最近のはなしだよ。

(2023年現在)

 

 

 

柱ってのは、

これが一番の基本ってやつのこと

だよ。

 

 

 

家を建てるときには、

建物を安定させるために

まず柱を立てるよね。

 

 

 

そこからいろんなところを

建築していくんだよね。

 

 

 

そういうイメージで

考えてもらえたらいいよ。

 

 

 

英語をしっかり身に着ける

ためには、

この4つ柱を意識しながら、

 

 

 

教育してよね、って、

学校の先生方に通達されて

(知らされて)いるんだよ。

 

 

 

そうだよ。

 

 

 

 

だから、この

 

 

読む

書く

聞く

話す

 

 

ってのは、ひとつひとつが

重要で、

 

 

 

それらが、

みなできるようになる

必要があるってことなんだよね☝

 

 

 

学校のテストもそんなところを

意識して作られてるんよだね。

 

 

 

昔と比べて、

リスニングは増えたよね~

 

 

 

 

 

 

ここまで、

発音に関する話をしてきたよね。

 

 

 

それじゃ、

発音がダメだと、

これら4つの要件に悪影響が

出るって話をしようと思う。

😱

 

 

 

 

 

これは、個人的な意見なんだけど・・・

 

 

 

 

ではまず、

「話す👄」について。

 

 

 

言うまでもなく、

発音がわからないとか

でたらめだったら、

 

 

 

話し(言葉)が相手に通じないよね😞

 

 

 

これじゃ話になりませんね👋

しゃれじゃないけど。

 

 

 

 

 

次いで、「聞く👂」について。

 

 

 

聞き取りに関しては問題ないか

と思えば、

 

 

 

それは、そうじゃないと思うよ👋

 

 

 

だって、

単語の発音のしかたがわからなければ、

聞いたって、なに言ってんだか

わかりっこないじゃん。

 

 

 

音声と単語が一致してない。

 

 

 

単語の発音がわからないって

ことは、

 

 

 

英語を聞いたって、

その言葉が日本語でなんのことを

指しているのか、わかんないって

事になるじゃん。

 

 

 

だから、

 

 

 

ちょっと何言ってんだかわかんない、

 

 

 

って、

サンドイッチマンのギャグみたいな

ことになるよ。👋(笑)

 

 

 

発音のしかたがわからないんじゃ、

逆に聞く立場になっても、

なに言ってんだかわかんない、

ってことだよ。

 

 

 

発音と単語が一致しないと

 

話す=スピーキングと

聞く=リスニングの

 

 

 

大きな支障(障害)になるってことね。

 

 

 

理由はわかったかな。

 

 

 

英語を聞いたり、

話したりするうえで

発音は大事だということ

ですよね。

 

 

 

自己流の発音で

ごまかそうとしてもダメです。

 

 

 

単語のスペルを覚えやすくする

工夫ならいいんだけど、

(語呂合わせ感覚で)

 

 

 

そうじゃないのに、

自分で発音を開発している人が

前にいたけど、

 

 

 

そんなの絶対ダメだよ。

👋👋👋

 

 

 

think  フィンク

any  兄~

enough  エノウグフゥ~

 

 

 

ちょっと、なに言ってんだかわかんない、

 

 

 

が、ギャグにもなりません

👋👋👋😞

 

 

 

💧

 

 

 

スピーキングやリスニングができるために、

正しい単語の発音は

絶対に必要なんだと思いますよ。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢字、単語も

その場でも覚える。

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

わからない漢字が出てきたら

その場でも覚える。

 

 

 

わからない単語も

その場でも覚える。

 

 

 

大事なポイントは「でも」

なんですよ。

 

 

 

漢字や単語を

まとめて覚えることを

よくやってると思います☝

 

 

 

それで、

うまくいく人とと

いかない人がいます。

 

 

 

一気にまとめてやるだけだと

覚えるのが大変で、

加えて、忘れやすい。

👻

 

 

 

なんでもそうですが、

いったんその場で覚える

努力をして、

 

 

 

また、

あとからそれとは別に

まとめて覚えるようにしてみてよ。

 

 

 

そうしたら、

漢字が苦手とか、単語が

書けないということが

減ってくると思うよ。

 

 

 

みんなを見ていると

ほとんどの人が、

漢字や単語に限らず、

 

 

 

「その場で覚えてしまおう」

 

 

 

という意識が足りてない

ように感じます。

😞う~ん

 

 

 

 

人によっては、

塾の授業が終わって、

 

 

 

さっきやった内容について

試しに質問してみたら、

 

 

 

答えられない、

なんてことも

よくあることです。

 

 

 

オーマイガー😱

 

 

 

これじゃダメだね。

🙅

 

 

 

 

 

 

さて

漢字や単語を覚える

ことについて

もう少しお話をしますね。

 

 

 

漢字も、単語もすぐに

覚えなければ 

と思ってますか❓❓❓

 

 

 

 

 

文章を書いてるときに、

わからない漢字が出てきたら、

どうしてますか❓

 

 

 

ひらがなにして

書いてませんか❓❓❓

 

 

 

なかなか漢字で書いてくれない

人もます。

それで、いいんかいな❓❓❓

 

 

 

その場で調べて、

漢字を速く覚えようと

するのか、

 

 

 

あるいはそうでないのかで、

 

 

 

結果として、知識の量に

雲泥の差(天と地の差)が

出てきますよ!

 

 

 

わからない漢字は、

どんどん調べて

書くべきだと思いますよ。

 

 

 

そして、ここが大事☝

 

調べた漢字は、

その場で書けるようにするんです。

 

 

 

 

ええ?なんだって?

書き取り帳が必要?

 

 

👋👋👋

 

 

 

いえいえ、書き取り帳なんて

いりません。

 

 

 

書くんなら、

なんの紙でもいいよ。

なんかのウラ紙なんでも👌。

 

 

 

ペンがなければ

指でも書けるよ。

 

 

 

自分はそうしていました。

 

 

 

書き取り帳なんて

出してる時間がむだむだ。

意味ないから。

 

 

 

高校生以上は、

書き取り帳なんてもんは

使ってないよ。

 

 

 

それでも、

ちゃんと覚えることは

できます。

 

 

 

大事なのは、

その場で片っ端から

覚えてしまおうという心がけ。

 

 

 

その勢いで行けば、

漢字なんてあっという間に

書けるようになります。

 

 

 

そして、もうひとつ☝

 

 

 

漢字を調べる時には

辞書を使うと思いますが、

 

 

 

意味がわからない場合は

ちゃんと意味まで読んで

おいてよ。

 

 

 

漢字の意味を知ることは

とても大事です。

 

 

 

熟語(漢字)の意味がわから

なければ、

 

文章読解力に影響があるんです。

😲

 

 

 

だって、そうだよね。

文章を読んでて、

意味のわからない漢字が出てくると、

 

 

 

文全体の意味がわかりにくく

なるよね。

 

 

 

たくさんの熟語(漢字)が読めて、

意味がわかる、というのを

「語彙力(ごいりょく)」が

あるといいます。

 

 

 

「語彙力がある」

なんかかっこいい😏

 

 

 

語彙力をつけることは

文章読解をする上で

めちゃ大事なことです。

 

 

 

語彙力があればあるほど、

文章がちゃんと読める

ということになります。

 

 

 

もちろん、

国語の成績には

ガチで影響があるよ。

 

 

 

だから、わからない漢字は

すぐに調べて、

書けるようにして、

 

 

 

意味もちゃんとマスターする

ようにしてよ。✋

 

 

 

そして、漢字の意味も

ちゃんと目立つところに

書き留(と)めておくことだね。

 

 

 

 

つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り物には福がある㊗

最後の1教科に全力を尽くす

💦

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

近隣の中学では、

定期テストの初日が終わり、

 

 

 

2日目の残り1教科と

なりました。

 

 

 

残された教科はあと1つ、

😌ほっ

 

 

 

残り1つとなれば、

気分的に楽に

なるものかもしれません。

 

 

 

さて、それでいいのか❓

 

 

 

実は、ここがねらい目

なのです🎯

 

 

 

もうほとんど終わった。

あと1教科だから、

そこそこやっておけば

問題ない、

 

 

 

と考えるのが普通でしょう。

 

 

 

そこでですが、ご提案です。

 

 

 

最後の1つを全力でとりに

いくのか、

 

そこそこで終わるのかで、

 

 

結果はぜんぜん変わって

くるものです。

 

 

 

 

以下は、私自身の経験談です。

 

 

 

最後にぽつんと残された

定期テスト2日目の教科、

 

 

 

one day

あるとき、

いつだったか忘れましたが、

 

 

 

1日目のテストが終わって、

2日目の1教科に

全力を尽くしたら

どんな結果が出るか❓

 

 

 

考えてみました。

 

 

 

すべての時間を

たったの1教科に集中する。

 

 

 

1点集中です。

 

 

 

いつもは、複数の教科で

力を分散していたものが、

 

 

 

今度は1日だけですが、

1点に集中できるんです。

 

 

 

これは、もしかしたら

チャンスかもしれない。

チャンス到来❓

 

 

 

そして、

他の同級生も

同じことを考えている

かもしれない。

 

 

 

そうなると、

最後に残された1教科の

平均点はかなり高くなるのかな。

 

 

 

そんなことを考えていました。

 

 

 

面白いことに、

結果としてとくに平均点に

変わりはなかったです。

always

 

 

 

2日目のテスト勉強を

手を抜かずに、

 

 

 

複数教科にかける時間を

そのまま1つの教科に

集中させた結果は、

 

 

 

狙い通りに高得点ゲット👍

 

 

 

いつも8割台だった

理科、社会が

確実に9割越え。

 

 

 

1点に集中できたおかげで

残りの1教科で

好結果を出すことが

できました。

 

 

 

なので、

あと1教科だということで、

 

 

 

もうこんなところでいいか。

 

 

 

他教科と同じだけ勉強したから

もうおわりにしよう。

 

 

 

と思うと

せっかくの高得点のチャンスを

逃すことになります。

 

 

 

残された教科が

苦手教科なら

 

 

 

絶好のばん回のチャンスです。

 

 

 

点数ゲットは自信にも

つながります。

 

 

 

最後まで、

あきらめずに、

 

 

 

というよりは、

 

 

 

高得点狙いのチャンスでも

あるので、

 

 

 

みんなが考えているのと

同じようにではなく、

 

 

 

前向きにポジティブに

粘って粘って、

狙って高得点をゲット🎯

してほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒さん向けブログです

 

 

「お茶をいかがですか?」を

英語でなんという❓❓❓

someの使い方

 

英語

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

塾に動物のシールがあるんだけど、

そのシールには、

その動物名が書かれてるんだよね。

 

 

 

かばのシールなんだけど、

 

 

 

んん❓❓❓

なんじゃこりゃ

 

 

 

hippopotaumus

 

 

🦛

 

 

 

なんて読むの❓

ヒッポポトーマス❓

 

 

 

名前がやけに長いな。

 

 

 

大里中の生徒さんが、

ひっぽぽ・・

ともだちに話したら、

爆笑だったようです。

(笑)

 

 

 

ヒッポーとも言うらしい。

 

 

 

名前が長すぎたんで、

ヒッポで切ったんだろうか。

 

 

 

なんか適当。

 

 

 

bicycleも今じゃbikeに

なっちゃってるし。

🚴

 

 

 

かばさんには失礼だけど、

変な名前。

 

 

 

さて、

 

 

 

ヒッポーのお話しは

置いといて

 

 

 

英語のお話しをしましょうか。

 

 

 

 

 

最近、someについて

勉強した生徒さんが

2名いました。

 

 

 

このsome(サム)なんだけど、

 

 

 

日本語で、

いくつかの、いくらかの

 

 

 

というような意味になります。

 

 

 

塾で使ってる熟語帳に

 

 

How about some tea.

 

 

とありました。

 

 

 

意味は、

 

 

お茶はいかがですか?

 

 

になります。

 

 

 

ここで学んだ熟語は

 

 

How about~

=~についてはどうですか?

 

 

でした。

 

 

 

お茶についてはどうですか?

 

 

つまり、日本語らしくすると、

 

 

お茶はいかがですか?

 

 

って訳(やく)になるよね。

 

 

 

 

ここで気になるのは、

How aboutより、

some teaの方かもね。

 

 

some tea❓

 

 

いくつかのお茶❓❓❓

 

 

これじゃなんのことか

よくわかりませんね。

 

 

 

また、お茶だけど、

お茶は「数えられない名詞」

とされていて

(液体だから)

 

 

 

語尾にsはつかないんだよね。

 

 

 

他にも南中の定期テストで

some drink

という表現がありました。

 

 

 

このdrinkはもちろん、

someがついてるので、

動詞ではないよね👋

 

 

 

名詞だよね☝

 

 

 

「飲み物」と訳せますが、

いくつかの飲み物、

 

 

とはいいませんね。

 

 

 

いくつかの飲み物だと、

缶やペットボトル飲料が

何本かあるみたい。

 

 

 

そして、数えられる場合には

aとか、語尾にsがつく。

 

 

 

ここでは、

そうじゃないんですよね。

 

 

 

tea=お茶

の場合も

 

 

drink=飲み物

の場合も

 

 

その前にsomeがついてる

場合は、

 

 

「ある程度の量」

 

 

を示してるんだよね。

 

 

 

イメージとしては、

1つのカップやコップの中に、

 

 

 

ある程度の量の

お茶やドリンクが入っている

状態なんだということなんです。

 

 

 

ある程度のとは、

多くもなく、少なくもなく

ってとこ。

 

 

 

また、ここでもうひとつ☝

 

 

 

some tea のような

some+数えられない名詞

 

 

 

の場合、

 

 

 

これは単数扱いになるんだけど

知ってた❓

 

 

 

たとえば、

 

 

 

There is some tea in a bottle.

 

 

訳:ボトルの中にお茶が入ってます。

 

 

 

 

この場合、some teaが

単数扱いになるので、

 

 

 

ここでのbe動詞は、

isを使うんだよね。

 

 

 

isは主語が単数のときに

使うbe動詞だったよね。

 

 

 

be動詞って、

am are is で、

 

 

 

意味は

です。ある。いる。

 

 

 

だったよね。

 

 

 

大丈夫だよね😟

do動詞っていうのはないからね(笑)

 

 

 

 

someは肯定文(ふつうの文)で、

否定文、疑問文になると、

someはanyに変わる、

 

 

 

っていうの、

めちゃくちゃテストに出やすいけど、

 

 

 

こういうsomeの扱いみたいなのも

意表をついて

テストに出やすいので、

要チェックですよ☝

 

 

 

それじゃ👋

 

 

 

🦛

ひっぽ、ひっぽ

やっぱ変

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ問題を解いても

出てくる結果はぜんぜんちがう。

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

勉強の仕方、やり方、思考法、

とても大事です。

 

 

 

今日も、お話をしました。

 

 

同じ問題を解いていても

出てくる結果は人によって

全然違うんだよって。

 

 

 

そんな話をしたいと思います。

 

 

 

同じ問題集を完全にやりきった

AさんとBさんがいたとします。

 

 

 

じゃあ、その問題集を

学校の数学の「基礎問題集」だと

しましょうか。

 

 

 

いわゆるキソモンってやつで、

多くの学校で(特に市立、県立でも)

使われています。

 

 

 

当塾では、

学校の勉強がちゃんと

できてなければ、

 

 

 

そのほかの勉強をしたって、

うまくいかない、

 

 

 

そんな考えのもと、

進めています。

 

 

 

だから、

キソモンは完ぺきに

しといてよ、

 

 

とお話をしています。

 

 

 

 

さて、そこでですが、

同じようにキソモンを完ぺきに

していても、

 

 

 

AさんとBさんでは

出てきている結果が違って

います。

 

 

 

Aさん、Bさんともに

数学の成績は優秀です。

 

 

 

が、

 

 

 

数学の問題演習のメインが

キソモンで、

他の問題集はやってない

というAさんですが、

 

 

 

定期テストの点数は

いつも8割は

軽くクリアしています。

 

 

 

ちょっと不思議ですが。

 

 

 

それに対して、

キソモン以外にも、

問題を解いているBさん、

 

 

 

キソモンは完ぺきにしている

とのことですが、

それ以外にも応用系の

問題集などをやっています。

 

 

 

なんと

点数はAさんの方が

いいんですよね。

 

 

 

Aさん、Bさん、

ともに同じ中学の同学年です。

 

 

 

Bさんも40点を超えることが

多いですが、

Aさんと比べると不安定です。

 

 

 

解いている問題数は

Bさんの方が断然多いように

思いますが、どうして❓❓❓

 

 

 

出てきている結果が

ちがっているんですよね。

 

 

 

問題演習の量が少ない

Aさんの方が定期テストの成績が

いい。

 

 

 

あくまで定期テストの話では

ありますが。

 

 

 

なぜなんでしょうか❓❓❓

 

 

 

Aさんが天才なんでしょうか。

 

 

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

「素質」というちがいも

もしかしたらあるかもしれませんが、

 

 

 

私は、そうとばかりは

いいきれないと思っています。

 

 

 

 

それは、

問題を解いたときに

何を考え、思っていたのか?

 

 

 

そこに差があるのでは❓

と思っています。

 

 

 

つまり、

極端な言い方ですが、

 

 

 

問題をただやった、

というだけなのか?

そうじゃないのか?

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

 

その問題から得られたものは

なんだったのか❓

 

 

 

大事なポイントはなんだったのか❓

 

 

 

ここが押さえどころだよ、

というようなところが

しっかり押さえられていたのか❓

 

 

 

そこまで考えている

というような、

 

 

 

問題演習のアプローチの中身が

違っているということは

なかったでしょうか❓❓❓

 

 

 

 

多くの生徒さんで

気になるのが、

 

 

 

きれいなテキスト。

 

 

 

なにも書き込まれていない

きれいなテキスト。

 

 

 

本当にこの問題解いたの❓

そのページ開いたの❓

 

 

 

って思いたくなるような・・・

 

 

 

「この本、メルカリで売るの❓」

苦笑

 

 

 

そんな冗談をよく言っています。

 

 

 

生徒さんも(苦笑)です。

 

 

 

お互いに(苦笑)です。

 

 

 

それじゃダメですよね。

 

 

 

「できる人」は、何か大事だと

思ったことや、

 

 

 

考えたことを

メモしたり、アンダーラインを

引いたりしているものです。

 

 

 

本をきれいな、

なにも書き込まれていない

ような状態じゃ

ダメだよ📢

 

 

 

って、

口すっぱく言っています。

 

 

 

いかに、覚えようか、

ここから何かを学ぼうか、

 

 

 

と思ったら、

そのまま放っておくという

選択肢はないんじゃ

ないでしょうか❓

 

 

 

なので、

書くんですよね。

アンダーラインをひくんですよね。

 

 

 

どう書いたらいいかわからない❓❓❓

 

 

 

それでも、自分の言葉を

つくってみることが大事です。

 

 

 

そこでも頭を使うものです。

 

 

 

そこにもまたやる意味があるんだと

思います。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

  

 

 

方法を学ばないと

勉強自体が遅れることもある。

数学 算数 📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

人類の祖先、

猿人

原人

新人

 

 

種類はいろいろあるけれど・・・

 

 

 

 

何❓❓❓

 

何ですって❓❓❓

 

💧

 

 

 

変人、は人類の祖先じゃないよ。

 

 

 

 

あっ、いえいえ、

👋👋👋

 

 

 

もしかして、

ああた、祖先が「変人」😲

苦笑

 

 

 

迷回答集の📖に

堂々載りますね・・・💧

 

 

 

そんな「事件」が

本日ありました。

苦笑

 

 

 

祖先が変人って、

なんかヤダ。

 

 

 

さて💧

 

 

 

 

お話をつづけます。

 

 

 

マイナスからマイナスを引くとか、

マイナスとマイナスをかけるとか、

 

 

 

 

理屈を考えれば考えるほど、

わけがわからなくなる、

って、

 

 

 

それが普通なんだと思います。

 

 

 

なので、

理屈がわからないのであれば、

 

 

 

先に方法を覚えても

いいと思います。

 

 

 

そんなお話しでした。

 

 

 

いつまでも、

なぞそうなるんだろうか❓❓❓

 

 

 

と考えこんでいると、

時間はいくらあっても

足りません。

 

 

 

中1の最初に出てくる数学の理論、

実はめっちゃ難しい。

 

 

 

理屈を考えること自体は

ぜんぜん悪ことではなく、

 

 

 

むしろ、よいことなんですが、

 

 

 

臨機応変、

 

 

 

状況によっては、

柔軟に対応した方がいいんですね。

 

 

 

とくに、

中1の最初の数学は、

第一章が正の数・負の数、

という内容で、

 

 

 

今後の数学の基盤(基礎)と

なることをやっているので、

 

 

 

この計算問題ができないと

とんだハンデをくらって

その後、えらい目にあいます。

 

 

 

なんとしても、

この単元で、基本計算が

「できない」なんて事態は

さけなければいけません。

👋👋👋

 

 

 

だから、計算の方法を

覚えることを、

 

 

 

第一の目指すゴール

=プライマリーエンドポイント

として、

 

 

 

やるべきなんです。

 

 

 

もちろん、これも、

臨機応変、

 

 

 

通常は理論(理屈)から

入って、のちに方法の

順なんです。

 

 

 

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

方法から入る方法もある

数学 算数 📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

理屈がわからないと

計算方法を覚えても、

納得いかない人もいます。

🤔

 

 

 

物事を論理的に考える

かしこいタイプの人に

多いんです。

 

 

 

この塾でも

「意味がわからない」

ために、

そこから足踏みしていた

人もいます。

 

 

 

なぜかという理屈がわからないと

前に進まないことは、

考え方としてはしっかりしていて、

 

 

 

否定をする気はまったくない

のですが、

 

 

 

現実的な対応としては、

問題が生じることがあります。

😞

 

 

 

やっている内容の理論(理屈)が

わからないので、

 

 

 

次の段階、

つまり、計算方法などに

進めないとなると、

 

 

 

つまづいて、

足止めを食らって

かなり進みが遅くなります。

 

 

 

時間は待ってくれません🕐

 

 

 

私は、なぜそうなるのかを

理解してもらうのに、

あれこれ工夫を

考えますが、

 

 

 

ある程度のところで、

いったん「あきらめ」✋

 

 

 

計算方法の方を先に

教えるようにしています。

 

 

 

理想より実益。

 

 

 

これは自分自身が生徒で

あったときの経験を

もとにしています。

 

 

 

計算方法がわかるように

なれば、

 

 

 

それで、

問題ないことも

よくあることです。

 

 

 

たとえば、

 

3-(ー4)

 

 

 

という問題では、

3からマイナス4を引く、

 

 

 

というのを数直線を用いて

説明をします。

 

 

 

マイナスを引くとか、

ふつうに頭がおかしくなりそう。

現実的でないから。

😱

 

 

 

3から4を引くというのを

数直線でみせてから、

 

 

 

今度は、

4の反対のマイナス4を

3から引くので、

 

 

プラスの4を引く場合とは

逆方向に答えは行くことに

なる、

 

 

 

とお教えします。

 

 

 

数直線の上をおはじきの玉の

ようなものを

動かしながら

お教えすることもあります。

 

 

 

多くの生徒さんは、

それで理解をするものです。

 

 

 

が、

中には理解に時間のかかる

生徒さんはいます。

 

 

 

そんな場合には、

時間をかけすぎるよりも

先に計算方法を教えて

しまいます。

 

 

 

ー(ー4)というのは

マイナスが2つつながっていて、

ーーは+だよ、

 

 

 

そう覚えてしまって

計算してしまえばいい、

 

とお教えします。

 

 

 

なぜ、そうなるのか、

というのはとても大事な

ことですが、

 

 

 

それで、時間をかけて、

そこから進めないという

ことの方が

 

デメリットが大きいと考えます。

 

 

 

また、

 

ー3×(ー3)

 

 

 

という問題があったとして、

マイナスとマイナスをかけると

答えはプラスになるので、

 

 

 

答えは+9なのですが、

 

 

 

マイナスとマイナスをかけると

プラスになるなんて、

 

 

 

こんなことが頭で理解できる

人は、

そもそもよっぽどの天才だと思います。

😲

 

 

 

こんな問題で理論を

クリアしてから、

 

 

 

とやっていては、

一生、先には進めないのでは

ないかと思います。

 

 

 

だから、計算方法を先に

覚えるというのも

アリなんだと思います。

 

 

 

ただし、基本的には、

理論を理解することは大事

なので、

 

 

 

いつもいきなり計算方法から

おしえるということは

していません。

 

 

 

論理的思考を学ぶことが

数学を学ぶ目的、

 

 

 

プラスなぜなのかを考えることは、

思考力の育成になりますので。

 

 

 

つづく 

 

 

 

 

 

 

理論(理屈)が先か❓❓❓

方法が先か❓❓❓

数学 算数 📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

数学や算数を学んでいるとき、

まずは、そこで学ぶものが

なんなのか、

 

 

 

その「正体」についての

基本的な「理論」を学びます。

 

 

 

どの教科でもそうですが、

いきなり問題の解き方や

方法を教えられる

 

 

ということはないはずです。

 

 

 

算数の

分数の足し算、引き算を

教えるのなら、

 

 

 

ひとつのようかんのような

長い棒をいくつかに

分けて、

 

 

 

それを足したら、

切ったものが何個分になるか?

 

 

 

引いたら

切ったものが何個の残るのか?

