最近のBlog

📚

 

 

 

 

いつも読んでいただき

ありがとうございます

🌸🌸🌸🌸🌸 

 

 

 

🐱 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月25日 (水)

 

 

定着をさせる読書の仕方

How to read❓ ver. 2

📖

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

定着をさせる読書の方法で

キーワードをどのように

読むか❓❓❓

 

 

 

について、

例をお話しさせていただきました

 

 

 

重要用語は、もちろん

重要ですが、

 

 

 

その用語だけを答えられる

ようなテストの出題形式は

 

 

 

近年見直されるように

なっています。

 

 

 

テストの傾向は「記述」に移っています。

 

 

 

記述というと

ああ~ 苦手だ😫

 

 

という方もいると思います。

 

 

 

 

「特別な問題集を

買わないといけないのかな❓」

 

 

たいへんだな💦

 

なんて思う方も・・。

 

 

 

 

👋👋👋ちゃいまっせ

 

 

 

ところが、

テストで出そうな記述の

内容も、

 

 

 

結構、教科書に書いてある

ものなんです。

 

 

 

教科書の読み方を工夫すれば、

そんなテストに対する

対策だって

 

 

できるようになるんですよね。

 

 

 

 

2.想定問題を考える☝

 

 

 

記述の問題ですが、

社会を例にとってみます。

 

 

 

社会の学校のワークでは

「重要用語」が質問されて

いるものが多いです。

 

 

 

これだと、

しっかり勉強をしていても、 

 

 

 

テストの内容が重要用語を

問う問題ばかりではない

ので、

 

 

 

とれる点数に限界があります。

 😞

 

 

 

では、その記述問題の

パターンはどんなもの

だったか❓

 

 

 

記述の問題では、

こんなパターンがあった

のではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 ~なのはなぜですか?

理由を書きなさい。

 

 

~の原因はなんですか?

 

 

~の特徴を書きなさい。

 

 

~の表から読み取れることを

書きなさい。

 

 

~との関係を書きなさい。

 

 

などなど 

 

 

 

 

これらに対する答えは、

教科書にみな書いてある

ものです📖

 

 

 

でも、

教科書をただ普通に読む

だけでは、

 

 

 

理解はできても、

しっかり覚えることは

簡単ではありません👋

 

 

 

そこでですが、

定着をうながすために

 

 

 

生徒さんたちにこのような

ことを話すことがあります。

 

 

 

「想定問題を考えよう」

 

 

 

記述の想定問題とは、

先ほど挙げた質問のことです。

 

 

 

テストでどんな問題が出るのか、

 

 

出題する先生が、

どんな問題を出してくるのか?

 

 

 

それを想定するということです👍

 

 

 

そして、その想定問題を

考えたら、

 

 

 

その問題に対して、

自分で答えてみるんです。

 

 

 

自分で質問を考えて

自分で回答する!

 

 

 

自問自答ってことです。

 

 

 

それを教科書📖を

読みながら

やるんですよね。

 

 

 

これで、私の場合は、

あまり得意でなかった

社会を、

 

 

 

「お得意様」に変える

ことができた経験があります🤗

 

 

 

実際にやってみると、

最初のうちは、

うまくいかないかも

しれません。

 

 

 

いかにも出そうな問題を

想像することは、

 

 

 

いかにも出そうな問題を、

テストや問題演習を

通じて、

 

 

 

普段から

意識的に考えておかなければ

いけないからです🤔

 

 

 

ただ、なんとなく

問題を解いているのでは、

 

 

 

出題傾向のようなものは

読み取れません👋

 

 

 

このトレーニングを

くり返すことで、

 

 

 

いろんな問題のパターンの

ようなものが

だんだんと見えてきます👀

 

 

 

こんな教科書の読み方も

やっている人は

やっているのかもしれませんが、

 

 

 

この「必殺技」は

私個人的にはかなりのおススメ

💁‍♂️💁‍♀️の方法なんです。

 

 

 

 

 

    

    

     

       

         

 

 

定着をさせる教科書📖の

読み方🤔☝

 

 

自分自信の経験より

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

ラーニングピラミッドによれば、

読書というのは、

 

 

 

定着させる効果というのは、

 

 

たったの💧

 

たったの10%にすぎない😲

 

 

という衝撃💥的な

結果が出ています。

 

 

 

読書というのは、

定着よりも理解を促すもの、

 

 

ただの教科書の読書による

勉強は、

 

 

理解を目的とすべきで、

そのままでは

定着できないことを

 

 

 

肝に銘じておかないと

いけませんよね。

😫

 

 

 

理解をする上では、

その背景や因果関係、

理由など、

 

 

 

いろいろと根拠を説明する

ようなことが

書かれているので、

 

理解はしやすいと思います。

 

 

 

(それでも、理解しにくい

部分もあるにはありますがね・・)

 

 

 

でも、

ただの読書では、

そこで終わってしまう(';')

 

 

 

じゃあ、

読書では定着があまりできない

ってこと😞❓

 

 

 

なんでしょうかねえ❓

 

 

 

 

 

●定着できる読書法はあるのか❓

 

 

 

もしも、米国の訓練研究所の

ラーニングピラミッドの

結果が正しいのなら、

 

 

 

教科書を読んでテスト対策する、

というのは、

 

 

 

特に「定着」においては、

まちがった対策ってことに

なると思います🤔

 

 

 

読書は理解をするためのもので

定着には無意味❓

 

 

 

なんてしょうか、果たして❓

 

 

 

実のところ、

私はそうは思っておらず、

教科書の読書による定着は

「できる」と思っています💡

 

 

 

☝なんもそうですが、工夫が大事!

 

 

 

 

 ●定着させる教科書の読み方。

 

 

 

教科書を読むと、

「できたような気」になります。

 

 

 

これは、理解ができたから

だと思います。

 

 

 

ところが、理解と定着とは別物!

 

 

 

わかったからって、

覚えたわけでもなく、

問題が解けるようになった

わけでもないんです☝

 

 

 

なので、教科書を読むときは、

理解できたことが

できるようになったことと、

 

 

 

一緒にしないよう

意識しておくことが

大切ですよ☝

 

 

 

それでは、定着させる

教科書の読み方について、

 

 

 

私自身の経験をふまえて、

お話しをさせていただきます💁‍♂️

 

 

 

 

1.キーワード(重要用語)を覚える

 

 

 

ワークをやると、

1問1答形式の問題が

よくあります。

 

 

 

ワークの問題では、

問題と問題の間に

つながりがないので、

 

 

 

理解をする上では、

難しいところがあります😞

 

 

 

そりゃそうです!

 

一問一答の問題は、

「理解」のためのものではなく、

 

 

 

「定着」できているかの

確認のためのものなんだから。

 

 

 

なので、

一問一答の問題は、

他で勉強してきてから

やるべきものなんですよね。

 

 

 

いきなりやってみて、

ワークでいろんな因果関係や

背景が理解できたら、

 

 

 

こんなに楽なもんはない✋😓

 

 

 

だから、本当はワークだけの

勉強はダメなんです。

 

 

 

そこで、

教科書を読んでみれば

キーワードがなんなのかが

わかります。

 

 

 

注☝:教科書でもわかりにくいことが

あるので、

 

その場合は

参考書、ネットなどを使って

調べる。

 

 

 

教科書でキーワードについて

覚えるときは、

 

 

まず、

教科書のキーワードの周辺の文に

注意をします。

 

 

 

たいがいは、キーワード周辺に

それがわかるようなことが

書いてあります。

 

 

 

そして、それで

「わかった💡」で

終わっては定着はできません🚫

 

 

 

教科書からいったん目を離して、

さっき、教科書に書いてあった

部分を言ってみるんです。

 

(もちろん、黙読でもOKですよ)

 

 

 

言うことばは、

教科書とまったく同じ言葉で

なくてもOK👌

 

 

 

言ってる中身が一致してれば、

いい、それでぜんぜんOKです。

 

 

 

とはいうものの・・・・💧

 

 

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

 

わかったと思いますが、

ちゃんと言えないもんです。

 

 

 

定着させることが

いかにハードルが高いものか、

やってみると

わかると思います。

 

 

 

これは、キーワードを

説明する練習で、

 

 

 

実際のテストにも

役立つ勉強になると思います。

 

 

 

理解が深まり、

定着がしっかりできる。

 

 

 

私自身は、そんな方法を

思いついてから、

社会の得点力が

 

 

 

うなぎのぼりに

あがりました\(^o^)/

 

 

 

 

 

 ラーニングピラミッド

読書📖の定着率10%から

学べること🤔

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

学習の定着率に関する研究結果、

ラーニングピラミッドでは、

 

 

 

読書の定着率が10%と

思いの他、低い結果が出ました😲

 

 

 

よく読書をした方がいいよ、

という話しは、

 

 

 

聞かれたことが

あると思います。

 

 

 

では、なんでこんな

意外な結果が

出たんでしょうか❓

 

 

 

 

 

その問題は、

「定着率」にあるから

なんだと思います。

 

 

理解率ではなくて。

 

 

 

読書というのは、

いろんな知識や知恵を

吸収したり、

 

 

 

いろいろなものの見方を

学ぶことができます。

 

 

なのですが、

 

 

 

読んだ本の内容を話して

ください、

 

 

と言われたりすると、

 

 

 

 

ペラペラとたくさん語れる

人は少なく、

 

 

 

むしろ、

あまり話せなかったりは

しないでしょうか❓

 

 

 

読書感想文でも

何を書いたらいいのか

わからない❓

 

 

 

1冊まるまる読んだのにです。

😞

 

 

 

でも、読書することはいいことです🤗

 

 

 

読書に問題があるのではなく、

知識を確実に定着させる

方法としては、

 

 

 

普通の読書の仕方では

適さないということ、

それが問題なのです。

 

 

 

 

では、

学校の勉強についての

「読書」の定着率は

どんなものでしょうか❓

 

 

考えてみたいと思います。

 

 

 

ここでですが、

いつもやっている勉強で

 

 

 

読書って言われても、

ピンとこないかもしれません。

( ゚ ρ ゚ )

 

 

 

国語の勉強なら、

わかるような気がするかも

しれないけど・・・

 

 

 

読書による勉強と言えば、

教科書を読むこと、

 

 

 

これも、

文章を読むということで、

「読書」と言えると思います。

 

 

 

(個人的には、国語の

成績を伸ばすために

「読書」を対策するのは、

 

 

とても時間がかかるので、

考えものかな❓と思います。)

 

 

 

 

 

 

社会の教科書の読書、

 

 

 

いろいろと覚えることが

教科書に書いてある、

 

 

 

だから、教科書を読む🌝

 

 

 

よくやっている人も

いると思います。

 

 

 

そんな読書による勉強法は

定着率がたったの10%って・・・

 

 

そうなのかな❓

 

 

と思うかもしれませんが・・・

 

 

 

なんとなく、

ただ教科書を読む勉強を

している人に聞きたい👂

 

 

のですが、

 

 

教科書を読んでみて、

その内容を覚えていますか❓🤔

 

 

成功してますか❓

 

 

 

生徒さんたちに

テストの対策や、

その反省のときによく

 

 

「教科書を読む」

という勉強方法はよく聞かれます。

 

 

 

よく思い起こしてほしいん

ですが、

 

 

 

教科書を読んだだけで

テストにのぞんで、

 

 

 

好結果が出たことが

1度でもあったでしょうか❓

 

 

 

教科書を読んで

よく勉強したつもりでいても、

 

 

 

結構、覚えてなかった

という失敗してませんか❓

 

 

 

実は、

私自身もそんな経験を

過去にしていて、

 

 

 

教科書を読むだけでは

ダメなんだなって、

 

 

 

思ったことがありました。

 

 

 

読んだことが、

みな頭の中に記憶できたら、

こんなにいい勉強法は

ありません。

 

 

 

ただし、

それがそうはならないのが

現実です🤔

 

 

 

なので、

ラーニングピラミッドの

読書10%を

みたときは、

 

 

 

なるほどな💡

と思えたものでした。

 

 

 

 

ただ、書いてあることを

普通に読んだだけの

勉強では覚えて

ないもんですね。

 

 

 

教科書を読むのなら、

ただ普通に読んでいた

だけじゃ定着はできませんよね

👋👋👋

 

 

 

では、

どんなふうに教科書を

読んだらいいのでしょうか❓

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ラーニングピラミッドから

学べることを考える📖🤔

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

ラーニングピラミッドについて

改めてまとめてみます💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

%は学習定着率

 

 

講義 5%

読書 10%

視聴覚 20%

デモンストレーション 30%

グループ討議 50%

自ら体験する 75%

他の人に教える 90%

 

 

 

実際に自分たちの学習に、

 

 

 

あるいは、

この塾に来ていて

 

 

 

ラーニングピラミッドから

利用できそうなところで

考えついたことを

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

1.講義 5%

 

 

 

講義、というのは、

 

 

 

この研究では、

メモをとらずに話を聴く

こととしています。

(';')

 

 

 

要するに「聞き流し」♪

 

 

 

学校の授業で、

ノート(メモ)をとらずに聞き流しては、

 

 

 

定着率はたったの5%に

しかなりません。

 

 

 

5%など、

ほとんどないに等しい。

 

 

 

だから、この研究からは、

学校の授業でも、

先生の話をだた聞くだけ

ではなく、

 

 

 

メモはとったほうがいいよ☝、

ということが

言えますよね💁‍♂️

 

 

 

学校の授業をノートをしっかり

とって、

授業を受けても、

 

 

 

復習しないとすっかり

忘れていた😲

 

 

 

なんてこともあるんじゃ

ないでしょうか❓

 

 

 

なので、

ノートをとって覚えてない

くらいだから、

 

 

 

聞き流してちゃ、

絶対いけませんよね😌

 

 

 

なので、

ノートはとりましょうよ。

 

 

 

 

塾でもそうなんです。

 

 

 

こちらが話をしていると、

ただ聞いているだけの

生徒さんが多いんです。

 

 

 

だから、よく言うんです。

 

 

 

メモっといてよ、と。

 

 

 

メモらないで話を

聴くということは、

 

 

 

あとで、ほとんど覚えて

ないってことに

なりますよね、

 

 

この研究結果からは。

 

 

 

なので、

メモしない生徒さん

たちには、

 

 

 

「多分、この話は、後で

覚えてないよね。

 

 

メモしてなかったら、

記憶できているかは、

信用できないよね。

 

 

ラーニングピラミッド

覚えてる❓❓❓」

 

 

と言っています。

 

 

 

(※最近(塾に)入った

生徒さんは、まだ話して

ない人が多いですが、

 

 

 

そのほかの生徒さんには

ラーニングピラミッドの

説明をしています。

 

 

 

以上より、

「講義」から得られる教訓は、

 

 

 

話を聴いたら、

授業を受けたら、

 

 

 

「止まってないで」

メモしなければいけない☝

 

 

ってことです。

 

 

 

ペン🖊は手から離しちゃだめ。

常に書く準備を!

 

 

 

ペンを握っているのは、

学ぶ意思を示す

「ファイティングポーズ」です☝☝

 

 

 

次いでは、

「読書」に関してです。

 

 

 

こんな感じで

お話をつづけますね💁‍♂️

 

 

 

つづく🙇

 

 

 

 

 

 

 

5月18日 水曜

 

 

ラーニングピラミッド

の教え

 

「人に教えると定着する」

 

~今、塾でやっていること~

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

アメリカ国立訓練研究所が

実施した研究で

 

 

学習の定着率をみた試験

の結果

 

=ラーニングピラミッド

 

 

から学べることは

いろいろとあると思います。

 

 

 

その中でも、

もっとも定着率が高かった

「他人に教える」ことを

 

 

 

実際にできればいいな、

と思いました。

 

 

 

なので、

生徒さんによっては

ミニプレゼンのような形で、

 

 

 

私だけに説明をしてもらう

ような授業形式でやっています。

 

 

 

定着をはかるために

やっているので、

1:1の形式でやっています。

 

もちろん、個別の塾だし。

 

 

 

 

 

さて、、、

 

 

 

実際にやってみると

意外にそんなに拒否反応は

ないです😌

 

 

 

小学生なんかは、

逆に説明をしたがってますよ。

(笑)

 

 

 

指示棒をつかってやってますが、

それも楽しいみたいです。

 

 

 

さて、ここでその

ラーニングピラミッドについて、

お話しをしたいと思います。

 

 

 

👨‍🏫

 

 

 

こちらは(上の図)

アメリカ国立訓練研究所

という研究機関にて、

 

 

 

学習の定着度を調べた

試験の結果を図にまとめた

ものになります。

 

 

 

ラーニングピラミッドと言います💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

学習の定着度といいましたが、

これは誤解されることも

あると思いますが、

 

 

 

定着度は理解度とは

ちがいます🙅

 

 

 

一緒にしてしまっては

いけません👋

 

 

 

理解とは「わかった」という

ことです。

 

 

 

ふむふむなるほど、

💡わかりました🤗

のわかったです。

 

 

 

それから1段階上の

ステージ、

 

 

 

それを口で言えたり、

書き出したりして、

 

 

 

「できる」という状態

なのが定着です。

 

 

 

理解=わかる

定着=できる

 

なんですね。

 

 

 

そして、

この研究での求める結果は

理解ではなく定着です。

 

 

 

理解ではなく定着なんです。

これがすご~く大事です☝

 

 

 

なぜなら、

わかった💡だけでは、

問題が解けなかったり、

覚えていなかったしますが、

 

 

 

定着という状態は、

それらができるということ

だからです。

 

 

 

なので、

私は理解ができていることを

確認したら、

 

 

 

定着ができているのかを

とても重要視しています。

 

 

 

なので、

生徒さんになんらかの

形で説明をして

もらうんです。

 

 

 

つづく🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月15日 (月)

 

 

人に教えると勉強になる☝

 

~今やっていること~

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

掲題の件、

別に最近というわけでも

なかったりするんですけど、

 

 

 

今、塾で意識的に続けて

いることについて

 

 

 

お話しさせていただきますね💁‍♂️

 

 

 

以前にもお話しを

させていただいたのですが、

 

 

 

今やっていることというのは、

 

 

「説明してもらう」

 

 

ことです。

👐

 

 

 

プレゼンというと

おおげさに聞こえるかも

しれませんが、

 

 

 

ホワイトボードに

生徒さんに問題のときかた

などを書いてもらって、

 

 

 

それを説明してもらっています。

💁‍♂️

 

 

プチプレゼン❓

 

 

 

ノートに解いてもらって

ノートを指しながら

やってもらうことも

あります。

 

 

 

これは、中には、

はずかしくてヤダ、

 

 

 

って生徒さんもいますので、

そこのところは状況次第で

判断しています。

 

 

 

最近も、数学に英語に

 

 

 

数学なら因数分解や

文字式の計算、

一次方程式の解き方など

 

 

 

をホワイトボードに

書いてもらい、

 

 

 

また、英語なら、

文法についての

基本事項を書いて、

 

 

 

生徒さんに、

説明👨‍🏫をしてもらいます。

 

 

 

ホワイトボードに書いて

もらって、

 

 

 

説明をしてもらうと

 

 

わかってることと

わかってないことが

まるわかりです。

 

 

 