 

 

 

切った個数分の合わせた個数、

これが分数の足し算の意味、

 

 

 

ここでは

そんな感じで教えています。

👨‍🏫

 

 

 

いきなり、計算の方法から

スタートするなんて

ことはありませんよね。

 

 

 

もしも計算方法から

教えたら、

それになんの意味があるのか、

 

 

 

教えられた側は

とまどってしまいます。

 

 

 

なので、

ちゃんと

「理論(理由)」を学んでから、

計算「方法」に入るはずです。

 

 

 

 

中1の最初のときにやる

足し算、引き算でも、

 

 

 

1-2=

という問題があれば、

まずはその意味について

(理論)

学ぶはずです😊☝

 

 

 

授業で、いきなり

計算方法から入るなんて

ことはしないはずです。

🙅

 

 

 

小さい数字から大きい数字を引く、

 

 

 

小学校までの知識では

理解できません。

 

 

 

なので、授業では、

その理論から入ります。

数直線なんかを使ったりしながら。

 

 

 

ここでもそうです。

数直線めちゃ使います。

 

 

 

ところが、

理論(理屈)がどうしても

理解できないことがある

と思います。

 

 

 

すべての理屈を理解できる人は、

かなり理解力のある人で、

少数派です。

あんまりいない。

 

 

 

多数の人が、

教えてもらってもどうしても

わからない、

という経験はあるものです。

 

 

 

というわけで

今回のお話しは、

そんな場合にはどうしたら

いいの❓❓❓

 

 

 

というお話しになります。

 

 

 

結論をいうと、

先に「方法」を覚えてしまう

というやり方です。

 

 

 

ええっ~

 

 

 

今やってることの意味が

わからないのに、

方法を覚えてしまうの❓❓❓

 

 

 

と、

そんな意見を持つ人も

いるものです。

 

 

 

どうしても、

内容の「意味」が

わからないという

タイプの人、

 

 

 

「分析指向タイプ」の方は、

その傾向が強いようです。

 

 

 

(冷静でゆっくりタイプの

人に多いのです。

 

ちょっとした心理学です。

いずれ、性格分析に関しての

内容も書こうと思います😊)

 

 

 

と、まあ、

最初は理論を学び、

次いで方法を学ぶのが

通常ですが、

 

 

 

逆もありということです。

 

 

 

逆もあり、の場合とは、

どんな場合か❓

 

 

 

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

数学の場合を例にとります😊

 

 

 

中1の最初の正の数・負の数

では、

プラスとマイナスの処理に

だれでも苦戦します。

 

 

 

その意味が、

理解しにくいからです。

 

 

 

 

ここで遅れをとると、

次の文字の式でつまづき、

 

 

 

文字の式でつまづくと

次の一次方程式でつまづき、

 

 

 

その後の比例、反比例で

つまづくという

 

 

 

悪魔のような

「ドミノ倒し」が完成です。

😞

 

 

 

最初の正の数・負の数、

理解できて、計算もできれば

いいのですが、

 

 

 

そうもいかない人は

(野球でいえば)

1回表から

大ピンチを迎えます。

 

 

 

なので、

このパートは必ずできるように

しておかないとダメなんですよね。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

  

 

 

入試対策はいつから始めたら

いいのか❓❓❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

高校受験に関するお話をします。

 

 

 

特に受験生の定義はない

ものの、

 

 

 

中3は入試を受ける人は

受験生と言われます。

 

 

 

そこで疑問が浮かびます。

 

 

 

「受験勉強は

いつから始めればいいの❓❓❓」

 

 

 

私自身も中学生のときに

よく考えたことを覚えています。

 

 

 

確か中2のときだったか・・・・

 

 

 

「受験勉強っていつから

やるもんなんだろうか❓

 

やっぱり中3からか❓」

 

 

 

「みんなはいつから受験勉強

をするんだろうか❓」

 

 

 

「受験勉強って、何をやったら

いいんだろうか❓」

 

 

 

など・・

 

 

 

受験勉強っていうんだから、

きっと中3に入ってすぐに

やるもんなんだろうな、

 

 

くらいに思っていました。

 

 

 

ところが、

中3になってみても

周囲は特に緊張感みたいな

ものはなく、

 

 

 

同級生に聞いてみても

とくにこれといって

特別なことをやっている

様子はありませんでした。

 

 

 

「じゃあ、

まだ(受験勉強はしなくて)

大丈夫なのかな❓」

 

 

 

 

ではまた、

その受験勉強とはなにか❓

 

 

 

それは、

今やってる学校の授業の内容

以外のもので、

 

 

 

つまり過去の復習であって、

 

 

 

通常のものより

レベルの高い問題集をやる

のが、

 

「受験勉強」にあたるかもしれません。

 

 

 

また、過去問なんていうのも

ありますね。

 

 

 

さてと、

今だからわかるのですが、

受験勉強をいつからスタート

させるかなんて、

 

 

決まりみたいなものなんて

 

 

実はないんですね。

 

 

 

そしてその内容にしても

個々人によってやるべき

ことは

 

 

変わってくるでしょう。

 

 

目標によって変わるんですよね。

 

 

 

 

それでは、受験勉強は

スタートの日にちが決められて

いないんだったら、

 

 

 

いったい目安は

いつごろから始めたら

いいのでしょうか❓❓❓

 

 

 

私の意見は、

まだ始めていないんだったら、

 

「今から」です。

 

 

 

これは学年関係なくです。

 

 

 

ええっ、中1でも❓❓❓

 

 

っと思われるかもしれません。

 

 

 

が、中1であってもです。

 

 

 

 

その理由について

お話しさせていただきますね。

💁‍♂️

 

 

 

早いに越したことはない!

 

 

単純ですが、

それが理由です。

 

 

遅らせる理由はなんでしょうか❓

 

 

ありませんよね。

 

 

スタートが遅れていいことは

なにもないと思います。

 

 

 

そして、これも大事なこと。

 

 

 

なにより、中3になっても

あたりまえですが、

中3の学校の勉強があって、

 

 

 

それに対しての復習や予習

などの学習があるんです。

 

 

 

これがまた大変!

 

 

 

中3ともなれば、

内容も難しくなってきます。

 

 

 

今日、お話しした生徒さんから、

「(部活の終わった)

夏休み以降にやれば・・」

 

 

という意見がありましたが、

 

 

ここから一気にばん回できる

人というのは、

 

 

かなり少数派です。

 

 

 

だれかが成績が上がれば、

その分、他の成績が(相対的に)

下がるもの。

 

 

 

競争なので、学校のみんなの

順位が上がるなんてことは

ないんです。

 

 

 

短期で一気に成績を上げる人は

いますが、

 

 

 

その人は、集中力が特に高く、

「賢い勉強」ができる人、

 

 

頭の使い方がわかってる

人たちなんですよね。

 

 

 

だから、

土壇場(どたんば)に

なってなんとかしようなんて

 

 

とても難しいお話しです。

 

 

くり返しになりますが、

競争なんです。

 

 

 

なので、早めから受験対策に

とりかかるのがいいと

思うんですよね。

 

 

 

受験対策は

それをいつもの勉強と

別に考えてやろうとすると

 

ちょっとやりにくいと思います。

 

 

 

これも、やはり、

学校でやっている進ちょくに

あわせて、

 

やっていくのがいいと思います。

 

 

学校の勉強に併せて

受験勉強もするんです。

 

 

 

基礎問題ばかりでなく、

発展問題も意識的にこなして

いけばいいと思います。

 

 

 

また、入試の過去問をやっても

いいと思います。

(実はこれは秘策!)

 

 

 

通常の過去問ではなく、

パターン別の過去問が

あります。

 

 

 

この過去問を使えば、

普段、学校で習っているところを

過去問で演習できます!

 

 

 

これなら、普段の勉強で

入試でどんな問題が出ているか

わかるし、

 

 

 

受験に対しての意識も

ついてくると思います。

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

受験勉強というのは、

特にいつからというのは

なくて、

 

 

 

それどころか、普段から

意識して進めてしまうのが

いい、

 

 

 

というお話しでした。

 

 

 

 

目標も明確になって

モチベーションが上がりそうで

いいんじゃないでしょうか❓

 

 

💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方程式は天びんの関係

 

中1数学

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

中1は1次方程式を習っていて、

中3は2次方程式が終わった

ところです。

 

 

 

ところで方程式と普通の

計算問題のちがいってなに❓

 

 

 

中1の生徒さんが

よくまちがえるのが、

 

 

 

方程式(一次方程式)

の計算の方法で、

普通の計算問題のように

考えているところです。

 

 

 

 

では例を挙げます。

いってみましょう💨

 

 

 

 

たとえば、

 

2χ-1=χ-4

 

という問題で、

 

 

2χ-1=χ-4

 

=2χ-χ=-4+1

 

=χ=-3

 

 

 

と書いてしまう人がいますよね

👋👋👋

 

 

この書き方はダメですね。

 

 

たとえ、χの答えが合ってた

としても、

 

 

これでは、

「わたしは方程式の考え方が

わかっていません」

 

 

と言っているような

ものです。

 

 

 

何がまずいのかというと、

 

 

2行目、3行目が「=」で

結ばれているところです。

 

 

1~3行目は、

それぞれイコール「=」に

してはいけません。

 

 

各行の式は、

それぞれ値がちがっているんです。

 

 

正しくは

⇩のように書かないと

いけないんだよね。

 

 

2χ-1=χ-4

 

2χ-χ=-4+1

  

χ=-3

 

 

 

方程式というのは、

 

 

左辺=右辺

 

 

という具合に右と左が

釣り合っていて

 

 

シーソーやてんびんみたいな

ものなんです。

 

 

そう、てんびんです⚖

 

 

てんびんの左と右の重さが

つりあってるとき、

 

 

左と右がイコールで

結ばれます。

 

 

 

そして、そのてんびんに

載っているおもりを

 

 

増やしたり減らしたりして

調整しながら

 

 

求めたいおもりの重さ(エックス)

量るのが「方程式」なんですよね。

 

 

 

・・・

 

 

 

私は、こんな感じで

お教えしています。

(実際には、わからなければ

もっとくわしく)

 

 

 

おもりを減らしたり(-、÷)

増やしたり(+、×)

するので、

 

 

2行目と3行目の式は、

最初の式とは違ってるんです。

 

 

方程式ではない

普通の計算問題では、

最後までイコールで結ばれます。

 

 

たとえば、

 

 

2χ+3(χー4)

 

=2χ+3χ-12

 

=5χ-12

 

 

というように。

 

 

 

このちがいをはっきりと

理解しないといけません。

 

 

ここがごっちゃになって

いると、

 

 

今度は、普通の計算問題を

方程式のように解いたり

してしまうまちがいを

してしまいます。

 

 

例を挙げてみますね。

💁‍♂️

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中1数学

 

1次方程式の基礎(1)

解説📖

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

今回は、いま中1の生徒さんたち

がやってる

数学の1次方程式について

 

 

 

できるだけ、

やさしくやさしく

解説をさせていただきますね。

💁‍♂️

 

 

 

この1次方程式では、

「移項」が出てきます。

 

 

 

簡単に理解できてしまう

生徒さんと

 

 

そうでない生徒さんがいます。

 

 

 

ここが「鬼門」となって

あとあとまで、

引きづってしまう、

 

 

 

なんてことも、

よくあるんですよ。

 

 

 

ここも大事な単元なので、

基本をしっかりと

押さえてほしいと思います。

 

 

 

 

では、まいります💁‍♂️

 

 

 

1.方程式と解

 

 

 

テキストには、

 

 

文字を含み、

その文字の値によって

成り立ったり成り立たなかったり

する等式を、

 

 

 

その文字についての方程式という。

 

 

 

また、

方程式を成り立たせる文字の値を、

その方程式の解といい、

 

 

 

方程式の解を求めることを

方程式を解くという。

 

 

と解説されています。

 

 

 

 

ここで等式、

という言葉が出てきましたね。

 

 

 

おさらいですが、

等式というのは、

イコールで、

左の式(左辺)と右の式(右辺)が

結ばれた式をいいます。

 

 

 

左辺=右辺

 

 

 

そして、

左辺と右辺の両方を

両辺と呼びます。

 

 

 

たとえば

 

2χ-1=χ-4

 

 

 

という式があったら、

これは、左辺と右辺が

イコールで結ばれている

ので、

 

 

 

「等式」です。

 

 

 

もしもこれが

イコールでなく

>、<のような「不等号」で

結ばれていたら、

 

 

これは「不等式」です。

 

 

 

例をあげると、

 

 

2χ-1>χ-4

 

 

これが不等式です。

(まだ不等式はやりません)

 

 

 

方程式は、

この等式の場合で、

χに入れる数字によって

 

 

 

=が成り立ったり、

成り立たなかった

します。

 

 

 

このχの式のことを

「方程式」というんですよ。

 

 

 

等式と方程式のちがいは❓❓❓

と言われると、

 

 

 

説明できる人は

かなり少ないと思います。

 

 

 

簡単にいうと

=がついている式を

等式と言います。

 

 

 

=がついていて、

そこにχのような文字が入っていて、

 

 

 

答えじゃない数字をいれたら、

 

 

 

=にならないこともある。

 

 

 

=が成り立つのか、

どうなのか、

 

 

というのが方程式です。

 

 

 

だから、

方程式を解きなさい、

という問題では、

 

 

 

左辺=右辺となる場合の

χにあてはまる数字を

いいなさい、

 

 

ということなんですね。

 

 

 

ともかく

等式と方程式のちがいは、

 

 

=で結ばれているのが等式

 

=で結ばれていて

χのような文字が入ってる

場合が方程式

 

 

ということになります。

 

 

 

方程式は等式でもある

ということです。

 

 

 

*等式が必ず方程式

ということにはなりません。

 

 

文字が入ってなければ

方程式になりませんので。

 

 

 

 

実際には、

等式と方程式の違いが

正確に言えなくても、

 

 

 

それほど、

問題にはなりません。

😌

 

 

 

でも、正しく「定義」を

理解しておいた方が

いいかもしれませんね。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中2英語教科書

Here We Go! 教科書文法解説

 

Unit4 Tour in New York city

 

「目的語」が2つある文

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

中2の英語教科書(公立中)

Here We Go! ヒア ウィ ゴー!

Unit4-2の文法解説を

 

 

 

今回も

やさすぃ~く、解説します。

 💁‍♂️💁‍♂️💁‍♂️

 

 

 

このパートでは、

「目的語」が2つある文について

学びます。

 

 

 

目的語ってなーに❓❓❓

 

 

 

目的語とは文法の用語で、

「~を」「~に」にあたる

言葉のことを言います。

 

 

 

主語という言葉がありました。

 

 

 

主語とは「~は」「~が」に

該当する言葉でしたね。

 

 

 

それに対して、

主語が、何に、何をするのか、

 

 

 

の何に、何を、

に該当する部分が目的語に

なります。

 

 

 

目的語、なんていうと

難しそうに感じるかも

しれませんが、

 

 

 

ぜんぜん👋👋👋

そんなことありませんよ。

 

 

 

こういうややこしそうな

やつは簡単に考えれば

いいんですよ。

 

 

 

主語:~は、~が

 

 

目的語:~を、~に

 

 

ちなみに動詞は

 

be動詞:です、ある(いる)

 

一般動詞:する(do)

 

です。

 

 

 

まずは、ちゃんと頭に入れて

おいてほしいですね。

 

 

 

このあたりの知識を

いいかげんにしておくと、

 

 

 

あとで、こんがらがって

わからなくなってしまう

ことがあるから、

気をつけてね☝

 

 

 

 

じゃ、

これまで勉強した通り

 

 

主語=S

 

動詞=V

 

 

で表しましたが、

 

 

 

目的語は「O」で

表します。

 

 

 

ゼロじゃないよ (笑)

 

 

 

英語の文の基本は

最初にS、次にVでしたね。

 

 

 

Sは主語、Vは動詞、

 

 

 

英文の基本形は

S+Vで始まる。

 

 

 

この目的語が2つある文に

ついては、

 

 

 

基本的には

こんな語順になります。

 

 

 

S+V+O+O

 

=SVOO

 

 

エスブイオーオー

 

 

 

中学では、このように

S、V、Oを授業中に使って

いるところは、

 

 

 

少ないようですが、

(清水南中はやってるようです)

 

 

 

 

ここでは、

教えない理由がないので、

使っていくことにします。

 

 

 

どっちみち、

高校になったら

これやるんだから。

 

 

 

ええ~っ💧 って、

 

 

やるよー

 

 

 

じゃあ、

実際に例文をつかって

やってみるよ。

 

 

 

1.Show me the leaflet.

 

私にそのパンフレットを見せてください

 

 

 

2.This tells you the history of the statue.

 

これはあなたにその像の歴史を伝えてくれます。

 

 

 

 

1の例文は、Showから始まって

いるので、

 

Showは見るって動詞なので、

「命令文」になります。

 

 

 

だから、「見せてください」

 

と言ってる文になります。

 

 

 

そして、誰に何を見せるのかが

次につづきます。

 

 

me 私に

 

the leaflet パンフレット(リーフレット)を

 

 

この2つが目的語です。

 

 

 

というわけで、

命令文は主語のyouが省略されて

いますので、

 

 

この文は

 

V+O+O

 

の形になっています。

 

 

 

 

SVOOではないんだけれど、

命令文だから主語がない

ってわけね。

 

 

 

ここまで大丈夫かな❓

 

 

 

 

2の文については、

 

This(S) これは

 

tells(V) 伝える

 

you(O) あなたに

the history of the statue(O)その像の歴史を

 

 

となります。

 

 

 

tellにsがついているのは、

3単現のsだね。

 

 

複数形とか言っている人

いるけど、

動詞に複数なんてないよ

苦笑

 

 

 

3単現のsは、

 

主語が3人称(I,we,you以外)

単数(1人、1つ)

文が現在形

 

 

のときに

一般動詞にsがつくんだったよね。

 

 

 

目的語のだれだれにに当たる

部分は、

 

 

 

人称代名詞 I my me mineの

3番目のmeにあたる部分が

該当します。

 

 

 

meにあたる部分のことを

「目的格」と言って、

 

 

これは目的語になる言葉の

ことを言います。

 

 

 

最後にshow以外の動詞の

場合の例を示しますね。

 

 

 

 

give+ O(人)+O(物)

 

(人)に(物)をあげる。

 

 

 

buy+ O(人)+O(物)

 

(人)に(物)を売る。

 

 

 

tell+ O(人)+O

 

(人)に~を話す。

 

 

 

send+ O(人)+O(物)

 

(人)に(物)を贈る。

 

 

 

make+ O(人)+O(物)

 

(人)に(物)を作る

 

 

 

こんな表現の方法も

SVOOの形になります。

 

 

 

SVOOの文、わかりましたか❓

 

 

 

自分でoutputしてみて、

理解できていることが

確認できたら、

 

 

 

問題演習の方に進んで

みてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学んだ技も、

使わなければ

何の意味もない❕

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

2と5で割り切れる数(整数)

の特徴のお話をしました👐

 

 

 

3で割り切れる数の特徴は

各位の数字を足してみて、

 

 

 

それが3の倍数になっていれば

3で割り切れる、

ということでした。

💁‍♂️

 

 

 

 

つづいて、

 

 

 

9で割り切れる数字の特徴ですが、

 

 

 

これも3で割り切れる数字と同じで、

各ケタの数字を足してみて、

 

 

 

9の倍数だったら9で割り切れる

ことになります。

 

 

 

 

たとえば、事例として、

 

 

 

111111111(一億千百十一万・・・・)

という数字が9で割り切れるか

確認するためには、

 

 

 

1を9回足してみます。

 

 

 

そうすると合計は9となるので、

これは9で割り切れる、

 

 

 

なので、

111111111という数字は

9で割り切れることになります。

 

 

 

111111111÷9=12345679

 

 

 

確かに9で割り切れています。

 

 

 

ははは、よろしかったら

電卓でお試しあれ💁‍♂️

 

 

 

これもかなり使える技だと

思っています。

 

 

 

生徒さんたちには、

電卓で確認してもらいながら

お教えしています。

👍

 

 

 

私は中学のときから、

どこで習ったのかは忘れましたが、

 

 

 

2、5で割り切れる数の特徴に

加えて、

 

 

 

3で割り切れる数の特徴を

利用して、分数の約分や

素因数分解に役立てて

いました。

 

 

 

かなり重宝したことは

いうまでもありません。

 

 

 

(「9」については、

知りませんでしたが・・)

 

 

 

この技には、

ずいぶんと助けられました。

 

 

 

さて、

この技を知った生徒さんたち、

普段、これを使っていますか❓❓❓

 

 

 

 

今回のテーマはここです。

 

 

 

使える技を学んで、

それに納得をして、

 

 

 

その後、それを使っている

生徒さんがどれだけいるのか、

調べてみると、

 

 

 

意外や意外、

それが「使ってない」生徒さんが

予想外に多いんですね。

 

 

 

どう考えても、

役立つ技なんだと思いますので、

 

 

 

お教えしたときには、

必ず

「今からすぐに使うようにして」

と言っています。

 

 

 

今すぐに使わないと

忘れてしまうかもしれないから

です。

 

 

 

役立つ技は、

いかに忘れないようにして、

また、それを使い物にしていくか、

 

 

 

そんな考え方が大事だと思います。

 

 

 

 

 

ここでは、

〇で割り切れる数、

を例にしてお話をしました。

 

 

 

この例以外でも、同じです。

 

 

 

数学という教科は、

問題演習をやって、

 

 

 

そこから使える技を蓄積して

いって、

 

 

 

その使える「道具」を

頭の引き出しにしまって

おいて、

 

 

 

いざというときに

使えるようにしておく。

 

 

 

なので、

問題をただ解いただけでは、

効果は半減します。

 

 

 

ただ解くのではなく、

問題を解いたら、

そこから何が学べたのかを

確認して、

 

 

 

それらを頭の引き出しの中に

ちゃんと整理して

しまっておかなければ

いけません。

 

 

 

ポイントを押さえて

それを整理するんです☝

 

 

 

さらに、

頭の引き出しにしっかり

しまうのには、

 

 

 

他にも「類題」といって、

同じような問題をやってみて、

 

 

 

その「道具」の使い方を

よく覚えるんです。

 

 

 

 

重要用語の単純暗記についても

そうです。

 

 

 

ただ読んでいるだけで、

覚えることに苦戦してきた

生徒さん、

 

 

 

いい覚え方を学んだのなら、

その場で、その道具(方法)を

使ってみて、

 

 

 

自分のモノにしていかなければ

いけませんね。

 

 

 

 

せっかく学んだ必殺技、

そんなおいしいごちそう🍖を

 

 

 

食べずに捨ててしまうのは、

もったいないですよね 苦笑

 

 

 

 

 

 

 

 

使える「技」はすぐに使う

〇で割り切れる数は❓

💡

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

先日、ある生徒さんに

今、困っていること、

苦手なことについて

聞いてみたところ、

 

 

 

平方根の根号√の中の

数字が大きいときに、

 

 

 

根号の中の数字を小さくする

のに時間がかかる

😞

 

と言われました。

 

 

 

 

ああ、そうか、

もしかしたら・・・

 

 

 

素因数分解で手間取って

いるんじゃないかと、

思いました。

 

 

 

そういったところ、

生徒さんは👧❓という

反応でしたが、

 

 

 

2,3,5,9で割り切れる数の

特徴がすべてわかっている

のかな?

 

 

 

と思ったので、

簡単なところから質問して

いきました。

 

 

 

素因数分解をするときの基本、

〇で割り切れる数の特徴。

 

 

 

 

2で割り切れる数(整数)は❓

 

 

 

「偶数です」

ピンポン、正解です。

 

 

 

次、5で割り切れる数は❓

 

 

 

 

「(ちょっと沈黙のあと)

(下1ケタに0か5がつく数字)」

 

 

 

ちょっと反応が良くなかった

ですが、言えました😌

 

 

 

さてと、これが問題、

 

3で割り切れる数字は❓

 

 

 

「わかりません」

 

 

 

なるほど、

ここだ、と思いました!

 

 

 

素因数分解は小さい素数

から、順に割っていくのが

基本。

 

 

 

素数とは、1を抜かして、

その数自身でしか割り切れない

数のことです。

 

 

 

2,3,5,7,11、13・・・

 

これが素数です。

 

 

 

2で割り切れる数がもっとも

使うやつで、

 

 

 

その次に使用頻度が

高いのが

「3で割り切れる数」。

 

 

 

これを知らないと、

わり算のひっ算をやって

確かめる「ハメ」になります。

 

 

 

そんなことをしていると

 

 

ケタ数の大きい整数を

素因数分解するのに

時間がかかってしまいますよ。

💦💦💦

 

 

 

3で割り切れる数の特徴は、

各位の数字を足して

 

 

 

それが3の倍数なら、

3で割り切れるんです。

👏👏👏

 

 

 

たとえば、

12345という数字、

 

 

 

これは3で割りきれる❓

 

 

 

1+2+3+4+5=15

 

 

 

15は3の倍数です。

 

 

 

だから、

この12,345という数字は

3で割り切れます。

 

 

 

実際に割ってみると、

答えは4,115

 

 

 

では、

1,234という4ケタの数字が

3で割り切れるか、

すぐに判断する方法は、

 

 

 

1+2+3+4=10

 

 

 

10は3で割り切れないので

1,234は3で割り切れない、

 

 

 

ということになります。

 

 

 

実際にやってみると、

 

1234÷3=411.3333…

 

になってしまいます。

 

 

 

 

3で割り切れるか、

判断がつかない状態で、

 

 

 

 

3で割るひっ算をやってみて

割り切れればいいんですが、

 

 

 

 

割り切れなければ、

「取り越し苦労」で

「時間の浪費」

 

 

 

ということになります。

(T_T)

 

 

 

知ってるのと、

知らないのとでは、

大違いです。

🤔

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

  

 

歴史の勉強方法📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

歴史の勉強についてのお話しです

💁‍♂️

 

 

 

歴史の勉強も学校の一問一答形式の

ワークをやるだけで

いいだなんて、

 

 

 

どんでもないお話しだと思います。

👋👋👋

 

 

 

一問一答の問題というのは、

多くの場合「重要用語」を

答える問題で、

 

 

 

そのような問題は、

特に最近、記述の問題に

置き換わってきています。

🤔

 

 

 

重要用語だけを回答欄に

書くような問題というのは、

減ってきているんですね。

 

 

 

なにより、重要用語を

覚えるのが勉強なんて、

つまらないじゃないですか❓

 

 

 

つまらないと思いながらの

勉強では成果は出ないんです。

 

 

 

重要用語だけを覚える勉強では、

以下のような疑問が生まれます。

 

 

 

その用語がいったいどうした

というのか❓

 

 

なぜ、重要なのか❓

 

 

何と関係があるのか❓

 

 

 

関連性がわからないと、

時間の流れがつかめません。

 

 

 

歴史というのは、

ある出来事があれば、

 

 

 

それが原因で別の出来事が

起こるもの。

 

 

 

出来事はつながっているんです。

ひとつひとつの出来事は

バラバラではありません。

 

 

 

関係ないようにみえて、

関係していることが多いんです。

 

 

 

 

歴史の勉強では、

生徒さんたちに

「(時代や出来事の)流れをつかんでよ」

 

 

 

とお教えしています。

 

 

 

時間の流れがわからないのでは

歴史とは言えませんからね

👋👋👋

 

 

 

では、どんな勉強をしたら

いいのでしょうか❓❓❓

 

 

 

 

●歴史は時代の流れをつかむ

 

 

 

私は中学のときに

学校の先生から、

「歴史は流れをつかめ」

 

 

 

と教えられて、

それをずっと意識して

やってきました。

 

 

 

そして、なかなかわかり

にくかった歴史がわかるように

なりました。

 

 

 

学校のワークだけの勉強では、

流れがつかめません。

😞

 

 

 

教科書を読むことも必要です。

教科書には、物事の因果関係が

書かれています。

 

 

 

重要な出来事が、

いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、

どうして、

 

 

 

といった、5W1Hを

考えながら読むんです。

 

 

 

そうすれば、重要な出来事間の

関係性がわかります。

 

 

 

そうすると、

テストの記述問題にも対応できる

ようになるはずです。

 

 

 

つい最近でも、

歴史で苦戦していた生徒さんが

こんなアドバイスをした

ところ、

 

 

 

定期テストでなかなかの

好成績をあげました👌

 

 

 

また、教科書を読むという

ことでしたが、

 

 

 

その教科書も場合によっては

使いにくいかもしれません。

 

 

 

参考書類をつかうことも

おススメします。

 

 

 

あと、年表です。

年表を使ってない生徒さんが

やたらと多い!!