中には、

自分がわかってないことを

隠そうとする生徒さんも

いるもので、

😞

 

 

 

そんな場合でも、

わかってるふりをされても、

 

 

 

説明している言葉が

おかしい🤔ので、

 

 

 

理解できてないことが

わかってしまうんです。

 

 

 

 

説明をしてもらう

ことによる理解度の確認、

 

 

 

それも説明をしてもらう

目的のひとつです☝

 

 

 

 

また、説明の仕方が

上手になることも

です☝☝

 

 

 

数学なら数学、

英語なら英語らしい、

 

 

 

専門的な用語を

使った説明、

 

 

 

たとえば、「項」、「右辺」

「左辺」、「両辺」、「通分」

 

 

 

「主語」「動詞」「文型」

「訳」「前置詞」「節」

 

 

 

などの用語、

 

 

 

これらの言葉を使って

説明してもらうことで、

 

 

 

 

論理的に説明ができます。

 

 

 

そして、

その方がスマート、かっこいい、

 

 

そんなイメージについても

大事にしています👐

 

 

 

さて、そして、

他にも説明をしてもらう

大きな目的、メリットが

あります。

 

 

 

それが、図(上👆)の

ラーニングピラミッドに

示された

 

 

 

「他の人に教える」

 

 

 

にあるように、

学習の定着をはかる

ためです☝☝☝

 

 

 

「人に教えるのは、

説明するのとは、

ちがうんじゃないの❓❓❓」

 

 

 

って思われる方も

いらっしゃるかも

しれませんね。

 

 

 

でも、説明することって

教えることと一緒と

考えていいと思ってます。

 

 

 

それは、

塾でやってみても

そう感じているし、

 

 

 

こちらも、

私に対して、

友だちに教えてあげる

つもりやってみて、

 

 

 

私を友だちだと思って

やってみてって、

 

 

 

と言って

説明してもらってます。

 

 

 

私を友だちって、

むりがある❓❓❓

苦笑

 

 

 

つづく🙇

 

 

 

 

 

 

【中1数学 扇形(おうぎがた)】こちらは、底面の半径が3cm、母線の長さが8cmの円錐(えんすい)の展開図です💁‍♂️ 円錐の側面は扇形になります😌 扇の面積や中心角を求めるときには、扇を含む半径8cmの円を考えて、扇がその円のどのくらいの割合になるのかを考えます☝ その割合の数字を利用して、扇の面積や中心角の角度を求めます💁‍♂️ (こちらは最近、授業で中1の生徒さんにお教えしたときのホワイトボードです)
【中1数学 扇形(おうぎがた)】こちらは、底面の半径が3cm、母線の長さが8cmの円錐(えんすい)の展開図です💁‍♂️ 円錐の側面は扇形になります😌 扇の面積や中心角を求めるときには、扇を含む半径8cmの円を考えて、扇がその円のどのくらいの割合になるのかを考えます☝ その割合の数字を利用して、扇の面積や中心角の角度を求めます💁‍♂️ (こちらは最近、授業で中1の生徒さんにお教えしたときのホワイトボードです)

 

 

 

 

5月10日(火)

 

 

扇(おうぎ)の問題の考え方

📖

 

公式を使うのは、

その公式の意味がわかってから✋

 

中1数学🌸

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

公立と私立では、

教科科目にちがい

あることを知ってましたか❓

(※例外あり)

 

 

 

たとえば、数学でいうと、

通常は数学という教科は

1つですが、

 

 

 

私立の学校の中には、

数学が2科目あって、

 

 

 

計算系の分野と

図形系の分野(幾何)

をわけて、

 

 

 

2科目としています。

 

 

 

つまり数学が2個👀

 

 

 

数学が苦手な人は

ひっくりかえりそうです。

苦笑

 

 

 

当塾でも、数学が2科目ある

学校の生徒さんが

おられます。

 

 

 

そんなケースでは、

数値や文字式の計算をしたり、

 

 

 

かといえば、

面積や体積を求める

ような問題も

 

 

 

同時併行で進んでいます💦

 

 

 

そこでですが、

今回のテーマは、

 

 

 

その図形の分野で、

「扇形(おうぎがた)」

について、

 

 

 

塾でやったことを

再現してやってみたいと思います。

 

 

 

※扇形:円の2つの半径と

弧で囲まれた図形のこと。

 

 

 

 

Let’s get started👉👉👉

(さあ、始めましょう)

 

 

 

円錐(えんすい)の問題

(空間図形)

で、展開したときの

形について、

(展開図)

 

 

 

質問されることがよくあります。

 

 

 

 

円錐を展開すると

図のように扇と円に

なります。

 

 

 

そして、

そのときの面積や

弧の長さや

扇の中心角の大きさを

 

 

 

求めよ👊

っていう問題は、

定番です✋

 

 

 

この問題を簡単に通過

できる生徒さんって、

あんまりいません👋

 

 

 

それだけ、考えさせられる

ってこと。

 

 

 

それでは、

塾の生徒さんにお教えした

ときの

実際のホワイトボードを使って

 

 

 

お話を進めたいと思います。

 

 

 

 

【問題】

 

 

底面の3cm

母線8cm

 

(円錐の頂点から底面の

円の円周までの長さ)

 

 

の円錐の展開図について、

扇と円の面積比を求めよ。

💁‍♀️

 

 

 

 

てな、問題でした👐

 

 

 

 

 

 

 

 

5月3日(火)

 

 

因数分解解法のコツ

ばらします

パート2👐

 

中3 数学

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

因数分解のコツのような

お話をさせていただきました。

💁‍♂️

 

 

 

まずは、

共通因数がないか、

式全体を見渡すこと、

 

 

 

そして、

公式はしっかりと覚えておき、

公式が適応できるかを

考えること。

 

 

そんなお話しでした。

 

※参考書にはあまり書かれてないです。

 

 

 

ただし、これは、

基本的なパターンであって、

 

 

 

それが当てはまらない

場合もあります。

 

 

 

あてはまらない場合の

よくあるパターンの問題を

ご紹介しますね👐

 

 

 

 

 

 

 

このボードに書かれている

問題では、

 

 

χ²

-χy

+χ

ーy

 

 

のそれぞれの項(各項)に

共通因子(共通する数字、文字)

は見当たりません。

 

そして、式全体をみわたしても、

 

 

χ²-χy+χーy

 

 

使えそうな公式はありません。

 

 

 

🤔さて、こまったぞ、

 

なんだこれは❓❓❓

 

 

 

私が中学生のときに

このタイプの問題を最初にみて

「おや❓」と思ったことを

覚えています。

 

 

 

実は、このタイプの問題も

高校入試では

よく出されるタイプのやつです。

 

 

 

 

☝共通因数をつくり出せ

 

 

共通因数でくくることが

できないのであれば、

 

 

 

共通因数をつくって

それをくくりだす、

 

 

 

そんな方法ができることが

あります。

 

 

 

キーワード🔑

共通因数をつくる☝

 

 

 

 

ちょっと、

やってみますね。

 

 

まずは2つの項に

グループ分けします。

 

 

 

これは、

共通因数(この場合は式になります)

をつくりだすためなので、

 

 

 

それを意識してグループ分け

する必要があります。

 

(テキトーじゃダメってこと)

 

 

χ²-χy+χーy

 

 

⇒(χ²-χy)+(χーy)

 

 

こんな感じで💁‍♀️

 

 

 

χ²-χy)の部分をχで

くくってやると

 

 

 

χ(χ‐y)となります。

 

 

そうすると、

 

χ(χ-y)+(χ-y)

 

 

 

が出来上がります。

ボードの①の式になります。

 

 

 

これでχ-yという

共通因数(式)が

作り出せました👐

 

 

 

共通因数をつくり出せたら、

今度は、その共通因数で

くくります👐

 

 

 

☝共通因数でくくる

 

 

 

ここでですが、

(χ-y)をそのまま使って

くくってもいいのですが、

 

 

それは上級者コース☝

 

ちょっとレベル高、

慣れている人がやること。

 

 

 

ややこしくてわかんなくなって

しまうのなら、

 

 

χ-y=M とおいて、

式を簡単な形にして

やってみます。

 

 

おなじみのMです。

 

 

 

そしてできた式が②です。

 

 

 

そして、共通因数であるMで

くくります。

 

 

 

そうすると③の式になります。

 

 

 

M(χ+1)

 

 

 

Mをつかう問題で

よくやってしまうこと

ですが、

 

 

 

Mをそのまま答案用紙に

答えとして書いてしまうことです。

 

 

 

Mは自分が勝手に

持ち出してきた記号なので、

 

 

 

それは、もとの形にもどして

やんなきゃいけないん

ですよね。

 

 

 

 

M=χ-y だったので、

 

=(χ-y)(χ+y)

 

 

で、はい、

これが答えとなります。

 

 

 

私は、中学生(高校も)のとき、

因数分解は比較的得意

でした。

 

 

 

問題ごとに使えるパターンの

ようなものを整理しておいて、

 

 

 

何がつかえるのかを

考える。🤔

 

 

 

それを問題演習をこなして

対応できるように

していくんです。

 

 

 

中3数学の始めの因数分解は、

中3数学の今後につながる

分野です。

 

 

 

ここを得意にして

中3のスタートダッシュ💨

にはずみをつけて

もらいたいですね☝

 

 

 

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

【中3数学 因数分解の公式】高校入試でも、出題傾向が高い「因数分解」☝ この基本公式は絶対に覚えてないといけません✋ 問題をやりながら覚えるのではなく、私は最初に「丸暗記」をするよう指導させていただいています☝
【中3数学 因数分解の公式】高校入試でも、出題傾向が高い「因数分解」☝ この基本公式は絶対に覚えてないといけません✋ 問題をやりながら覚えるのではなく、私は最初に「丸暗記」をするよう指導させていただいています☝

 

 

 

5月2日 (月)

 

 

因数分解のコツ

一部ご紹介👌

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

因数分解の問題での

基本パターンは、

 

 

 

1)共通因数でくくり出す

  (  )でくくる

 

2)4つ(3つ)の基本公式の活用

 

です。

 

 

 

やさしめの基礎問題では、

1)か2)のどちらかを

使用する問題が多いです。

 

 

 

やや応用が入ってくると、

1)と2)の両方を

活用する問題も出てきます。

 

 

 

いずれにしても、

解けるようになるためには

しっかりと演習をこなす

必要があります☝

 

 

 

そして、

2)の基本公式については、

最初にしっかりと

覚えこんでしまうことが肝心☝

 

 

 

なので塾では、

公式を覚えていない生徒さんに

対しては、

 

 

 

覚えるまで問題には

進まないように

してもらってます。

 

 

 

公式覚えてないのに

問題やっちゃ🙅

 

 

 

 

さて、因数分解について、

問題を解くための

 

 

「コツ」

 

 

のようなお話を

させてもらいたいと

思います。

 

 

 

 

参考書や問題集にも

はっきりと書かれてない

内容かもしれません✋

 

 

 

(私自身が気がついた

ことなので)

 

 

 

それではいきます✋

 

💨

 

 

 

因数分解をするときに

まず最初にすることは、

 

 

 

全体(各項)に

「共通因数」があるのか❓

を確認することです。

 

 

 

因数分解というと公式の

印象が強いです☝

 

 

 

なので、

公式ばかりを意識していると

「ワナ」にはまります。

 

 

 

たとえば

 

χ²y+3χy+2y

 

 

という問題があります。

 

 

 

公式だけを使う問題を

集中的にやったあとでは、

 

 

 

χ²+3χ+2

 

 

 

という形に近いことには

気がつくかもしれませんが、

 

 

 

「共通因数でくくりだす」

 

 

 

という基本を忘れている人も

多いです。

 

 

 

はい✋

今日もいました👦

 

 

 

この問題では、

まず手始めに共通因数で

くくりださないと、

 

 

 

この問題は解くことが

できません👋👋👋

 

 

 

それでは、

共通因数の「y」

くくりだしてみます。

 

 

 

χ²y+3χy+2y

 

yχ²+3χ+2)

 

 

 

yで( )くくりだしてみると、

 

χ²+3χ+2

 

が出てきました👐

 

 

 

これは公式が使える

因数分解のパターンです

 

 

 

使う公式は

 

χ²+(a+b)χ+ab

 

 =(x+a)(x+b)

 

 

のパターン。

 

 

で、

 

 

χ²+3χ+2を因数分解して、

 

 

=(χ+2)(χ+1)

 

 

したがって、

答えは

 

 

y(χ+2)(χ+1) 

 

 

となります。

 

 

χ²+3χ+2の因数分解の

問題は、

 

 

多くの生徒さんにとっては

簡単♪なのですが、

 

 

 

共通因数を各項に加えられると、

公式だけでは解けません。

👋👋👋

 

 

 

なので、

私は、共通因数があるのか、

最初にチェックするようにと

アドバイスをしています。

 

 

 

ところがですが、

共通因数でくくるのは、

絶対に始めだけ❓

 

 

 

というわけではありません。

 

 

 

その例について、

また、お話しさせて

いただきますね👐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月1日 (日)

 

公式は先に覚える🧠

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

因数分解の公式について、

 

 

 

公式を覚えなくても、

だいたいできるよ、

 

 

 

と言っていた生徒さん、

 

 

 

なんとなく、

方法を覚えていたよう

ですが、

 

 

 

なんだっけかな❓

と、つまづくことが

あります。

 

 

 

つまづいたら、

なかなか正解には

たどりつきません。

 

 

 

基本形である公式を

覚えていれば、

 

 

 

その文字に代入する形で

解くことができます。

 

 

 

今日も、徹底して公式を

覚えこんだ生徒さんが

いますが、

 

 

 

問題ができるように

なりました。

 

 

 

さて、

こんな問題を解く場合は、

公式を覚えてないと、

 

 

 

問題を解くことは

かなり難しくなります

🤔

 

 

 

4y²+12y+9を因数分解せよ、

 

のような問題、

 

 

 

χ²+2aχ+a²=(χ+a)²

 

 

 

の公式を利用します。

 

 

χ=2y² a=3

 

 

と考えれば、答えは、

(2y²+3)²

 

となります。

 

 

 

基本公式がわかって

ないと、

 

 

 

この問題はできません👋

 

 

 

そんな意味でも

基本公式を覚えることは

大事なのです。

 

 

 

公式を覚えることを

おろそかにしている人も

いますので、

 

 

 

そこは見直さないと

いけないですね。

 

 

 

それでは、公式の覚え方に

ついて、

 

 

 

こちらで、

やっている内容を

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

*公式の覚え方

 

 

 

実は簡単です。

 

 

 

まずは、

公式をちゃんと

テキスト(ノート)

に書かれた公式を見て

確認します。

 

 

まずは、直接見るようにします。

 

 

 

それから、

今度は、公式を「見ないで」

暗唱します。

 

しゃべるんです。

 

 

 

 

何度も何度も、

くり返ししゃべります。

 

 

 

しつこいくらい

何度も何度もです。

 

 

 

 

しゃべるスピードも上げていきます。

 

 

 

そして、十分すぎるほど、

暗唱ができて、

 

 

 

もう絶対大丈夫という

自信ができるくらいになったら

ノートに公式を書いてみます。

 

 

 

 

そうすると、

ほとんどの生徒さんが、

間違えずに公式を

書けるようになっています。

 

 

 

やってもらっていると、

途中でもう十分と判断して

終わろうとする人もいます。

 

 

 

👋👋👋

 

 

やめてはダメです。

 

 

 

今覚えることだけを

考えるんじゃなく、

 

 

 

後に忘れないための

ことも考え、

しっかりと覚える

必要があります

 

 

 

今、覚えられても、

後々まで覚えてなかったら

意味がありません。

 

 

 

ただし、

そこまでやっても

きっと忘れます。

 

 

なので、

復習も必要になります。

 

 

 

早く頭に定着させる

ためには、

 

 

 

その都度、「徹底」して

やるこころがけが

大事だと思います。

 

 

 

そして、しっかり覚えられたな、

と思ったら、

 

 

 

実際にその公式をつかって

問題を解いてみます。

 

 

 

塾でやってる公式の暗記に

ついては、こんなところです。

 

 

 

塾の生徒さんは

これで、みんなが公式を

覚えられてますよ☝

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

4月30日 (日) 

 

 

公式を覚えないで

公式を使う問題をやっちゃ

ダメでしょっ☝

 

中3数学 展開・因数分解📖

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

いま、

中3数学の学校の授業では

展開から因数分解に

入る(入った)ところなんです💦

 

(市立中、4月末現在)

 

 

 

 

展開をやっているときに

よく生徒さんに、

 

 

「展開の公式は因数分解で

そのまま使うので、

 

 

公式は、しっかり覚えといて

ね!」

 

 

 

と、言います☝

 

念を押して言っています。

 

 

 

 

上のメモは因数分解の

公式です。

🌝☝

 

 

 

 

左辺(左側の式)から

右辺の形に因数分解が

できます。

 

 

 

 

展開とは、

簡単に言えば

( )を外すことです。

 

 

 

 

このパターンにはまって

いる場合、

左辺から右辺の形に

展開ができます

 

 

 

 

さて、

この因数分解で

これらの公式を使う問題に

当たったとき、

 

 

 

もちろんですが、

この公式がわからないと

問題を解くことができませんね。

 

 

 

正解率はやはり下がります。

 

 

 

 

教室で、問題を解いている

生徒さんをみていると、

 

 

 

公式が使えてない

生徒さんもいるもんですね。

 

 

 

公式を学校で習ったはずなのになぁ。

 

 

 

試しに、

公式を覚えているか

確認してみると、

 

 

 

ほとんどのケースで

公式を覚えては

いません😞

 

 

 

上のように公式は

4つ(パターン)あります。

 

 

 

②と③は、同じような公式

なので、

事実上は3パターンです。

 

 

 

学校では、解く方法を

習っては来たのでしょうが、

 

 

 

自分でやってみると

うまくいかないものです。

 

 

 

それもそのはず、

公式を使う問題は公式を

覚えてなきゃダメなんです!

 

 

 

 

公式を使う場合の

基本問題ができてない

生徒さんは、

 

 

 

まず、公式は覚えていません!

 

 

 

覚えるのが「めんどう」だと

思っているようです😞

 

 

 

 

その勢い↴では、

永遠に公式を使った

因数分解を解くことは

できないでしょう😞

 

 

 

なので、私は、

公式をちゃんと覚えてない

生徒さんには、

 

 

 

まず、公式をしっかりと

 

 

「丸暗記」

 

 

してもらうことにしています。

 

 

 

そういうと、

「ええー」って生徒さんに

言われます('ω')💧

 

 

 

でも、たったの3つの公式、

それさえ覚えれば因数分解が

できるんだから、

 

 

 

覚えるしかないっしょ!

 

 

 

と言えば、納得します😌

 

 

 

 

中途半端はなし、

徹底的に正確に

覚えてもらいます。

 

 

 

公式を覚えてない状態では

問題演習に進ませませんよ

(笑)

 

 

 

公式覚えてなきゃ、

問題解いても意味ないからです✋

 

 

 

 

 

そこで、丸暗記の仕方です👨‍🏫

 

 

 

「じゃあ公式を覚えて!」

 

 

 

と言うと、

 

 

 

公式の書いてあるテキスト📖を

ながめているだけの

人がいます。😲

 

 

 

よくあることなんですけど、

何かを覚えようとするときに

 

 

 

書いてある活字をただ

みてるだけ👀

 

 

 

そんな生徒さんたちは、

 

「覚えられなーい!」

 

 

 

と言い出すのが

いつものパターン

なんです。

 

 

 

 

そりゃそうです☝

 

 

 

 

字を見ているだけで覚える

なんて、

 

 

 

一部の天才じゃなければ

ムリな話です👋👋👋

 

 

 

 

普通の人は、

みているだけで公式を

覚えられるものでは

ありません。

 

 

 

そして、ほとんどの人は

「普通の人」

 

 

 

見ているだけじゃ覚えられない!

 

 

 

公式だけじゃなく、

いろんな暗記ものに共通して

いますので、

 

 

 

覚えておいてほしいと

思います。

 

😌

 

 

単語もそう、漢字もそう、

・・・ 

 

 

 

 

では、

公式をどうやって

覚えるのか、

 

 

 

こちらでやっている

方法をご紹介しますね。

 

 

 

 

次回につづく💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

4月27日 (水)

 

 

説明は「専門用語」を

使ってできることが基本

👨‍🏫

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

プレゼンも含め

問題の解き方についての

説明をしてもらうとき、

 

 

 

苦手な生徒さんは、

その単元で習っている

「専門用語」が

 

 

 

口をついて出てきません。

 

 

 

専門的な用語を理解して

いないと、

 

 

 

表現がかえって難しく

なって、

説明がうまくいきません。

 

 

 

なので、

こちらでは、習った専門用語を

使うようにして

もらっています。

 

 

 

そこで、

数学の一次方程式の

問題だったら、

 

 

 

「移項」というキーワードが

ありますが、

 

 

 

移項の意味がわからなかったら、

一次方程式は理解して

いないことになります。

 

 

 

その場合は、

移項の基本から

勉強をやり直す必要が

あります😓

 

 

 

さて、

以下の基本的な一次方程式

の問題を

 

 

 

「それらしく」

解法を説明してみたいと

思います。

 

 

 

 

問題

 

3(χ-4)=χ+2‥①

 

 

 

解答

 

 

まず、①の式の左辺の

かっこを外します。

 

 

 

3を( )の内の各項の

χと-4に分配します。

 

 

 

分配して掛け合わせると

このような式になります。

 

 

3χー12=χ+2

 

 

 

そして、右辺のχを左辺に

移項して、

左辺の12を右辺に移項

します。

 

 

3χ-χ=2+12

 

 

そしてこれを計算して、

 

 

2χ=14

 

 

となります。

 

 

 

最後に、この式の両辺を

2で割ってχを求めます。

 

χ=14/2

 

 =7

 

 

はい、これで

答えはχ=7です。

 

 

 

っと、こんな感じで

生徒さんにやってみせる

ことがあります。

 

 

 

ここで、

各項、右辺、左辺、両辺、

分配、

 

 

 

という言葉を知らないと

説明がかえって難しく

なります。

 

 

 

もう何をいってるのか

わかんなくなっちゃって

いる人もいます☝

 

 

 

説明をしてもらう

ときには、

 

 

 

これらの専門用語の

意味を使えているか、

 

 

 

理解しているかを

確認するようにしています。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

4月24日 (日)

 

 

過去進行形の文法解説📖

のつづき

 

 

中2英語

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

過去進行形の文法解説の

つづきです。

 

 

 

中2の英語(公立中)では、

中1の終わりのころに

やった過去形のおわらいを

 

 

 

さらっとやって、

過去進行形、そして接続詞(when)

へと進んでいきます。

💨

 

 

 

それでは、過去進行形ですが、

これは、

be動詞(過去形)+~ing

で、

 

 

 

~していました。

~していたところでした。

 

 

 

となります。

 

 

 

現在進行形のbe動詞を

過去形にしただけなので、

簡単です。

 

 

 

✋と言いたいところですが、

これは、現在進行形を

ちゃんとマスターしていたら

の話し。

 

 

 

英語は数学と同じで、

ピラミッドのように下の

土台の部分を

 

 

 

しっかりと固めていかないと

わからなく❓❓❓なる

教科なんですね。

 

 

 

現在進行形がわかってないと、

過去進行形はもちろん

わかりません😞

 

 

 

現在進行形があやしい人は

過去に戻って、

現在進行形の勉強も

すべきだと思いますよ。

 

 

 

さて、

文法のつづきをいきます。

💨

 

 

 

それでは、否定文、疑問文に

ついてです。

 

 

 

授業でやってるのと同じ

調子でいきたいと思います👍

 

 

 

【例文】

 

 

*肯定文(ふつうの分)

 

He was eating lunch then.

 

彼はそのとき昼食を食べていました。

 

 

 

*否定文

 

He was not eating lunch then.

 

彼はそのとき昼食を食べていませんでした。

 

 

 

*疑問文

 

Was he eating lunch then?

 

彼はそのとき昼食を食べていましたか。

 

(参考書:くわしい英文法より)

 

 

 

 

肯定文というのは、

~です、~する、

というようなふつうの文、

 

 

 

否定文は

~ではない👋、~しません👋、

と否定するときの文、

 

 

 

疑問文は~ですか❓、~しますか❓、

という質問するときの文

 

 

 

だったよね😌

 

 

 

 

否定文は、be動詞の否定文の

ときと同じで、

 

 

 

be動詞のあとにnotが入るよ。

 

 

 

I am not~

 

You are not~

 

 

 

って、習ったよね。

実際の例をあげてみると

わかりやすくなるよ。

 

 

 

そして、

そのあとに~ingが

続くんだよね。

 

 

 

疑問文は、be動詞の疑問文の

ときと同じで、

 

 

 

be動詞が主語の前に

来るよ。

 

 

 

この例文の場合、

主語はhe(彼は)なんで、

 

 

 

heの前にbe動詞である

wasがくる。

 

 

 

Are you ~とか

Is she~とか、

be動詞の疑問文で

やったでしょ。

 

 

 

だから、語順は

be動詞+主語+~ingに

なる。

 

 

 

進行形のbe動詞は、

現在であっても過去であっても、

扱い方は同じなんだよね。

👌

 

 

 

答え方だけど、

これもbe動詞の答え方と

いっしょ。

 

 

 

Yes,he was.

(はい、食べていました)

 

 

No,he wasn't.

(いいえ、食べていませんでした)

 

 

 

どう❓

 

 

 

ね、簡単でしょう❓

 

 

 

それでは、要点をまとめておきます。

 

 

要点のまとめは、

「ノートの工夫」として

話した通り、

 

 

いつも、自分でまとめるように

してね。

 

 

 

 

【過去進行形まとめ】

 

 

1,過去進行形は、

 

be動詞の過去形(was,were)+動詞のing形

 

 

2.意味(訳)は、

 

~していました。

~していたところです。

 

 

3.過去進行形は現在進行のbe動詞を過去形にしただけである。

 

 

 

were(ワー)をウエアと

発音してる人いるから

注意しといてね🚫

 

 

 

 

解説は以上になります。

おつかれさまでした🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月21日(木)

 

 

 

過去進行形の文法解説

中2英語📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

公立中2年生は、

現在、学校の授業では

これから「過去進行形」に

入るところです。

 

 

 

こちらでは、

塾のワークをつかって

2年生の予習をやってる

生徒さんが多いんですよ。

👐

 

 

 

というわけで、

今回はこの過去進行形の

文法解説を

 

 

 

塾で教えているように

進めていきたいと

思います。

 

 

 

 

✧過去進行形

 

 

 

【基本例文】

 

 

I didn't see you at the meeting today.

 

 

今日ミーティングであなたに会わなかったね。

 

 

Oh,I was talking with Ms. Sato then.

 

 

ああ、そのときは佐藤先生と話をしていたんだ。

 

(参考書「くわしい英文法」より)

 

 

 

それでは、

過去進行形の文法解説を

始めます👏

 

 

 

まず、過去進行形に入る前に

現在進行形について

ちゃんと覚えているか、

確認するよ。

 

 

 

現在進行形は、

どんな形だったかな❓

 

 

 

be動詞(現在形)+~ing 

 

 

 

だったよね。

これはいいよね。

 

 

 

そして、その意味(日本語訳)は

 

 

 

~しています。

~しているところです。

 

 

だったよね。

これも大丈夫だよね。

 

 

 

いつも言ってるけど、

「文型と意味」は

いつも新しい文法をやるときには

 

 

 

整理して

頭の中に入れとおくように

しといてよね。

 

 

 

本に書かれている長い解説を

そのまま覚えたって、

そんなの忘れちゃうよ。

 

 

 

やっている人多いけどね。

😞

 

 

 

なんでもそうだけど

しっかり覚えるコツは

 

「コンパクトに短くまとめて、

頭に入れておくこと。」

 

 

 

コンパクトにまとめることを

すると、

 

 

 

その分、頭を使うんで、

理解も深まるんだよ

 

 

 

やってみてね。

 

 

 

さてと、じゃあ、

いよいよ過去進行形に

入ろうか。

🏃

 

 

 

実は、この過去進行形、

現在進行形が理解できてれば

簡単なんだよね。

 

 

 

過去進行形の文型は

 

 

be動詞の過去形+~ing

 

 

なんと、なんと、😲

 

 

 

現在進行形は、be動詞が

現在形だったけど、

 

 

 

過去進行形は、それが

過去形に変わっただけ。

 

 

それだけだよ。

 

 

 

そして、意味は、

 

 

~していました。

~していたところです。

 

 

になんだよね。

 

 

 

例文の場合は、

was+talkingで

 

 

 

佐藤先生と

「話していたところだった」

となります。

 

 

 

主語がIなので

それに対応するbe動詞は

was。

 

 

 

そして、~ingは

わかってると思うけど、

動詞のing形。

 

 

 

だから

I was talking~ってなってる。

 

 

 

ところで

この動詞のing形のことを

現在分詞っていうんだけど、

 

 

 

知ってた❓

 

 

 

ははは、

この言葉はちょっと

上級者コース。

 

 

 

知らない人が多いよ👐

 

 

 

さあ、

この過去進行形で使う

be動詞なんだけど、

 

 

 

be動詞の過去形は

wasとwereしかないよね。

 

 

 

復習だけど、

wasのときの主語は、

Iと3人称単数、

 

 

wereのときの主語は、

you(2人称)と

複数の場合、

 

だったよね。

 

 

 

そういえば

1人称、2人称、3人称

ってなんだっけ❓

 

 

 

これは人数のことを

指しているのではなくて、

 

 

 

会話している人、

あるいは物のことを指して

いるんだったよね。

 

 

 

1人称は話し手、

2人称は話し相手、

3人称はそれ以外の人、モノ

 

 

OK.

That’s right.

 

わかってたよね。

 

 

 

さて、

これは覚えておくと

いいことなんだけど・・・

 

 

 

過去進行形では、

then=そのとき

at that time =そのとき

 

 

 

という単語や熟語が

よく使われるんだよ。

 

 

「そのとき~していました」

 

 

 

という表現なんだよね。

 

 

 

テストで出るかも

しれないから、

ここは覚えちゃおう。

 

 

 

そういえば、

現在進行形でもよくつかわれる

単語あったよね、

 

 

 

そうそう、

nowだよねナウ、

 

 

 

今、っていう意味だったよね。

 

 

 

今回はnowじゃなくて

thenなんだね。

 

 

 

ちょっと差がつくから、

覚えとこうね👐

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

【約分の工夫】指数計算のまじったわり算(分数)のような問題では、約分をすることが多くなります。そこで、3×3×4×4のような計算をしないで、約分を行えば早く正確に計算をすることができます💁‍♂️💁‍♀️
【約分の工夫】指数計算のまじったわり算(分数)のような問題では、約分をすることが多くなります。そこで、3×3×4×4のような計算をしないで、約分を行えば早く正確に計算をすることができます💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

4月19日 (水)

 

 

数学事例検討

約分の工夫🤔

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

今回は、

塾の授業でやった内容を

もとに、

 

 

 

数学の解法のお話を

したいと思います🙇

 

 

 

内容は中1の数学です。

 

 

 

新2年生の生徒さんが、

1年の復習としてやった

内容を題材にします。

 

 

 

上👆のホワイトボードは

数学の指数計算(2乗の計算)

の問題を生徒さんが

やったものです。

 

 

 

赤字の方は私が書きました💁‍♂️

(添削です)

 

 

 

では、

解説をしていきたいと思いますね👐

 

 

 

複雑な計算問題です。

 

 

この手の問題は、

県立高校受験では、

あまり出る傾向にはありません。

 

 

 

が、

計算力をつける上では、

もってこい、の問題かも

しれませんね👐

 

 

 

まず、

このようなプラスとマイナスの

混在する問題については、

 

 

 

(  )ともども、

わずらわしいので、

 

 

 

片付けちゃいましょう☝

 

 

 

処理の方法です。

 

 

 

問題式の下に

+---と

書かれてあります。

 

 

 

(  )内を計算したとき

結果の符号が+かーか

を示しています。

 

 

 

この式は、

すべてが掛け算、わり算で

つながっているので、

 

 

 

このー(マイナス)の符号の

数で、全体の式の答えが

確定できます。

 

 

 

この場合だと、-の数が3つで

奇数個なので、

最終的な答えの符号は

ーになります。

 

 

☝符号は最初に確定させるべし

 

 

 

そうすると、

+やーのわずらわしい

符号は整理されて(削除されて)

 

 

式はすっきりしたものになります👐

 

 

あんがい、みんなやってないよ

(T_T)

 

 

 

ホワイトボードの記載では

(3×3)×(4×4)と

書かれていますが、

 

 

 

この(  )も実際には

不要になります。

👋👋👋いらん、いらん、

 

 

 

さて、今回一番お話しした

かったこと☝

 

 

 

3行目の式の9×16、

これを右に筆算をして

計算しています。

 

 

 

それから、

ー144÷12を計算して

います。

 

 

 

ここで、答えがー12と

これも筆算によって

計算されていました。

 

 

 

ここで指摘したいのは、

9×16は、まだここでは

計算せずに、

 

 

 

後ろのわり算を逆数に

したときの分数との

約分に利用ため

そのままとっておくことです。

 

 

 

9×16は、まだ、ここでは

とっておいて、

 

 

 

後の約分に活かそうと

考えるんです。

 

 

 

具体的には、

ホワイトボードの下の赤字の式です。

 

 

 

掛け算のひっ算、

わり算のひっ算を

やらなくて済みます。

 

 

 

時間の短縮になります。

(テストは時間との勝負になります)

 

 

 

また、

計算過程を簡略化する

ことは、計算ミスを減らす

ことにもつながります。

 

 

 

そして、もうひとつ大事なこと☝

 

 

 

最後の144÷12が

もしも割り切れなかったら

どうするんでしょう❓

 

 

 

きっと、

賢い当塾の生徒さんは

分数の形に直して、

 

 

 

約分の作業に入ったと

思います。

 

 

 

でも、それでも、

やはり遠回りです💦

 

 

 

この手の約分が工夫できる

問題は、

 

 

 

指数(2乗とか3乗っていうやつ)

の混じった四則計算(+-×÷)

で、よくあります。

 

 

 

2乗、3乗なら、まだいいのですが、

4乗、5乗、

 

 

 

また、

多くの数字が掛け算の形で

連なる場合など、

 

 

 

これを計算して、

巨大な数字をつくって

してしまっては、

 

 

 

今度は、約分するのが

大変になります。

 

 

 

そして、小学校から中学校に

上がって、あまり時間がたって

ないと、

 

 

 

なんとしてでも💦💦💦

わり算は筆算にして

小数で答えを出すっ

 

 

 

って、

やっちまいがちです🤦‍♀️

 

 

 

そんなときには、

生徒さんたちに言っています。

 

 

 

もしも、

割り切れなかったら

一生かかっても答えは

出ないよ(笑)

 

と。

 

 

 

後の約分のことを

考えながら、計算を進める。

 

 

 

そうすれば、計算は楽で、

速くて、ミスも少ないのです。

 

 

 

意外に、優秀な人でも

このような工夫を

してない生徒さんたちは

多いものです。

 

とくに中学生レベルでは。

 

 

 

また、

案外、参考書、問題集にも

このような「指南」を

しっかりと解説したものは、

 

 

 

(私がみた中では)

見当たりませんね。

 

 

 

※簡単に書かれたものは

確認しました。

当塾で使ってるテキストに

ありました。

 

 

 

私は、このような方法を

「我流」で気がつきましたが、

 

 

 

工夫できることを

考えながら進めていないと

 

 

 

思わず、遠回りをして

しまいます。

 

 

 

というわけで、

 

 

 

約分のための工夫、

まだやってない人は、

試されてみてはいかがでしょうか。

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に説明してみると

自分のわかっていないところが

まるわかり🙆‍♀️

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

塾の授業では、

できるだけ生徒さんに

説明をしてもらう

機会を設けています。

 

 

 

「人に教える」は

定着を促すうえで

効果的な方法であると、

 

 

 

アメリカ国立の研究所にて

調べられています。

 

 

 

「人に教えること」は

定着率90%とされています。

 

 

 

この研究によれば、

もっとも定着に効果が

なかったのが

 

 

 

「講義を聴く」5%

 

 

で、次いで効果がないのが

 

 

 

「読書」10%

 

 

 

でした。

 

 

 

意外と思われるかも

しれません🤔

 

 

 

この研究での講義を

聴くというのは、

 

 

 

何もメモもしないで

聞き流した状態で、

 

 

 

ということでした。

 

 

 

逆に話を聞き流すときの

定着率は、たったの5%。

 

 

 

学校の授業をメモをとらずに

話を聞くだけにして

いては、

 

 

 

ほとんど定着には至って

いないことになります。

 

 

 

ご経験はないでしょうか❓

 

 

 

学校の授業を受けて

しっかり話をきいていた

はずなのに、

 

 

 

あとになって

授業の内容を結構わすれて

しまっていることを。

 

 

 

集中して聴いてないと

さらに覚えてないなんて

ことになってると思います。

 

 

 

カリスマ講師の説明を

きいたとて、

 

 

 

定着させるには

定着させるための勉強が

他に必要ということに、

 

 

 

この研究結果を信じるのなら、

なるのだと思いますよ。

 

 

 

読書、

 

 

 

教科書を読むという勉強も、

 

 

 

 

定着をさせるためには

効率の悪い勉強ということに

なると思います。

 

 

 

よく、生徒さんたちに

テストでうまくいかなかったときの

対策で、

 

 

 

教科書をよく読む

なんて答える生徒さんが

いますが、

 

 

 

それも定着率はたったの10%、

 

 

 

教科書の読み方を工夫

すれば改善できるかも

しれませんが、

 

 

 

とりあえず、10%というのが

研究結果です。

 

 

 

基本的に、

講義を聴く、読書をする

というのは、

 

 

 

理解には適していても

定着には不向きな

 

 

 

頼りない勉強法だと言えると

思います。

 

 

 

なので、

 

 

 

こちらでは、

 

 

 

「人に教える」90%

 

 

 

という勉強法を取り入れて、

進めているんですね。

 

 

 

今は、春休み期間で、

通常の授業より時間をとれるので、

 

 

 

定着をより促すため、

説明を私にしてもらうことに

しています。

 

 

 

もちろんですが、

私は教えてもらう立場に

なります。

 

 

 

問題の答えについては

理解していますよ

( ´艸`)ははは

 

 

 

内容を理解はしていますが、

教えてもらうことに

なってます。

( ´艸`)ははは

 

 

 

 

そこでですが、

最近の

実際の体験談について、

 

 

 

今度のメールにて

お話ししたいと思います。

 

 

 

人に教える(説明する)のって

やっぱりいい勉強に

なってると思います。

 

 

 

 

 

 

 3月22日(火)

 

 

同じ問題を解いていても

格差が出る😲

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

英語でいつも

単元テストがいいのに

 

 

 

定期テストが不振という

生徒さんのお話しをしました。

😞・・・

 

 

 

おかしい❓❓❓

 

 

 

と思ったら、

なぜか❓

を考えなければいけませんね。

 

 

 

また、おかしい❓❓❓と

気づくことも大事です。

 

 

 

記憶は、

長期で記憶をしたければ、

 

 

 

ある一定期間で、

繰り返しの復習をする

ことが有効です。

 

 

 

短期で仕込んだ記憶は

そのままにしていれば

短期間で消えてしまうんです。

 

 

 

だから、

塾では「記憶」についての

勉強もしました。

 

 

 

というわけで、

勉強がもっともっとできる

ようになるためには、

 

 

 

考えること、

そのための頭を使うこと

が重要です。

 

 

 

 

勉強を「考えながら」やっているの?