 

 

 

歴史は時間(時代)の流れを

つかむべし、です。

 

 

 

年表を見ながら、

どんな順番で各出来事が

起こっているのかを

確認して、

 

 

 

自分が正しく理解できている

のかを、

確認チェックしていきます。

 

 

 

そんな勉強をしていると、

これまでやっていた

学校のワークだけの学習が、

 

 

 

勉強らしい勉強でなかった

ことが、よくわかるはずです。

 

 

 

学校のワークしかやってない方、

ぜひ、試してみて

ほしいですね。

 

 

 

💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

地理を知ることは

歴史の理解を助ける❓

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

以下、恐縮ですが宣伝になります。

🙇💧

 

 

 

社会をもっと教えようと

思っています。

 

 

 

ていうか、

教えたいです。

 

 

 

実は、

積極的な意味では

ないんです。

 

 

 

現状をみて、

「これじゃまずいんじゃないの❓❓❓」

 

 

 

と思うからです。

 

 

 

みんな社会が出来なさすぎ!

 

 

 

社会という教科が軽く

みられてないかな❓

 

 

 

私にはそう思えて仕方が

ありません。

 

 

 

理科も社会も普段から

ちゃんと勉強すべき教科です。

 

 

 

テスト前だけでいいじゃん❓

 

 

 

👋👋👋

ダメダメ、

ぜんぜんダメです。

 

 

 

そんなじゃ、

テストでまともな

得点なんてできません。

 

 

 

教材を学校においてある

から勉強できないって❓

 

 

 

本末転倒!

逆だよ逆!

 

 

 

勉強する必要があるから

持ち帰るじゃないんですかー

☝☝☝

 

 

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

 

というわけで、

社会の勉強を軽くみてちゃ

いけません。

🚫

 

 

 

知識も確実に蓄積させて

こそ、実力がつくものですからね。

😌

 

 

 

そんな社会の勉強を助けたい、

というか、

これじゃマズ過ぎるだろ、

 

 

 

という意識から、

本格的に社会の授業をしたい

(個別)と思っています。

 

 

 

個別で社会の授業❓❓❓❓❓❓

 

 

 

かなり聞いたことない❓👂

 

 

 

そうですねえ、

と思いますが、

実際にここではやっていますよ。

 

 

 

なので、

個別で社会を受けたいと、

望む生徒さん

を募集しています。

 

 

 

 

今、数学、英語を中心に

お教えしていますが、

 

 

 

社会を中心に学びたい、

(というより、もっと点を

取りたい)

 

 

 

という生徒さんに来てほしいと

思っています。

 

 

 

これまで、社会も教えて

来ましたが、

 

 

 

社会という教科は、

数学、英語と比べて

「即効性」がありますので、

 

 

 

単元テストや定期テストの

点に反応がいいんです。

 

 

 

地理、歴史、公民、

 

いずれも結果を出していますので、

自信を持ってます💪

 

 

 

ただし、

誰でも募集、というわけには

いきません🚫

 

 

 

やる気のある生徒さんで

ないと成果は期待できません

ので、やる気のある方のみ😞

 

 

 

 

社会の勉強の仕方、

点の取り方がわからない

と困っている生徒さんは

ぜひお越しいただきたい☝

 

 

 

不振の生徒さんでも

ちゃんとやれば、

かなり点数が上がるはずです☝

 

 

 

実は、私自身、

覚えるのは苦手な方なんです。

💧

 

 

 

ですが、生徒時代には、

最初は苦手で、

スランプも経験していますが、

 

 

 

結果的には、

得意になって

社会は「得点源」でした。

 

 

 

ツボを押さえれば

必ずできるように

なります!!!

 

 

 

生徒・学生時代に経験した

学習に加えて、

 

 

 

それ以降に覚えた「暗記法」

をお教えして

 

 

 

社会が苦手な生徒さんに

得意教科になって

ほしいと思います。

 

 

 

というわけで、

社会単科でも結構!

 

 

 

変わってると思われる

かもしれませんが、

個別指導にてお教えします。

 

 

 

🙇

 

 

 

 

 

それでは、

前置きが長ったかのですが、

本題です。

 

 

 

このお話しは私自身の経験からの

お話しなのですが、

 

 

私自身、社会科の学力の

ベース(基礎)になったのは、

 

 

 

「地理」でした。

 

 

 

地理は地理でも

とりわけ「地図」でした。

 

 

 

 

私は、

「地図」が得意な方でした。

 

 

 

地図や地球儀をよくみて

いましたが、

 

 

 

それは、

地理に役立っただけ

ではなく、

 

 

 

「歴史」の役にも立って

いたように思います。

 

 

 

歴史の出来事も、

どこで起こったのか、

 

 

 

それがわからないと、

イメージがつきにくいと

思います。

 

 

 

私自身は、

歴史上の出来事でも

現代社会であっても、

 

 

 

その出来事が

どこで起こったのかが

わからないと、

 

 

 

ちゃんと理解できたような

気がしませんでした。

 

 

 

今でも、

なんらかの出来事が

起こって、

 

 

 

その地理的な場所を知らない

場合は調べるようにしています。

 

 

 

そして、

その出来事の起こった

場所を知って、

 

 

 

「なるほど」と思えることは

よくあります。

 

 

 

歴史的背景を知るのにも

その場所がどこなのかを

分かっていることは大事!

 

 

 

そう思うので、

(ほかにもつながりがあると

思っていますが)

 

 

 

歴史と地理は無関係では

ないということ。

 

 

 

地理の勉強は大事ってこと

なんだと思います☝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会科の勉強方法、思考法

📖🤔

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

社会科の勉強についての

現状について

お話をさせていただきました。

 

 

 

ワークの問題を解く、

それも1問一答形式で重要用語を

覚えるだけ、

 

 

 

なんて、

「できない」だけでなく、

勉強への興味がなくなります。

 

 

 

「好きこそものの上手なれ」で、

関心を持つことが

とても大事だと思います。

 

 

 

とにかく、

関心をもってない

生徒さんが多すぎるっ

(>_<)☝

 

 

 

というわけで、

それでは、どんな勉強をしたら

いいの❓❓❓

 

 

 

というお話を

これからさせていただきますね。

 

 

 

 

 

● 地理の勉強

 

 

 

まず、地理の勉強についてです。

 

 

 

地理は、地形については、

歴史も関係しますので、

大事です。

 

 

 

「地理オンチ」では、

歴史も得意になれないと

思います。

 

 

 

歴史は、

いつ、どこで、何があったか、

を覚える必要がありますが、

 

 

 

その「どこで」に当たる部分は

地理と共通の内容です。

 

 

 

地名や国境が、

微妙にちがっていても、

ベースとなる知識として

地理の知識があった方が有利です。

 

 

 

それでは、地理の勉強では

どんなところに意識をして

いったらいいのか❓

 

 

 

ひとつは「因果関係」です。

 

 

 

歴史も公民もですが、

もの事には「因果関係」が

あります。

 

 

 

結果に至るには

必ず原因があります。

 

 

 

地理の場合には、どんなことが

当てはまるのか❓

例を挙げて説明をします。

 

 

 

 

例えば農業について、

 

 

 

人口の多い都市の近くで

畑作がさかんである

ことがあります。

 

 

 

近郊農業ってやつです。

 

 

 

なぜ、

都市の近くに畑なんかが

たくさんあるのでしょうか❓

 

 

 

そこに疑問を持つことが

大事です。

 

 

 

これは、

人口の多いところは、

もちろん食料がたくさん

必要になり、

 

 

 

その必要な農作物は、

輸送距離が短い方が

手間もコスト(💰)も

少なくなり

作物は新鮮だからです。

 

 

 

だから、

一見、大都市の近くに畑❓

と思われるかもしれないけど、

 

 

 

それは、理にかなっている

ということになります。

 

 

 

東京近郊の埼玉や千葉、

また茨城なども

畑作がさかんです。

 

 

 

埼玉、千葉自体も

人口はかなり多いです。

 

 

 

(埼玉県 約700万人超

千葉県 約600万人超

 

参考 静岡県 350万人

(2022年現在))

 

 

 

 

なんの疑問も持たずに

学習すると、

記憶は薄れ、

 

 

 

人口の多いところに

畑が多いなんて考えられない、

 

 

 

と普通に思ってしまい、

テストでまちがえることに

なります。

😞

 

 

 

 

また、別の例として、

 

 

 

石油(原油)の世界最大の

生産国は、

輸出が非常に少ないです。

 

 

なぜか❓❓❓

 

 

 

今、世界最大の生産国は

サウジアラビアではありません

👋👋👋

 

 

 

ほとんどの生徒さんが

不正解です😞

 

 

 

シェール革命によって、

生産首位はもうアメリカ合衆国に

なっています(2022年現在)

 

 

 

なぜ、米国が主な輸出国に

なっていないのか❓❓❓

 

 

 

それは、

自国で石油を使ってしまって

いるからです。

 

 

 

米国自身は石油「爆食」です。

 

 

 

エネルギー消費が莫大すぎて、

輸出をする余裕はあまり

ないんですね。

 

 

 

実は輸出をしようと思えば

ある程度はできるのですが、

 

 

 

そこはさすが米国、

掘り出し過ぎれば枯渇

(埋蔵量がなくなる)

するので、

 

 

 

先のことを考えて

そこは抑えているんですね。

 

 

 

 

 

世界最大の生産国が、

最大級の輸出国にならない、

というケースが他にも

あります。

 

 

 

米についても象徴的です。

コメです🍚

 

 

 

 

米の生産1位は中国です。

 

 

 

だからといって、

中国産のコメがどんどん輸出

されてるなんて、

ことはありません

👋👋👋

 

 

 

 

なぜ、米の輸出ランキングに

出てこないのかと言えば、

 

 

 

中国は人口14億人(2022年現在)

(ちなみに日本は1.25億人)

 

 

 

自国で作っている米は、

自国で食べちゃってるんですよね。

🍚

 

 

 

むしろ中国自体は食料が足りない💧

 

 

 

 

中国は、

その他の穀物の生産も

多いのですが、

 

 

 

ほとんど、自分のところで

食べちゃっているんですね。

 

 

 

だから、

輸出している余裕は

ないです。

 

 

 

その米の最大の輸出国はタイです。

ちなみに生産量はトップ5にも

入りません。

👋👋👋

 

 

 

タイの人口は約7千万人、

 

 

 

それでも大変な人口ですが、

生産量がそれを大きく上回り

ます。

 

 

 

だから、輸出量が多いんですね。

 

 

 

生産が多いから、

輸出が多いと考えがちですが、

そうでないこともある、

 

 

 

その理由はお話しの通り。

💁‍♂️

 

 

 

そんな理由はなんなんだろう、

と因果関係を探って、

 

 

 

 

調べてみることは大事です。

不思議に思ったら調べる、

これ基本❕

 

 

 

そんなことを不思議に思って

調べにいくこと。

 

 

 

それが、地理への関心を

高めることにつながっていき、

 

 

 

関心の輪を広げていくことに

なるんだろうと思います。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

社会科の勉強について

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

中学の「社会科」について

お話しさせていただきますね。

💁‍♂️

 

 

 

生徒さんたちの様子を

みていて、やっている勉強内容に

疑問を感じずには

いられません。

🤔❓❓❓

 

 

 

 

*現状は❓

 

 

 

「それが社会の勉強なのか❓

 

 

 

いつも生徒さんたちが

自習などで社会の勉強を

しているところをみると、

そう思います。

 

 

 

テスト勉強なので、

学校のワークの問題を解くのは

いいのだけれど、

 

 

 

 

いつもやっている勉強が

「それ」のようです。

 

 

 

ワークの問題(それも一問一答形式)

を解く=社会の勉強 ❓

 

 

 

社会の1問1答の問題を解いて

重要用語を答えている。

 

 

 

そして、その重要用語を覚える。

 

 

 

それでは、テストの得点に

限界がありますが、

 

 

 

それ以前に、

重要用語を覚えるのが、

「社会」とは、悲しすぎます。

 

 

 

そもそも

重要用語を覚えることに

なんの意味があるのか❓❓❓

 

 

 

点とるだけのためじゃない❓

 

 

 

そして、そんな勉強は

あまりに味気なくつまらない。

 

 

 

興味なんてわくはずもありません。

勉強をつまならくしているのは

自分自身ではないでしょうか❓❓❓

 

 

 

 

 

・・・

そのワークはテスト直前に

やる人が多いようです。

 

 

 

だから、社会に関心はなし💧

そのため、普段から社会の勉強は

していない。

 

 

 

普段は、教科書もワークも

学校のロッカーに

置きっぱなし。

 

 

 

先生が置いてっていい、

 

 

 

と言ったのをいい口実に

ラッキー♫ とばかりに

ロッカーに置きっぱ。

 

 

 

悪循環です。

 

 

 

 

地理については、

みな地形や国についての

知識がなさすぎです。

 

 

 

それもそのはず、

地図帳を学校におきっぱなし

にしているので。

 

 

 

自宅には、地図に地球儀もない。

😞

 

 

 

普段からもっと地図に触れるべきです。

 

 

 

歴史も、教材自体を

学校に置いているので、

勉強道具がない。

 

 

 

学校のワークの勉強は、

出来事の流れがつかみにくく、

 

 

 

それだけでは、

ものごとの因果関係がつかめ

ません。

 

 

 

歴史はその流れをつかむこと。

そして、出来事の因果関係を

つかむこと。

 

 

 

そのように生徒さんたちに

お話しをしています。

 

 

 

それが一問一答形式では、

因果関係をつかむのは不可能。

 

 

 

こんな勉強に疑問を感じずに

多くの生徒さんたちが

学校のワーク=社会をやっています。

 

 

 

私がみている限りでは、

こんな学習をしている人が

多くを占めています。

 

 

 

それが私がみた限りでの現状です。

 

 

 

(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熟語の覚え方

 

熟語を覚える目的はなに❓ 

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

熟語を覚える理由は

熟語を覚えること自体が

goal(この場合は目的)ではなく、

 

 

 

 

熟語を覚えて文を読んだり

訳したり、

 

 

 

そして、テストで正解できたり

することがgoalのはずです。

🥅

 

 

 

 

それを考えないで

ただただ熟語を覚えても、

活用ができないために

 

 

 

せっかく覚えた熟語も

「活かされない熟語」

となってしまいます。

 😞

 

 

 

 

こんな例もありました。

 

 

 

ある生徒さん、

 

 

 

熟語帳で熟語を覚えたのに

テストに出ていたのに

気がつかずに得点できなかった

(T_T)

 

 

 

気がつきもせずに・・・・

 

 

 

ふしぎなことではなく

これは、熟語の活用を意識して

覚えてないために

 

 

 

よくあることなんです。

だから注意してね。

 

 

 

 

別の生徒さん🌸で

こんな例も

ありました。

 

 

 

by oneself

 

独力で~

 

 

 

 

そして例文の英訳をお願いすると・・・

 

 

She had to go there by oneself.

 

 

oneselfのoneは、

人を示していて、

 

 

実際に文の中で使うときには

myやyourなどをつけて

使います☝

 

 

 

myselfとかyourselfのようにね。

 

 

 

だから、例文の英訳も

主語がsheだから、

彼女自身というのは、

herselfです。

 

 

 

She had to go there by herself.

 

 

 

文のなかではoneselfは

そのまま使いません。

 

 

 

be動詞のbeがamやareに

置きかえられるのと同じです。

 

 

 

なので、

こんなところにも注意しないと

いけないんですね。

😌✋

 

 

 

 

さて、次のような熟語ですが、

これは「~」の部分がない

熟語、

 

 

 

after school

 

放課後

 

 

 

All right.

 

よろしい。 いいですよ。

 

 

 

in the future

 

将来は

 

 

 

 

これらについては、

「~」がついてないので、

これだけで覚えて大丈夫😌

 

ふ~

 

 

 

 

~がついてないということは、

なにかの単語と一緒になって

意味をなすものでは

ないからですよ。

👋

 

 

 

だから、これらの熟語は

単独で独立しているので、

「~」のついているものほど、

例文を意識する必要は

ないんですね。

 

 

 

というわけで、

 

 

 

熟語を覚えるときは、

その活用を覚えることを

意識してほしいですね☝

 

 

 

そして、熟語を覚えるときには、

それがどのように活用

されるのかを

 

 

 

例文などで確認しておいて

ほしいですね。

 

 

 

熟語も文中で活きています。

 

 

 

🐟🐟🐟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熟語を覚えるときは

活用を覚えないとね

('ω') 中学英語📖

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

英語のお話しです☝

 

 

 

単語はもちろんのこと

ですが、

 

 

 

熟語も「活用」を考えて

覚えなければいけません

🤔

 

 

 

熟語は、文の中で

他の単語と「連携」をとって

いることがあります。

 

 

 

その覚えた熟語だけで、

意味を成すのではなく、

 

 

 

他の単語と一緒になって

意味を成すことが

よくあるんですよね。

 

 

 

 

昨日も中学1年生の

生徒さん🌸の

熟語テストで・・・・

 

 

 

ここでは、

熟語テストをやっている

のですが、

 

 

 

熟語の「~」の部分

には気を付けるように

言っています。

 

 

 

この「~」の部分には

なんらかの単語が

入ります。

 

 

 

なんらかの単語が入って

ひとつの意味を成すんです。

🍆

 

 

 

これが、実際の小テストの問題

の一部です。

 

 

 

many kinds of~

 

たくさんの種類の~

 

 

 

be happy to~

 

~してうれしい

 

 

 

口頭テストで、

この生徒さんはちゃんと

正解できました。🌸

 

 

 

上記の日本語に対して

英熟語を話すことが

できました。

 

 

 

ところがです。

 

 

 

この熟語についている例文では

「たくさんの種類の辞書」

 

 

とあります。

 

 

 

辞書は英語でdictionaryです。

 

 

 

じゃあ、

「たくさんの種類の辞書」

(を英語で)は❓

 

 

 

と、質問してみると、

 

 

many kinds of dictionary

 

 

とお答えになりました。

 

 

 

😞残念ですが、

これは不正解🙅

 

 

 

たくさんの種類なので、

辞書は複数冊あるはずです。

 

 

 

なので、正解はdictionarys

 

 

 

単語の語尾にsがつきます。

 

 

 

もしも、テストであれば

many kinds ofまで書けても

 

 

 

dictionarys の部分で

🙅をくらうことになります。

 

 

 

このsは、ここでは

押さえどころなので、

テストでも出題されやすいです。

 

 

 

 

ミスは早いうちから

修正して、

 

 

 

正しい活用を同時に覚える

ことが

英語の上達を早めるはずですよね。

 

 

 

 

また、

 

be happy to~

 

 

~してうれしい

 

 

 

これも答えられたんですけど、

 

 

 

「会えてうれしいってなんていうの?」

 

 

って質問してみれば、

 

 

「❓❓❓」

 

 

うう~ん、

黙ってしまった💧

 

 

 

会うっていうのは

seeかmeetという単語です。

 

 

 

「じゃあ、私は会えてうれしい、

ってなんていうの❓」

 

 

 

って、質問してみると、

 

 

 

「I be happy to meet.」

 

 

と答えらえました。

 

 

 

 

これも残念🙅

 

 

答えは、

 

 

I am happy to meet.

 

 

です。

 

 

 

be動詞は、主語によって

変化します。

 

 

 

Iの場合はamだし、

youの場合はareだし、

he,sheの場合はis

 

になります。

 

 

 

熟語帳にはbeって書いて

あっても、

 

 

 

beはそのまま使っちゃ

いけないんですよね。

(※例外ありです)

 

 

 

と、いうことで、

熟語帳をそのまま、

丸暗記をしても

 

 

 

goalである目的を

達成できないことが

あるんですよね。

 

 

 

やれやれ、

 

 

 

熟語や単語をそのまま

~の部分と関係なく覚えていると

 

 

 

なんと残念なことに

やったことが無駄に

なってしまうことも

あるんです😞

 

 

 

気をつけましょうね。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

受験生は自分でPDCAを

回す必要がある。

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

受験生は、

だれかに言われた通りに

やるだけでは、

 

 

 

問題をただ解くだけでは、

思ったような成果を

上げられないものです。

🤔

 

 

 

 

意思決定も作戦立案も

実行も、

すべてを自分ひとりで

やる必要があります。

 

 

 

 

監督であり

ヘッドコーチであり

コーチであり

プレーヤー(選手)

である。

 

 

 

 

ひとりで4役をこなす

必要があります。

 

 

 

 

監督は、

最終決断をして

決定して選手に指示します。

 

 

 

ヘッドコーチは、

監督の参謀、

つまり、監督へのアドバイザー、

ブレイン(頭脳🧠)

 

 

 

コーチは、

選手の技術指導を

します。

 

 

 

プレーヤーは、

選手であり、

実行する人です。

 

 

 

当塾では、これらの役割の

いくらかを私がサポート

しますが、

 

 

 

それでも、

これらは、基本的に

自分自身で考えて

実行しなければいけません。

 

 

 

 

私は、参謀であり、

コーチの役割をしますが、

 

 

 

プレーヤーである

受験生の生徒さん本人が

 

 

 

主体的に、考え実行しなかったら

よい結果は期待できない

のです。

 

 

 

 

受験対策として、

今後の苦手対策とか、

各教科への力配分など、

 

 

 

作戦を立案して、 

やるべきことを決定して、

そして実行して、

 

 

 

今度は

うまくいったこと、

いかなかったことを

さらに振り返って、

 

 

 

改善策を立案する。

 

 

 

それらの作業をすべて

受験生は自分ひとりで

やる必要があります。

 

 

 

 

やるのも自分、決めるのも自分、 

そんな独立した考え(思考)が

必要になります。

 

 

 

 

PDCA(計画⇒実行⇒分析⇒改善)

のサイクルを自分で

回すんです。

 

 

 

 

自分で考え、実行する。

そんな独立した考えを持てる

人が、受験で成功できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生は、

「1人4役」をこなさなければならない

💦💦💦💦

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

中3の学調(学力調査)の

答案が返され、

全教科の得点が出そろって

きました。

💯

 

 

 

当塾は、あちこちから

生徒さんが集まってきて

いまして、

 

 

 

他の中学との点数比較

(平均点)ができます。

 

 

 

いつもなのですが、

同じ公立中学の中でも

平均点に開きがあります。

😲

 

 

 

 

今回の学調では、

英語が異様に難しかったとのこと。

 

 

 

問題も見せてもらいましたが、

長文問題ばかりの内容。

 

 

 

某M中学校の生徒さんから

悲鳴が聞かれました💧

 

 

 

😭英語が難しすぎる

 

 

😭(英語の)時間が足りなかった

 

 

 

平均点がクラス平均で

19点とか17点とかで、

(50点満点)

 

 

 

なので、大体18点くらいかな❓

 

 

 

それに対して、

某T中学校の生徒さんも

英語は難しかったけど、

 

 

 

個人的にはできた🌸

 

 

 

とのことでした。

40点越え、ご立派でした。

 

 

 

そこで、某T中学校の英語の

平均点を聞いてみたら、

23点とのことでした。

(クラス平均かもしれません)

 

 

 

50点満点の英語のテストで、

2つの学校間の平均点に

5点差があります。

 

 

 

100点満点にしたら

10点差です。

 

 

 

他教科についても

同様の結果でした。

 

 

  

各学校の定期テストでの

点数比較は、

まさにあてにならないという

ことです。

 

 

 

各自が自分の位置を知りたいとき、

どこの公立(市立)中学校も

同じようなレベルと

思っていたら、

 

 

 

そうでもないので、

要注意ですよ。

 

 

 

さて、

これからが本題です。

 

 

 

 

学調の結果をみて、

中3の生徒さんそれぞれに

対策を考えました。

 

 

 

テストが終われば、

それをもとに今後なにを

していくべきかを

検討していくことになります。

 

 

 

テストのやりっぱなしなど、

もっての他✋

 

 

 

そこでですが、

現状分析をして対策を立てる

必要があります。

 

 

 

生徒さんによっては、

以下のようなお話をする

ことがあります。

 

 

 

どんな内容かというと、

 

 

 

受験生は、ひとりですべての

役割をやらなければ

(担わなければ)

 

いけないということ。

 

 

 

 

受験生は、ただやみくもに

勉強だけをしていればいいって

ものではない、

 

 

 

ってこと✋

 

 

 

受験生は受験で合格するための

計画立案、実行、分析、改善

 

 

 

 

の作業をひとりで

やらなければいけない。

 

 

 

それらは、たとえて言えば、

スポーツチームの

監督、ヘッドコーチ、

コーチ、プレーヤー

 

 

 

に値します。

 

 

(※ちがう例えの場合のこともあります。)

 

 

 

それらの人たちの役割を

受験生ひとりで

やる必要がある。

😲

 

 

 

1人で四役をやる必要が

あるんです。

 

 

 

なんの戦略もないチームが

弱いのと同じ、

 

 

 

戦略を考えて実行できないと

受験には弱いんです。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えが大事なんじゃない

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

ノートに問題を解いて、

答えを書く。

 

 

 

いつも当然のようにやって

いることですが、

それにも、意味があります。

 

 

 

今日もありました。

 

 

 

算数をやっていて

ノートに答えしか書いてない💧

 

 

 

オーマイガー😱

 

 

 

そんなノートを書いている

生徒さんには、

 

 

 

式の過程

(答えにいたるまでの流れ)

を書くように言っています。

 

 

 

そういうと、

必ず行っていいほど

返ってくる応えは、

 

 

 

「答えがあってるから

いいんじゃない」

 

 

 

なんですね。

 

 

 

答えが合ってるからいい❓❓❓

 

 

答えが合えばいい❓❓❓

 

 

答命❓❓❓

 

 

 

算数や数学は、

答えを学ぶ教科では

ありません。

👋👋👋

 

 

 

その答えにいたるまでの

過程=プロセスを

学ぶ教科なんですよね。

 

 

 

どう考えたら

どうなるのかを

考えることが大事なんです。

 

 

 

論理的思考ってやつ。

 

 

 

答えの数字なんて、

それ自体なんの意味も

持たないんですよね。

 

 

 

 

どう考えたの❓

 

 

 

と聞いてみると、

そんな生徒さんたちは

答えられないことが

多いんです。

 

 

 

おそらくは、

問題は解けるんですけど、

 

 

 

思考がいきあたりばったり。

 

 

 

そこで学んだ考え方が

頭の中で

整理されておらず、

 

 

 

同じような問題が出てきた

ときに、

 

 

 

不正解となる可能性が

高まると思われます。

 

 

 

 

だからこそ、

言っているんです。

 

 

 

「答えなんてどうでもいい、

大事なのは、考え方なんだよ」

 

と。

 

 

いつも、何回も繰り返して

いうことになります。

 

 

 

 

どう考えてどう解いたのか、

 

 

 

 

それをノートに書けば、

書きながら頭の中が

整理されていく。

 

 

 

そして、そのノートを

見ながら、

新しいひらめきみたいな

ものが生まれるんです。

 

 

 

 

それこそが

算数、数学のだいご味。

 

 

 

 

算数も数学もクイズでは

ありません。

 

 

 

もちろん、他教科もそうです。

 

 

 

答えが当たればいいって🎯

ものではありません。

 

 

 

答えには、ちゃんとした

根拠(こんきょ)があって、

 

 

 

それを学ぶことに

意味があるんです。

 

 

 

 

ええっ👂 なんですと❓❓❓

小学生には難しい❓❓❓

 

 

 

はい、そうかもしれません。

 

 

 

 

が、

小学生でもちゃんと

できている生徒さんも

塾には少なからずいます。

 

 

 

最初はうまくいかなくても

やっているうちに

身につくはず。

 

 

 

 

だから、

答えがあってればいいでしょ❓

 

 

 

と言われれば、

それは「違う」といいます。

 

 

 

ノートをただの紙だと

思ってはいけません。

 

 

 

正しい考え方を身に着ける

ための、大事な道具なんです。

 

 

 

いいノートをとることが

頭を鍛え、育てるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト2日目の残り1教科は

高得点できるチャンス✧

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ 

 

 

 

定期テストは、

1日で終わるパータンと

2日にわたって行われる

パターンの2通りがあります。

 

 

 

技術・家庭などの技能教科が

加わわる場合は、

2日にわたって行われます。

 

 

 

そうでない場合でも、

主要5教科

英数国理社のうちの

 

 

 

2日目が1教科という

ことがあります。

 

 

 

2日目が、たったの1教科。

 

 

ぼっち

 

 

このぼっちパターン

 

 

 

チャンス到来!

 

 

 

定期テストの場合、

これは、高得点狙いの

チャンスです。

 

 

ぼっちはねらい目です🎯

 

 

 

 

1日目のテストが終わって、

 

やれやれ、

もう終わったも同然

 

 

 

と気を抜きっぱなしに

していませんか❓

 

 

 

学校にはそんな人が多いと

思います。

 

 

 

自分が中学ときの経験上では、

2日目1教科のときの

 

 

 

テストの平均点に注目を

していました。

 

 

 

2日目にたったの1教科なら、

みんなそれに絞って

勉強できるから、

 

 

きっと、平均点も上がるはず。

 

 

そう思ったわけです。

 

 

 

ところが、2日目に残された

たったの1教科のはずですが、

 

 

 

平均点は、だいたいいつも

通りでした。

 

 

 

「みんな案外やってないんだな」

そんなもんか🤔

 

 

 

内心、そんなふうに思っていました。

 

 

 

 

言うまでもなく、

2日目が1教科しかない場合、

その教科にすべての

 

 

 

時間とエネルギーを

集中させることができます。

 

 

 

「一点集中」です。

 

 

 

一点集中の威力・・・

 

 

 

虫眼鏡で日光の光を

一点に集めると、

🔍

 

 

 

黒い紙が、熱で焼けます。

🔥

 

 

 

虫眼鏡のレンズにあたった

それほど熱くない光も

 

 

 

1点集中させれば、

焼けるほど

熱くなります。

 

 

 

一点集中には

そんな威力があります。

 

 

 

たったの1日でも、

他教科の勉強をせずに

 

 

 

テストの科目1点に絞って

勉強すれば、

効果は絶大です!

 

 

 

それは、経験した私が

保証します。

 

 

 

ただし、いうまでもなく

効果的な勉強法で

集中力を発揮してやることが

大事です。

 

 

 

「たった1教科だから、

そこそこやれば範囲をやりきれる」

 

 

そして、

 

 

「もうこれで大丈夫だろう」

 

 

 

そんな考えの生徒さんが

多いと思います。

 

 

 

発想が逆なんです。

 

 

 

一点に集中して、

それをとことんやる。

 

 

もう十分か❓

 

 

👋いいや

まだまだ、

 

 

粘ったもん勝ちです。

 

 

 

そうすれば、

結果はもちろん、

 

 

 

他に経験と自信がゲット

できます👌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強法を甘くみてはいけない🚫

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

勉強のしかた、方法が

大事なのはいうまでも

ありません。

 

 

 

当塾に来られる「保護者さん」は

勉強法を教えてもらいたいから

来た💨

 

 

という方がとても多いんです。

 

 

 

 

ただし・・・

一方、

 

 

 

その生徒さん(お子さん)の

口から、そのような言葉が

自発的に出てくることは

ほとんどありません。

 

 

 

う~ん、

 

 

 

 

自分が生徒時代のころは、

勉強法みたいな情報には

かなり飢えていたのですが・・・

 

 

 

できる人は、

どんなことをやってるんだろう❓

 

 

(たとえば「〇〇(人)はどんな

勉強をしているんだろう❓」

 

 

 

😞❓❓❓❓❓❓❓❓❓

 

 

 

自分の場合は、

そんなんでしたが・・・

 

 

 

 

入塾された生徒さん、

授業になれば、

勉強法を知りたい、

 

 

 

と言ってくるかな・・・

 

 

 

塾を開いた当初は

そんな感じで思っていました。

 

 

 

が、

 

 

 

今は確信しています。

 

 

 

勉強法に興味があるのは

「保護者さん🙋‍♀️」の方で、

 

 

 

生徒さんの方は、

けっこう方法論には

無頓着(むとんちゃく)

です💧

 

 

 

「勉強がうまくいかないのは、

勉強法がわからないから」

 

 

 

というお話しは何度も

お聞きした🌝👂のですが、

 

 

 

実際に授業を受ける

生徒さんは、

勉強法について話しても

 

 

 

それを積極的にやってみよう

という人は少ないんです。

 

 

 

問題はここにあるんだと思います❕

 

 

 

結果を出したいという

意識が希薄(きはく)なのかな❓

 

 

と思えてしまう👻

 

 

 

やり方を教えても、

「わすれちゃった」

 

 

って、

 

 

 

どうにかしたいと思っていたら

「ありえないことでしょ😞」

 

 

 

と該当の生徒さんには

お話ししています。

 

 

 

結構、

何を言いたいのかと

いうと、

 

 

 

本当に成績を上げたいん

だったら、

その意欲があるんだったら、

 

 

 

方法、やり方=ハウツー

をもっと大事にしようよ、

 

 

 

そう言いたいんです。

 

 

 

最近、塾の各生徒さんに

ある勉強法に関するプリントを

配布して、

 読んでもらいました。

 

 

 

プリントをしっかり読んで、

 

 

 

中味について、

こちらの質問にちゃんと

答えられる生徒さんは

そう多くはありません。

 

 

 

 

だから言っています。

 

 

 

「この(勉強法の)プリントの

中には

おいしいものが🍰

いい~ぱい つまっている。

 

 

 

ちゃんと食べなきゃ

もったいないよ。」

 

 

 

「苦労して結果が出ないのと、

楽して結果を出すのと

どっちがいい❓」

 

 

(極端な表現です、

決して楽して結果はでません。

誤解なきように)

 

 

 

 

保護さんの思いとは

現実は正反対、

 

 

 

それが現実😞

 

 

 

なので、

こちらも、もっともっと

『勉強方法の勉強』

 

 

 

の時間をとって、

勉強の方法自体に

関心を高めていきたいと

思います。

 🤔

 

 

 

どんな方法でやるのか、

どう考えたって、

重要でしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにも見ないで言ってみる

👀🚫

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

塾で教えていて、

やったことを覚えているか

確認したときに

よ~く出てくる言葉、

 

 

 

「忘れちゃった」

😛

 

 

ダメじゃ~ん😞⤵

 

 

 

やったことをその場で

忘れてしまっていては、

 

 

 

後で覚えているはずは

ありません。

 

 

 

塾でやったことは

復習してしっかり思い出して

ほしいのですが、

 

 

 

それすらもやらなければ

確実にその記憶は

「お蔵入り」します😞

 

 

本当に多いんです。

 

 

 

 

「わかりました」

 

「わかりました」

 

「わかりました」

 

・・・・・

 

 

「わすれました」

😭

 

 

 

これには、

個人差が大きいですね。

 

 

 

すぐに忘れちゃう人、

 

 

 

素質がないからあきらめる

のではなく、

 

 

 

そこは、なんとか

工夫をして乗り切って

ほしいと思います。

 

 

 

私は、ポンコツでした。

今でもそうだと思いますが、

 

 

 

そのための工夫をすることで、

カバーしてきました。

 

 

 

工夫❓

 

 

 

できる工夫のしかたは

必ずあるものです。

 

 

 

そのためには、

「意欲」がないと

厳しいですね。

 

 

さて、本題です。

 

 

 

ちゃんと覚えているかを

確認する方法について

 お話をしたいと思います。

 

 

 

「わすれちゃった」

まま、帰宅されては

たまったものではありません。

 

 

そうさせないために

最近では、

 

 

 

「今日やったこと

(勉強したこと)

を話してもらう」

 

 

ことにしています。

 

 

 

やってみると、

これがなかなか言えない(T_T)

 

 

 

とはいえ、

想定内でしたが・・

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

 

言えないといういうことは、

私は、その日の勉強は

「むだ」になったと

判断しています。

 

 

 

それくらい、

その場で覚えようと

という意識をもって

もらいたい。

 

 

 

だからこそ、

outputが大事。

 

 

 

outputとは、

「なにも見ないで言える、

書ける」

 

 

 

と、私自身定義しています。

(こういうものと、

決めています)

 

 

 

授業の最後に話して

もらうことにして

いましたが、

 

 

 

それも、ちょっとむりが

あるので、

 

 

 

授業の途中でも

話してもらうことに

しています。

 

 

 

覚えるのが苦手なら、

授業中にでも

見ないで言ってみる

書いてみる

 

 

 

ということを

してもらいたい。

 

 

 

見ないで、

と言っても、

 

 

 

その意味を理解していないと

見ようとしてしまいます。

 

 

 

見ていってしまっては

効果が低いです。

 

 

 

中には、

読んで覚えてしまう

「天才」はいるものです。

 

 

 

でも、

普通の人は、

そんな勉強法では、

 

 

 

ものの見事に忘れてしまっています

😞

 

 

 

だからこそ、

その時間にやったこと、

 

 

 

あるいは、

勉強時間の最後にでも、

 

 

 

振り返りの時間をつくって、

「なにも見ないで

言ってみる、

書いてみる」

 

 

 

をやってみてほしいと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

連立方程式の計算問題

 

ハイレベル問題でも

方法を知っていればできる

👍

 

だから、問題演習が大事だっちゅうの

(^O^)☝

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

こちらのホワイトボードの

連立方程式は、

通常の問題とちがっています🤔

 

 

 

連立方程式は、

通常3χ+2y=2みたいに

 

 

 

χやyが分数の分母に

なったりはしていません👋

 

 

 

でも、

この問題は、χやyがそれぞれ

分数の分母に来ています。

 

 

😲

 

 

 

こんな問題、

いきなり出されたら

出来ない生徒さんが

多いものです。

 

 

 

ホワイトボードにやったのは

当塾の生徒さんです👦

 

 

 

こちらの生徒さんは、

一度、この問題をやってみて

正解ができず、

 

 

 

解答例をみてから、

このホワイトボードに

再チャレンジしてもらいました。

 

 

 

XやYにおきかえる方法を

学んだので、

 

 

 

この生徒さんは、

同じような問題が出てくれば

 

 

 

きっと、できるのでは

ないかと思います。

 

 

 

(塾では、

この生徒さんにこの

問題についての「説明」を

してもらっています☝)

 

 

 

この問題を解いた生徒さんの

数学の成績は、

 

 

 

標準よりちょっといいくらいです。

 

 

 

数学という教科は、

やったことがない問題が

出てくると、

 

 

 

発想力がなければ

太刀打ちができません😞

 

 

 

ぶっつけ本番

そこを強行突破できる

生徒さんは、

なかなかの強者(つわもの)です😌

 

 

 

そんなつわものは

あまりいるものでは

ありません👋😞

 

 

かなり少数派なんです。

 

 

 

「普通の人」が

どのように対応、対処したら

いいのかというと、

 

 

 

この生徒さんのように

「経験」を積むことです。

 

 

 

問題演習によって

経験を積むことで、

 

 

 

このタイプの問題の

「解き方」を知ります。

 

 

 

いつの日か、

このような問題や、

 

 

 

このようなアプローチが

有効であることが

気が付いたときに

 

 

 

問題演習の経験が活きてきます。

 

 

 

だからこそ、

問題演習の量を確保することは

大事だよ、

 

 

 

と、生徒さんたちに

言っているんですよね。

 

 

 

「数学は問題の数を解くことが大事」

 

 

 

なんどもなんども

口を酸っぱくして言っています。

 

 

 

「数学は演習量」

 

 

 

もちろん、大切な要素は

それだけではありませんが、

 

 

これは、かなり大事です☝

 

 

 

 

さて、

 

 

先日、

高いレベルの生徒さんが

授業でそろったので、

 

 

この問題をやってもらい

ました。

 

 

 

そのときの様子を

次回にお話をさせて

いただきますね👐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月5日 (金)

 

 

be going toとwill

文法を簡単に📖

 

中学2年生 英語

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

未来形のお話しのつづきです。

 

be going toとwillについての

お話しでした☝

 

 

 

 中学英語は「文法」中心。

 

 

そのような考えで進めています。

 

 

 

基本文法がわからないために、

 

 

中学英語がわからなく

とんちんかんに

なっている生徒さんたちが

います😞

 

 

 

そんなこともあり

文法重視を確信しています。

 

 

 

文法を教えてマスターしたら

「覚醒」するからです☀

 

 

 

さて、

be going toの次は

willのお話しです。

 

 

 

では、willを

やさすぃ~く くわすぃ~く

解説していきますね 笑

 

 

 

 

未来の助動詞will👨‍🏫

 

 

 

willの意味には、

 

 

「~でしょう」

「~するつもりです」

 

が、あります。

 

 

 

 

語順は、主語と動詞の間に

入ります。

 

 

主語+will+動詞(原形)

 

 

 

 

注意点ですが、

willのあとの動詞は原形です。

 

 

 

 

次いで、

疑問文、否定文についてです☝

 

 

 

疑問文は、

willを文の先頭に出します。

主語の前になります。

 

 

 

Will+主語+動詞(原形)

 

(~でしょうか?)

(~するつもりですか?)

 

 

 

否定文は、肯定文(ふつうの文)の

ときのwillのあとに、

notをつけます。

 

 

 

主語+will not (won't)+動詞(原形)

 

(~ではない(しない)でしょう。)

(~しないつもりです。)

 

 

 

また、

will notの短縮形は

won'tです。

 

ここも押さえて。

 

 

テストで穴ぼこが2つあったら

will not で、

穴ぼこが1つだったらwon'tです。

 

 

 

そうやって考えながら

勉強すること☝

 

 

 

いつでも、

動詞は原形になります👐

 

 

 

 

ひとつ例文を上げます。

 

 

 

【例】

 

 

It will be sunny tommorow.

 

明日は晴れるでしょう。

 

 

 

willのあとの動詞は原形に

なるため、

 

 

本来は主語のitに対する

be動詞のisが原形のbeに

なります。

 

 

 

んん❓❓❓

って、思った人、

いるんじゃないでしょうか❓

 

 

 

そうなんです、

be動詞の原形はbeなんです。

 

 

 

知らない人、意外と多いよね。

重要だよ📢

 

 

 

さすがに、塾の生徒さんには

教えているので知っていますが、

(中には・・・😲)

 

 

 

学校では、これ知らない中2の

生徒さんが

わんさかといると思います😲

 

オーマイガー😱

 

 

 

なので、このwillのあとの

「be」はポイントで、

 

 

テストにはかなり出されやすい

ことを意識しておいて

ほしいですね。

 

 

 

 

学調(学力調査)でも、

もちろん、出題される可能性は

高いと思います。

 

 

 

そして、この例文では、

もうひとつ、隠れた(かくれた)

ポイントがあります😲☝

 

 

 

天気☀のときの主語は

「It」です。

 

 

 

これも、定期テストはもちろん、

学調や入試でも出題される

可能性は高いです☝

 

 

 

天気+未来形、はテストの

「定番」なので

覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

以上、

be going toとwillの

ご説明でした。

 

 

 

助動詞の文法は単純です。

canと同じなんだから。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

be going toとwillの解説

当塾流の手順に沿って

👨‍🏫

 

中学2年生 英語

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ 

 

 

 

 

それでは、

be going toとwillについての

解説をしていきます。

👨‍🏫

 

 

 

 

手順については、

私の塾でやっている通りの

順番でやっていきます。

 

 

 

 

生徒さんにも説明を

やってもらって

いますが、

 

 

 

 

私が手本を示すことも

よくあります。

 

 

💁‍♂️

 

 

 

 

それでは、始めたと思います。

 

 

 

 

キンコンカンコーン🔔

 

👨‍🏫

 

 

Let’s get started!💨

 

 

 

 

今回は、未来に関する内容になります。

 

 

 

未来形は、be going toか

willを使います☝

 

 

 

それでは、

be going toの解説から☝

 

 

 

be going toは、

「~するつもりです。

~する予定です。」

 

という意味があります。

 

 

~するつもりです、も

~する予定です、

 

 

も、同じ意味です☝

 

 

面白いことに生徒さんに

聞いてみると、

別の意味だと思ってた😲

 

 

という人も少なくないんです。

 

 

つもりも、予定も同じ意味ですよ。

 

 

 

また、be going toは

近い未来を表す

ことがあって、

(近未来)

 

「~でしょう」

 

 

と表すことがあります。

 

 

 

 

次いで語順ですが、

be going toは主語と動詞の間に

入ります。

 

 

 

「主語+be going to+動詞(原形)」

 

 

 

ここで注意ですが、

動詞はtoのあとに入ります☝

 

 

 

beの部分を動詞だと

思っている

生徒さんが多いので

要注意です。

 

 

 

次いで、

注意点ですが、

 

be going toのtoの後は

動詞が入りますが、

原形になります☝

 

 

「be going to+動詞の原形」

 

 

このような形をとります。

 

 

 

ここまで、よろしいでしょうか❓

 

 

 

 

さて、

ここで例文を示します。

 

 

 

I’m going to visit my cousins in Okinawa.

 

 

Are you going to cousins ?

 

 

Yes,I am.  No,I'm not.

 

 

 

be going toのbeは、

ここでは主語がIなので、

amに変化します。

 

 

動詞はtoの後ろのvisitです。

 

 

主語と動詞だけで

I visit.

私は訪ねる。

 

 

という意味になります。

 

 

この主語と動詞の間に

be going toをはさんで、

 

 

I’m going to visit

 

 

私は訪れるつもりです。

 

 

になります。

 

 

疑問文は、主語とbeの部分を入れ替えます。

 

肯定文(ふつうの文)では

 You are~だったのが、

 

 

 Are you going to cousins ?

 

 

となって、Areが先頭に出てきます。

 

 

否定文(~しません。~ではありません)

については、

 

 

I’m not going to visit~

 

 

amのうしろにnotをつけると

否定形になります。

 

 

で、

私は~を訪ねるつもり(予定)はありません。

 

 

となります。

 

 

Yes,Noの答えは、

be going to のbe動詞で答えます。

 

 

 

ここでは、amを使って

答えることになります☝

 

 

 

 

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学2年 英文法 

 

be going to とwill

いまやってる文法

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

中学2年生の英語は、

夏休み前にbe going toとwillに

ついてやっています。

(公立中が中心)

 

 

 

これらは「未来形」になります。

 

 

 

ある中学1年生の生徒さんから

 

 

willとfutureのちがいについて

聞かれました👂

 

 

 

うう~ん、

池上さんもうなずく

いい質問🙋‍♀️🙋‍♂️ですね~

 

 

 

willは未来の助動詞で、

文全体が未来の文となります。

 

 

 

futureは、単に将来、未来

という意味の単語です。

 

 

 

なので、

willの入っている文は、

文がwillのルールに従って

いなくてはならないのですが、

 

 

 

futureは単なる単語なので、

文法上の制約(しばり)は

ないんです。

 

 

 

たとえば、willの入っている

文では、動詞は原形です。

 

 

 

原形とは、もとの形。

 

 

 

たとえばplayという動詞、

 

 

主語によっては、これはplaysに

なり、

 

 

過去形ではplayedになりますが、

 

 

もとの単語はplayです。

 

 

 

「遊ぶ」「~(競技を)する」

を英語で言ったら、

という質問をしたら

 

 

playと答えますよね。

 

 

これが原形なんです。

 

 

 

 

また、

「勉強する」はふつうに

スタディ=studyと言いますよね。

 

 

これが、原形なんです。

 

 

studys(スタディーズ)

とは言いませんよね。

 

 

 

 

中1にしては、

面白い、そして、素朴な

鋭い質問だな、

と思いました。

 

 

ナイス👍

 

 

 

ということで、

 

 

 

塾でも、最近この未来形を

教えることが多いので、

 

 

こちらの解説をしていきたいと

思います。

 

 

 

内容は、

ここでは、

ややむずかしいところまで

やりますが、

 

 

 

例によって 

塾でやっているように、

 

 

(なんとか💧)

 

 

 

やさすぃ~く

くわすぃ~く

 

 

 

解説させていただきたい

と思いますね。

 

 

 

 

be going toとwill

 

 

 

塾では、生徒さんたちに

文法の説明をしてもらって

います。

(できる人は)

 

 

 

その生徒さんたちに

お願いをしている手順通りに

説明をしていきたいと

思います☝

 

 

 

 

手順は以下の通りです。

 

 

 

 

1.意味(日本語訳)

 

 

be going toやwillの

 

 

意味(訳)を話してもらいます。

 

 

まず、これらの意味が

わかってないと、

 

 

お話しになりませんので🤷‍♀️

 

 

 

 

 

2.語順です。

 

 

 

覚えやすいように

できるだけ簡単に話して

もらうようにしています。

 

 

 

シンプルイズベスト☝

 

 

 

主語(~は、~が)

動詞(~です ~する)

 

 

として、

 

 

 

主語+動詞・・・

 

 

 

の基本文型(文の基本の形)の

どこにwillなどが入るのかを

話してもらいます。

 

 

 

 

3.ルール(注意事項)

 

 

 

語順以外のルールを

話してもらいます☝

 

 

 

よくあるパターンは

動詞が変化することです☝

 

 

 

この場合も、例にもれずに・・・

フフフ

 

 

 

 

4.例文を上げて、実例で示してもらいます

 

 

 

さあ、ここがクライマックス

 

 

 

例文をあげて、

1~3の内容を話して

もらいます。

 

 

 

ここがクリアできれば

バッチグー👌

 

 

 

完ぺきです!

 

 

 

ここで初めて問題演習へgo💨

 

 

 

これが当塾流のやり方です。

ふふふ

 

 

 

 

ということで、

そのような手順で

 

 

解説を進めていきたいと思いますね👐

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1を知って7を知る。

 

中2の英語を例にして

📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

It will be a hot summer.