 

 

 

「考えながら」というのは、

勉強の問題(設問)

そのものを考えながら

という意味ではなく、

 

 

 

勉強の仕方や、

大事なポイントの押さえ方などを

「考えながら」ということです。

 

 

 

実のところ、

勉強方法、勉強の仕方を

教えても、

 

 

 

定着しない生徒さんも

少なからずいるんです。

😞

 

 

 

なぜ❓を考える機会が

少ないんだと思います。

 

 

 

成績を伸ばしたいと

本当に思うなら、

 

 

 

もっと勉強に興味をもって、

どうやったらもっとうまく

こなせるのかを

考えないといけませんね。

 

 

 

興味、大事ですよね。

 

 

 

興味がなく

やらされ感でやっているうちは、

 

 

 

現状はなかなか変えられない

と思います。

 

 

 

なぜなら、

やらされている感覚で

やっていると、

 

 

 

考えるよりも、

ただの作業感覚になって

きてしまうからです。

 

 

 

そんな生徒さんの勉強は

見ていて、

「ただやってる」

「ただ問題を解いている」

だけに見えます。

 

 

 

なので

「ただやればいいってもんじゃないよ」

 

 

 

よく生徒さんたちには

お話をしています。

 

 

 

成績を上げたいのなら、

ただ時間をかけて

勉強する努力をする

だけでなく、

 

 

 

成績を上げることに

興味を持って、

 

 

 

「考える努力」をもっと

すべきではないかと思います。

 

 

 

🤔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月21日(月)

 

 

単元テストがいいのに、

定期テストがよくない😞

 

なぜうまくいかないのか

考えることが重要!

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')

 

 

 

ものごとがうまくいかないとき、

 

 

どうしてうまくいかない

のかを考えるものですよね。

 

 

 

もちろんなんですが、

勉強だって、

うまくいってないときは、

 

 

 

なぜか❓❓❓

を考える必要がありますよね。

 

 

 

ところが、こと

勉強に関することになると、

 

 

 

あまり考えてない

と思われる生徒さんも

いるものです😞

 

 

 

これが意外に

多いような気がする。

 

 

 

うう~ん

 

 

 

 

こんな生徒さんがいました。

 

 

 

英語の内申点(成績表)

が4だった。

 

 

 

それはそれで喜ばしい

ことですが、

 

 

 

定期テストの点数が

よくなかったのに4って、

不思議に思った私は、

 

 

 

その生徒さんに

なぜ4がとれたのかを

聞いてみました👂

 

 

 

その生徒さんは、

定期テストの結果が

平均点くらいなのです。

 

 

 

どういうこと❓❓❓

 

 

 

「単元テストを毎回40点以上

とっているです。」

 

とのことでした。

 

 

 

日々の学習をしている

この生徒さんは、

しっかりと直近のテストである

 

 

 

単元テストで

きっちりと得点をして

いました。

 

 

 

塾での勉強の成果も

出ているのだと思います。

 

 

 

これはすばらしいと思います。

👏

 

 

 

では、なぜ定期テストに

なるととたんに不振になるのか❓

という疑問が浮かびます。

 

 

 

その生徒さんに

そのあたりのことを

自分で考えているのか❓

 

 

 

聞いてみたところ👂

 

 

 

「考えてません」

 

 

 

とのお返事でした😞

 

 

 

なんと、

おかしいと思わなくちゃ。

 

 

 

単元テストで得点できて

定期テストでは得点できないって❓

 

 

 

単元テストと定期テストが

そんなに違うテストかと

言えば、

 

 

 

いいえいいえ👋👋👋

 

 

 

質的な違いはあれど、

そこまで違うとは思えません。

 

 

 

範囲も同じ、

似たりよったりでしょ。

 

 

 

ここで、

自分でなんでこんなことが

起こっているのか❓

 

 

 

疑問に思わないと

いけないと思うんですよね。

 

 

 

こちらから、

(単元テストを)終わった

ところの復習を

 

 

 

ときどきすることがあるか

聞いてみたところ、

 

 

 

まったくやってない

とのことでした。

 

 

 

ああ、これかな原因は!?

 

 

 

いくらできたところでも、

復習をしないと

人間忘れてしまいます。

 

 

 

それも1度も振り返りを

してないということで

あれば、

 

 

 

なおさらのこと。

 

 

 

復習といっても

やることはたくさんあるので、

簡単にパラパラとテキストを

めくって、

 

 

 

復習するだけでも

ぜんぜんちがうんです。

 

 

 

さらに

人には個人差があります。

 

 

 

 

記憶に関しても

覚えてられる人と

忘れてしまう人がいます。

 

 

 

忘れっぽいのなら

なおさらのこと、

 

 

 

対策として復習を

どのように進めるかを

考えるべきだと思うんです。

 

 

 

復習してないことが

原因かどうか、

実際にやってみて、

 

 

 

その効果をみてはどうかと

アドバイスをしました。

 

 

 

うまくいけば

それを続ければいいし

 

 

 

もしも、復習しても

うまくいかなかったら、

さらに対策を考える必要が

あります。

 

  

 

自分の問題点は自分で

考えないといけません。

 

 

 

他人はそんなことは

考えてくれは

しませんので✋

 

 

 

 

 

 

 

3月20日 (日)

 

 

地図と地球儀のそれぞれの役割は❓

 🗺 🌎

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

では。つづきです。

 

 

 

Q

 

地図があったら

地球儀はいらないんじゃないの❓

 

 

 

あるいは、

地球儀があれば

地図はいらない❓

 

 

 

そんな疑問もあるかも

しれません。

 

 

 

さて、どうなんでしょうね❓

 

 

 

 

A

 

 

私個人の答えは、両方必要。

 

 

 

なぜなら、  

地図は、球面をむりやり

平面にしていて、

 

 

 

その形は「でたらめ」だからです。

 

 

 

グリーンランド、

(これデンマーク領

知ってました❓)

 

 

 

でかい島とはいえ、

しょせん島、

 

 

 

オーストラリア(大陸)より

でかいなんて

 

👋😞ちゃいまっせ

 

 

 

それじゃ島じゃなくて

大陸になってるはずですよね。

 

 

 

地図というのは、

どんな図法でも

どうしてもゆがむんです。

 

 

 

もしも、地形を正確に

反映した地図ができた

のなら、

 

 

 

余裕でノーベル賞ものです

( ´艸`)ははは

 

 

 

なので、

正しい地形を反映している

地球儀は必要だと

思うんです。

 

 

🌎

 

 

 

方位についてですが、

正しく反映されている

地図は、

 

 

「正距方位図法」

(飛行機のコクピットにあるやつ)

 

のみで、

 

 

 

この地図にしても

距離と方位を正確にして、

 

 

他を「犠牲」にしたところ、

 

 

 

とんでもなく

見にくい地図になっています。

 

 

 

丸い地図で目が回りそう・・

 

 

 

メルカトル図法(四角の地図)

については、

一見、東西南北、

方位が正確なようにみえますが、

 

 

 

これがトリックで、

不正確なんですよね。

👋😞

 

 

 

日本の真裏は

ブラジル沖の大西洋の

中なのですが、

 

 

 

メルカトル図法をみると

そうは見当がつかないと

思います。

 

 

 

というわけで、

 

 

 

地図も地球儀も、

両方ともにあった方が

いいと考えます。

 

 

 

予算は、かかるとはいえ、

今時は結構安い👀

 

 

 

コスパはかなりいいと

思います。

 

 

 

最後に、サイズですが、

地球儀も地図も

それなりに大きめがいいと

思います。

 

 

 

いまどきは、両者ともに

安く買えます。

😊

 

 

 

世界地図、地球儀、

小学生でも早くはない!

 

 

 

当塾の生徒さんも全員

世界の国の勉強も

始めましたよ。

 

 

 

🌎

 

 

 

 

 

 

 

 

3月16日 (木)

 

 

地図と地球儀は必要でしょ☝

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

社会の話☝

 

 

 

地図🗺や地球儀🌎は

必要か❓

 

 

 

について

考えてみたいと思います。

 

 

 

生徒さんたちに

聞いてみると、、、

 

 

 

家の中に地図を張る

ことについて、

 

 

 

「おかしい」

「変だ」

 

 

 

と思われる人も

いるようです。

 

 

 

そうでしょうか❓❓❓

 

 

 

いつも張ってないので、

あると不自然に感じる、

 

 

 

ということでは

ないでしょうか❓

 

 

 

さて、

 

 

 

地図や地球儀はあったほうがいい、

 

 

のではなく、

 

 

 

必需品であると

私は考えます🤔

 

 

 

必需品とは

なくてはならないもの。

 

 

 

なぜ、なくては

ならないものなので

しょうか❓

 

 

 

大事なことは、

いつでも確認ができる

ことです。

 

 

 

地図帳でもいいのですが、

地図帳を開くのは

 

 

 

まず、地図帳を探して

本を開く必要があります。

 

 

 

スマホやパットでも

いいのですが、

 

 

 

壁に張ってあるほうが

すぐに確認ができます。

 

 

 

そして、世界や日本の

全体像が確認できます。

 

 

 

調べたかったところを

確認するだけでなく、

 

 

 

その周囲にも目を配らせれば、

次いでに、いろんな知識が

吸収できます。

 

☝☝☝

 

それが大事なんだと思います。

 

 

 

そして、興味や関心をもつ。

 

 

 

もちろん、確認するのは

地球儀だってかまいませんよ。

 

 

 

生徒さんたちを見ていると、

あまりにも地理に興味の

ない人が多いんです。

 

 

 

好きこそものの上手なれ、

 

 

とはいいますが、

 

 

 

関心のないことの知識など、

つくはずもありません。

 

 

 

いろんな想像をふくらませて、

地図や地球儀をみて

 

 

 

位置関係を確認したら、

教科書やネットなどで

 

 

 

関連の情報を調べて

ほしいですね。

 

 

 

 

では、そこで

地図と地球儀ですが、

どっちがいいの❓

 

 

って、

 

 

 

そんなご質問もあるかも

しれません。

 

 

 

私なりにお答えしたいと思います。

 

 

 

 

Q&A

 

 

 

Q

両方必要❓❓❓

 

 

 

地図と地球儀とどっちが

いいのか、

 

 

 

私は両方あったほうが

いいと思います。

 

 

 

なぜか❓

 

 

 

地図は見やすい(図法にもよります)

という長所があります。

 

 

 

一般によく普及している

地図はメルカトル図法です。

 

 

 

世界全体が長方形の形に

なっているヤツです。

 

 

 

メルカトル図法が

よく普及しているのは、

 

 

 

おそらく、見やすい

からなのだと思います。

 

 

 

わかりやすいもの、

便利なもの、

というのは

 

 

 

受け入れられやすい

ものです☝

 

 

 

しかーし✋

 

 

 

地図には欠点もあります。

 

 

 

欠点はなんといっても・・・

 

 

 

球体の表面を平面にする

ことなんて、

できないんです。

😲

 

 

 

では、なぜ、平面になって

いるのかといえば、

 

 

 

むりやりに引き延ばして

平面にしているからです。

 

 

 

なんて、無謀な、

 

 

 

そんなことしてもいいの❓

 

 

 

って、

思われるかもしれませんね。

( ´艸`)ははは

 

 

はい、やっちゃってます。

 

 

 

とはいえ、

地球儀は立体(球体)なので、

場所をとるし、

 

 

 

大きさにも限界があります。

 

 

 

巨大な地球儀をおいても

いいかもしれませんが、

 

 

 

場所をとるし、

 

 

 

なんといって、

そんな特注サイズ、

 

🌎

 

売ってないし、

 

 

 

あっても超高価でしょうね💴

 

 

 

だから、地図は場所を

とらないし、

 

 

 

でかいサイズも平面なので、

壁とかに張ればいいので、

 

 

 

あった方がいいんですね。

 

 

 

そして、

先ほどもお話ししましたが、

 

 

 

地図には致命的な欠点で

ある、

 

 

「実態を反映していない」

 

 

 

ことを最初に意識して

おくことです。

 

 

 

メルカトル図法は、

赤道から

北極、南極にいくほど、

地形は拡大されていきます。

😲

 

 

 

生徒さんによくお話し

するのですが、

 

 

 

グリーンランドと

オーストラリアは

どっちが大きいか❓

 

 

 

地図上は、圧倒的に

グリーンランドですが、

 

 

 

実際は、圧倒的に

オーストラリアです。

 

 

 

なんせ、

 

 

 

グリーンランドは島、

 

 

オーストラリアは大陸、

世界6大陸の中の1つ。

 

 

 

ロシアもでかいが、

実際はそこまでじゃない。

 

 

カナダもしかりですね😌

 

 

  

 

 

 

 

 

3月16日 (水)

 

 

地図と地球儀はあった方がいい❓❓❓

🌎

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

最近、当塾では、

「社会常識❓」としての地理を

少し時間をとってやっています。

🌎 🗾

 

 

 

んん❓ 社会常識❓

 

 

 

はい、

どんなことをやって

いるのかというと、

 

 

 

世界の人口ランキングとして、

人口の多い国から

 

 

 

国名を生徒さんに

覚えていって

もらってます。

🗺

 

 

 

中国

インド

アメリカ合衆国

インドネシア

パキスタン

ブラジル

・・・

・・・

 

 

 

世界の人口ランキングを

利用して、

ランクの高い順に、

 

 

 

国名や首都を覚えて

もらっちゃおうって

わけです

 

( ´艸`)ははは

 

 

 

ええっ、

そんなのが社会常識なの❓

🙋‍♀️

 

 

 

別にそんなこと

知らなくたって

全然、ふつうに生きて

けるじゃん、

 

 

 

って、思われるかも

しれませんが、、、

 

 

 

なのですが、

これは個人的な考えですが、

 

 

 

私は、

世界中の国について

ある程度知っておくことは

 

 

 

社会常識だと思って

います。

 

 

 

🌝☝

加えて、ここは塾なので、

それだけではなくて、

 

 

 

できる限り多くの国の

名前や首都名を覚えて

もらいたいと思います。

 

 

 

そして、それが、

どんなところで、

他国とどんな関係性が

あるのか❓

 

 

 

などなどetc

 

 

 

なんとなんと、

小学生の方が中学生より

どんどん覚えますよ!

 

 

変に抵抗がない!

 

 

 

なので、

それらを覚えるための

「地図🗺 🗾」を

 

 

 

ご自宅の中に張ることを

以前、推奨してきました。

 

 

 

世界の国はたくさんあり、

少しずつ、

 

 

 

いや👋

本音を言わせてもらえば、

 

 

ちょびっとずつなんかじゃなく、

 

 

 

ガンガン💦💦

 

 

 

覚えてもらいたいと思ってます。

 

 

 

それらがどんな国かを

塾の生徒さんたちには

お話ししています。

 

 

 

興味をもって

 

 

ガンガン

 

 

調べて、覚えてもらいたいと

思います。

 

 

 

地理に興味ない👋😞

 

 

 

っていう生徒さんが

多いんですが、

 

 

 

それでは、

いけないと思います。

 

 

 

世界で起こってることは

自分には関係ねーて

 

 

 

そう思ってるって

ことになっちゃいますよね。

 

 

 

それはよくないと思います。

 

 

 

 

さあ、come on

 

 

最近、塾で

「世界の人口ランキング」

 

 

を始めたからなのか、

 

 

 

地図を買っている

保護者さんも多いようです

😌☝

 

 

さすがですね!

 

 

 

ぜひ、買った地図を

有効利用してほしいものです。

 

 

 

せっかく買った地図🗺

 

 

 

あまり見ないでので

あまり中身を覚えて

いないなんて、

 

 

 

「ありそうである」ことが

よくあるようです。

😞

 

 

 

そうならないためにも、

いつも見るための工夫も

考えておいたほうがいいかも

です。

 

 

 

少なくとも、

いつも目につくところに

張るようにお願いしますね👌

 

 

 

さて、

ここで、掲題の件なのですが、

 

 

 

「地図と地球儀はあった

ほうがいい❓❓❓」

 

 

 

との問いかけをさせて

いただきました。

命題

 

 

 

ここまで、お話しをすれば、

「あったほうがいい」

 

 

 

という答えになりますよね。

😌うん

 

 

 

なのですが、

私は「あったほうがいい」

のではなく

 

 

 

もう1ランク上げて

 

 

 

必需品

 

「なければいけないもの」

と考えています。

 

 

 

極端な考え❓

 

 

 

そう思われるかもしれません。

 

 

 

地球儀なんて高そうだし、

じゃまそうだし・・・

 

 

地図も張るとこない👋

 

 

 

👋😞いらんいらん

じゃまだ

 

 

 

って❓

 

 

 

さて、

はたしてそんなものでしょうか❓

 

 

 

つづきは次回に💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

3月14日 (月)

 

 

解答の解説部分を読んでおいた

方がいいことがわかる一例 

🤔

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

以前のお話し、

 

 

 

ある生徒さんが

数学の問題を

解いていましたが、

 

 

 

簡単なはずの計算が

やけにめんどうくさそうな

長い式になっていました。

😞

 

 

 

ん❓❓❓

 

 

 

やっていたのは、

中3の「平方根」で、

分母の有理化の問題でした。

 

 

 

さて、平方根とは、

簡単にいうと、

2乗の反対、逆です。

 

 

 

2乗は同じ数を2回掛けて

できる数字、

(たとえば χ×χ=χ²」)

 

 

 

平方根は、同じ数を2回

かけて元のある数に

なる数字、

 

 

(たとえば √χ×√χ=χ )

 

 

 

さて、分母の有理化

というのは、

 

 

 

わかりやすくいうと、

分母の√を

消す計算問題です。

 

(整数にする)

 

 

 

分母にある√χ は、

同じ数字である

√χを分母と分子に

それぞれ掛ければ、

 

 

 

√χ×√χ=χ (χは整数)

となり

 

 

 

分母の√χはχになるので、

有理化できた、

ということになります。

 

 

 

 

 

さてさて、

そこでなんですが、

計算途中で、

 

 

 

√4×√9って

数字が分母にあります。

 

 

 

√4×√9って数字を

分母と分子に

それぞれかければ、

 

 

 

確かに√ の記号

(根号)を消すことができます。

 

 

 

でも、ちょっと待ってくださいよ✋

そんなことは普通はしません。

 

 

 

同じ数同士をかけて

4になる数字と、

 

 

 

同様に9になる数字って、

 

 

 

それぞれ2と3。

 

 

 

√4×√9というのは、

つまり2×3

で=6なんですよね。

 

 

 

もうこの時点で

分母の「有理化」は

できているんです。

 

 

 

もう後は簡単な分子

と分母の約分を

やっておしまいなのですが、

 

 

 

この生徒さんは、

√4×√9を

分母と分子にかけて

 

 

 

「めんどうくさい👃」

ことをやっていました。

 

 

 

 

そうすると、

めんどうくさ~い、

長い式ができるわけです。

 

 

 

長い計算式を解いて、

「できた!」と

苦労の末に喜んでいました。

 

 

 

つまり数学苦手ながら

「力ずく」で

正解にたどり着いた

のです(笑)

 

 

 

これはスマートな解き方

じゃないんだけど、

正解は正解、

 

 

 

ところが、

これは、解答の解説部分をみて

効率のいい方法を

学ばないといけないんですよね。

 

 

 

  

「力づく」でやると、

 

🙅ケアレスミスを起こしやすくなる。

🙅計算に時間がかかる。

 

 

という問題点があります。

 

 

 

なので、答えが合ってれば

いいじゃん、

 

 

というのは違います👋😞

 

 

 

数学という教科は、

「論理性」「合理性」を学ぶ

教科です。

 

 

 

合理的、

難しい言葉ですが、

簡単に言えば近道、

 

 

 

近道の方が楽♪

 

 

 

 

なので、

模範解答はよく読んで、

参考個所には印をつけ

(チェックし)

 

 

 

「合理的」な方法を

学んでほしいと思います。 

 

 

 

 

 

 

前回ブログの答えあわせ

 

  

 

Q

 

世界で1番人口の多い国は

中国。

 

 

では2番目は、どこの国でしょう❓

また、だいたい何億人かな❓

 

(2021年統計)

 

 

 

👳‍♂️🍛

 

 

A 答えはインドです。

 

 

インドの人口は2021年

統計で13億9340万人

 

1位の中国との差は約5千万人です。

 

 

その人口動態の中身は

全然ちがいます。

 

 

中国は一人っ子政策の

影響もあり(今は廃止)

平均年齢が高く、

 

 

インドはその逆です。

つまり若者が多い。

 

 

インドが人口世界一に

なる日も、近いのかなと

思います😲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月12日 (土)

 

答えが合ってても、

過程がちがってれば

ダメなんですよ😞

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

答えがちがっていても、

その答えに至るまでの

 

 

 

過程がまちがえていたら

ダメなんですよね。

 

 

 

過程とは、

結果の反対のことで、

プロセス、

 

 

 

結果にたどり着くまでの

流れのことを言います。

🌝☝

 

 

 

なぜ過程をまちがえては

いけないのかというと、

 

 

 

過程をまちがえていれば、

ほとんどのケースで

正しい結果は出てこない

からです。

 

 

 

たとえ答えがぴったり👍

合っていても、

それは、ただの偶然です😞

 

 

 

今日の生徒さんでも

いましたが、

 

 

 

数学の計算問題で、

計算過程を書いていない

ために、

 

 

 

まちがいの理由が

わからなくなっていました。

 

 

 

式の過程をしっかり

書いていれば、 

まちがいの原因がわかるし、

 

 

 

そのための対策も

立てやすくなるものです😌

大事☝

 

 

 

ではなぜ、

答えの部分だけみて、

 

 

 

正解か否かを判断したがるん

でしょうか❓❓❓

 

 

 

理由を考えてみたいと

思います。

 

 

 

 

理由1.

 

 

 

考えられる理由の一つ目は

 

 

 

計算過程を確認することが

大事であることを

単に「知らない」ということです。

 

 

 

私個人の経験ですが、

まだ「未熟」だったころ、

 

 

 

答えが合っていれば、

その方法は合っているもの

だと、

 

 

 

とんだ誤解をしていました。

🤦‍♀️

 

 

 

やり方がちがって

答えが偶然合うなんで、

奇跡的なことだ、

 

 

 

と思い込んでいました。

😞

 

 

 

もう、詳しくは覚えては

いないのですが、

 

 

 

あるとき、

答えに至るまでの

過程の違いに気づき、

疑問に感じました。

🤔

 

 

 

答えがあってたけど、

これは正解なんだろうか❓

 

 

 

やり方がちがっていても

正解ということも

あるんです。

 

 

 

話がややこしいのですが、

偶然答えがあっている

のはダメです🙅

 

 

 

解答とちがう方法であっても

それでも方法として

正しいということも

あって、それは🙆です。

 

 

 

また、

よくあるパターンとして

数学では、解答の方が

 

 

 

計算方法を工夫して

効率的に問題を解いて

いることもあり、

 

 

 

そのような場合は、

解答通りのやり方ができるよう、

 

 

 

ぜひ、問題は解きなおすべきです

🌝☝

 

 

 

答え合わせが、

単純な作業でないこと

感じて、

 

 

 

私は、解答もよく読むように

なりました。

 

 

 

 

理由2.

 

 

解答を読むのが「めんどう」

 

 

 

これは、

ダメなパターンですね。

 

 

 

残念😞ながら、

そのようなタイプの生徒さんは

いらっしゃるようです。

 

 

 

私は、解答に書かれている

問題の解法の過程を

よく読んでおくよう、

 

 

 

生徒さんたちには

お話ししています。

🌝☝

 

 

 

なのに、

しばらくすると

その通りにしていない

生徒さんもいるものです。

😞

 

 

 

その方が早く片付く

からなんだろうと

思います。

 

 

 

先ほど、指摘したように

解答の方には

効率のいい解法が書かれて

いることが多いものです。

 

 

 

そこに気が付かずに

先に進んでいるという

ことは、

 

 

 

自分がやってる方法を

改善する大切な機会を

 

 

逃していることになります😞

 

 

 

やっぱり、それじゃ

いけませんよね🚫✋

 

 

 

理由3

 

 

そもそも答えに関心がない😞

 

 

 

まさか😲

 

とは思ったのですが、

答えに関心のない生徒さんも

意外といます。

 

 

 

問題演習をやっている

生徒さんに対して、

 

 

 

よくこんな質問を投げかける

ことがあります。

 

 

 

「答えに興味ない❓」

 

 

って。

 

 

 

そんな質問をする

そもそもの発端は、

 

 

 

答え合わせをしないままに

しておくとか、

 

 

 

答え合わせのタイミングが

遅いとか、

 

 

 

そんな状況を目の当たり👀

にしているからです。

 

 

 

せっかくやった問題の

答えが、あってるのか

まちがってるのか、

 

 

 

気になれば、

もちろん、本番のテストでは

ないんだから、

 

 

 

確認すればいいんですよね。

 

 

 

ところが、

答え合わせを「溜めて」

いたります。

 

 

 

そして、

「あまり興味ない」

😫

 

 

 

というお返事の生徒さんも

少なくないんです。

 

 

 

そもそも

興味のないようなことが

うまくなるはずが

ありません👋

 

 

 

「好きこそものの上手なれ」

 

 

といいますよね。

 

 

 

もっと興味や関心を

持つことが

必要だと思います。

 

 

 

以上、

過程をとばして、

答えだけを確認しようと

する理由、心理は、

 

 

 

こんなところかな❓

と思います。

 

 

 

『終わりよければすべてよし。

結果オーライ。』

 

 

 

ではありません👋👋👋

 

 

 

答えに至る過程を

注意して確認して

ほしいですね。

 

 

 

それは、決して

時間のむだになるものでは

ありませんので。

 

 

 

 

Qウォーミングアップとして

塾でやってる問題

 

 

世界で1番人口の多い国は

中国。

 

 

では2番目は、どこの国でしょう❓

また、だいたい何億人かな❓

 

(2021年統計)

 

 

 

👳‍♂️🍛

 

 

 

解答は次回ブログで💁‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月10日 (木)

 

 

終わり良ければ・・・❓❓❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

「終わり良ければすべて良し」

 

 

なんてことわざがあります。

 

 

 

いろいろとあっても、

結局、最後にうまくいってれば、

いいじゃないか。

 

 

 

確かに、そう考えた方が、

 

ときにはいいことが

あるとは思います。

 

 

 

が、

 

 

 

今やっている問題演習は、

終わり=結果よければ・・

 

 

 

なんてこと決してなく、

 

 

 

その過程が合ってる

必要があるんだと

 

 

 

生徒さんたちには

強くお話ししています。

 

 

 

なぜかと言えば、

考え方、方法がまちがって

いても、

 

 

 

答えがたまたま

合ってるなんてことは

よく起こるんです。

 

 

 

これは、ラッキーでは

ありません👋😞

 

 

 

自分のミスを探し出す

ことができなかった

という意味で、

 

 

 

逆にアンラッキーです😞

 

 

 

たとえばですが、

 

 

 

もうすぐ新中1年生がやる

数学の「正の数、負の数」

 

 

 

この教科・分野では、

たまたまの正解は

本当によくあることなんです。

 

 

 

だから、

計算過程を書いて、

自分のミスがどこに

あるのかを

 

 

 

問題を解いたあとで

確認しないといけません✋🚫

 

 

 

また

問題を解く過程を

書いておきながら、

 

 

 

結果の答えだけを👀

「解答」を確認をして

をつけている。

 

 

 

それでは、せっかく

計算過程を整理して

書いても、

 

 

 

意味がないですよね。

 

 

 

 

なので、

計算過程の内容に

ついても

 

 

 

意識して確認チェックしておく

必要があります。

 

 

 

また、

計算過程を省略して

書いている人、

 

 

 

答えだけ書けば

いいってもんじゃ

ないんですよ。

 

 

 

暗算をして、

省略していたり、

 

 

 

計算過程をひっ算のように

どこかに

 

 

 

ちょちょいのちょいと

書いて、

 

 

 

その書いた内容を

消しゴムで消して、

 

 

 

「証拠隠滅」している人

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

 

 

これじゃ、自分のミスが

わからなくなっちゃ

じゃない。

 

 

 

 

というわけで

意外や意外、

解答の答えだけをみて

 

 

 

〇をつけている人は

とても多いのです😱

 

 

 

問題を解く過程が

まちがっていれば、

 

 

 

同じような問題を解いた

ときに、

 

 

 

今度は正解することは

できません👋😞

 

 

 

もちろんですが、

問題を解く過程を

間違えているからで、

 

 

 

正解できたのは

ただの偶然だからです。

 

 

 

偶然もまた起きるかも

しれませんが、

 

 

 

そんな偶然が重なることは

ただの奇跡です。

 

 

 

そんなものに

期待するわけには

もちろん、いきませんよね。

😊

 

 

 

どんな考え方をして

その答えにたどりついた

のかを、

 

 

 

正確に理解して

おくことが必要です。

 

 

 

 

ではなぜ、

答えの部分だけみて、

正解か否かを判断したがるん

でしょうか❓❓❓

 

 

 

ちょっと

その心理について

考えてみたいと思います。

 

 

 

🤔

 

 

 

 

 

 

 

3月9日 (水)

 

 

振り返りの効果🌝☝

 

 

~最近やっていること~

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

授業が終わったら

「振り返りをする👌」

というお話しでした。

 

 

 

 

本当に理解できてた❓❓

 

 

 

授業が終わって帰るときには

もう忘れていた😞

 

なんてことも。

 

 

 

 

重要と思われる

ポイントは的確に覚え、

 

 

 

「気づき」があれば

それを確実に記憶する

ようにする。

 

 

 

知らなかったことを知り、

今まで間違えていた

ところに気づく、

 

 

 

 

それらを、簡単に

忘れちゃいました💦

 

 

 

などと言わないでよ🚫

 

 

 

学んだことは、

次に活かすことが大事です。

 

 

 

さて、

その振り返りが

実際に期待される効果に

ついて

 

 

 

考えてみたいと思います。

🤔

 

 

 

*あいまいさの払拭(ふっしょく)

 

 

 

ここでやっている

勉強でも振り返りは、

 

 

 

声に出して話をして

もらってますので、

 

 

 

「言語化」をすることになります。

 

 

 

もちろん、言葉にしないと

相手に伝わらないので。☝

 

 

 

ここに大事なポイントがあります。

 

 

 

言葉にするとなると

ごまかしがきかない!

 

 

 

まとめをする、

振り返る、

 

 

 

それは、なんとなく

(感覚的に)やるのでは、

どうかと思うんです。

 

 

 

私自身の経験ですが、

 

 

 

なんとなく感覚的に覚えた、

 

 

 

というのは、

本当はしっかりと理解が

できていなかったり、

 

 

 

定着させる効果が

弱かったりすることに

気がつきました。

 

 

 

なんとなく・・・の理解では、

本当はよくわかってない、

 

 

 

ことがよくあることに

気がついたんです。

 

 

 

自分自身で、はっきりとした

言葉にしてみることで

 

 

 

その理解度を自分で

計ることができるように

なりました。

 

 

 

 

というわけで、

理解したことを

生徒さんに説明してもらって、

 

 

 

 

学んだことを

「言語化」を

してもらいます。

 

 

 

あいまいな理解を

してないか

確認する意味でも、

 

 

 

「今日のまとめ」として、

学んだことを話して

もらうことは

 

 

 

効果的なんだな

と思います。

 

 

 

🤔🤔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月8日 (火)

 

 

最近やってること

 

終わったら振り返り

🤔

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

最近、

塾の授業で意識してやってる

こと、

 

 

 

授業が終わったら、

授業で学んだこと、

教訓として得たことを

 

 

 

「言語化」して

言ってもらうようにして

います。

 

 

 

本当にわかってるのかな❓

 

話したことを覚えているかな❓

 

 

 

そのあたりのことを

確認したかったのです。

😌

 

 

 

というのも、

 

 

忘れてしまうのが早い人あり、

 

忘れないようにと

自分なりに努めているのかが、

気になる人が

いるからです。

 

 

 

確認の方法は、

授業の最後に、

「今日のまとめ」

 

 

 

として、

「何も見ないで」

話してもらいます。

 

 

 

なぜ書いたことを

読むのではないかというと、

 

 

 

文字を読んでしまっては

頭にちゃんと入って

いるか、わからないからです。

 

 

 

そして、

なにも見ないでいうことが、

いい定着のトレーニング

になるからです☝

 

 

 

こちらとしては、

 

印象に残っている

大事だとおもったことを

話してもらいたいと

 

 

 

期待しながら💓

話を聞いているのですが。。。

 

 

 

やってみたところ、

いろいろな気づきがありました。

🌝💡

 

 

ので、

 

 

 

それらの「気づき」について

お話しさせていただき

たいと思います。

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

*ポイントが違う☝

 

 

 

こちらが重要と思って

話していることと、

 

 

 

生徒さん側から話される

内容については、

 

 

 

ちがい「ズレ」があることが

よくあります。

 

 

 

こちらとしては、

単なる知識も重要と

思いますが、

 

 

 

勉強の仕方や方法、

どう考えていろんなことに

取り組むか

 

 

 

特に重要と考えています。

 

 

 

ところが、

 

 

 

それらの内容を

「まとめ」として話を

してくれる生徒さんは

少ないです。

😞

 

 

 

そんな気はしていたが

そうだったか・・・

 

 

 

こちらとしては、

 

これは大事☝

と思えるところは

力を入れて話しています。

 

 

 

それなのに😞

 

 

 

こっちが期待している

話しが出てこないと

ちょっとがっかりなんですよね。

 

 

 

という経験のおかげで、

 

 

 

今日のまとめ、として

振り返ってみた

ことで、

 

 

 

生徒さんたちが、

 

 

何を大事と考えているのか、

何を考えていたのかが、

見えてきました👀

 

 

 

 

*案外、覚えてない💧

 

 

 

次に気づいたことは、

生徒さんたちが、

その場でやった勉強を

 

 

 

「やった」で終わって

しまっていて、

 

 

 

そこから何が得られたかを

整理されていない

ことがある、

 

 

 

(生徒さんによって

個人差がある)

 

 

ということです。

 

 

※勉強方法を学ぶことも立派な勉強です。

 

 

 

何かを教えても、

それを吸収する側が、

 

 

 

授業中に

 

はい、はい、わかりました✋

 

 

 

と言っても、

 

 

 

授業が終わってみれば、

「記憶喪失」

では、いけませんね😞

 

 

 

なるほど、

これでは定着に時間が

かかってるわけだな。

 

 

 

忘れっぽいというだけで

済ませては前進できません。

 

 

 

勉強をして

 

 

間違っていたところや、

新しい気づき、

新しい方法、

 

 

 

みたいなものを

 

 

 

みつけたら、

それを確実に定着させよう、

 

 

 

ならば、どうしたらいいのか❓❓❓

 

 

 

を考えないと

 

 

 

「天才」でもなければ、

うまく定着できないと

思うんです。

 

 

 

能力の高い生徒さん

たちは、

 

 

 

これは、

無意識的にも

できちゃってるかも

しれません。

 

 

 

ただし、「普通の人」は、

やはり、なんらかの

工夫をすることが大事だと

思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月21日 (月)

 

 

 

テストの点数がいつもより

よかったのだけれど・・

🤔✋

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

某中学校1年の塾生さんの

今回テストの点数が

いつもより高かったです。

🤔

 

 

 

 

よろこんでいる

生徒さんたちも

複数いました。

 

 

 

 

どんなものかな❓

と思っていて、

 

 

各クラスの平均点を聞いたら

結構高めでした。

 

 

 

 

次いで

個票(表)が出ましたので、

それを見せてもらい

ました。

 

 

 

 

う~ん、

全体的に平均点が結構高いじゃん!