 

 

 

という言う、

わずか6つの単語からなる

文から

 

 

 

学ぶべきポイントが

7つはあった。

 

 

 

本当にすごいと思いませんか❓

 

 

 

1つの問題演習から

学ぶことは1つだと

思われがちですが、

 

 

 

ここでは、たったの短い

1文から7つも学べたんです👐

 

 

 

効率がめちゃくちゃいい

勉強をしていることに

気がつくべきです😲

 

 

 

 

さて、

この「学ぶべきポイント」の

中味の解説がまだでした✋

 

 

 

いつものように

やさし~く、くわし~く、

お話ししていきますね👐

 

 

 

 

 解説

 

 

It will be a hot summer.

 

 

 

 

Q.

 

この文で、主語がなぜItなのか❓

 

 

 

天気☀、時間🕐、距離📏に

関する文の主語にはitを

使います。

 

 

 

これは、

中1でやってる内容のはずです。

 

 

 

生徒さん、忘れていましたよ!

 

 

 

これ重要です。

テストでも出題者は大好きです。

 

 

 

もちろん、学調(学力調査)

みたいなテストでも

出されやすいと思います。

 

 

 

Q.

 

 

なぜ、

ここでwillのあとに

be動詞のbeが

出てくるのか❓

 

 

 

これは、もとはbe動詞の文です。

 

 

 

It is a hot summer.

 

 

 

これにwillを入れると

動詞は原形にしなければ

いけません。

 

 

 

isはbe動詞

be動詞の原形はbeだから

beを入れるんです。

 

 

 

be動詞の原形はbeなんです。

知らない人、

多いんですよね~

 

 

 

 

Q.

 

 

hotの前にaがついてるけど、

なぜ形容詞の前にaが

 

ついてるの❓

 

 

 

これは、違う問題を

やっていたときに

 

 

It will be sunny tommrow.

 

 

という文が出てきて、

このときに生徒さんが

 

a sunny 

 

 

とまちがえていたんですね。

 

 

「晴れた~」というのは

数えられないので、

ここではaはつきません👋😞

 

 

ところが、例文では

 

 

hot summer

 

 

 

なので、「暑い夏」は

今年の夏、去年の夏、来年の夏と、

1つ2つと数えられる、

 

 

 

数えられるから

例文ではaがついているんです。

 

aというのは「1つの」という

意味です。

 

 

この場合は1回の、

と考えていいでしょうね。

 

 

だから、「冠詞」である

「a」が必要なんです。

 

 

 

ここでは、will以外の

ことについての

「ポイント」をご説明しました。

👨‍🏫

 

 

 

will=~でしょう

 

 

だけに気を取られていると、

ここでは、たったの1つに

ついてしか、

 

 

 

学ぶことができなかったことに

なります。

 

 

 

  

ひとつひとつのことに

疑問をもってほしい。

わかってないところに気づいて❕

 

 

 

大変なことだけど、

大事なこと。

 

 

 

見逃しがちだけと、

「濃度の高い勉強」をしたかったら、

 

 

 

ひとつひとつの「疑問」

を見逃してはダメです🙅

 

 

 

この短文から7つの新しい

ことが学べました。

 

 

 

すべてが重要なことばかりです。

 

 

 

大事な「わからなかったこと」を

見逃さないためには、

 

 

 

わからないところに

気がついて時点で、

しっかりと✅をいれることです。

 

 

 

 

 

It will be a hot summer.

 

 

 

この1文を丸暗記しておいて、

わからなかったところを

明確にしておけば、

 

 

 

それだけで、超効率のいい

勉強になります。

 

 

 

 

今やっていることから、

少しでも多くを学ぼうという

姿勢が、

 

 

 

効率を上げるという観点からも

重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しの内容からでも

多くを学べることもある。

 

中2の英語を例にして

📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

この夏期講習期間での

お話しです。

 

 

 

中学2年生の生徒さんに

英語の未来形について

お教えしました🌝☝

 

 

 

今、塾でやっていることですが、

各パートの英語の文法に

ついては、

 

 

 

生徒さんに説明をして

もらっています👨‍🏫

 

 

 

なので、

ここでも未来形のwillに

ついての説明をして

もらいました。

 

 

 

ここでは、まず手始めに

私が説明をぶっつけで

やってみました。

 

👇

 

 

 

 

💁‍♂️

 

 

willって、未来の助動詞で

「~でしょう。」

という意味です。

 

 

 

willは主語と動詞の間に

入って、willの後の動詞は

原形になります。

 

 

 

例文を示します。

 

It will be a hot summer.

 

 

暑い夏になるでしょう。

という意味になります。

 

 

 

主語であるitと動詞であるbeの

間にwillが入ります。

 

 

 

そして、willのあとは原形に

なるので、

この場合はbe動詞の文になる

ので、

 

 

be動詞の原形のbeが入ります。

 

 

 

疑問文の場合は、

主語の前にwillが出てきます。

 

 

Will it be a hot summer?

 

暑い夏になるんでしょうか?

 

 

はい、の場合は

 

Yes,it will.

 

 

いいえ、の場合は

 

No,it won't.

 

 

 

となります。

 

 

 

Noの場合は、

will notでもOK。

 

短縮形はwilln'tとはなりません🙅

 

 

と、まあこんな感じ。

 

 

 

そして、

生徒さんの方から

説明をしてもらいました。

 

 

なんとか、

だいたいは説明できましたが、

 

 

 

最後の「はい」が

 

 

Yes,I will.

 

 

になっていました😲

 

 

 

 

ありがちなミスです。

なんでもかんでも「I」にしてしまう。

 

 

 

また、英作文でも、

こんなミスがありがち。

 

 

 

主語がIだと、

必ずamをつけてしまう💧

 

 

 

主語がYouだと、

同様にareをつけてしまう💧

 

 

 

一般動詞の文だったら、

be動詞の出番はないはずなのに

です☝

 

 

 

ちゃんと記憶できるよう

インパクトをつけるために、

 

 

 

こんなミスをしている

生徒さんたちには

 

 

 

「be動詞と一般動詞は仲が

悪いから一緒にしちゃだめ」

と強調して教えています。

 笑

 

 

 

お話しがそれました。

 

話を戻します💁‍♂️

 

 

 

 

生徒さんの説明が終わると、

こちらからの「怒涛(どとう)」の

質問コーナーです 苦笑

 

 

👇

 

 

It will be a hot summer.

 

 

 

この文で、主語がItに

なっているけど

なぜかわかる❓

 

 

 

このbeって、

be動詞のbeだけど、

意味わかる❓

 

 

 

hotの前にaがついてるけど、

なぜ形容詞の前にaが

ついてるの❓

 

 

 

生徒さんは、

これらの質問の答えについては

分かっていませんでした。

 

 

 

 

そして、

今回の文法のテーマは

will(~でしょう)でした。

 

 

 

willの入る位置は主語と動詞の間☝

 

 

 

そして、willのあとの動詞は原形☝

 

 

 

ここで、

たった6つの単語から

できてる文から、

 

 

 

学ぶべきポイントが

最低でも7つもあった😲

 

 

 

 

こんなに短い文の中からでも

多くを学べることができた

んです。

 

 

 

これって、

スゴイと思いませんか❓❓❓

 

 

 

ひとつひとつが重要な

ことばかり、

 

 

 

こんなに短い1文からです。

 

 

 

こちらの生徒さん、

そう言っても、あまり感動は

なかったようですが💧

 

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

勉強方法は大事、

 

 

 

そして、

同時に考える方法である

「思考法」も、

大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月25日 (月)

 

 

実際に塾で「時間割」を

つくってもらって

わかったこと😲

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

勉強開始前に

スケジュール(時間割)を

つくろうというお話し、

 

 

 

これを実際に自宅で

どんな感じで進めている

のかを確かめるために、

 

 

 

塾内でも、

「ルーティン」として

やってもらうことに

しました🤗

 

 

 

塾での時間で何を

どれだけやるのかを

自分で決めて、

 

 

 

それらをやる時間を

決めます。

🕐

 

 

 

そこで、思ったこと、

気がついたことが

ありましたので、

 

 

 

ご報告をしたいと思います。

💁‍♂️

 

 

 

 

 

*時間の区切り方

 

 

 

時間割の作り方が

生徒さんによっては、

違いがありました。

 

 

 

こちらとしては、

どのように時間割を

つくったらいいのか、

 

 

 

実際に書いて、

例を示したつもりですが、

 

 

 

中には、

問題1問1問に時間を

割り振っている例も

ありました😲

 

 

 

数学の問題だったのですが、

問題1問1問にかかる時間は、

かなりバラつきがあります。

 

 

 

特に数学でわからない

問題なんかは、

時間がかかります。

🕐🤷‍♀️

 

 

 

なので、苦労して考えて

計画を作った割りには、

 

 

 

計画はうまく機能しないのでは😞

 

 

 

また、

スケジュール作成に

かかる時間自体は

勉強時間ではありません👋

 

 

 

そのあたりも考えると、

問題複数問を何分でやる、

 

 

 

という計画の方が現実的を

言えると思います。

 

 

 

 

 

*1回の時限(時間)でやる

 問題数がてんこ盛り🍚

 

 

 

1回の時限での目標問題数が

やたらと多い🍚

 

 

 

スケジュールを立てる時には、

「理想」を考えがちで、

内容を盛りすぎる傾向があります。

 

 

 

ここは、

おちいりやすい「わな」として、

最初にお話しして

いました。

 

 

 

まさに今日もそうで、

目標問題数が10数問くらいに

対して、

 

 

 

4問程度しかできてない

👧もいました。

 

 

 

「こんなにできんのほんとに❓❓❓」

 

 

 

と聞きましたが、

「やります!!!」と言い張るので

 

 

 

そのままgo💨してみれば、

やっぱり大量の「残」が

出ました😞

 

 

 

気持ちはわかるのですが、

無茶な目標を立てては

いけませんね👋

 

 

 

 

*休けい時間がない⌛

 

 

 

休けい時間を適度にとる

ことは、

強調してお話ししましたが、

 

 

 

作成してみれば、

休けいのない時間割の

👦👧もいました。

 

 

 

休けいも戦略のひとつ、

疲れる前に休けいをとる、

 

 

 

それが、その日の勉強を

長続きさせるコツです☝

 

 

 

精魂尽き果てた状態では、

休けい後に帰ってこれなく

なります、机に。

 

 

 

また、休けいしないと

集中力がなくなってきて、

質のいい勉強ができませんね👋

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

というわけで、、

実際に塾内でスケジュール(計画)

をつくってもらうと、

 

 

 

ポイントを外して作っている

👦👧もいることが

わかりました💡

 

 

 

そんな生徒さんたちには

個別にスケジュールの問題点を

指摘して、

改善を促しています。

 

 

 

塾でも、

タイムスケジュールを作って

もらってよかった🙆

 

 

 

塾でわかったことを

自宅で生かして、

 

 

 

大事な自宅での勉強に、

機能させてもらえたら

とてもいいですね。

😊 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月24日 (日)

 

スケジュールは凝りすぎた

ものをつくらないこと✋

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

1日の(その日のうちの)

スケジュールについての

お話しのつづきです。

 

 

 

どんなスケジュールでも

凝ったものをつくろうと

する人がいると思います。

 

 

 

やりだすと止まらない・・

 

 

 

ところが、この手のものは、

凝りすぎには注意です。

 

 

 

 

 

5.簡単でいい

 

 

 

立てるスケジュールは

あまり手間ひまかけないことです。

 

 

 

スケジュール作成の時間は

勉強時間ではありません。

🚫

 

 

 

つまりスケジュールを

作ること自体には

生産性がないということ。

 

 

 

作成すること自体は

勉強していることには

ならないということです。

 

 

 

スケジュールをたてて

勉強したような気になって

しまう人がいそうな気がします

😟

 

 

 

 

なので、

スケジュールの内容に

問題がなければいいので、

 

 

 

あまり凝って字数を

多くして作らない

ことです。

 

 

 

そして、

簡単に立てるからこそ、

立てることへのハードルが

下がって、

 

 

 

その後、続けやすくなるんです。

 😌

 

 

 

略語なども使って

字も短くするといいです。

 

 

 

たとえば、

数学 基礎問題集 84~85ページ

 

 

 

これなら

 

数 基 P84~85

 

 

あるいは

 

数 キ 84~85

 

 

こんなんでいいんです。

 

 

 

やたらと丁寧に書いている

生徒さんが多いですね。

 

 

 

それだと、貴重な時間を

持っていかれます。

 

 

 

一回書いたのを

清書しようなんて、

 

👋

 

 

 

 

スケジュールを立てるのは

勉強時間にはなってないから

 

 

 

気をつけて✋

 

 

 

手軽にできるのが、

時間節約と気軽に続けられる

点でいいんです。

 

 

 

そんな「利便性が高い」

スケジュールをつくる

 

 

 

うまく手抜きしたスケジュールを

立ててもらえることを

おススメします。

 

 

 

途中でやめちゃったら

なんにもなんないんですからね。

 

 

 

🤷‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日の予定を立てることを

課題(宿題)にしました

😲

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

その日、その時の予定を

立てるのは、

年間、月間、週間の

スケジュールをたてるより

 

 

簡単なことです☝

 

 

 

その日にやることには

限りがあるからです。

 

 

 

簡単♪ お手軽♫

というのも大事な要素です。

 

 

 

簡単にできれば、

やることで気が重くなる😞

ようなこともありません。

 

 

 

そのあたりはいい意味で

「手抜き」をしてもらえれば。

 

 

 

 

それでは、

手順のお話しでした。

 

 

 

スケジュールには休けいを

入れる、

 

というお話しでしたね。

 

 

 

 

4.適度な休けいを入れる

 

 

 

頭を使う作業である

「脳トレ🧠」は

 

 

 

筋肉を使う「筋トレ」💪

のように、

 

 

 

大量のエネルギー(ブドウ糖)を

脳🧠で消費するものです。

 

 

 

なので、

🧠を使うと、おなかが

減るものなんですね。

 

 

 

Oh!No!🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

だから、

しっかり🧠を

使ってないと、

 

 

 

あまりおなかが減らない、

そして、疲れない、

 

 

ということになります。

 

 

 

おなかが減らなかったり

疲れもしない勉強は、

 

 

 

いい勉強したとは言えない

ということになります。

 

 

 

しっかり集中して

勉強すれば、

おなかが減って、疲れる

ものなんです。

 

 

(経験者(私)は語る🌝)

 

 

 

そこでですが、

疲れるがゆえに、

休けいを適度にいれるのが

 

 

 

スケジュール作成のコツ

ともいえます。

 

 

 

人間の集中できる時間は

それほど長くありません。

 

 

 

ポモドーロテクニックという

集中法があるんですが、

 

 

 

それによれば、

25分の作業に対して5分の

割合で入れています。

 

 

 

それを参考にして、

1時間のような長い時間では

区切らないほうが、

いいかもしれません。

 

 

 

私は、生徒さんたちに

疲れてからではなく、

 

 

 

疲れだすころに休けいを

いれるようにと

アドバイスをしています。

 

 

 

疲れてから休けいすると

ダメージが大きい場合、

 

 

 

精神的にリカバリー(戻り)が

大変になります。

 

 

 

(( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

よく失敗しました。

これも経験者は語るです😅

 

 

 

完遂(かんつい)することが

大事です。

 

 

 

それを繰り返していけば

きっと成績は上がるはずです。

 

 

(これも経験者は語るです💪)

 

 

 

 

 

その日のスケジュール

どんな効果があるの❓❓❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

その日、その日の

スケジュールの立て方の

例をお示ししました💁‍♂️

 

 

 

それでは、

そのスケジュールを立てる

ときのコツみたいなものを

お話ししますね。

 

 

 

 

【手順】

 

 

みんなにお話ししていますが、

 

 

 

1.やるべきことを

  すべてリストアップする。

 

 

 

まずは、

やるべきことをすべて

書きだします🖊

 

 

 

ただ、思つくままではなく、

 

 

宿題は❓

塾の内容は❓

自分で決めていた内容は❓

 

 

 

など、

考えの切り口を考えておき、

それぞれ、考え、思い出す

ようにします。

 

 

 

なぜなら、

抜けもれを防ぐためです。

 

 

 

思いつくままに

考えると、抜けもれることが

あると思います。

 

 

 

なので、それぞれの

項目について考えるように

して抜けもれを防ぐのが

いいと思います💁‍♂️

 

 

 

 

2.やる順番を決める

 

 

 

リストアップしたら、

自分がやりやすい順に

順番を決めます。

 

 

 

まずは、

宿題のような

マスト(must 必須)

であるものから始める?

 

 

 

それが、

一番やりやすいかな

と思います。

 

 

 

先に宿題を終わらせれば、

ストレスが減るので。

 

 

 

また

得意科目から🌝

不得意科目から🌝

 

 

 

自分が始めやすい教科から

始めて、

波に乗れればいいと思います🌊

 

 

 

出だしは、その後につながる

ので、

大事にしたいところです。

 

 

 

 

3.時間割りを決める🕐

 

 

 

それぞれの項目に

時間を割り振ります。

 

 

 

かかる時間の目安を考えて、

時間割をつくります。

🕐

 

 

 

時間割をつくる作業で

気を付けたいのは、

 

 

 

いつから始めるのか❓❓❓

です。

 

 

 

家に帰ってきて、

いきなり休けいして、

のんびりしますか❓

 

 

 

それで、何度同じ失敗を

したことか❓

 

 

 

まずは、帰ってきて

早いタイミングの時間に

 

 

 

勉強を開始してしまう

ことです✋

 

 

 

それが、

勉強時間確保のコツです。

 

 

 

生徒さんには、

「先制攻撃」

と言いました。

👊

 

 

 

まずは、先制パンチ👊

 

 

 

そして、ある程度

勉強したら、

そこからはある程度

余裕をもっても、

 

 

 

一日の勉強時間はこなし

やすくなります。

 

 

 

 

4.適度な休けいを入れる

 

 

休けいは大事です。

 

 

パフォーマンスを上げること、

下げさせないことも

大事です。

 

 

 

ここからは、

また次回に💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

その日のスケジュールを立てる📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

予定、計画とか、

スケジュールというと、

 

 

 

週間とか月間とか、

あるいは年間とか、

 

 

 

そんなイメージをされることが

多いのではないでしょうか❓

 

 

 

まさに、

それもスケジュール

にはちがいなく、

 

 

 

大事なものなのですが、

ここでは、もっと短い

スパン(期間)でのお話し👐

 

 

 

その日その日のスケジュールを

立てる、

 

 

 

ことについての

お話をしたいと思います。

🤗

 

 

 

 

※その日のスケジュール

を立てることのメリット(長所)

 

 

 

最近、塾でも話しています。

 

 

 

その日、と言いましたが、

ご紹介するのは、もっと

「小さな」お話しになります👐

 

 

 

その日というのは

1日間という

ことではなくて、

 

 

 

スケジュールを立ててから先、

何時間かの予定📖

のことです。

 

 

 

たとえば、

学校から帰ってきて

寝るまでの間のスケジュールです。

 

 

 

それを、勉強を

「始める前」に立てるんです。

 

 

 

こんな感じ💁‍♂️

 

 

【例】

 

英語 宿題 ワーク 5:00~5:30

 

数学 宿題 基礎問題集 5:35~6:10

 

 

英語 教科書単熟語 Unit3 (2)8:30~8:55

 

英語 教科書リスニング 9:00~9:40

 

地理 問題集 要点まとめ P53-54 9:45~10:30

 

今日のまとめ(復習) 11:00~11:10

 

(就寝) 

 

 

 

その日のスケジュールを

立てることには、

 

 

 

いくつかのメリット(長所)が

あります。

 

 

 

実は、上記のような方法は

私自身が中3あたりから

やり出した方法です。

 

 

 

詳細の解説については

つづく🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月15日 (金)

 

 

今までと同じではうまくいかない。

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

こちらから、

改善方法についてお話しして

いても、

 

 

 

いつも通り、

変化がなく問題を解いて

いる生徒さんがいます😞

 

 

 

これまでの習慣からなのか、

それとも、みんながやっている

からなのか?

 

 

 

理由はよくわかりませんが、

とにかく、変化がないよう

なんですよね😞

 

 

 

これまでと同じ時間だけ

同じようにやれば、

同じ結果が出てくるものです。

 

 

 

たとえばですが、

 

 

 

同じ材料で、

同じ手順で料理をつくれば、

同じ味の同じ料理が

出来上がりますよね🍳

 

 

 

同じ部品で、

同じ設計図をみながら

組み立てれば、 

同じ模型が出来上がります。

 

 

 

同じ方法で、

同じようにつくれば

同じものができます。

 

 

 

 

人間の頭🧠とて同じこと。

 

 

 

 

全く同じことを繰り返して

いれば、

 

 

 

今までと同じ結果が

出てくるはずです。

 

 

 

もしも、

勉強で苦戦しているのなら、

 

 

 

なおさら、

今までと同じようにやって

いたら、

 

 

 

変化することはありません。

😞

 

 

 

変化を望むんなら

やり方や考え方を変えないと

いけませんね。

 

 

 

意外に意識されてない

生徒さんも多いのかな?

 

と思います。

 

 

 

成績を上げたいのなら、

変化を求める必要があります。

 

 

 

変化を恐れてはいけません

👋😞

 

 

 

たとえミスをしたって、

また、やり直したらいいだけの

話じゃないですか?

 

 

 

 

ある生徒さん、

 

 

 

問題集を開いて、

いつものように問題を

解いていました。

 

 

 

いつもと変わらずに。

 

 

 

以前より、改善すべき点を

お話していました。

 

  

 

なぜなんだろう❓❓❓

 

 

原因究明中・・・

 

 

 

 

「問題集をなぜ解いて

いるんだろうか?」

 

 

 

そんな根本的なところから、

質問してみました👂

 

 

 

そこに問題集があるから❓

 

👋😞ちがいますね。

 

 

 

「やるように」と言われているから❓

 

👋😞う~ん、ちがいますね。

 

 

 

みんながやっているから❓

 

👋😞ちがいますね。

 

 

 

 

いずれも、

そんな理由で問題を解いて

いるんじゃないんですよね。

 

 

 

問題を解くのには

目的があるはず。

 

 

 

何かするときには

目的を考えることは

必要です。

 

 

 

 

問題を解く目的は❓❓❓

 

 

 

自分のまちがいを探すため

 

🙆 だよね

 

 

 

自分のまちがいの理由を知るため

 

🙆 だよね

 

 

 

そして、その正解がなぜ

正しいのかを知るため

 

🙆 そうだよね

 

 

 

もっと、効率的なスマートな

解法を知るため

 

🙆 ふむふむ

 

 

 

演習によってさらなる新しい

「気づき」を得るため

 

🙆 それもあるよね💡

 

 

 

 

こんなところが

ざっと思いつきます。

 

 

 

そして、

これらの目的を

達成させるために、

 

 

問題演習をするんですよね。

 

 

 

 

ならば、

 

その問題を解く目的に沿った

演習をする必要がありますよね。

 

 

 

そう考えると、

なにも考えずに

問題を解いていたら、

 

 

 

これらの問題演習の目的を

達成できているのかが、

わかりません

😞

 

 

 

目的を早く達成するためには、

そのための方法、工夫を

考えて進める必要が

あると思います☝

 

 

 

問題はただ解けばいい、

ってものではありませんよね。

 

 

 

その目的を考えて、

それを達成できる演習のしかたを

考えないといけません。

 

 

 

早く、「目的地」にたどりつくために。

 

 

 

今までとは、

意識して変化しようと

いう考え方が

必要なんですよね。

 

 

 

🤔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかるんなら、

時間をかければgoalできる

はず❕❕

 

と思ってみれば。

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

数学の問題がわからず、

答えをみて理解ができた。

 

 

でも、むずかしすぎて

問題は解けない😞

 

 

じゃあ、あきらめよう❓❓❓

 

 

って、思っていては、

いつまで経っても数学は

できるようにはなりません

👋😞

 

 

できなかった問題を

自分で解いてできるように

することが基本です☝

 

なのに、

実際には、そうもなって

ないのが現実。

 

出来なかった問題は

できるまでやるべきです✋

 

 

特に理解ができているのであれば。

 

 

たとえ、それが難しい問題で

あってもです。

 

 

先日もある生徒さんが

言いました。

 

 

「理解はできました。

でも、超むずいので

(解くのは)むりです。」

 

 

そんなわけはありません。

 

 

そんな難しい問題でも、

時間をかければきっとできる

でしょう❓❓❓

 

 

1年以内に

 

1か月以内に

 

1週間以内に

 

3日以内に

 

 

という具合に、

集中してやってみれば、

 

 

1年も1か月もかかるはずは

ないでしょう。

 

 

そう考えれば

集中して短時間で

やろうと心がければ、

 

不可能はないはずです。

 

かなり厳しいと思うのなら、

解答を2分割、3分割して、

 

小分けにして、

少しずつ、進めてみては

いかがでしょうか❓

 

なので、

せっかく理解ができたのなら、

 

そこから引いてしまっては

いけません。

 

むずかしいと言って、

むずかしい問題を敬遠

していては、

 

むずかしい問題が

解けなくなります。

 

なので、なんとしてでも

答えのgoalにまで

 

たどりつけるよう、

 

問題をやりなおして、

できるまで、

やってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  

7月12日 (火)

 

 

わかるんなら、できるはずだ❕

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

これは、かつて

数学に「壁」を感じていた

ときの自分の考えです。

 

 

 

「理解できるのなら、

絶対に解けるようになるはずだ」

 

 

 

数学の問題で、

むずかしいなあ~

 

 

 

と思える時でも、

答えをよく読みこんでみると、

 

 

 

理解はできている

こともよくあります。

 

 

 

って、言うか、

 

理解できないことより

理解できることの方が、

多かったです。

 

 

 

 

きっと、多くの人が

同じなのだと思います。

 

 

 

塾の生徒さんたちだって、

 

わかりません✋

 

 

と、質問をしてきても、

「解答」のどのあたりが

わからないか、

 

 

正確に指し示して☝

 

 

 

というと、

こちらが説明する前に

 

 

「わかった」

 

 

なんていう人もいるものです。

 

 

 

なんだよ。

 

 

 

 

塾の生徒さんたちには、

解答をよく読むように

 

 

口すっぱく言っていますので、

 

 

 

解答をよく読んでなくて

質問をしてくる生徒さんは

 

 

あまりいません✋

 

 

 

 

結局、解答をしっかり

じっくりと

「読み込んで」いくと、

 

 

わかることが多いんです。

 

 

 

読み込むのにも「技」を

使うこともありますが。

 

 

限界に対応するには、

工夫も必要☝

 

 

 

 

さて、

そこでですが、

 

 

 

理解まではできた、

 

 

 

でも、問題は解けない、

という話もよく聞きます👂

 

 

 

そんな言葉も多く聞かれます。

 

 

 

そこでですが、

私が発する言葉は、

 

 

 

「わかるんなら、できるはず。

わかるんなら、絶対に解けるはず。

わかるんなら、あとはできるまで

やるだけだよ。

絶対にできる、まちがいなくできる」

 

 

 

とまあ、こんな感じ💁‍♂️

 

 

わざとくどいです 苦笑

 

 

 

これは、かつての

私自身の心の叫びだったんです。

😱

 

 

 

理解ができるところまで

来たんだから、

絶対に解けるんだ、

解いて見せる✊

 

 

んだって。

 

 

 

 

わかるんだったら、

あとは、それをノートに

表現するだけです。

 

 

 

できないはずはないのです。

 

 

 

そこをどれだけ乗り切れる

のかが、

 

 

 

数学における勝負の分かれ目

だとも思います。

 

 

 

わかってるんだから、

できないはずはない。

 

 

 

そうですよね。

 

 

 

 

 

 

【英語 主語と動詞】こちら👆は、小学生の生徒さんが書いたものです。 主語と動詞の関係を理解し、頭の中で整理しておくことは、とても重要です(>_<)☝ これがわからなければ始まらない、というほど重要だと思うのですが・・・。 よくわかってない生徒さんが多いのですが、一体どうなってんの❓❓❓と言いたい!! これが理解できると、英語の得点が確実に上がるというのが私のこれまでの経験です!!!!
【英語 主語と動詞】こちら👆は、小学生の生徒さんが書いたものです。 主語と動詞の関係を理解し、頭の中で整理しておくことは、とても重要です(>_<)☝ これがわからなければ始まらない、というほど重要だと思うのですが・・・。 よくわかってない生徒さんが多いのですが、一体どうなってんの❓❓❓と言いたい!! これが理解できると、英語の得点が確実に上がるというのが私のこれまでの経験です!!!!