 

 

 

 

前回の学調(学力調査)

と比較すると

約20点UP(250点満点)。

 

 

 

 

前回の定期テストと

比べても・・・☝

 

 

 

 

250点満点のテストで

20点とは、かなり大きい

開きです。

🤔

 

 

 

 

以前にもお話しさせて

いただいていますが、

 

 

 

 

違うテスト間での

直接比較はできません

👋👋👋

 

 

 

 

1回目の定期テスト

2回目の定期テスト

3回目の定期テスト

・・・

・・・

・・・

 

 

 

テスト内容がちがいます。

 

 

 

 

難易度、

難しかったか

易しかったか、

 

 

 

 

そのときのテスト毎に

ちがいがあります。

 

 

 

 

それを一緒くたにして

点数だけで

 

 

 

 

よかった、わるかった

の判断はできないはず

ですよね。

 

 

 

 

さて、

いつもよりいい点をとると

気分はいいものです

\(^_^)/

 

 

 

 

ただし、

現実を冷静に分析し

判断することは

必要です。

 

 

 

 

今回の点数がよかったのは、

全体的な状況に

比べてみて、

 

 

  

つまり、平均点の割りに

 

 

 

よかったのか

わるかったのかを

みてみて、

 

 

 

判断しなければいけません。

('ω')

 

 

ですよね👐

 

 

 

 

今回、平均点が高すぎた、

ということであれば

 

 

 

テスト作成者、つまり

学校の先生方は、

 

 

 

 

「調整」を考えて、

今回より難しい問題を

作成してくると思われます。

 

 

 

 

点数がかたよると

評価はつけにくいものです。

 

 

 

 

そうなると、

次回のテストは今回より

難しなることが想定されます。

🤔

 

 

 

もしもそうなれば

今度は、全体的に点数が

下がります。

 

 

 

テストの難易度によって、

一喜一憂させられる・・・

 

 

 

UP & DOWN

 

 

 

それでは、

正確な成績の分析が

できません。

 

 

 

点数が上がったことに

力がついたことに

ついて、

 

 

 

単純に点数だけをみて

判断するのではなく、

 

 

 

学校から出される

統計データ、

⇒たとえば平均点のような

 

 

 

を参考に

冷静に分析しなければ

いけないと思うんですね。

 

 

 

🚵‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

知ってる単語を覚えるって❓

どういうこと❓❓❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

勉強方法は大事です。

 

 

 

それを意識しないと

損をします✋

 

 

 

 

英単語や漢字を覚える

ときに、よく書き取りを

しているようです。

 

 

 

書くこと自体は

いいのですが、

その「中身」が問題です。

 

 

 

中学校では、

30問や50問の

単語テストをやっている

ところがあります。

 

 

 

その際には、

出題される単語が前もって

配られます。

 

 

 

たとえば

こんな感じに

 

 

 

 

1)want 望む

2)study 勉強する

3)have 持つ

4)a lot of たくさんの

5)easy  簡単な やさしい

6)question 質問

7)future 未来

8)in the future 将来に

・・・・

・・・・

・・・・

30)Sounds good いいね

 

 

 

💨

 

 

 

 

多くの場合

教科書の単語から

リストアップしています。

📖

 

 

 

 

さて、

ここでです✋

 

 

 

 

単語が苦手な中1の

Aさんは

このプリントをみて

 

 

 

また単語テストかあ~~

😞

 

 

 

とため息をついてます。

はあ~💨

 

 

 

「私は単語を

覚えられない星のもと

に生まれてきたんだ。👸」

 

 

 

もしもそうなら悲劇です。

(T_T)

 

 

 

このAさんの書き取りを

見ていると

 

 

 

👀

 

 

 

😲

 

 

 

ぬあんと、

 

 

 

want want want want want want want want want want want want want want want want want want want want want want study study study study study study study study study study study study study study study have have have have have have have have have have have have have have have have have have have have a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of a lot of ・・・・・・

 

 

 

なんじゃこりゃあああ~~

🙉

 

 

 

マシンガンか・・

 

 

 

私はこんな書き取りを

ひそかに

「マシンガン書き取り」と

呼んでいます。

 

 

 

 

Aさんに

「wantって単語

しらなかった❓」

 

 

 

と聞いてみると

 

 

「知ってます」

 

 

とのこと。

 

 

 

 

「studyは❓」

 

 

の質問に、

 

 

「それも知ってる」

 

 

とのことです。

 

 

 

 

なんと😲

 

 

 

Aさんは、

知ってる単語を

「覚えよう」として

 

 

バババババと

マシンガンのごとく

書き取りをしていたんです。

 

 

 

まじめに一生懸命に

やっているようですが、

 

 

 

残念ながら、

知っている単語を書くのは

むだな努力。

してはいけない努力。

 

 

 

だって、最初から

知ってるんだから、、、

 

🤦‍♀️🤦‍♂️

 

 

 

そして、

全部覚えようと

勉強してみても、

 

 

 

テストの結果は、

満点どころか、

 

 

 

それには遠く及んでいません

(T_T)

 

 

 

がんばった割りに

結果は最悪🤦‍♀️🤦‍♂️

 

 

 

 

どういうこと❓❓❓

なんで❓❓❓

 

 

 

 

わかってる単語を

書きとり

してしまって、

 

 

 

わからない単語に

かけなければ

リソース(この場合、時間とエネルギー)を

 

 

そっちの方に使って

しまって、

 

 

 

できない単語にかける

リソース

 

 

 

少なくなって

しまったんですね。

 

 

 

「選択と集中」の考え方です。

 

 

 

そのあたりがわかってる人は、

 

 

 

わかってる単語は

最初から外して、

 

 

 

できない単語に集中を

しているのです。

 

 

 

あたりまえっちゃー

あたりまえのよう

ですが、

 

 

 

意外や意外、

こんなことしている

生徒さんは

 

 

 

とても多いんです。

😭

 

 

 

 

そんなAさん

できない単語だけを

勉強するようにして、

 

 

 

見違えるように

結果を出すようになりました

🌸

 

 

 

実は、

そんな人をこれまでに

何人もみています。

 

 

 

自分を単熟語とは縁がない

人間なんだなんて、

 

 

思わないでほしいですね。

 

 

 

 

やり方を変えるだけで

改善できることって

あるんです。

 

 

 

そんなAさんみたいな人、

ちまたにはゴロゴロ

いるですよ。

 

 

 

あたたた(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月30日 (日)

 

 

 

なぜ面接で苦手教科、

自分の欠点を

きかれるのか

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

いよいよ

私立高の受験(受検)が

間近です💦

 

 

 

面接練習をやっていると

自分をよく見せたいために

 

 

 

「真実と違うこと」😞

 

 

 

言おうとする人がいます。

 

 

 

面接を受ける側は中学生、

 

 

 

面接官は、通常、

経験豊富な

百戦錬磨の学校の先生

 

 

 

学校の先生は

面接を通過して入学すれば

 

 

 

生徒の

「ビフォー・アフター」を

何度も目のあたりに

しています。

 

 

 

・・・

あの面接のときの話は

なんだったんだ👻・・・

 

と。

 

 

 

生徒の実態を最前線で

みて知る。

 

 

 

そんな経験を何度も

くり返してるはずです。

 

 

 

 

だれだって自分を

よく見せようとするもの

 

 

 

だからといって、

「作り話」はしないことです!

 

  

 

面接は、

人となりを確認されるもの。

 

 

 

変に得点稼ぎをしよう

ものなら、逆効果となりかねないこと、

 

 

 

肝に銘じておいてほしいと思います。

 

 

 

 

さて、これからが本題です。

 

  

🤔苦手教科、自分の欠点を

質問される理由とは❓

 

 

 

人には得意不得意、

長所短所があるものです。

 

 

 

 

面接時の

それらの質問に対して、

 

 

 

面接官から

 

 

 

「それを克服するため

には、どうしたらいいと

思いますか❓」

 

 

 

という質問がとんでくる

ことがありますが、、

 

 

 

 

そんなときに

こんなことを考えるかも

しれません。

 

 

 

 

「苦手な教科が数学では

いけないのか❓」

 

 

 

「自分の欠点について、

計画的を立てることが

苦ってって、

そんなにまずいのか❓」

 

 

 

自分に特別な興味を

示しているのでは❓

個人的に関心があるのかなあ❓」

 

 

 

などなど。

 

 

 

それらは、

みなちがっていると思います。

 

 

 

 

私が学校側の立場の

教諭(面接官)だったら、

こう考える🤔と思います。

 

 

 

 

自分の長所や短所を

把握しておくことも

大事なこと。

 

 

 

自分自身を振り返ることを

ちゃんとできている

のか❓

 

 

 

自分のことを自分で

理解しようとしている

のか❓

 

 

 

といった点でも

このような質問をします。

 

 

 

ただし、

それだけではありません。

 

 

 

苦手なのはわかりますが、

それでおわってないか❓

 

 

 

つまり欠点や苦手を放置して

いないか❓

 

 

 

今後、

山ほど起こる問題に

向き合うことができるか❓

 

 

もちろん、卒業してからも。

 

 

 

それを自分で考えて

解決する力があるか

どうか、

 

 

 

 

また、その気があるか

どうかを

 

 

 

確認しているのだと思います。

 

 

 

つまり「問題解決力」を

私だったら確認します。

 

 

 

苦手な教科を克服する

ためになにをしましたか❓

 

 

 

と質問をさせて、

言葉につまったり、

「とくにございません」

「勉強方法がわからなかった」

 

 

 

なんて答えでは

🙅ですよね。

 

 

 

問題が起こった時に、

それを解決する努力が

できるのかどうか、

 

 

 

私が学校の面接官であれば

そんな視点から、

 

 

生徒さんに苦手や欠点について

質問してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月23日 (日)

 

 

学調攻略法、

それは普段の勉強から・・

📚

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

学調(県学力調査)が近づくと、

学調対策だ!!!

 

 

 

と、過去問であったり

関連のテキストだったりを

用意して

 

 

 

対策を取ろうと

していませんか❓

 

 

 

 

それらの勉強をすることは

決して無駄とは

いいませんが、

 

 

 

 

そのために本当に

やらなければ

いけないことを 

(いけなかったことを)

見失っていませんか❓

 

 

 

 

学調というのは

調査という名前がついて

いますが、

事実上の「実力テスト」です。

 

 

 

これまでやってきた

知識の確認ですよね。

 

 

 

 

実力がそんな直前の勉強で

急につくはずもありません

👋😞

 

 

 

 

実力をつけるのは、

いうまでもなく

常日頃の勉強です!!

 

 

 

 

コツコツやること、

継続してやること、

そんな地味な努力が

最強だと思っています😌

 

 

 

 

普段からの勉強が

一番、実力に影響するものです。

 

 

 

継続は力なり、

そうですよね😌

 

 

 

 

そこでですが、

日ごろの勉強が学調対策と

言っても、

 

 

 

何をしたらいいのかが

わからないかもしれません。

 

 

 

簡単にですが、

日ごろから行う

「学調を意識した対策」

についてお話をします。

 

 

🌟🌟🌟

 

 

 

 

普段からやる学調対策!

 

 

 

 

普段からやる学調対策とは

普段から学校の宿題や

授業の復習を手を抜かずに

しっかりやる。(>_<)

 

 

 

 

とてもあたりまえで、

地味なのですが、

 

 

普段から基本をしっかり

身に着ける勉強をすること。

 

 

 

 

そして、ときどき、

過去の復習をしておくこと。

 

 

 

もちろん、思いつきで

復習するだけではなく、

 

 

 

 

計画的に「普段から」

復習をしておいたほうが

いいでしょうね。

(^^)v

 

 

 

 

普段に過去の復習をする

時間がなければ、

長期休暇などを使って

やってもいいと思います。

 

 

 

 

そして、

さらに、実力UPを

していきたいのなら、

 

 

 

その「延長」としての

勉強をさらに意識してやるのです☝

 

 

 

 

定期テスト対策とは別に

実力UP(学調対策)も

を意識します。

 

 

 

 

学調で特に変わった

問題が出てくるわけ

ではありません。

 

 

 

(どちらかといえば

オーソドックス)

 

 

 

 

教科書レベルや学校の授業の

内容が復習できたら、

 

 

 

ワンランク上の問題を

やるのです。

 

 

「発展問題」です。

 

 

 

 

多くの問題集は、

基礎レベルと発展レベルに

わけて問題が掲載されて

いるものです。

 

 

 

教科書レベルは、

基礎レベルが多いです。

 

 

 

なので、

学校配布の「基礎問題集」に

とどまらず、

 

 

 

問題のレベルを自分の

判断で上げていきます↑↑

 

 

 

問題集に「発展」と

分けているものも多く、

基礎ができれば

そちらに移るのです。

 

 

 

公立校を目指すのであれば、

発展には手をつけなければ

いけません。

 

 

 

 

 

 

学校の「基礎問」だけ

では足りません。

 

 

 

 

問題は、このキソモンも

ちゃんとできてないのに

 

 

 

学調の勉強を学調の直前に

やろうという考えです。

 

 

 

それは甘い!でしょう。

 

 

 

実力をつけるためには、

普段から先を見据えて

 

 

 

コツコツ勉強を進めていく

必要があります。

 

 

 

地味で、なんとなく効果

なさそう、

 

などとんでもない

👋👋👋👋😞

 

 

 

 

地道な努力(それも正しい

努力)こそが最強です!

💪

 

 

 

日々の勉強をおろそかに

してない人は、

 

 

ちゃんと学調でも

結果が出ていますよ。

 

 

 

 

次の学調を目指して

普段から地道に進めるよう、

生徒さんにはお話を

していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月19日 (水)

 

 

 

直前の学調対策で結果が

出ましたか❓❓❓❓❓❓

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

学調(学力調査)がちがく

なると、

 

 

 

それを意識しだす生徒さん、

また保護者さんも多いと

思います。

 

 

 

 

学調があるから

学調の勉強しなきゃ!

 

 

 

 

そう言って、

試験直前になって「学調対策」

を始めます🤔

 

 

 

 

はたして、

その「学調対策」

どこまで効果があるでしょうか❓

 

 

 

 

先にお話ししましたとおり、

 

 

 

学調と定期テストは

試験範囲が全然違います。

 

 

 

 

定期テストは

直前から勉強しても

 

 

 

それなりに点数をとれる

ものですが

(ただし、やり方も問題)

 

 

 

 

学調は試験範囲が広いので、

短期間ではカバー

しきれません👋😞

 

 

 

もしも直前の勉強だけで

学調で結果を出せたのなら、

 

 

 

 

普段からの地道な

学習はいらなくなる

ことでしょう👋😞

 

 

 

 

もちろん、

そんなことはありえません。

👋👋👋

 

 

 

 

日々の積み重ねが

定期テストはもちろん、

 

 

 

 

とくに、学調のような

「実力テスト」においては、

効いてきます。

 

 

 

 

ボクサー🥊が

ボディーブローを

丹念に打ち続ける

のと同じで、

 

 

 

 

じわりじわりと効果を

発揮して、

 

 

 

 

学調をノックダウンさせる

ことができるのです☝

 

 

 

 

いきなり直前になって

勉強を始めて

 

 

 

 

それも過去問を解いたから

といって

 

 

 

 

なんとかなるなんて

まずありませんので、

 

 

 

 

そこのところは理解して

おいてくださいね💛

 

 

 

 

さて、そこで、

どんな勉強が本当の

学調対策になるのか❓

 

 

 

 

言い方を変えると、

どんな勉強が

実力をつけることに

効果的か❓

 

 

 

そのあたりのお話をします☝

 

 

 

 

実力をつけるためには、

普段の学校の授業に

合わせた勉強から

一歩踏み込んで、

 

 

 

 

一歩レベルの高い勉強

(問題演習など)を

するんです。

 

 

 

 

いわゆる「発展問題(応用問題)」です。

 

 

 

 

学校の教科書レベルの

勉強ができたら、

 

 

 

「普段」の学習から、

「発展」を意識して、

 

 

 

そこに結びつけるような

勉強をするんです。

 

 

 

 

塾生さんでも、

多くの人が「やっている🤦‍♀️」

 

 

 

基礎レベル(教科書レベル)

での演習の繰り返し、

 

 

 

これはダメではないの

ですが、

 

 

 

目指すレベルが一歩上なら

そこでとどまっては

いけないのです✋

 

 

 

つまりステップアップです。

 

 

 

 

基礎にとどまらず、

基礎ができたら発展に

いくことを意識するんです。

 

 

 

 

これをやらずに

失敗してしまった人も

います。

 

 

 

実に😞。

 

 

 

 

テストの振り返りをしてみて

わかりました💧

 

 

 

 

普段からレベルを上げた

演習をすべきです。

(アドバイスしてたのに・・)

 

 

 

 

これとは逆に、

「作戦通り」に進めてくれた

Yさん👧、

 

 

 

 

問題集の「入試対策問題」を

やっていて数学が

できた(約9割)🌸

とのことでした。

 

 

 

戦略は大事!

 

 

 

というわけで、

日常の学習から、

 

 

 

問題演習の「ステップアップ」

を目指して

 

 

 

基礎の勉強を

どのタイミングでランクアップ

させるか、

 

 

 

基礎からの「卒業」を

目指して、

 

 

 

 

普段の学校の授業に沿った

勉強や、宿題を進めて

みてほしいと思います。

 

 

 

 

宿題ももちろん、

ただやっておしまいに

しないでほしいですね。

 

 

 

 

 

次に結びつけるための

 

 

つまりステップアップを

目指した宿題を

するようにしてほしい

と思います。

 

 

 

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テストに出る英熟語

くわしい&わかりやすい

解説 👨‍🏫

 

「one of~」

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

引き続いて

one of~ という表現です。

 

 

今日も元気よく、

いってみよう~💪

 

 

 

Let’s get started!💨

 

 

 

one of~は

~の中のひとつ

という意味になります。

 

 

 

これも重要な表現です。

 

 

では、さっそく例文

 

 

One of my friends visited

me / in the hospital.

 

 

友達のひとりが入院中の私を

お見舞いに来てくれた。

 

 

 

 

意味の区切りで「/」を入れました。

 

 

One of my friends

で、私の友達のうちのひとり

 

 

という意味です。

 

 

「~のうち」なので

friendsとsがついて

複数形になっています。

 

 

One of my friends visited

 

me

 

で、

 

 

私の友達のうちの一人が

私を訪ねた

 

 

と、なります。

 

 

つづくin the hospitalは、

病院の中、と訳せますが、

 

 

この文の内容から

判断して、

 

 

これは、「入院中」と

解釈できます。

 

 

なので、

入院中を訪ねるという

ことは、

 

 

お見舞いということに

なりますね。

 

 

 

 

なので

 

 

 

友達のひとりが入院中の私を

 

お見舞いに来てくれた。

 

 

 

という日本語の意味に

なります。

 

 

 

 

 

他に例を挙げると、

 

 

 

one of them

彼らの中のひとり

 

 

one of us 

私たちの中のひとり

 

 

one of those apples

あれらのりんごの中のひとつ

 

 

 

などがあります。

 

 

 

よく使われる表現なので

覚えておきましょうね!

 

 

 

 

それでは、以上になります。

 

That’s all.

 

 

 

 

See you.✋

 

 

 

 

 

 

 

 

1月18日 (火)

 

 

 

学調と定期テストは

根本的にちがう✋

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

学調の結果をお聞きして

いるところです👂

 

 

 

まだ、多くの人数の人に

聞いてはいませんが、

 

 

 

思いのほか、

苦戦している人がいます。

😞

 

 

 

 

定期テストに比べて

学調の方の結果が下がって

いるんです。

 

 

 

 

逆の言い方をすれば

定期テストで健闘している

とも言えますが、

 

 

 

 

両者に差があることは

あまりいいこととは

いえませんね😞

 

 

 

 

 

さて、

学調で結果を出すために

どんな勉強をしたらいいのか

❓❓❓

 

 

 

 

そんな観点から

生徒さんたちに今

お話していることを

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

🤔

 

 

 

 

もちろんなことですが、

学調と定期テストでは

試験範囲がちがいます。

 

 

 

 

学調は事実上の実力テストで

範囲は、これまで中学で

やってきたことすべて

です。

 

 

 

 

それに対して、

定期テストは前回の

定期テスト範囲から

現在までの範囲です。

 

 

 

 

これが決定的なちがいです!

 

 

 

 

それを踏まえて・・

 

 

 

 

定期テストに比べて

学調が不振な方は、

以下のような考えが

欠けてはいないでしょうか❓

 

 

 

先ほどもお話ししましたが、

学調は実力テストです。

 

 

 

実力テストであれば

実力をつけることを

意識した学習が必要です。

 

 

 

実力とは、

そう短期間で

つくものではありません。

 

 

 

学調の試験範囲は広く、

3年生だったら、

中1からの内容になるので

膨大(ぼうだい)な量です。

 

 

 

 

なので、日ごろから

実力を意識した、

(学調を意識した)

学習をすることが、

 

 

「極上の」対策になります。

 

 

 

 

誤解している方がいる

ように思います✋

 

 

 

 

学調の過去問をやることや、

学調の対策本📖をやる

ことを対策と思っている

人たちがいます。

 

 

 

 

そうではなく、

日々の実力をつけることを

意識した勉強が

 

 

はるかに結果に結びつきます。

 

 

 

定期にくらべて学調は

めちゃめちゃ範囲が

広いんです。

 

 

 

 

定期と一緒の勉強では

太刀打ちできないんです。

(>_<)

 

 

 

 

※ただし、やらないよりは

いいのですが・・

 

 

 

 

じゃあ、

その結果を意識した

勉強とやらは一体なんなんだ

❓❓❓

 

 

ということなのですが

・・・・

 

 

 

 

このお話しはまた次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月17日 (月)

 

 

 

テストによく出る英熟語

くわしい&やさしい解説

👨‍🏫

 

「try to~」「one of」

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

学調の結果をお聞きしています。

🤗😞

 

 

 

反省会をしている生徒さんも

います。

 

 

 

 

また、

学調のことについて

後ほど、お話ししたいと

思います。

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

今回、ご紹介する熟語は

「try to~」「one of」

です。

 

 

 

当塾の小学生にも

教えているのですが、

 

 

 

 

英会話もやっていない

生徒さんでも

ちゃんと理解できていますよ。

 

 

 

今、

ちょうど、このあたりを

やっている生徒さんも

います。

 

 

 

 

それでは、

今日も元気よくいって

みましょう!

 

 

 

 

All right!

Let’s get started! (さあ、始めましょう)

 

 

 

 

まず、最初にご紹介の

熟語は

 

 

「try to~」

 

 

です。

 

 

 

 

熟語ってなに❓

 

 

 

という質問を最近

受けることがあります。

 

 

 

熟語は、

単語が2つ以上くっついてて

 

 

 

ひとつの意味を成す

言葉です。

 

 

 

You’re OK?

 

 

 

try to~ですが、

意味は「~するよう努める」

です。

 

 

 

tryは、試す、挑戦する、努力する、

 

 

 

ここでのtoはwant toの

toと同じで

 

 

 

「~すること」

(不定詞 名詞的用法)

 

という意味です。

 

 

 

なのでtry to~は、

 

~することを努める、

 

 

~しようと努める

 

 

 

という和訳(意味)になります。

 

 

 

【例文】

 

 

I will try to meet you at 10:00.

 

 

私はあなたに10時に会うよう努めます。

 

 

 

主語SはI

動詞Vはtry

 

 

 

助動詞のwillは

SとVの間に入ります。

 

 

 

助動詞はSとVの間です☝

 

 

 

try to meet youで

あなたに会う(meet)よう

努める、

 

という意味。

 

 

 

at +時間 で、

〇時に、

 

という意味になります。

 

 

atは時間を表すときに

使います。

 

 

 

Sさん、

授業ではかけ足で

やったけど

わかったかな❓

 

 

 

You’re all right?

 

 

 

ついで、

 

one of~

 

という表現です。

 

 

 

これは次回やります。

 

 

 

それでは、

See you next.

 

 

 

 

 

学調結果悪くても

あくまでポジティブに

考えて✋

 

 

 

反省はしっかりして、

あくまで前向きにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月16日 (日)

 

 

 

お宝はそこ🙆にはない!

お宝は🙅の中にある❕

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

問題演習を何の目的で

やるのか❓❓❓

 

 

 

※問題演習=問題を解く練習のこと。

問題を解くおけいこ。

 

 

 

 

問題は解いているが、

それがなんの目的で

やっているのかは

考えていない❓

 

 

 

おかしいと思いませんか❓

 

 

 

 

目的がはっきりして

いないと

やっていることがボケます。

 

 

 

 

どんなことでもそう、

何かやるからには

 

 

 

そこにはなにかしらの

「動機=motivation」が

あるはずです。

 

 

 

それが私の考えです。

 

 

 

 

ところがところが、

 

 

 

 

問題をやる理由が

 

 

 

「そこに問題集があるから」

 

 

 

「とにかくやんなきゃ

いけないから」

 

 

 

「提出しなきゃいけないから」

 

 

 

などと、

 

 

 

わけのわからない

理由のためになっちゃってる

 

 

ケースが結構ない❓❓❓

 

 

 

オーマイガー😱

 

 

 

 

理由なき勉強に疑問を

感じる必要があります。

 

 

 

 

さて、

 

 

 

問題演習をやって

気をつけるべきポイントに

ついて

 

 

 

今日もお話をしました。

 

 

 

問題を解く理由は

いろいろとあるものの、

 

 

 

まずは、

自分のまちがいを

探して、

 

 

 

 

そこを理解し、

修正する必要があります。

 

 

(赤ペンで直すだけでは

 

断じてない🙅🙅🙅)

 

 

 

 

修正とは、

同じ問題を出されたときに

完ぺきにできる状態に

することです☝☝☝

 

 

 

頭を使わない勉強は

しちゃだめです。

 

 

 

そのためには、

問題をやったら、

 

 

 

まちがった問題、

わかなかった問題に、

特にアプローチすべきです。

 

 

 

 

できる問題は、

おそらく、もう一度やっても

できるのです。

 

 

 

 

できない問題は、

そのままにしてたら、

 

 

 

何度やってもできないのです。

 

 

 

 

だから、

できない問題に

食いつくんです。

 

 

 

もう一度言います☝

イッパツ正解できた問題は、

 

 

 

心配する人いますが

(特に👧)

 

 

 

2発目3発目も

大丈夫なんです👌

 

 

ためしにやってみてよ。

 

 

 

 

お宝💰はできた問題🙆には

ないんです。

(ゼロとはいいませんが・・)

 

 

 

お宝💰はできない問題🙅に

眠っているんです💤

 

 

 

宝の山は

できない問題の中にあり!!!

 

 

 

そこから、

自分のまちがいを知って、

 

正しい答えの理由を知る、

 

知らなかった知識を得る、

 

気づきを得る、

 

んじゃないんでしょうか🤔

 

 

 

 

というようなお話を

今日も生徒さんたちに

 

 

させていただきました💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

 

質問して、

いい答えをしたMさん、

 

 

 

「おおう、なーんだ

わかってるじゃん

😲👍 」

 

 

と思いきや、

 

 

 

 

言ったそばから

実行してないじゃん💧

 

 

 

なんでやねん👊

 

 

 

と、まあ、

一筋縄でいくことでも

ないのは

百も承知。

 

 

 

 

まだまだ、

質問🙋‍♀️🙋‍♂️しまくって

いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月14日 (金)

 

 

 

問題演習から何を学ぶか❓❓❓

パート2

 

 

 

ただ問題を解くだけでは

ダメ🚫

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

なぜ問題演習をやるのか❓❓❓

やる必要があるのか❓❓❓

 

 

 

そんなお話しでした。

 

 

 

なぜ問題演習をやるのか

について、

 

 

 

考えてやっているのと

いないのとでは

 

 

 

雲泥(うんでい)の差が

あります。

 

 

 

自分のまちがいを知り、

正しい答えを知る。

 

 

 

それを意識しながらやるのが大事!

 

 

 

ただ、問題があるから

解いているだけってのは、

ダメですね。

 

 

 

 

さて、

 

 

 

基本事項がわかってないと

問題演習をやっている

意味がありません。

 

 

 

基本事項の勉強を

おろそかにして、

問題演習に入っている

生徒さんもとても多いです。

 

 

 

その結果は🙅だらけに

なるのですが、

 

 

 

問題は、

その🙅の原因が

基本事項(基礎)を知らないがために

 

 

 

わからないということです。

 

 

 

そして、

わからないことが

多いので、

 

 

 

そのわからないことを

ひとつひとつ解決するのが

大変になり、

 

 

 

わからないことが

わからないまま

放っておかれます。

 

 

 

🤦‍♀️🤦‍♂️

それじゃ、全然ダメですね✋🚫

 

 

 

応用力をつけるという

目的もあるのですが、

 

 

 

基本事項の理解のために

やる問題演習は

みなが通る道です。

 

 

 

 

 

ところで最近、

こんな事例があったんです。

🤔

 

 

 

たった1行の英作文の中に、

学ぶべき点が4つもありました。

 

 

 

ある生徒さんが和文を英訳

したところ、

 

 

 

1つのまちがいを赤ペンで

修正していました。

 

 

 

その1つのまちがいを

覚えて終わろうとして

いたところにストップを

かけました✋

 

 

 

その短いたった1行の文

だったのですが、

 

 

 

主語と動詞の関係について

や、

よく使われる表現法など、

 

 

 

 

こちらから質問してみれば

しらないことばかり。

😲

 

 

 

そのまま気づかずに

先に進んでしまっていたら

 

 

 

 

その問題からの学びは

たったの1つだけだった

のですが、

 

 

 

いろんなところに注意を

向けてみれば、

 

 

 

知らないことが

あと3つもあったんです。

 

 

 

 

そうやって、

まちがえや気がつかなかった

ことをチェックしていき、

 

 

 

それを知識+知恵として

ストック(貯める)して

いけば、

 

 

 

 

問題演習から、

より多くの学びや応用力を

みにつけることが

できると思います。

 

 

 

より多くの学びを得れば

使える「武器」が増えます。

 

 

 

 

武器は多い方がいいですよね。

 

 

 

 

野球⚾のピッチャーで

言えば、

 

 

 

 

ストレート(直球)と

カーブ(変化球)しか投げられない

より

 

 

 

フォーク、スライダー、

シュートなど、

 

 

 

いろいろと投げられた方が

バッターは球種をしぼれなく

なるので、

いいですよね。

 

 

 

問題演習によって、

「武器」をどんどん増やす

ことができます。

 

 

 

 

というわけで・・

 

 

なんとなく

やっている問題演習👻

たっだのなら、

 

 

 

ちょっと視点をかえて、

「戦略的」なアプローチを

してみては

いかがでしょうか❓

 

 

 

 

塾では、各生徒さんに

問題演習をやる意味について

質問をしていき

「啓蒙」をしていきます。

 

 

 

戦略的な問題演習が

できれば、

早かれ遅かれ必ず変化は

起こるはずです。

 

 

 

📖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月12日 (木)

  

 

問題演習から何を学ぶか❓❓❓

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

普段からやっている問題演習

についてのお話しです。

 

 

 

 

問題演習をなんのために

やっているのか、

 

 

考えたことはありますか❓

 

 

 

「そこに問題があるから」

 

 

 

まさか、

そんなつもりは

ないのでしょうが、

 

 

 

塾でみていると、

そうとしか思えない

生徒さんが、

 

 

 

何人もみられます。

 

 

 

 

問題演習とは、

本番の試合のための

練習のようなもの。

 

 

 

 

私はそんなふうに

とらえています。

 

 

 

 

さて、

何の気なしにやっている

問題演習、

 

 

 

 

同じ内容のテキストで

同じだけ勉強したよう

でも、

 

 

 

人によって、

出てくる結果、

 

 

 

つまり、

 

 

 

テストの点数が

全然ちがうものなんです。

 

 

 

 

問題に対するアプローチの

仕方が違えば、

結果がちがうことを

 

 

 

 

自分自身の経験からも

感じてはいましたが、

 

 

 

 

塾で生徒さんたちを

みていても、

 

 

 

 

やはり、

それは言えるのだと

思っています。

 

 

 

 

 

では、

いったいなぜ

そのような現象が起こるん

でしょうか❓

 

 

 

 

人の考えていることが

透けてみえれば

わかるのだと思いますが、

 

 

 

 

もちろん、そうは

いきません。

(きもちわるいよね😱)

 

 

 

 

なぜ、同じことを

やっているのに、

人によって出てくる結果が

ちがうのか❓

 

 

 

 

 

ここで、私の意見を

お話しさせていただきますね。

 

 

 

 

 

■なんのための問題演習か❓

 

 

 

 

なにかをするからには、

必ず目的があるはずです。

 

 

 

遊ぶにしてもなんにしても

目的のない行動って、

やばいですよね。

 

 

 

さて

テキストブック(問題集)

を開いての問題演習📖

 

 

 

問題を解くことによって何を学ぶか❓

 

 

 

目的を考えてない

生徒さんが

いることをお話ししました。

 

 

 

 

目的を考えないと、

その目的を達成しようとは

考えられるはずもないので、

 

 

 

 

演習(練習)をやった

効果は半減します。

 

 

 

 

その目的ですが、

第一の目的は、

 

 

 

「問題から学びを得ること」

 

です。

 

 

 

 

学びとはいろいろあります。

 

 

 

自分がなぜまちがえていたのか❓

 

 

正解が正解である理由は何か❓

 

 

いままで誤解していたことはないか❓

 

 

別の解法(別解)

 

 

吸収できる「技」はないか❓

 

 

 

 

一番、大事なところは、

まちがいから学ぶこと、

 

 

 

🙅だった問題から学ぶことです。

 

 

 

生徒さんたちに言っています。

(>_<)☝

 

 

 

🙆にお宝はない、

 

 

🙅の中にお宝はある。

 

 

 

どれだけ🙅の中から

お宝をみつけられるかが勝負。

 

 

 

🙆だらけの問題演習は

よい練習にはならない。

 

 

 

と。

 

 

 

発想が逆🙃になってしまって

いる生徒さんも

少なくありません。

 

 

 

 

🙆がたくさんあるとうれしい。

 

 

 

🙆がたくさんあったほうが

できるようになる。

 

 

 

👋😞

 

 

 

ちがいますよね。

 

 

 

🙆の中にはお宝はない、

いや、全然ないわけではない

ですが、

 

 

 

すでにわかっているのだったら

そこから学ぶことは

少ないわけです。

 

 

 

 

なぜ、まちがえていたのかを

🤔考えることは

とても重要です。

 

 

 

🙆か🙅かだけを知って

先に進むなど言語道断、

 

 

 

それでは永遠に進歩しません。

 

 

 

 

まちがえの理由がわかって

ないと、

 

 

 

 

きっと、

またそれと同じまちがいを

くり返すことになる

でしょう。

 

 

 

まちがいの理由をはっきり

させて、

 

 

 

修正させておかないと、

いけません。

 

 

 

 

そして、正解が正解である

理由についてもです。

 

 

 

 

知識不足でないのか

確認をするんですよね。

 

 

 

それができると

できないのとでは、

 

 

 

えら~い差がつくと思いますよ。

 

 

🚴💨 🏃

 

 

 

 

 

 

 

 

12月25日 (土)

 

 

be動詞の原形は「be」

一般動詞の原形は「do」

🤷‍♀️🤷‍♂️❓❓❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

  

 

be動詞の原形は「be」

一般動詞の原形は「do」

ってお話し、

 

 

 

もう少し引っ張りたいと

思います。

 

 

 

be動詞の原形のbeですが、

意外に理解していない

生徒さんは多いです。

😲

 

 

 

助動詞などが入らないと

出番がないからだと

思います。

 

 

 

文法に弱いと、

原形という言葉の意味すら

よくわかっていません。

 🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

be動詞の原形はbe。

 

 

 

canやwillのあとに

be動詞を使う場面では、

原形の「be」を使います。

 

 

 

『明日は晴れるでしょう。』

 

 

を英語にすると

 

 

It will be sunny.

 

 

です。

 

 

この短い文の中には

学ぶべきたくさんの

ことがあります。

 

 

 

天気や時間のときの

主語はit☝

 

 

 

未来形なのですが、

ここではbe going toでは

なくwillを使います。

 

 

(「~でしょう。」 

は、ただ単純な未来を表す。

「つもりです」のような

意志は入ってない。)

 

 

 

willのあとのbe動詞は

主語がitであっても

関係なく原形が大原則。

 

 

 

晴れです。という

表現はbe動詞+sunny.

でsunnyは動詞じゃない。

 

 

 

この短い文から

こんなにいろんなことを

学べるので、

 

 

 

生徒さんたちに

ときどき、

 

 

 

「明日は晴れるでしょう。

って英語でなんていう?」

 

 

って、

聞いてみるんです。

 

 

 

 

そこで、

できなかった生徒さんは

なんらかの

「気づき」を得ることが

できます。

 

 

 

 

be動詞、

 

つまり

am,

are,

is,

was,

were

 

のもとの形、

つまり原形の活用を

知らないと

文はできません👋😞

 

 

 

 

しらないと、

2年生以降のテストでは

テストの度に

点数を落とすことになります。

 

 

いたたた(>_<)

 

 

 

 

つづいてdoです。

 

 

 

一般動詞の原形はdo。

 

 

 

一般動詞とはbe動詞以外の

すべての動詞です。

 

 

 

be動詞の意味は

 

です。

ある。

いる。

 

でしたが

 

 

 

一般動詞は、

食べる。

寝る。

走る。

取る。

持つ。

走る。

・・・

・・・

・・・

 

 

などなどで、

 

数え上げればやばいくらい

きりがない

くらいにたくさん

あります。

 

 

 

have,take,makeなど

たくさんの一般動詞の

原形はdoです。

 

 

 

一般動詞の「ふるさと」はdo。

 

 

 

そして、

do自体の意味は

「する」です。

 

 

ここで問題があります。

 

 

 

特に中1の生徒さんに

話すことが多いのですが、

 

 

 

doには2種類あることです。

 

 

動詞のdoと

一般動詞の疑問文と否定文

のときに使うdoが

あることです。

 

 

 

同じdoという単語なのに

活用がぜんぜんちがうんです。

 

 

 

一般動詞の疑問文と否定文

のときに使うdoは

動詞ではもちろんありません。

👋😞

 

 

 

英語を習い始めて

最初は一般動詞の

疑問文や否定文のときの

doを最初に習いますが、

 

 

 

あとから動詞としての

doを習うので、

 

見た目同じものが2つあるので、

 

 

こんがらがるのです。

 

 

 

 

なので、私は、

この2つのdoは全く別物

だから注意してよ、

 

 

って、強調してお話をしています。

📢

 

 

 

そこで、今度はこんな

質問を生徒さんに

投げかけることがあります。

 

 

 

What do you do~?