 

 

 

 

 

7月10日 (日)

 

英文法の基本

主語+動詞

📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

英語では、

主語と動詞をとらえるのがコツ、

というような

 

 

 

お話しをさせていただき

ましたね👐

 

 

 

英語には、

基本となる5文型という

ものがあります🤔

 

 

 

これは、中学のうちに

やっている学校も

あれば、

 

 

 

高校になってから

教えられる場合もあります。

 

 

 

主語S 動詞V 

 

  目的語O 補語C

 

 

 

S+V

 

S+V+C

 

S+V+O

 

S+V+O+O

 

S+V+O+C

 

 

 

これが基本の5文型です。

 

 

 

 

くりかえしになりますが、

基本はあくまで基本です。

 

 

 

必ず、このパターンで

文がつくられている

という意味ではありません。

 

 

 

が、

基本がないと、

その次もありません。

 

 

 

 

この基本5文型ですが、

すべてに、

S+V

 

 

 

つまり、

主語Sと動詞Vが

入っています。

 

 

 

なので、

これがよくわかってない、

 

 

 

ということになると、

英語はちんぷんかんぷんに

なります。

 

 

 

(って、いうか、

もうなってたり

しませんか❓❓❓)

 

 

  

多くの生徒さんが、

この関係をよく理解して

なかったりします。

 

 

 

小学校では、

教えられていない

ようですね。

 

 

 

きっと、難しいと

思われているからでしょうね。

 

 

 

文法はやらない方針!?

 

 

 

中学生でも、

「習ってません」

と言っている生徒さんが

いるのですが・・・

 

 

 

それほんまかいな❓

 

 

 

この主語+動詞の基本形は、

かなり大事だと思うので、

 

 

 

こちらでは、

まずは、知識の確認をして、

 

 

 

それから、

よくわかってなければ

(よくわかっていないことが多い😞)

 

 

基本からお教えしています。

 

 

 

 

ホワイトボードを書いた

生徒さんは、小学生ですが、

すぐに理解をしました。

 

 

 

※理解度には個人差があります。

 

  

 

 

 

さて、

実は、多くの外国語が

主語+動詞 が基本らしく、

 

 

 

日本語のように

 

 

 

主語(ない場合が多い)+・・・

+(最後に)述語。

 

 

 

ってのは、

(詳しくはないのですが)

めずらしいようです。

 

 

 

外国人からみて、

日本語ってとっても

難しいようです。

 

 

 

 

世界3大むずかしい言語

 

 

ロシア語 

日本語 

スワヒリ語(アフリカ・ケニアなど)

 

 

 

主語を省略しないで、

そのすぐにあとに動詞がくる

英語は、

本当はわかりやすい言語のはず。

 

 

 

そう思って英語に取り組んで

みてほしいですね。

 

 

 

 

というわけで・・・

 

 

 

主語とはなに❓

動詞とはなに❓

動詞の種類2つはなに❓

 

 

 

そのような質問に、

すぐに答えられるように

してほしいですね。

 

 

 

 

('ω')

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「基本文型」をしっかりと理解する!

📖

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

こんなに大事なものは

ないと思っています✋

 

 

 

英語の文の基本形、

 

主語+動詞+・・・

 

 

 

英語の文は、

主語から始まり、

その次に動詞が来る。

 

 

これが英文の基本です。

 

 

 

👆のホワイトボードは

小学6年生に書いてもらった

ものです。

 

 

 

こちらが解説した直後に

何もみないで書いてもらい

ました。

 

 

 

 

内容をご説明します💁‍♂️

 

 

 

最初に「肯定文」とありますが、

 

 

これは、

疑問文でも否定文でもない

「ふつうの文」のこと。

 

 

 

疑問文とは、

質問するときの文で

 

 

~ですか? 

~しますか?

 

 

という文のことで、

 

 

 

否定文とは、

 

 

~ではありません。

~しません。

 

 

という文のことです。

 

 

 

 

それ以外が「肯定文」になります。

 

 

 

以下は、肯定文での

お話になります💁‍♂️

 

 

 

次いで、

今回のメインテーマ、

 

 

 

主語と動詞についてのお話しです。

💁‍♂️

 

 

 

主語はSで表し、

動詞はVで表す。

 

 

 

主語というのは、

国語でもやってると思いますが、

 

 

 

~は、

~が、

 

 

に該当する部分です。

 

 

 

 

英語の文は、

まず始めに主語がくるのが

「基本」です。

 

 

 

基本、と言ったのは、

基本でない場合もあって

絶対ではないからです。

 

 

 

たとえば、But (しかし)

のような言葉が入る場合や、

 

 

 

疑問文やwhatのような疑問詞

を使った文でも、

基本形ではなくなります。

 

 

 

ですが、

まずは、最初に基本を

覚えることが大事。

 

 

 

基本形を理解してないと

他の文の形は理解できない

からです。

 

 

 

主語の前にBe動詞や

接続詞などがくる場合でも、

 

 

 

基本形がわかってないと

作文はできません。

(もちろん、和訳はなおさらです)

 

 

 

次いで動詞です。

 

 

 

動詞とは、国語で言えば、

述語にあたる部分です。

 

 

 

(「動詞=述語」全く同じとは、

言いきれませんが、

 

 

 

英語を理解するうえで

「大勢に影響ないので」

 

 

ここでは、動詞=述語と

考えることにします)

 

 

 

 

ホワイトボードに書かれた

「国」は国語のことです。

 

 

 

国語の述語にあたる部分は、

一番最後に来るのですが、

 

 

 

英語の場合は、

主語のすぐ後にくるのが

特徴です。

 

 

 

英語の文は、

主語と動詞があれば、

それだけで、文は完結します。

 

 

 

だから、

主語+動詞 .

 

 

 

で訳しても、

和訳できます

 

 

 

ただし、

Be動詞の文の場合は

 

 

主語+Be動詞.

 

では、

 

 

 

「~は、です。」

 

 

 

で、わかわかんない和訳に

なってしまいますが、

 

 

 

文法上は、大丈夫です👍

 

 

 

 

そして、

動詞は2種類あって、

 

 

 

Be動詞 

~です。~ある。~いる。

 

 

 

一般動詞は、

Be動詞以外のすべての動詞で、

その代表選手は「~する」です。

 

 

※「する」は英語で「do」です。

一般動詞の原形になります。

 

 

 

英語は、

文の心臓部ともいえる

大事な部分が最初に来ているので、

 

 

英語が苦手な中1の生徒さんは、

(そうでなくても)

 

 

主語+一般動詞

 

 

 

だけを先に和訳して、

その後をつなげて訳していくって

✋もあるんです。

 

 

 

とにかく、

主語と動詞って、

とても大切。

 

 

 

大事、大事、本当に大事、

 

 

なのですが・・・・・・💧

 

 

 

 

 

    

    

     

       

         

【小6 分数と小数のまじった計算】小学生の生徒さん👦がやったものです👆 小数の0.25と0.125という数字は特別な数字です☝ 0.25=1/4  0.125はその半分で1/8です。 0.125×n=n/8となります🤔 0.25=25/100ですが、これらはすぐに分数にできるよう暗記しておくことをおススメします💁‍♂️ 中学受験必須のテクニックですが、中学生の多くの生徒さんも知りません👋😞
【小6 分数と小数のまじった計算】小学生の生徒さん👦がやったものです👆 小数の0.25と0.125という数字は特別な数字です☝ 0.25=1/4 0.125はその半分で1/8です。 0.125×n=n/8となります🤔 0.25=25/100ですが、これらはすぐに分数にできるよう暗記しておくことをおススメします💁‍♂️ 中学受験必須のテクニックですが、中学生の多くの生徒さんも知りません👋😞

 

 

 

 

7月5日 (火)

 

「0.375」の覚え方💡

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

なんのことやら

と、思われるかもしれませんが、

 

 

 

0.375を分数にするのに、

どうやってこれが

 

 

 

8分の3、

であることを気づくかと

いうお話し(^^)

 

 

 

0.125が8分の1

0.375が8分の3

・・・

・・・

 

 

 

これらを覚えよう

というお話をしましたが、

 

 

 

ややこしくて

簡単でないかもしれませんね👐

 

 

 

 

そこで、

ひとつご提案をしたいと

思います。

 

 

 

生徒時代私自身で、

やってるうちに思いついた

考えなので、

  おそれいりますが・・・

 

 

 

まずは、

 

 

1/4=0.25

 

2/4(1/2)=0.5

 

3/4=0.75

  

4/4=1

 

 

 

ここの太字部分は、

すぐに分数が出るように

してほしいですね。

 

 

 

 

これは、

だれでもmustマスト(必須)レベル

です。

 

 

 

覚え方としては

こんな感じ、

 

 

 

1/4=0.25

 

2/4(1/2)=0.25×2=0.5

 

3/4=0.5+0.25=0.75

 

4/4=1

 

 

 

4分の1から0.25ずつ

足していくイメージです。

 

 

 

 

0.75という数字に

ついて考えてみます。

 

 

 

0.25を3回足せば

0.75で4分の3に

なります。

 

 

 

また、

0.5に0.25を足すと

0.75になります。

 

 

で、

 

 

 

0.5+0.25

=4分の2+4分の1

 

=4分の3

 

 

と換算ができます。

 

 

 

 

4分の?、

という数字は、

 

 

 

最小単位の4分の1が

0.25なので、

 

 

0.25を足した数が、

 

 

「?」の部分に

該当することになります。

 

 

 

 

さてと、

  

 

 

では、

👆のホワイトボードの

計算式(小6生徒さん👦作品)

 

 

 

の2.375の0.375の部分を

分数にすることを

考えてみたいと思います。

 

 

 

整数部分はあとまわしにします。

これもコツ。

 

 

 

 

4分の?、という分数は、

小数の最小単位が0.25に

なるということでしたが、

 

 

 

今後は、8分の?、

という分数です。

 

 

 

最小単位は、8分の1で

小数換算すると

0.125になります。

 

 

 

この0.125は0.25の半分です☝

 

 

 

つまり4分の1の半分で

8分の1ということに

なります。 

 

 

 

8分の1=0.125

 

 

まずは、ここを覚える☝

 

 

 

 

そして、8分の?を

小数にしたときの

値は、

 

 

以下の通りでした。

 

 

 

 

1/8=0.125

 

2/8=0.25  =1/4

 

3/8=0.375

 

4/8=0.5  =1/2

 

5/8=0.625

 

6/8=0.75  =3/4

 

7/8=0.875

 

8/8=1  

 

 

 

 

さて、ここからが

0.375を分数にするコツの

お話しになります。

 

 

 

 

まずは、基本となる

分数テーブル

 

 

1/4=0.25

 

2/4(1/2)=0.5

 

3/4=0.75

  

4/4=1

 

 

は、しっかりと覚えておきます🧠

 

 

 

 

そして、

 

0.25 (4分の1=8分の2)

 

0.5  (4分の2=8分の4)

 

0.75 (4分の3=8分の6)

 

を基準に考えます。

 

 

 

 

そして、

8分の1=0.125を

これらの小数に

足してみることで、

 

 

 

その分数が8分のいくつかが

わかるようになります。

 

 

 

 

たとえば0.375なら、

 

 

0.375=

 

0.25 (4分の1=8分の2)

+0.125 (8分の1)

 

=8分の3 (3/8)

 

 

となります。

 

 

 

 

0.625なら

 

0.5+0.125

 

 

と考えて、

8分の(4+1)で

 

 

8分の5とわかります。

 

 

 

 

 

 

以上、

0.25の倍数を

分数で表す方法、

 

 

 

0.125の倍数を

分数で表す方法、

 

 

についてのお話しでした。

 

 

 

その都度、100分の〇、

1000分の〇として、

 

 

約分をしていては、

 

 

時間がかかってしまいます。

 

 

問題の出題者は、

わかって問題を出している

はずです 笑

 

 

 

 

これも、🧠の引き出しに

入れる「技」として

 

 

 

保管できる情報では

ないかな、

と思いますよ。

 

 

 

💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月4日 (月)

 

 

小数と分数のまじった計算

小6 算数

0.25は特別な数字❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

小数と分数のまじった計算の

単元の内容で、

 

 

 

いちおう、算数の内容では

ありますが、

 

 

 

数学でも、もちろん使える

(むしろ中学のときのほうが

よく出てくる)

 

お話しです。

 

 

 

 

25という数字、

なんか特別な数字に

感じませんか❓❓❓

 

 

 

25, 50, 75, 100

 

 

 

100の半分は50

 

50の半分は25

 

なので、

 

 

 

25=100の1/4

 

50=100の2/4

 

75=100の3/4

 

100=100の4/4

 

 

となります。

 

 

 

ここで、

100の数字を1に

置き換えてみます。

 

 

 

そうすると

 

 

1/4=0.25

 

2/4(1/2)=0.5

 

3/4=0.75

 

4/4=1

 

 

となります。

 

 

 

 

太字は丸暗記してくださいね☝

 

 

 

0.25=25/100

 

 

として、約分をすれば

0.25を分数にできますが、

 

 

 

この数字は、

よく問題に出てくる数字なので

暗記をしておくといいのです。

 

 

(テストは時間とのたたかい

時短、時短、時短)

 

 

 

 

では、

👆のホワイトボードの

計算式(小6生徒さん👦作品)

 

 

 

をもとにして、

説明させていただきますね。

 

 

 

0.125は0.25の半分なので

 

0.125=0.25÷2

 

=1/4 ÷2

 

1/8

 

です。

 

 

 

これは、塾生さんには

暗記をおススメしています。

 

 

(中学入試は必須です)

 

 

 

 

これをもとに

「8分の1の倍数」を

考えてみます。

 

 

 

1/8=0.125

 

2/8=0.25  =1/4

 

3/8=0.375

 

4/8=0.5  =1/2

 

5/8=0.625

 

6/8=0.75  =3/4

 

7/8=0.875

 

8/8=1  

 

 

これも太字は丸暗記です☝

 

 

 

中学入試では、これも必須です。

 

 

 

問題式の0.125は1/8

ということです。

 

 

次に1.25です。

 

 

 

これは1+0.25と考えて

あとは分数計算をします。

 

 

 

1.25=1+0.25

  =1+1/4 

  =5/4

 

 

と換算できます。

 

 

 

 

ついで2.375です。

 

 

 

これは2375/1000なんて

分数をつくって

約分をしていくと

 

 

 

時間をかなりとって

しまいます。

 

 

 

テストは時間とのたたかい☝

 

 

 

 

これは、

 

2.375=2+0.375

 

と考えて、

 

 

 

上の換算表より、

0.375を分数に変えて、

 

 

=2+3/8

 

=(16+3)/8

 

=19/8

 

 

とします。

 

 

 

 

以上より、問題の式は、

生徒さんが解いた

ホワイトボードの2段目の式と

なって、

 

 

 

あとは、

通分、

約分、

 

ちょちょいのちょい

 

 

 

で、答えを導くことが

できます。

 

 

 

解説を書くと長く

なりましたが、

 

 

 

この「換算表」が頭に

入っていれば、

 

 

 

この約分で時間が大量消費

されそうな問題も、

 

 

 

あっと言う間に

解くことができます。

 

 

 

コツは4分の●の場合は、

0.25ずつ足す、

 

 

 

8分の●の場合は

0.125 ずつ足すことです。

 

 

 

中学入試では、

関連の出題も多いので

覚えるのは必須です。

 

 

 

少なくとも、

これらの小数をみたときに

何かを感じ取ってもらい

たいですね。

 

 

 

もしや、と思えれば、

0.25ずつ、0.125ずつ

足していけば、

 

 

 

4分の?、8分の?が

確認できます\(^_^)/

 

 

 

中学生も、

計算の工夫で使えるテクニック

として、

 

 

 

活用できる場面も多いので、

覚えておいてほしいですね。

 

 

 

テストの出題者は、

このあたりの算数・数学の

「センス」を試しているように

おもえます。

 

 

 

これらのことが

頭の中に整理されていると、

 

 

 

出題者の考えていることが、

わかるような気がします

🤗🤗🤗

 

 

 

 

 

 

7月3日 (日)

 

 

 

高校入試のテスト範囲は、

もちろん「授業でやったところだけ」

ではない!✋

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

定期テスト範囲は、

事前の案内用紙の内容が

正しく、

 

 

 

(ときに、途中から訂正が

入ることがありますが)

 

 

 

学校の授業内容が

すべてではありません👋😞

 

 

 

案外、誤解をしている

生徒さんがいますので、

ご注意です🚫

 

 

 

さて、それでは、

学調(学力調査)の場合は

どうか❓❓❓

 

 

 

これは、

さらに授業と関係ない

内容がでる可能性が

高まります。

 

 

 

授業ノートの見直しを

するのは勉強の仕方としては

いいのですが、

 

 

 

授業でとったメモでは、

広いテスト範囲には

とても対応はしきれませんね。

 

 

 

そもそも、授業の内容と

いうのは、必要最小限くらい

にしかやられていないので、

 

 

 

授業ノートを自己学習にて

内容をふくらませて

ほしいくらいです😌

 

 

 

 

 

さて、それでは入試の場合は❓

 

 

 

これも同じです。

 

 

 

学調同様に、

「教科書の範囲」を基礎に

考えて対応すべきです。

 

 

 

 

学校の授業のノートを

復習すればいい、

 

 

 

というわけには

全くいきません👋👋👋

 

 

 

 

基本、入試のテスト範囲は

「教科書の範囲」です。

 

 

 

対策としては、

教科書とそれにリンクした

問題集を併せて勉強すればいい

と思います。

 

 

 

その教科書ですが・・・

 

 

 

中には、教科書が使いにくい、

というご意見もあります。

🤔

 

 

 

私も実際に、教科書をみて

感じることがあります。

 

 

 

使い勝手がいいかと

言われれば、

正直❓ですね。

 

 

 

ならば、その場合には

参考書(解説書のようなもの)を

おススメしたいと思います。

 

 

 

よく整理されたもの(参考書類)で

教科書替わりに使えるような

ものも、市販されています。

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

というわけで、

入試はもちろんのこと、

 

 

 

定期テストでも、

テスト範囲は「授業の内容」

ではなく、

 

 

 

基本、「教科書全体」なので

注意しておいてほしい

ですね。

 

 

 

 

 

 

7月1日 (金)

 

授業でやった内容だけが

テスト範囲ではない!

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

テスト範囲の話になると、

「それ授業でやってない」

 

 

 

というような意見を

聞くことがあります。

 

 

 

授業でやってないから

テストには出ない、

 

 

 

ということを言いたいんだと

思います。

 

 

 

そこで、

授業でやってないところでも

教科書に出てれば範囲だよ🌝

 

と返します。

 

 

 

中には、

そんなはずはないとばかりに

「抵抗」をしてくる生徒さん

がいます。

 

 

ああ~

 

 

よく終わったテストを

見返してほしいですね。

 

 

 

授業(学校)でやったこと

以外の内容も出ているでしょう?

 

 

 

特に社会みたいな教科は、

覚えることがたくさんあるので、

 

 

 

授業では、

やりきれていない

ところもたくさんある

はずです☝

 

 

 

定期テストの範囲は、

「授業でやったところだけ」

では、決してない!

 

 

 

それは、

覚悟しておいて

ほしいですね。

 

 

 

学校の先生だって、

教科書の内容をすべて

網羅(もうら)しようなんて、

 

 

 

なかなかできるものでは

ありません。

 

 

いや、絶対むり。

👋👋👋

 

 

 

教科にもよりますが、

そういうものです✋

 

 

 

定期テストの範囲は、

 

 

テスト3週間前くらいに

配られる、 

テスト範囲の案内用紙

に書かれた内容です。

 

 

 

用紙に書かれていた内容以外

のものが、

 

 

テストで出題されようものなら、

 

 

 

先生としては、

テストの範囲のご案内の

「証拠」を残しているので、

 

 

 

生徒からクレームがあったら、

 

何も言えなくなります。💧

 

 

 

なので、

事前に配られるテストの案内

こそが、

 

 

 

正しいテスト範囲ということ

になります。

 

 

 

 

そこでですが、

テストの案内用紙に

こう書かれていたものと

します。

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

【テスト範囲】

 

教科書〇〇~〇〇ページ

ワーク〇〇~〇〇ページ

 

 

アドバイス☝

 

授業でやった内容・

ノートをよく復習しておくこと。

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

こう書かれていると、

「授業でやった内容が100%

出るんだな」

 

 

 

と思い込む生徒さんが

いると思います😞

 

 

 

よく読んでみると、

授業でやった内容しか出しませーん、

 

 

とは一言も書いてませんよね。

 

 

 

もちろん、

授業のノートを見返して

勉強すれば、

 

 

 

それなりの点数がとれる

ということなんでしょうが、

 

 

 

全部の内容が

「授業から出る」なんて

言ってませんよね。

 

 

 

実際に

授業でやっている内容は、

教科書の内容を部分的に

やっている、

 

 

 

と考えるくらいが

いいと思います。

 

 

 

 

そして、自ら広い範囲を

カバーしたテスト勉強は、

 

 

 

その後の入試にも

役立つことを

忘れないでほしいですね。

 

 

 

😲

 

 

 

 

 

 

 

因数分解解法のコツ

ばらします

パート2👐

 

中3 数学

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

因数分解のコツのような

お話をさせていただきました。

💁‍♂️

 

 

 

まずは、

共通因数がないか、

式全体を見渡すこと、

 

 

 

そして、

公式はしっかりと覚えておき、

公式が適応できるかを

考えること。

 

 

そんなお話しでした。

 

※参考書にはあまり書かれてないです。

 

 

 

ただし、これは、

基本的なパターンであって、

 

 

 

それが当てはまらない

場合もあります。

 

 

 

あてはまらない場合の

よくあるパターンの問題を

ご紹介しますね👐

 

 

 

 

 

 

 

このボードに書かれている

問題では、

 

 

χ²

-χy

+χ

ーy

 

 

のそれぞれの項(各項)に

共通因子(共通する数字、文字)

は見当たりません。

 

そして、式全体をみわたしても、

 

 

χ²-χy+χーy

 

 

使えそうな公式はありません。

 

 

 

🤔さて、こまったぞ、

 

なんだこれは❓❓❓

 

 

 

私が中学生のときに

このタイプの問題を最初にみて

「おや❓」と思ったことを

覚えています。

 

 

 

実は、このタイプの問題も

高校入試では

よく出されるタイプのやつです。

 

 

 

 

☝共通因数をつくり出せ

 

 

共通因数でくくることが

できないのであれば、

 

 

 

共通因数をつくって

それをくくりだす、

 

 

 

そんな方法ができることが

あります。

 

 

 

キーワード🔑

共通因数をつくる☝

 

 

 

 

ちょっと、

やってみますね。

 

 

まずは2つの項に

グループ分けします。

 

 

 

これは、

共通因数(この場合は式になります)

をつくりだすためなので、

 

 

 

それを意識してグループ分け

する必要があります。

 

(テキトーじゃダメってこと)

 

 

χ²-χy+χーy

 

 

⇒(χ²-χy)+(χーy)

 

 

こんな感じで💁‍♀️

 

 

 

χ²-χy)の部分をχで

くくってやると

 

 

 

χ(χ‐y)となります。

 

 

そうすると、

 

χ(χ-y)+(χ-y)

 

 

 

が出来上がります。

ボードの①の式になります。

 

 

 

これでχ-yという

共通因数(式)が

作り出せました👐

 

 

 

共通因数をつくり出せたら、

今度は、その共通因数で

くくります👐

 

 

 

☝共通因数でくくる

 

 

 

ここでですが、

(χ-y)をそのまま使って

くくってもいいのですが、

 

 

それは上級者コース☝

 

ちょっとレベル高、

慣れている人がやること。

 

 

 

ややこしくてわかんなくなって

しまうのなら、

 

 

χ-y=M とおいて、

式を簡単な形にして

やってみます。

 

 

おなじみのMです。

 

 

 

そしてできた式が②です。

 

 

 

そして、共通因数であるMで

くくります。

 

 

 

そうすると③の式になります。

 

 

 

M(χ+1)

 

 

 

Mをつかう問題で

よくやってしまうこと

ですが、

 

 

 

Mをそのまま答案用紙に

答えとして書いてしまうことです。

 

 

 

Mは自分が勝手に

持ち出してきた記号なので、

 

 

 

それは、もとの形にもどして

やんなきゃいけないん

ですよね。

 

 

 

 

M=χ-y だったので、

 

=(χ-y)(χ+y)

 

 

で、はい、

これが答えとなります。

 

 

 

私は、中学生(高校も)のとき、

因数分解は比較的得意

でした。

 

 

 

問題ごとに使えるパターンの

ようなものを整理しておいて、

 

 

 

何がつかえるのかを

考える。🤔

 

 

 

それを問題演習をこなして

対応できるように

していくんです。

 

 

 

中3数学の始めの因数分解は、

中3数学の今後につながる

分野です。

 

 

 

ここを得意にして

中3のスタートダッシュ💨

にはずみをつけて

もらいたいですね☝

 

 

 

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

【中3数学 因数分解の公式】高校入試でも、出題傾向が高い「因数分解」☝ この基本公式は絶対に覚えてないといけません✋ 問題をやりながら覚えるのではなく、私は最初に「丸暗記」をするよう指導させていただいています☝
【中3数学 因数分解の公式】高校入試でも、出題傾向が高い「因数分解」☝ この基本公式は絶対に覚えてないといけません✋ 問題をやりながら覚えるのではなく、私は最初に「丸暗記」をするよう指導させていただいています☝

 

 

 

5月2日 (月)

 

 

因数分解のコツ

一部ご紹介👌

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

因数分解の問題での

基本パターンは、

 

 

 

1)共通因数でくくり出す

  (  )でくくる

 

2)4つ(3つ)の基本公式の活用

 

です。

 

 

 

やさしめの基礎問題では、

1)か2)のどちらかを

使用する問題が多いです。

 

 

 

やや応用が入ってくると、

1)と2)の両方を

活用する問題も出てきます。

 

 

 

いずれにしても、

解けるようになるためには

しっかりと演習をこなす

必要があります☝

 

 

 

そして、

2)の基本公式については、

最初にしっかりと

覚えこんでしまうことが肝心☝

 

 

 

なので塾では、

公式を覚えていない生徒さんに

対しては、

 

 

 

覚えるまで問題には

進まないように

してもらってます。

 

 

 

公式覚えてないのに

問題やっちゃ🙅

 

 

 

 

さて、因数分解について、

問題を解くための

 

 

「コツ」

 

 

のようなお話を

させてもらいたいと

思います。

 

 

 

 

参考書や問題集にも

はっきりと書かれてない

内容かもしれません✋

 

 

 

(私自身が気がついた

ことなので)

 

 

 

それではいきます✋

 

💨

 

 

 

因数分解をするときに

まず最初にすることは、

 

 

 

全体(各項)に

「共通因数」があるのか❓

を確認することです。

 

 

 

因数分解というと公式の

印象が強いです☝

 

 

 

なので、

公式ばかりを意識していると

「ワナ」にはまります。

 

 

 

たとえば

 

χ²y+3χy+2y

 

 

という問題があります。

 

 

 

公式だけを使う問題を

集中的にやったあとでは、

 

 

 

χ²+3χ+2

 

 

 

という形に近いことには

気がつくかもしれませんが、

 

 

 

「共通因数でくくりだす」

 

 

 

という基本を忘れている人も

多いです。

 

 

 

はい✋

今日もいました👦

 

 

 

この問題では、

まず手始めに共通因数で

くくりださないと、

 

 

 

この問題は解くことが

できません👋👋👋

 

 

 

それでは、

共通因数の「y」

くくりだしてみます。

 

 

 

χ²y+3χy+2y

 

yχ²+3χ+2)

 

 

 

yで( )くくりだしてみると、

 

χ²+3χ+2

 

が出てきました👐

 

 

 

これは公式が使える

因数分解のパターンです

 

 

 

使う公式は

 

χ²+(a+b)χ+ab

 

 =(x+a)(x+b)

 

 

のパターン。

 

 

で、

 

 

χ²+3χ+2を因数分解して、

 

 

=(χ+2)(χ+1)

 

 

したがって、

答えは

 

 

y(χ+2)(χ+1) 

 

 

となります。

 

 

χ²+3χ+2の因数分解の

問題は、

 

 

多くの生徒さんにとっては

簡単♪なのですが、

 

 

 

共通因数を各項に加えられると、

公式だけでは解けません。

👋👋👋

 

 

 

なので、

私は、共通因数があるのか、

最初にチェックするようにと

アドバイスをしています。

 

 

 

ところがですが、

共通因数でくくるのは、

絶対に始めだけ❓

 

 

 

というわけではありません。

 

 

 

その例について、

また、お話しさせて

いただきますね👐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月1日 (日)

 

公式は先に覚える🧠

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

因数分解の公式について、

 

 

 

公式を覚えなくても、

だいたいできるよ、

 

 

 

と言っていた生徒さん、

 

 

 

なんとなく、

方法を覚えていたよう

ですが、

 

 

 

なんだっけかな❓

と、つまづくことが

あります。

 

 

 

つまづいたら、

なかなか正解には

たどりつきません。

 

 

 

基本形である公式を

覚えていれば、

 

 

 

その文字に代入する形で

解くことができます。

 

 

 

今日も、徹底して公式を

覚えこんだ生徒さんが

いますが、

 

 

 

問題ができるように

なりました。

 

 

 

さて、

こんな問題を解く場合は、

公式を覚えてないと、

 

 

 

問題を解くことは

かなり難しくなります

🤔

 

 

 

4y²+12y+9を因数分解せよ、

 

のような問題、

 

 

 

χ²+2aχ+a²=(χ+a)²

 

 

 

の公式を利用します。

 

 

χ=2y² a=3

 

 

と考えれば、答えは、

(2y²+3)²

 

となります。

 

 

 

基本公式がわかって

ないと、

 

 

 

この問題はできません👋

 

 

 

そんな意味でも

基本公式を覚えることは

大事なのです。

 

 

 

公式を覚えることを

おろそかにしている人も

いますので、

 

 

 

そこは見直さないと

いけないですね。

 

 

 

それでは、公式の覚え方に

ついて、

 

 

 

こちらで、

やっている内容を

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

*公式の覚え方

 

 

 

実は簡単です。

 

 

 

まずは、

公式をちゃんと

テキスト(ノート)

に書かれた公式を見て

確認します。

 

 

まずは、直接見るようにします。

 

 

 

それから、

今度は、公式を「見ないで」

暗唱します。

 

しゃべるんです。

 

 

 

 

何度も何度も、

くり返ししゃべります。

 

 

 

しつこいくらい

何度も何度もです。

 

 

 

 

しゃべるスピードも上げていきます。

 

 

 

そして、十分すぎるほど、

暗唱ができて、

 

 

 

もう絶対大丈夫という

自信ができるくらいになったら

ノートに公式を書いてみます。

 

 

 

 

そうすると、

ほとんどの生徒さんが、

間違えずに公式を

書けるようになっています。

 

 

 

やってもらっていると、

途中でもう十分と判断して

終わろうとする人もいます。

 

 

 

👋👋👋

 

 

やめてはダメです。

 

 

 

今覚えることだけを

考えるんじゃなく、

 

 

 

後に忘れないための

ことも考え、

しっかりと覚える

必要があります

 

 

 

今、覚えられても、

後々まで覚えてなかったら

意味がありません。

 

 

 

ただし、

そこまでやっても

きっと忘れます。

 

 

なので、

復習も必要になります。

 

 

 

早く頭に定着させる

ためには、

 

 

 

その都度、「徹底」して

やるこころがけが

大事だと思います。

 

 

 

そして、しっかり覚えられたな、

と思ったら、

 

 

 

実際にその公式をつかって

問題を解いてみます。

 

 

 

塾でやってる公式の暗記に

ついては、こんなところです。

 

 

 

塾の生徒さんは

これで、みんなが公式を

覚えられてますよ☝

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

4月30日 (日) 

 

 

公式を覚えないで

公式を使う問題をやっちゃ

ダメでしょっ☝

 

中3数学 展開・因数分解📖

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

いま、

中3数学の学校の授業では

展開から因数分解に

入る(入った)ところなんです💦

 

(市立中、4月末現在)

 

 

 

 

展開をやっているときに

よく生徒さんに、

 

 

「展開の公式は因数分解で

そのまま使うので、

 

 

公式は、しっかり覚えといて

ね!」

 

 

 

と、言います☝

 

念を押して言っています。

 

 

 

 

上のメモは因数分解の

公式です。

🌝☝

 

 

 

 

左辺(左側の式)から

右辺の形に因数分解が

できます。

 

 

 

 

展開とは、

簡単に言えば

( )を外すことです。

 

 

 

 

このパターンにはまって

いる場合、

左辺から右辺の形に

展開ができます

 

 

 

 

さて、

この因数分解で

これらの公式を使う問題に

当たったとき、

 

 

 

もちろんですが、

この公式がわからないと

問題を解くことができませんね。

 

 

 

正解率はやはり下がります。

 

 

 

 

教室で、問題を解いている

生徒さんをみていると、

 

 

 

公式が使えてない

生徒さんもいるもんですね。

 

 

 

公式を学校で習ったはずなのになぁ。

 

 

 

試しに、

公式を覚えているか

確認してみると、

 

 

 

ほとんどのケースで

公式を覚えては

いません😞

 

 

 

上のように公式は

4つ(パターン)あります。

 

 

 

②と③は、同じような公式

なので、

事実上は3パターンです。

 

 

 

学校では、解く方法を

習っては来たのでしょうが、

 

 

 

自分でやってみると

うまくいかないものです。

 

 

 

それもそのはず、

公式を使う問題は公式を

覚えてなきゃダメなんです!

 

 

 

 

公式を使う場合の

基本問題ができてない

生徒さんは、

 

 

 

まず、公式は覚えていません!

 

 

 

覚えるのが「めんどう」だと

思っているようです😞

 

 

 

 

その勢い↴では、

永遠に公式を使った

因数分解を解くことは

できないでしょう😞

 

 

 

なので、私は、

公式をちゃんと覚えてない

生徒さんには、

 

 

 

まず、公式をしっかりと

 

 

「丸暗記」

 

 

してもらうことにしています。

 

 

 

そういうと、

「ええー」って生徒さんに

言われます('ω')💧

 

 

 

でも、たったの3つの公式、

それさえ覚えれば因数分解が

できるんだから、

 

 

 

覚えるしかないっしょ!

 

 

 

と言えば、納得します😌

 

 

 

 

中途半端はなし、

徹底的に正確に

覚えてもらいます。

 

 

 

公式を覚えてない状態では

問題演習に進ませませんよ

(笑)

 

 

 

公式覚えてなきゃ、

問題解いても意味ないからです✋

 

 

 

 

 

そこで、丸暗記の仕方です👨‍🏫

 

 

 

「じゃあ公式を覚えて!」

 

 

 

と言うと、

 

 

 

公式の書いてあるテキスト📖を

ながめているだけの

人がいます。😲

 

 

 

よくあることなんですけど、

何かを覚えようとするときに

 

 

 

書いてある活字をただ

みてるだけ👀

 

 

 

そんな生徒さんたちは、

 

「覚えられなーい!」

 

 

 

と言い出すのが

いつものパターン

なんです。

 

 

 

 

そりゃそうです☝

 

 

 

 

字を見ているだけで覚える

なんて、

 

 

 

一部の天才じゃなければ

ムリな話です👋👋👋

 

 

 

 

普通の人は、

みているだけで公式を

覚えられるものでは

ありません。

 

 

 

そして、ほとんどの人は

「普通の人」

 

 

 

見ているだけじゃ覚えられない!

 

 

 

公式だけじゃなく、

いろんな暗記ものに共通して

いますので、

 

 

 

覚えておいてほしいと

思います。

 

😌

 

 

単語もそう、漢字もそう、

・・・ 

 

 

 

 

では、

公式をどうやって

覚えるのか、

 

 

 

こちらでやっている

方法をご紹介しますね。

 

 

 

 

次回につづく💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

4月27日 (水)

 

 

説明は「専門用語」を

使ってできることが基本

👨‍🏫

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

プレゼンも含め

問題の解き方についての

説明をしてもらうとき、

 

 

 

苦手な生徒さんは、

その単元で習っている

「専門用語」が

 

 

 

口をついて出てきません。

 

 

 

専門的な用語を理解して

いないと、

 

 

 

表現がかえって難しく

なって、

説明がうまくいきません。

 

 

 

なので、

こちらでは、習った専門用語を

使うようにして

もらっています。

 

 

 

そこで、

数学の一次方程式の

問題だったら、

 

 

 

「移項」というキーワードが

ありますが、

 

 

 

移項の意味がわからなかったら、

一次方程式は理解して

いないことになります。

 

 

 

その場合は、

移項の基本から

勉強をやり直す必要が

あります😓

 

 

 

さて、

以下の基本的な一次方程式

の問題を

 

 

 

「それらしく」

解法を説明してみたいと

思います。

 

 

 

 

問題

 

3(χ-4)=χ+2‥①

 

 

 

解答

 

 

まず、①の式の左辺の

かっこを外します。

 

 

 

3を( )の内の各項の

χと-4に分配します。

 

 

 

分配して掛け合わせると

このような式になります。

 

 

3χー12=χ+2

 

 

 

そして、右辺のχを左辺に

移項して、

左辺の12を右辺に移項

します。

 

 

3χ-χ=2+12

 

 

そしてこれを計算して、

 

 

2χ=14

 

 

となります。

 

 

 

最後に、この式の両辺を

2で割ってχを求めます。

 

χ=14/2

 

 =7

 

 

はい、これで

答えはχ=7です。

 

 

 

っと、こんな感じで

生徒さんにやってみせる

ことがあります。

 

 

 

ここで、

各項、右辺、左辺、両辺、

分配、

 

 

 

という言葉を知らないと

説明がかえって難しく

なります。

 

 

 

もう何をいってるのか

わかんなくなっちゃって

いる人もいます☝

 

 

 

説明をしてもらう

ときには、

 

 

 

これらの専門用語の

意味を使えているか、

 

 

 

理解しているかを

確認するようにしています。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

4月24日 (日)

 

 

過去進行形の文法解説📖

のつづき

 

 

中2英語

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

過去進行形の文法解説の

つづきです。

 

 

 

中2の英語(公立中)では、

中1の終わりのころに

やった過去形のおわらいを

 

 

 

さらっとやって、

過去進行形、そして接続詞(when)

へと進んでいきます。

💨

 

 

 

それでは、過去進行形ですが、

これは、

be動詞(過去形)+~ing

で、

 

 

 

~していました。

~していたところでした。

 

 

 

となります。

 

 

 

現在進行形のbe動詞を

過去形にしただけなので、

簡単です。

 

 

 

✋と言いたいところですが、

これは、現在進行形を

ちゃんとマスターしていたら

の話し。

 

 

 

英語は数学と同じで、

ピラミッドのように下の

土台の部分を

 

 

 

しっかりと固めていかないと

わからなく❓❓❓なる

教科なんですね。

 

 

 

現在進行形がわかってないと、

過去進行形はもちろん

わかりません😞

 

 

 

現在進行形があやしい人は

過去に戻って、

現在進行形の勉強も

すべきだと思いますよ。

 

 

 

さて、

文法のつづきをいきます。

💨

 

 

 

それでは、否定文、疑問文に

ついてです。

 

 

 

授業でやってるのと同じ

調子でいきたいと思います👍

 

 

 

【例文】

 

 

*肯定文(ふつうの分)

 

He was eating lunch then.

 

彼はそのとき昼食を食べていました。

 

 

 

*否定文

 

He was not eating lunch then.

 

彼はそのとき昼食を食べていませんでした。

 

 

 

*疑問文

 

Was he eating lunch then?

 

彼はそのとき昼食を食べていましたか。

 

(参考書:くわしい英文法より)

 

 

 

 

肯定文というのは、

~です、~する、

というようなふつうの文、

 

 

 

否定文は

~ではない👋、~しません👋、

と否定するときの文、

 

 

 

疑問文は~ですか❓、~しますか❓、

という質問するときの文

 

 

 

だったよね😌

 

 

 

 

否定文は、be動詞の否定文の

ときと同じで、

 

 

 

be動詞のあとにnotが入るよ。

 

 

 

I am not~

 

You are not~

 

 

 

って、習ったよね。

実際の例をあげてみると

わかりやすくなるよ。

 

 

 

そして、

そのあとに~ingが

続くんだよね。

 

 

 

疑問文は、be動詞の疑問文の

ときと同じで、

 

 

 

be動詞が主語の前に

来るよ。

 

 

 

この例文の場合、

主語はhe(彼は)なんで、

 

 

 

heの前にbe動詞である

wasがくる。

 

 

 

Are you ~とか

Is she~とか、

be動詞の疑問文で

やったでしょ。

 

 

 

だから、語順は

be動詞+主語+~ingに

なる。

 

 

 

進行形のbe動詞は、

現在であっても過去であっても、

扱い方は同じなんだよね。

👌

 

 

 

答え方だけど、

これもbe動詞の答え方と

いっしょ。

 

 

 

Yes,he was.

(はい、食べていました)

 

 

No,he wasn't.

(いいえ、食べていませんでした)

 

 

 

どう❓

 

 

 

ね、簡単でしょう❓

 

 

 

それでは、要点をまとめておきます。

 

 

要点のまとめは、

「ノートの工夫」として

話した通り、

 

 

いつも、自分でまとめるように

してね。

 

 

 

 

【過去進行形まとめ】

 

 

1,過去進行形は、

 

be動詞の過去形(was,were)+動詞のing形

 

 

2.意味(訳)は、

 

~していました。

~していたところです。

 

 

3.過去進行形は現在進行のbe動詞を過去形にしただけである。

 

 

 

were(ワー)をウエアと

発音してる人いるから

注意しといてね🚫

 

 

 

 

解説は以上になります。

おつかれさまでした🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月21日(木)

 

 

 

過去進行形の文法解説

中2英語📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

公立中2年生は、

現在、学校の授業では

これから「過去進行形」に

入るところです。

 

 

 

こちらでは、

塾のワークをつかって

2年生の予習をやってる

生徒さんが多いんですよ。

👐

 

 

 

というわけで、

今回はこの過去進行形の

文法解説を

 

 

 

塾で教えているように

進めていきたいと

思います。

 

 

 

 

✧過去進行形

 

 

 

【基本例文】

 

 

I didn't see you at the meeting today.

 

 

今日ミーティングであなたに会わなかったね。

 

 

Oh,I was talking with Ms. Sato then.

 

 

ああ、そのときは佐藤先生と話をしていたんだ。

 

(参考書「くわしい英文法」より)

 

 

 

それでは、

過去進行形の文法解説を

始めます👏

 

 

 

まず、過去進行形に入る前に

現在進行形について

ちゃんと覚えているか、

確認するよ。

 

 

 

現在進行形は、

どんな形だったかな❓

 

 

 

be動詞(現在形)+~ing 

 

 

 

だったよね。

これはいいよね。

 

 

 

そして、その意味(日本語訳)は

 

 

 

~しています。

~しているところです。

 

 

だったよね。

これも大丈夫だよね。

 

 

 

いつも言ってるけど、

「文型と意味」は

いつも新しい文法をやるときには

 

 

 

整理して

頭の中に入れとおくように

しといてよね。

 

 

 

本に書かれている長い解説を

そのまま覚えたって、

そんなの忘れちゃうよ。

 

 

 

やっている人多いけどね。

😞

 

 

 

なんでもそうだけど

しっかり覚えるコツは

 

「コンパクトに短くまとめて、

頭に入れておくこと。」

 

 

 

コンパクトにまとめることを

すると、

 

 

 

その分、頭を使うんで、

理解も深まるんだよ

 

 

 

やってみてね。

 

 

 

さてと、じゃあ、

いよいよ過去進行形に

入ろうか。

🏃

 

 

 

実は、この過去進行形、

現在進行形が理解できてれば

簡単なんだよね。

 

 

 

過去進行形の文型は

 

 

be動詞の過去形+~ing

 

 

なんと、なんと、😲

 

 

 

現在進行形は、be動詞が

現在形だったけど、

 

 

 

過去進行形は、それが

過去形に変わっただけ。

 

 

それだけだよ。

 

 

 

そして、意味は、

 

 

~していました。

~していたところです。

 

 

になんだよね。

 

 

 

例文の場合は、

was+talkingで

 

 

 

佐藤先生と

「話していたところだった」

となります。

 

 

 

主語がIなので

それに対応するbe動詞は

was。

 

 

 

そして、~ingは

わかってると思うけど、

動詞のing形。

 

 

 

だから

I was talking~ってなってる。

 

 

 

ところで

この動詞のing形のことを

現在分詞っていうんだけど、

 

 

 

知ってた❓

 

 

 

ははは、

この言葉はちょっと

上級者コース。

 

 

 

知らない人が多いよ👐

 

 

 

さあ、

この過去進行形で使う

be動詞なんだけど、

 

 

 

be動詞の過去形は

wasとwereしかないよね。

 

 

 

復習だけど、

wasのときの主語は、

Iと3人称単数、

 

 

wereのときの主語は、

you(2人称)と

複数の場合、

 

だったよね。

 

 

 

そういえば

1人称、2人称、3人称

ってなんだっけ❓

 

 

 

これは人数のことを

指しているのではなくて、

 

 

 

会話している人、

あるいは物のことを指して

いるんだったよね。

 

 

 

1人称は話し手、

2人称は話し相手、

3人称はそれ以外の人、モノ

 

 

OK.

That’s right.

 

わかってたよね。

 

 

 

さて、

これは覚えておくと

いいことなんだけど・・・

 

 

 

過去進行形では、

then=そのとき

at that time =そのとき

 

 

 

という単語や熟語が

よく使われるんだよ。

 

 

「そのとき~していました」

 

 

 

という表現なんだよね。

 

 

 

テストで出るかも

しれないから、

ここは覚えちゃおう。

 

 

 

そういえば、

現在進行形でもよくつかわれる

単語あったよね、

 

 

 

そうそう、

nowだよねナウ、

 

 

 

今、っていう意味だったよね。

 

 

 

今回はnowじゃなくて

thenなんだね。

 

 

 

ちょっと差がつくから、

覚えとこうね👐

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

【約分の工夫】指数計算のまじったわり算(分数)のような問題では、約分をすることが多くなります。そこで、3×3×4×4のような計算をしないで、約分を行えば早く正確に計算をすることができます💁‍♂️💁‍♀️
【約分の工夫】指数計算のまじったわり算(分数)のような問題では、約分をすることが多くなります。そこで、3×3×4×4のような計算をしないで、約分を行えば早く正確に計算をすることができます💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

4月19日 (水)

 

 

数学事例検討

約分の工夫🤔

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

今回は、

塾の授業でやった内容を

もとに、

 

 

 

数学の解法のお話を

したいと思います🙇

 

 

 

内容は中1の数学です。

 

 

 

新2年生の生徒さんが、

1年の復習としてやった

内容を題材にします。

 

 

 

上👆のホワイトボードは

数学の指数計算(2乗の計算)

の問題を生徒さんが

やったものです。

 

 

 

赤字の方は私が書きました💁‍♂️

(添削です)

 

 

 

では、

解説をしていきたいと思いますね👐

 

 

 

複雑な計算問題です。

 

 

この手の問題は、

県立高校受験では、

あまり出る傾向にはありません。

 

 

 

が、

計算力をつける上では、

もってこい、の問題かも

しれませんね👐

 

 

 

まず、

このようなプラスとマイナスの

混在する問題については、

 

 

 

(  )ともども、

わずらわしいので、

 

 

 

片付けちゃいましょう☝

 

 

 

処理の方法です。

 

 

 

問題式の下に

+---と

書かれてあります。

 

 

 

(  )内を計算したとき

結果の符号が+かーか

を示しています。

 

 

 

この式は、

すべてが掛け算、わり算で

つながっているので、

 

 

 

このー(マイナス)の符号の

数で、全体の式の答えが

確定できます。

 

 

 

この場合だと、-の数が3つで

奇数個なので、

最終的な答えの符号は

ーになります。

 

 

☝符号は最初に確定させるべし

 

 

 

そうすると、

+やーのわずらわしい

符号は整理されて(削除されて)

 

 

式はすっきりしたものになります👐

 

 

あんがい、みんなやってないよ

(T_T)

 

 

 

ホワイトボードの記載では

(3×3)×(4×4)と

書かれていますが、

 

 

 

この(  )も実際には

不要になります。

👋👋👋いらん、いらん、

 

 

 

さて、今回一番お話しした

かったこと☝

 

 

 

3行目の式の9×16、

これを右に筆算をして

計算しています。

 

 

 

それから、

ー144÷12を計算して

います。

 

 

 

ここで、答えがー12と

これも筆算によって

計算されていました。

 

 

 

ここで指摘したいのは、

9×16は、まだここでは

計算せずに、

 

 

 

後ろのわり算を逆数に

したときの分数との

約分に利用ため

そのままとっておくことです。

 

 

 

9×16は、まだ、ここでは

とっておいて、

 

 

 

後の約分に活かそうと

考えるんです。

 

 

 

具体的には、

ホワイトボードの下の赤字の式です。

 

 

 

掛け算のひっ算、

わり算のひっ算を

やらなくて済みます。

 

 

 

時間の短縮になります。

(テストは時間との勝負になります)

 

 

 

また、

計算過程を簡略化する

ことは、計算ミスを減らす

ことにもつながります。

 

 

 

そして、もうひとつ大事なこと☝

 

 

 

最後の144÷12が

もしも割り切れなかったら

どうするんでしょう❓

 

 

 

きっと、

賢い当塾の生徒さんは

分数の形に直して、

 

 

 

約分の作業に入ったと

思います。

 

 

 

でも、それでも、

やはり遠回りです💦

 

 

 

この手の約分が工夫できる

問題は、

 

 

 

指数(2乗とか3乗っていうやつ)

の混じった四則計算(+-×÷)

で、よくあります。

 

 

 

2乗、3乗なら、まだいいのですが、

4乗、5乗、

 

 

 

また、

多くの数字が掛け算の形で

連なる場合など、

 

 

 

これを計算して、

巨大な数字をつくって

してしまっては、

 

 

 

今度は、約分するのが

大変になります。

 

 

 

そして、小学校から中学校に

上がって、あまり時間がたって

ないと、

 

 

 

なんとしてでも💦💦💦

わり算は筆算にして

小数で答えを出すっ

 

 

 

って、

やっちまいがちです🤦‍♀️

 

 

 

そんなときには、

生徒さんたちに言っています。

 

 

 

もしも、

割り切れなかったら

一生かかっても答えは

出ないよ(笑)

 

と。

 

 

 

後の約分のことを

考えながら、計算を進める。

 

 

 

そうすれば、計算は楽で、

速くて、ミスも少ないのです。

 

 

 

意外に、優秀な人でも

このような工夫を

してない生徒さんたちは

多いものです。

 

とくに中学生レベルでは。

 

 

 

また、

案外、参考書、問題集にも

このような「指南」を

しっかりと解説したものは、

 

 

 

(私がみた中では)

見当たりませんね。

 

 

 

※簡単に書かれたものは

確認しました。

当塾で使ってるテキストに

ありました。

 

 

 

私は、このような方法を

「我流」で気がつきましたが、

 

 

 

工夫できることを

考えながら進めていないと

 

 

 

思わず、遠回りをして

しまいます。

 

 

 

というわけで、

 

 

 

約分のための工夫、

まだやってない人は、

試されてみてはいかがでしょうか。

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に説明してみると

自分のわかっていないところが

まるわかり🙆‍♀️

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

塾の授業では、

できるだけ生徒さんに

説明をしてもらう

機会を設けています。

 

 

 

「人に教える」は

定着を促すうえで

効果的な方法であると、

 

 

 

アメリカ国立の研究所にて

調べられています。

 

 

 

「人に教えること」は

定着率90%とされています。

 

 

 

この研究によれば、

もっとも定着に効果が

なかったのが

 

 

 

「講義を聴く」5%

 

 

で、次いで効果がないのが

 

 

 

「読書」10%

 

 

 

でした。

 

 

 

意外と思われるかも

しれません🤔

 

 

 

この研究での講義を

聴くというのは、

 

 

 

何もメモもしないで

聞き流した状態で、

 

 

 

ということでした。

 

 

 

逆に話を聞き流すときの

定着率は、たったの5%。

 

 

 

学校の授業をメモをとらずに

話を聞くだけにして

いては、

 

 

 

ほとんど定着には至って

いないことになります。

 

 

 

ご経験はないでしょうか❓

 

 

 

学校の授業を受けて

しっかり話をきいていた

はずなのに、

 

 

 

あとになって

授業の内容を結構わすれて

しまっていることを。

 

 

 

集中して聴いてないと

さらに覚えてないなんて

ことになってると思います。

 

 

 

カリスマ講師の説明を

きいたとて、

 

 

 

定着させるには

定着させるための勉強が

他に必要ということに、

 

 

 

この研究結果を信じるのなら、

なるのだと思いますよ。

 

 

 

読書、

 

 

 

教科書を読むという勉強も、

 

 

 

 

定着をさせるためには

効率の悪い勉強ということに

なると思います。

 

 

 

よく、生徒さんたちに

テストでうまくいかなかったときの

対策で、

 

 

 

教科書をよく読む

なんて答える生徒さんが

いますが、

 

 

 

それも定着率はたったの10%、

 

 

 

教科書の読み方を工夫

すれば改善できるかも

しれませんが、

 

 

 

とりあえず、10%というのが

研究結果です。

 

 

 

基本的に、

講義を聴く、読書をする

というのは、

 

 

 

理解には適していても

定着には不向きな

 

 

 

頼りない勉強法だと言えると

思います。

 

 

 

なので、

 

 

 

こちらでは、

 

 

 

「人に教える」90%

 

 

 

という勉強法を取り入れて、

進めているんですね。

 

 

 

今は、春休み期間で、

通常の授業より時間をとれるので、

 

 

 

定着をより促すため、

説明を私にしてもらうことに

しています。

 

 

 

もちろんですが、

私は教えてもらう立場に

なります。

 

 

 

問題の答えについては

理解していますよ

( ´艸`)ははは

 

 

 

内容を理解はしていますが、

教えてもらうことに

なってます。

( ´艸`)ははは

 

 

 

 

そこでですが、

最近の

実際の体験談について、

 

 

 

今度のメールにて

お話ししたいと思います。

 

 

 

人に教える(説明する)のって

やっぱりいい勉強に

なってると思います。

 

 

 

 

 

 

 3月22日(火)

 

 

同じ問題を解いていても

格差が出る😲

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

英語でいつも

単元テストがいいのに

 

 

 

定期テストが不振という

生徒さんのお話しをしました。

😞・・・

 

 

 

おかしい❓❓❓

 

 

 

と思ったら、

なぜか❓

を考えなければいけませんね。

 

 

 

また、おかしい❓❓❓と

気づくことも大事です。

 

 

 

記憶は、

長期で記憶をしたければ、

 

 

 

ある一定期間で、

繰り返しの復習をする

ことが有効です。

 

 

 

短期で仕込んだ記憶は

そのままにしていれば

短期間で消えてしまうんです。

 

 

 

だから、

塾では「記憶」についての

勉強もしました。

 

 

 

というわけで、

勉強がもっともっとできる

ようになるためには、

 

 

 

考えること、

そのための頭を使うこと

が重要です。

 

 

 

 

勉強を「考えながら」やっているの?

 

 

 

「考えながら」というのは、

勉強の問題(設問)

そのものを考えながら

という意味ではなく、

 

 

 

勉強の仕方や、

大事なポイントの押さえ方などを

「考えながら」ということです。

 

 

 

実のところ、

勉強方法、勉強の仕方を

教えても、

 

 

 

定着しない生徒さんも

少なからずいるんです。

😞

 

 

 

なぜ❓を考える機会が

少ないんだと思います。

 

 

 

成績を伸ばしたいと

本当に思うなら、

 

 

 

もっと勉強に興味をもって、

どうやったらもっとうまく

こなせるのかを

考えないといけませんね。

 

 

 

興味、大事ですよね。

 

 

 

興味がなく

やらされ感でやっているうちは、

 

 

 

現状はなかなか変えられない

と思います。

 

 

 

なぜなら、

やらされている感覚で

やっていると、

 

 

 

考えるよりも、

ただの作業感覚になって

きてしまうからです。

 

 

 

そんな生徒さんの勉強は

見ていて、

「ただやってる」

「ただ問題を解いている」

だけに見えます。

 

 

 

なので

「ただやればいいってもんじゃないよ」

 

 

 

よく生徒さんたちには

お話をしています。

 

 

 

成績を上げたいのなら、

ただ時間をかけて

勉強する努力をする

だけでなく、

 

 

 

成績を上げることに

興味を持って、

 

 

 

「考える努力」をもっと

すべきではないかと思います。

 

 

 

🤔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月21日(月)

 

 

単元テストがいいのに、

定期テストがよくない😞

 

なぜうまくいかないのか

考えることが重要!

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')

 

 

 

ものごとがうまくいかないとき、

 

 

どうしてうまくいかない

のかを考えるものですよね。

 

 

 

もちろんなんですが、

勉強だって、

うまくいってないときは、

 

 

 

なぜか❓❓❓

を考える必要がありますよね。

 

 

 

ところが、こと

勉強に関することになると、

 

 

 

あまり考えてない

と思われる生徒さんも

いるものです😞

 

 

 

これが意外に

多いような気がする。

 

 

 

うう~ん

 

 

 

 

こんな生徒さんがいました。

 

 

 

英語の内申点(成績表)

が4だった。

 

 

 

それはそれで喜ばしい

ことですが、

 

 

 

定期テストの点数が

よくなかったのに4って、

不思議に思った私は、

 

 

 

その生徒さんに

なぜ4がとれたのかを

聞いてみました👂

 

 

 

その生徒さんは、

定期テストの結果が

平均点くらいなのです。

 

 

 

どういうこと❓❓❓

 

 

 

「単元テストを毎回40点以上

とっているです。」

 

とのことでした。

 

 

 

日々の学習をしている

この生徒さんは、

しっかりと直近のテストである

 

 

 

単元テストで

きっちりと得点をして

いました。

 

 

 

塾での勉強の成果も

出ているのだと思います。

 

 

 

これはすばらしいと思います。

👏

 

 

 

では、なぜ定期テストに

なるととたんに不振になるのか❓

という疑問が浮かびます。

 

 

 

その生徒さんに

そのあたりのことを

自分で考えているのか❓

 

 

 

聞いてみたところ👂

 

 

 

「考えてません」

 

 

 

とのお返事でした😞

 

 

 

なんと、

おかしいと思わなくちゃ。

 

 

 

単元テストで得点できて

定期テストでは得点できないって❓

 

 

 

単元テストと定期テストが

そんなに違うテストかと

言えば、

 

 

 

いいえいいえ👋👋👋

 

 

 

質的な違いはあれど、

そこまで違うとは思えません。

 

 

 

範囲も同じ、

似たりよったりでしょ。

 

 

 

ここで、

自分でなんでこんなことが

起こっているのか❓

 

 

 

疑問に思わないと

いけないと思うんですよね。

 

 

 

こちらから、

(単元テストを)終わった

ところの復習を

 

 

 

ときどきすることがあるか

聞いてみたところ、

 

 

 

まったくやってない

とのことでした。

 

 

 

ああ、これかな原因は!?

 

 

 

いくらできたところでも、

復習をしないと

人間忘れてしまいます。

 

 

 

それも1度も振り返りを

してないということで

あれば、

 

 

 

なおさらのこと。

 

 

 

復習といっても

やることはたくさんあるので、

簡単にパラパラとテキストを

めくって、

 

 

 

復習するだけでも

ぜんぜんちがうんです。

 

 

 

さらに

人には個人差があります。

 

 

 

 

記憶に関しても

覚えてられる人と

忘れてしまう人がいます。

 

 

 

忘れっぽいのなら

なおさらのこと、

 

 

 

対策として復習を

どのように進めるかを

考えるべきだと思うんです。

 

 

 

復習してないことが

原因かどうか、

実際にやってみて、

 

 

 

その効果をみてはどうかと

アドバイスをしました。

 

 

 

うまくいけば

それを続ければいいし

 

 

 

もしも、復習しても

うまくいかなかったら、

さらに対策を考える必要が

あります。

 

  

 

自分の問題点は自分で

考えないといけません。

 

 

 

他人はそんなことは

考えてくれは

しませんので✋

 

 

 

 

 

 

 

3月20日 (日)

 

 

地図と地球儀のそれぞれの役割は❓

 🗺 🌎

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

では。つづきです。

 

 

 

Q

 

地図があったら

地球儀はいらないんじゃないの❓

 

 

 

あるいは、

地球儀があれば

地図はいらない❓

 

 

 

そんな疑問もあるかも

しれません。

 

 

 

さて、どうなんでしょうね❓

 

 

 

 

A

 

 

私個人の答えは、両方必要。

 

 

 

なぜなら、  

地図は、球面をむりやり

平面にしていて、

 

 

 

その形は「でたらめ」だからです。

 

 

 

グリーンランド、

(これデンマーク領

知ってました❓)

 

 

 

でかい島とはいえ、

しょせん島、

 

 

 

オーストラリア(大陸)より

でかいなんて

 

👋😞ちゃいまっせ

 

 

 

それじゃ島じゃなくて

大陸になってるはずですよね。

 

 

 

地図というのは、

どんな図法でも

どうしてもゆがむんです。

 

 

 

もしも、地形を正確に

反映した地図ができた

のなら、

 

 

 

余裕でノーベル賞ものです

( ´艸`)ははは

 

 

 

なので、

正しい地形を反映している

地球儀は必要だと

思うんです。

 

 

🌎

 

 

 

方位についてですが、

正しく反映されている

地図は、

 

 

「正距方位図法」

(飛行機のコクピットにあるやつ)

 

のみで、

 

 

 

この地図にしても

距離と方位を正確にして、

 

 

他を「犠牲」にしたところ、

 

 

 

とんでもなく

見にくい地図になっています。

 

 

 

丸い地図で目が回りそう・・

 

 

 

メルカトル図法(四角の地図)

については、

一見、東西南北、

方位が正確なようにみえますが、

 

 

 

これがトリックで、

不正確なんですよね。

👋😞

 

 

 

日本の真裏は

ブラジル沖の大西洋の

中なのですが、

 

 

 

メルカトル図法をみると

そうは見当がつかないと

思います。

 

 

 

というわけで、

 

 

 

地図も地球儀も、

両方ともにあった方が

いいと考えます。

 

 

 

予算は、かかるとはいえ、

今時は結構安い👀

 

 

 

コスパはかなりいいと

思います。

 

 

 

最後に、サイズですが、

地球儀も地図も

それなりに大きめがいいと

思います。

 

 

 

いまどきは、両者ともに

安く買えます。

😊

 

 

 

世界地図、地球儀、

小学生でも早くはない!

 

 

 

当塾の生徒さんも全員

世界の国の勉強も

始めましたよ。

 

 

 

🌎

 

 

 

 

 

 

 

 

3月16日 (木)

 

 

地図と地球儀は必要でしょ☝

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

社会の話☝

 

 

 

地図🗺や地球儀🌎は

必要か❓

 

 

 

について

考えてみたいと思います。

 

 

 

生徒さんたちに

聞いてみると、、、

 

 

 

家の中に地図を張る

ことについて、

 

 

 

「おかしい」

「変だ」

 

 

 

と思われる人も

いるようです。

 

 

 

そうでしょうか❓❓❓

 

 

 

いつも張ってないので、

あると不自然に感じる、

 

 

 

ということでは

ないでしょうか❓

 

 

 

さて、

 

 

 

地図や地球儀はあったほうがいい、

 

 

のではなく、

 

 

 

必需品であると

私は考えます🤔

 

 

 

必需品とは

なくてはならないもの。

 

 

 

なぜ、なくては

ならないものなので

しょうか❓

 

 

 

大事なことは、

いつでも確認ができる

ことです。

 

 

 

地図帳でもいいのですが、

地図帳を開くのは

 

 

 

まず、地図帳を探して

本を開く必要があります。

 

 

 

スマホやパットでも

いいのですが、

 

 

 

壁に張ってあるほうが

すぐに確認ができます。

 

 

 

そして、世界や日本の

全体像が確認できます。

 

 

 

調べたかったところを

確認するだけでなく、

 

 

 

その周囲にも目を配らせれば、

次いでに、いろんな知識が

吸収できます。

 

☝☝☝

 

それが大事なんだと思います。

 

 

 

そして、興味や関心をもつ。

 

 

 

もちろん、確認するのは

地球儀だってかまいませんよ。

 

 

 

生徒さんたちを見ていると、

あまりにも地理に興味の

ない人が多いんです。

 

 

 

好きこそものの上手なれ、

 

 

とはいいますが、

 

 

 

関心のないことの知識など、

つくはずもありません。

 

 

 

いろんな想像をふくらませて、

地図や地球儀をみて

 

 

 

位置関係を確認したら、

教科書やネットなどで

 

 

 

関連の情報を調べて

ほしいですね。

 

 

 

 

では、そこで

地図と地球儀ですが、

どっちがいいの❓

 

 

って、

 

 

 

そんなご質問もあるかも

しれません。

 

 

 

私なりにお答えしたいと思います。

 

 

 

 

Q&A

 

 

 

Q

両方必要❓❓❓

 

 

 

地図と地球儀とどっちが

いいのか、

 

 

 

私は両方あったほうが

いいと思います。

 

 

 

なぜか❓

 

 

 

地図は見やすい(図法にもよります)

という長所があります。

 

 

 

一般によく普及している

地図はメルカトル図法です。

 

 

 

世界全体が長方形の形に

なっているヤツです。

 

 

 

メルカトル図法が

よく普及しているのは、

 

 

 

おそらく、見やすい

からなのだと思います。

 

 

 

わかりやすいもの、

便利なもの、

というのは

 

 

 

受け入れられやすい

ものです☝

 

 

 

しかーし✋

 

 

 

地図には欠点もあります。

 

 

 

欠点はなんといっても・・・

 

 

 

球体の表面を平面にする

ことなんて、

できないんです。

😲

 

 

 

では、なぜ、平面になって

いるのかといえば、

 

 

 

むりやりに引き延ばして

平面にしているからです。

 

 

 

なんて、無謀な、

 

 

 

そんなことしてもいいの❓

 

 

 

って、

思われるかもしれませんね。

( ´艸`)ははは

 

 

はい、やっちゃってます。

 

 

 

とはいえ、

地球儀は立体(球体)なので、

場所をとるし、

 

 

 

大きさにも限界があります。

 

 

 

巨大な地球儀をおいても

いいかもしれませんが、

 

 

 

場所をとるし、

 

 

 

なんといって、

そんな特注サイズ、

 

🌎

 

売ってないし、

 

 

 

あっても超高価でしょうね💴

 

 

 

だから、地図は場所を

とらないし、

 

 

 

でかいサイズも平面なので、

壁とかに張ればいいので、

 

 

 

あった方がいいんですね。

 

 

 

そして、

先ほどもお話ししましたが、

 

 

 

地図には致命的な欠点で

ある、

 

 

「実態を反映していない」

 

 

 

ことを最初に意識して

おくことです。

 

 

 

メルカトル図法は、

赤道から

北極、南極にいくほど、

地形は拡大されていきます。

😲

 

 

 

生徒さんによくお話し

するのですが、

 

 

 

グリーンランドと

オーストラリアは

どっちが大きいか❓

 

 

 

地図上は、圧倒的に

グリーンランドですが、

 

 

 

実際は、圧倒的に

オーストラリアです。

 

 

 

なんせ、

 

 

 

グリーンランドは島、

 

 

オーストラリアは大陸、

世界6大陸の中の1つ。

 

 

 

ロシアもでかいが、

実際はそこまでじゃない。

 

 

カナダもしかりですね😌

 

 

  

 

 

 

 

 

3月16日 (水)

 

 

地図と地球儀はあった方がいい❓❓❓

🌎

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

最近、当塾では、

「社会常識❓」としての地理を

少し時間をとってやっています。

🌎 🗾

 

 

 

んん❓ 社会常識❓

 

 

 

はい、

どんなことをやって

いるのかというと、

 

 

 

世界の人口ランキングとして、

人口の多い国から

 

 

 

国名を生徒さんに

覚えていって

もらってます。

🗺

 

 

 

中国

インド

アメリカ合衆国

インドネシア

パキスタン

ブラジル

・・・

・・・

 

 

 

世界の人口ランキングを

利用して、

ランクの高い順に、

 

 

 

国名や首都を覚えて

もらっちゃおうって

わけです

 

( ´艸`)ははは

 

 

 

ええっ、

そんなのが社会常識なの❓

🙋‍♀️

 

 

 

別にそんなこと

知らなくたって

全然、ふつうに生きて

けるじゃん、

 

 

 

って、思われるかも

しれませんが、、、

 

 

 

なのですが、

これは個人的な考えですが、

 

 

 

私は、

世界中の国について

ある程度知っておくことは

 

 

 

社会常識だと思って

います。

 

 

 

🌝☝

加えて、ここは塾なので、

それだけではなくて、

 

 

 

できる限り多くの国の

名前や首都名を覚えて

もらいたいと思います。

 

 

 

そして、それが、

どんなところで、

他国とどんな関係性が

あるのか❓

 

 

 

などなどetc

 

 

 

なんとなんと、

小学生の方が中学生より

どんどん覚えますよ!

 

 

変に抵抗がない!

 

 

 

なので、

それらを覚えるための

「地図🗺 🗾」を

 

 

 

ご自宅の中に張ることを

以前、推奨してきました。

 

 

 

世界の国はたくさんあり、

少しずつ、

 

 

 

いや👋

本音を言わせてもらえば、

 

 

ちょびっとずつなんかじゃなく、

 

 

 

ガンガン💦💦

 

 

 

覚えてもらいたいと思ってます。

 

 

 

それらがどんな国かを

塾の生徒さんたちには

お話ししています。

 

 

 

興味をもって

 

 

ガンガン

 

 

調べて、覚えてもらいたいと

思います。

 

 

 

地理に興味ない👋😞

 

 

 

っていう生徒さんが

多いんですが、

 

 

 

それでは、

いけないと思います。

 

 

 

世界で起こってることは

自分には関係ねーて

 

 

 

そう思ってるって

ことになっちゃいますよね。

 

 

 

それはよくないと思います。

 

 

 

 

さあ、come on

 

 

最近、塾で

「世界の人口ランキング」

 

 

を始めたからなのか、

 

 

 

地図を買っている

保護者さんも多いようです

😌☝

 

 

さすがですね!

 

 

 

ぜひ、買った地図を

有効利用してほしいものです。

 

 

 

せっかく買った地図🗺

 

 

 

あまり見ないでので

あまり中身を覚えて

いないなんて、

 

 

 

「ありそうである」ことが

よくあるようです。

😞

 

 

 

そうならないためにも、

いつも見るための工夫も

考えておいたほうがいいかも

です。

 

 

 

少なくとも、

いつも目につくところに

張るようにお願いしますね👌

 

 

 

さて、

ここで、掲題の件なのですが、

 

 

 

「地図と地球儀はあった

ほうがいい❓❓❓」

 

 

 

との問いかけをさせて

いただきました。

命題

 

 

 

ここまで、お話しをすれば、

「あったほうがいい」

 

 

 

という答えになりますよね。

😌うん

 

 

 

なのですが、

私は「あったほうがいい」

のではなく

 

 

 

もう1ランク上げて

 

 

 

必需品

 

「なければいけないもの」

と考えています。

 

 

 

極端な考え❓

 

 

 

そう思われるかもしれません。

 

 

 

地球儀なんて高そうだし、

じゃまそうだし・・・

 

 

地図も張るとこない👋

 

 

 

👋😞いらんいらん

じゃまだ

 

 

 

って❓

 

 

 

さて、

はたしてそんなものでしょうか❓

 

 

 

つづきは次回に💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

3月14日 (月)

 

 

解答の解説部分を読んでおいた

方がいいことがわかる一例 

🤔

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

以前のお話し、

 

 

 

ある生徒さんが

数学の問題を

解いていましたが、

 

 

 

簡単なはずの計算が

やけにめんどうくさそうな

長い式になっていました。

😞

 

 

 

ん❓❓❓

 

 

 

やっていたのは、

中3の「平方根」で、

分母の有理化の問題でした。

 

 

 

さて、平方根とは、

簡単にいうと、

2乗の反対、逆です。

 

 

 

2乗は同じ数を2回掛けて

できる数字、

(たとえば χ×χ=χ²」)

 

 

 

平方根は、同じ数を2回

かけて元のある数に

なる数字、

 

 

(たとえば √χ×√χ=χ )

 

 

 

さて、分母の有理化

というのは、

 

 

 

わかりやすくいうと、

分母の√を

消す計算問題です。

 

(整数にする)

 

 

 

分母にある√χ は、

同じ数字である

√χを分母と分子に

それぞれ掛ければ、

 

 

 

√χ×√χ=χ (χは整数)

となり

 

 

 

分母の√χはχになるので、

有理化できた、

ということになります。

 

 

 

 

 

さてさて、

そこでなんですが、

計算途中で、

 

 

 

√4×√9って

数字が分母にあります。

 

 

 

√4×√9って数字を

分母と分子に

それぞれかければ、

 

 

 

確かに√ の記号

(根号)を消すことができます。

 

 

 

でも、ちょっと待ってくださいよ✋

そんなことは普通はしません。

 

 

 

同じ数同士をかけて

4になる数字と、

 

 

 

同様に9になる数字って、

 

 

 

それぞれ2と3。

 

 

 

√4×√9というのは、

つまり2×3

で=6なんですよね。

 

 

 

もうこの時点で

分母の「有理化」は

できているんです。

 

 

 

もう後は簡単な分子

と分母の約分を

やっておしまいなのですが、

 

 

 

この生徒さんは、

√4×√9を

分母と分子にかけて

 

 

 

「めんどうくさい👃」

ことをやっていました。

 

 

 

 

そうすると、

めんどうくさ~い、

長い式ができるわけです。

 

 

 

長い計算式を解いて、

「できた!」と

苦労の末に喜んでいました。

 

 

 

つまり数学苦手ながら

「力ずく」で

正解にたどり着いた

のです(笑)

 

 

 

これはスマートな解き方

じゃないんだけど、

正解は正解、

 

 

 

ところが、

これは、解答の解説部分をみて

効率のいい方法を

学ばないといけないんですよね。

 

 

 

  

「力づく」でやると、

 

🙅ケアレスミスを起こしやすくなる。

🙅計算に時間がかかる。

 

 

という問題点があります。

 

 

 

なので、答えが合ってれば

いいじゃん、

 

 

というのは違います👋😞

 

 

 

数学という教科は、

「論理性」「合理性」を学ぶ

教科です。

 

 

 

合理的、

難しい言葉ですが、

簡単に言えば近道、

 

 

 

近道の方が楽♪

 

 

 

 

なので、

模範解答はよく読んで、

参考個所には印をつけ

(チェックし)