 

の文、

 

 

 

2つのdoがあるけど、

動詞のdoはどっち❓❓❓

 

と。

 

 

 

中1の生徒さんは、

英語が得意な生徒さんでも

(内申が4や5でも)

 

 

 

最初の方のdoを「動詞」と

答える方が

よくいます。

 

 

 

英語を感覚的に

とらえていても、

 

 

 

英語を文法としては

よく理解していないん

ですね。

 

 

 

文法を文法として

よく理解していないと、

 

 

 

いずれあとから

ガタが来るよ、

とお話をしています。

 

 

 

まあ、実際にそう思ってますんで・・

 

 

 

正確な言葉(単語)の意味を

理解しないと、

話し言葉は通じても、

 

 

テストでは失点をする

ことになります。

 

 

 

What do you do?

 

の文は、

 

 

あなたは何をしますか?

 

という意味になります。

 

 

 

もちろん、

最初のdoは一般動詞

の疑問文につくdo、

 

 

後ろの方のdoは、

一般動詞の「する」のdoです。

 

 

 

 

この質問🙋‍♀️🙋‍♂️をして

すんなり答えられる

中1の生徒さんは、

 

 

基本がしっかりできている人です。

 

 

たいていは、つまづきます。

 

 

中2、中3でも

あやしい人、いますけど😱

 

 

 

というわけで、

beやdoの活用上の注意点、

 

 

 

そして、

be動詞の原形はbe、

一般動詞の原形はdo、

 

 

 

ここは知らないと

中2、中3で差がつく

ポイントなんですね。

 

 

 

 

きっちりと理解して

おいてほしいと思います。

 

💁‍♂️💁‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月23日 (木)

 

  

am,are,isの原形はbeだ!

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

当塾には、野球部の「投手」がいます🥎

 

 

 

投手(ピッチャー)と言えば、

野球という競技の中心となる

存在です。

 

 

 

素直にスゴイ😲と思っています。

 

 

 

投手は、

まさに生まれ持っての才能

(肩の強さ、瞬発力など)

がないと

できないと思っています。

 

 

 

私は、中学のときは野球でした🥎

 

 

 

私の場合は、

野球自体はへたで、

肩も弱く、足も遅く・・・

 

 

 

それだけに、

投手については、 

自分にはとてもできないこと、

 

 

 

「スゲーな」って

尊敬しています。

 

 

 

 

そんな投手ですが、

勉強となると、

ストライクゾーンから

🥎が・・・

 

 

 

 

コントロールがなかなか

定まらなく

なることがあります。

 

 

 

 

そんな投手から

直球の質問がありました。

 

 

 

「beってなんだかわからない」

 

 

 

beにはbe動詞の原形のbeと

「なる=become」

と同じ意味になる

beがあります。

 

 

どっちのことか❓❓❓

 

 

 

念のため聞いてみれば👂

will be がわからないという。

 

 

beの前にwillがついている。

 

 

 

文を読んでみたら

There will be~って

あるじゃない。

 

 

 

 

There is(are)~

は、「~があります」

という文です。

 

 

 

そこに未来の「will」が

Thereとisの間に入って、

 

「~があるでしょう」

 

という意味を成します。

 

 

 

 

そこで、

問題はwillのあとの

be動詞の形です。

 

 

 

willのあとの動詞は原形!

これは大原則です。

 

 

 

だからwillのあとの

be動詞も

原形になります。

 

 

 

be動詞の原形はbeです。

 

 

 

だから、There will be~となります。

 

  

 

 

ここで整理すると

be動詞はam,are,isです。

 

 

be動詞の意味は

「です」「ある」「いる」です。

 

 

これがわかってない人が

案外多んだよね。

 

 

 

そして、

be動詞の原形は

beそのものなんです。

 

 

ここ盲点☝

 

 

 

 

先ほどの投手に

be動詞の原形はbeで、

willのあとの動詞は原形

だからって、

 

お話ししたところ、

 

 

 

目を一瞬大きく開いて、

ピクっと反応しました。

 

 

 

その反応をみて、

「ああ、理解したんだな」

 

って、わかりました。

 

 

 

本当に理解したときに

そのような反応を示す

生徒さんがいますので。

 

 

 

投手さん、

beがbe動詞の原形で

あることを知りませんでした。

 

 

 

最近、英語絶好調で

クラスのみんなの前で

英語の先生にほめられた

投手さん。

 

 

 

何度か、be動詞の原形は

beだって、

教えているはずなんだけどなあ

👻

 

 

 

というわけで、

There will be~の

beって、そういうことだった

んですね。

 

 

 

そして、このbeの意味は

「ある」です。

 

 

 

ちなみに、

一般動詞の原形はdo,

 

 

 

これもわかってない人が多い!

 

そして、このdoは

一般動詞の疑問文や否定文の

ときにつかうdoとは

ちがうので、

 

 

ここも要注意!

 

 

ややこしいですが、

先のことを考えると

必ず理解しておかなければ

いけない内容です。

 

 

 

今一度、投球練習⚾、

じゃなくて文法の整理を

しておいてくださいね。 

 

 

 

 

 

 

 

12月15日 (水)

 

 

数学ができるためには

『執念🔥」が必要☝

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

数学と言う教科は、

積み重ねが大事、

 

 

 

各単元が複雑にからみ

合っていて、

 

 

 

どこかでつまづくと、

連鎖が起こるので

かなりやっかい、

 

 

というお話しでした。

😞

 

 

 

だから、

数学は(英語もですが)

日々やっておかなければ

いけない教科なん

ですよね。

 

 

 

※特にというお話しで

他教科も普段からやること

が大事!!!!!!

ほとんどの人、かんちがいしているよ!

 

 

 

たとえ学校の宿題が

まとめて出されている

からと言って、

 

 

 

 

そのペースに

合わせていると

思わぬ遅れを強いられますよ。

 

 

 

 

だから、「基礎問」も

日々コツコツやることが

必要です。

 

 

 

 

さて、

その数学についてですが、

最近も複数の生徒さん

にご注意を申しました。

 

 

 

注意とは

「できるまでやる」

です。

 

 

 

 

保護者さんへの

授業報告や

マンスリーレポートでも

ときどき書いていますが、

 

 

 

 

「できるまでやる」ことが

とても大事です。

 

 

 

できるまで、

ということは

そう簡単なことでは

ないんです。

 

 

 

さらりと言っていますが、

できるまでというのは

 

 

 

自分の力でできるまで

ということで、

 

 

 

「なんとなくできるまで」

とか、

 

 

「理解できるまで」

 

 

 

なんてのとは、まるで違うんです。

 

 

 

ここのところは

わかってもらるまでの

時間に生徒間の個人差があります。

 

 

中には、なぜか、

「できるまで」と言っている

にもかかわらず、

 

 

 

「わかるまで」

 

「答えをみながら・・」

 

「だいたいOK」

 

 

 

程度で「手じまい」している

人がいるんです。

 

 

 

その度に指摘して

ご注意📢をしているのですが、

 

 

 

それでも、

なぜか、そうなっちゃって

るんですよね。

 

 

 

おそらくそこまで

粘ることを

無意識的にさけて

いるんでは❓❓❓

 

 

 

と、勝手に想像しています。

 

 

 

なぜなら、

「しんどい」

からです。

 

 

 

できるまでやることは

しんどいんです。

 

 

 

軽いことではありません。

 

 

 

とことんできるまで

というのはメンタル的に

しんどいんです。

 

 

 

くり返すうちに

もう大体いいだろうという

心理が働くものです。

 

 

 

そこで、折れるのか、

耐えるのかで

 

決定的な差がついて

くるものだと思います。

 

 

 

同じ問題をテストで

だされて、

 

 

 

「できた」経験がないのに

ぶっつけ本番で

できるでしょうか❓❓❓

 

 

 

きっと、

できることもあれば

できないこともある

でしょうね。

 

 

 

そして、中途半端にやった

問題というのは、

記憶からも消えやすい

ものです。🧠

 

 

 

だから、問題演習では

しんどくとも

「できるまでやる」

んです。

 

 

 

私自身経験している

のですが、

 

 

 

できるまでやらずに

途中で「もうわかった」と

止めてしまったら

 

 

 

定着がいまいちだったり

同じ問題を出されて

できないなど、

 

 

 

苦い思いをしたんです。

 

 

 

そこで

反省して、

 

「できるまで」やるようにしました。

 

 

 

そうしたところ、

定着率も上がり

確実な手ごたえをつかめる

ようになってきました。

 

 

 

だから、

できるまでやる

ことはしんどくて

 

 

 

 

時間もかかるので、

一見遠回りのように

思えるですが、

 

 

 

実は、それこそが

最良の近道なのだと

思います。

 

 

 

 

どの教科も同じ特性を

もっているのですが、

 

 

 

数学については、

1問の問題を解くのに

時間がかかるので、

 

 

 

やりなおしは大変なんです。

 

 

 

だからこそ、

粘るのは大変、

 

 

 

なのですが、

やれば見返りは大きいのです。

 

 

 

やればやっただけのこと

『以上のことが』

あるんです!!!!

 

 

私は経験者です。

 

  

 

 

 

 

12月14日(火)

 

 

数学は、各単元が

お互いに影響し合う教科、

なので手ごわい

😱

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

本当に数学ができるように

なるためには・・・

 

 

 

数学という教科は

簡単にできるような

教科ではありません

👋👋👋

 

 

 

 

もちろん、

どんな教科だって

簡単ではないのですが・・

 

 

 

 

それでも、

数学という教科は、

他教科と比べても

手間がかかるのです。

 

 

 

どういうことかというと・・・

 

 

 

 

他のブログでもよく

お話ししているのですが、

 

 

 

数学は積み重ねが

必要な教科で、

 

 

 

土台がしっかりして

いないと、

上手く積み上がらない

のです。

 

 

 

 

どういうことかというと

具体的には、

 

 

 

 

プラスマイナスの足し算

引き算、掛け算、わり算、

が、できないと

 

 

 

 

それ以降は、ほぼお手上げ

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

文字式の計算ができないと

これまた、それ以降は

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

1次方程式が

できなければ

連立方程式はできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

1次方程式が

できなければ

2次方程式もできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

1次方程式ができないと

1次関数もできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

比例ができないと

一次関数はできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

一次関数ができないと

二次関数はできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

一次方程式ができないと

一次関数はできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

平面図形ができなければ

空間図形はできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

比ができなければ

相似はできない

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

合同の証明ができなければ

相似の証明ができない

かっていうと、

それはなんとも微妙

(っと個人的に思う)

 

 

などなど、

 

 

 

いろんな単元が

お互いに複雑に絡み合って

いるので、

 

 

 

どこかが崩れると

バランスを失うんです。

 

 

 

そして、ドミノ倒しが

始まります。

 

 

 

パタパタパタと

前の単元ができてないから

できない、・・・

 

 

 

をくり返すことになります。

 

 

 

ある意味、

相当やっかいな教科と言えます。

 

 

 

だから手を抜けない

油断禁物なんです。

 

 

 

 

なので、

日々の学習が大事です。

 

 

 

 

それに対して

そうでもない教科もあります。

 

 

 

たとえば社会ですが、

 

 

 

地理なら、

 

 

 

アジアが分からなくても

ヨーロッパもアメリカも

わかる。

🙆

 

 

 

 

アフリカが分からなくても

アメリカはわかる。

🙆

 

 

 

それぞれの地域は

もちろんつながっていますが、

 

 

 

アジアの授業をすべて

欠席してしまっても

 

 

 

それ以降の勉強は

なんとかなります。

 

 

 

 

世界はつながっては

いますが、

 

 

 

あとから追っかけて

勉強しても

挽回(ばんかい)はしやすいです。

 

 

 

 

このことは、

私自身が経験していて

よくわかります。

😌

 

 

 

 

歴史なら

石器時代をしらなくても

 

 

 

鎌倉、室町、江戸時代を

知るのに、

 

そんなに支障はありません。

 

 

 

 

時代は流れていて

これもつながっていますが、

 

 

 

 

あとから知識を補充すれば

さかのぼって覚えても

なんとかなります。

 

 

(私がなんとかなりましたので😓)

 

 

 

 

※誤解してほしくないのは、

今の勉強を軽視して、

後でやろうと先送りはしない

ことです。

 

 

余計な苦労をすることになります。

(私みたいに😓)

 

 

 

 

数学については

そうはいきません。

 

 

 

知識を覚えるだけでなく、

それを使いこなして

こその教科なので、

 

 

 

技術の修得には

時間がかかります。

 

 

 

なので、

できないのに放っておくと

 

 

 

他の単元に影響してしまい

気が付けば火の車🔥

 

 

 

 

鎮火(ちんか)させるには、

気合を入れて、

過去の復習に入らないと

いけません。

 

 

 

 

ここで気力で負けて

復習をしないと

待っているのは「ドミノ倒し」です。

 

 

 

 

それが、

数学という教科の主な特徴の

1つです。

 

 

 

 

だからこそ、

数学は、まめにコツコツ

やることが大事です。

😌

 

 

 

 

 

数学が苦手な生徒さんが

特定の単元だけ高得点

できることは「まれ」

ですよね。

 

 

 

まあ、そうはいませんね。

 

 

 

 

例外があるとすれば

「確率」あたりですね。

 

 

 

数学という教科

軽くみると大変な

目👀にあいます。

(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月21日 (日)

 

社会の勉強には地理にも

歴史にも地図が必要

🗺

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

(‘ω’)

 

 

 

社会の勉強には地図が

必要だとお話しをしました。

 

 

 

地図🗺と言えば、

真っ先に連想するのが地理

だと思います。

 

 

 

 

自分自身の経験からも

地理の勉強に地図は

なくてはならない

 

と思っています。

 

 

 

地図を使わない

地理の勉強など

ありえないと思っています☝

 

 

 

なのに、

地図を使わないで

地理の勉強をしている

生徒さんがなんて

多いことか(T_T)

 

 

 

「荷物になるので、

学校のロッカーに置いてある」

など、

 

 

 

地理オンチになってしまいます。

(っていうか、もうなってる💧)

 

 

 

どにに何があるのかを

知るためには地図が必要です。

 

 

 

加えてですが、

歴史の場合も同じです。

 

 

 

「歴史は(地図が)関係

ないんじゃないの❓

 

 

 

と、思われる人もいる

かもしれません。

 

 

 

歴史でも地図が必要、

というと

❓❓❓ という顔をする

人もいます。

 

 

 

ぜ❓

歴史でも地図が必要かと

いうと、

 

 

 

歴史は、

どこで何が起こった

のかを覚える必要があるからです。

😌

 

 

 

どこに何があるのかが

わからずに勉強しているのは

おかしなことです。

 

 

 

先日の生徒さんは、

江戸が東京であることを

知りませんでした💧

 

 

 

江戸時代の文化で

元禄文化が大阪・京都中心、

化政文化が東京中心

 

 

 

とワークに書かれて

いましたが、

これがピンと来てない様子。

 

 

 

「なかなか覚えられない」

とのことです。

 

 

 

まずは、

東京、大阪、京都の

位置関係がよくわかって

いなかった。

 

 

 

イメージが付きにくかった

ことがあると思います。

 

 

 

これも生徒さんに話すことが

ありますが、

 

 

 

知識は何かと関連づけて

覚えると覚えやすいし

忘れにくい。

 

 

 

単独の知識のまま覚える

のではなくて、

 

 

 

いろいろな関係することと

からめて覚えるようにする。

 

 

 

そうすると、

関連事項までが覚えられる☝

 

 

 

だから、

いろいろと調べてみる。

調べることは勉強の基本!

 

 

 

調べついでに、関連する事項も

覚えてしまう。

 

 

 

そうすれば、いろんなことを

同時に覚えられる。

 

 

 

ポイントポイントで

用語だけをなんの関係性も

わからないまま

 

 

 

ぶつ切りのまま

丸覚えしようったって

 

 

そりゃ、覚えにくいに決まってます。

 

 

 

だから、地図を使って、

どこで何があったのかを

イメージできるようにして、

 

 

 

当時の状況を頭の中で

想像しながら

 

 

頭に入れていくのが

いいんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

また、話しがちょっと

跳びますが、

 

 

 

地球儀についても、

私は必須教材ではないかと

思っています。

 

 

 

地図というのは、

球面を強引にむりやりに

平面にしたもの。

 

 

 

地図は便利な代りに

距離、面積、形、方向などが

不正確になります。

 

 

 

よく使われている

「メルカトル図法」を

正確だと思い込んでいる

生徒さんもいることには

びっくりです。

 

 

 

地形はゆがんで、

面積もめちゃくちゃです。 

 

 

 

でも、それらしく

みえるので

だまされちゃうんです。

 

 

 

地図や地球儀をあまり

見ないでいる人は、

地理に関心が低く、

 

 

社会科の本当の力は

弱いと思います。

 

 

 

だからこそ、

地図や地球儀は自宅に

常備して活用してみては

と思います。

 

 

 

社会科の勉強には

地図はなくてはならず、

できれば地球儀もあった

ほうがいいと思います。

 

 

 

🌎

 

 

 

 

 

1118日 (木)

 

 

社会の勉強をするには

地図が必要

🗺

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

(‘ω’)

 

 

 

明日に社会の定期テストがある

とのことで、

 

 

 

2の生徒さんは

テスト対策として社会の

勉強をしてもらいました。

🌝

 

 

 

ある生徒さんは塾のワークを

ある生徒さんは学校のワークを。

 

 

 

そのうちのAさんが

「覚えられない」

と言いました。

😲

 

 

 

別に、今に始まったことでは

ありませんが( ̄∇ ̄;)

 

 

 

こと、この生徒さんは社会が

大の苦手です。

 

 

 

さて、どんな勉強をしている

かと言えば、想像どおり、

 

 

 

学校のワークをそのまま

覚えようとしています。

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

そんなことをしても

覚えられませんよ。

👋😞

 

 

 

それに加えて、

せっかく覚えたことも

簡単に忘れてしまいます。

 

 

 

またまた加えて、

そんな用語や用語の意味などを

覚えるだけの社会の勉強は

実につまらないはず。

 

 

 

私だって、そんな勉強は

したくもありません。

 

 

 

やっても覚えられない上に、

すぐに勉強したことを

忘れてしまう。

 

 

 

そして、つまらない。

 

そりゃもう三重苦です。

 

 

 

そんな三重苦状態では、

未来の自分の姿がみえない

でしょう。

 

 

 

では、どうしたらいいのか❓❓❓

 

 

 

勉強は、どの科目でも

そうですが、

 

 

興味、関心がないと

知識を覚えにくいものです。

 

 

 

面白いか面白くないのか

ではなく、

 

 

 

関心をもって、感心したり

感動したりしながら、

できるようになっていく

ものなんだと思います。

 

 

 

ただ、機械的に進めていて、

ロボットのように

 

 

「デキマシタ」なんて人は、

 

 

 

ゼロじゃあないとしても、

ほとんどいないでしょうね。

 

 

 

だから、

興味・関心を持てる

ようになってほしいですね。

🤗

 

 

 

そして、気になるのが、

そのまま覚えようとしている

こと。

 

 

 

暗記用のマーカーなども

使ってやっているのは

いいんだけれど、

 

 

 

ただ、

それを丸々丸暗記では

覚えにくい、忘れやすい、

なんですよね。

 

 

 

そんな勉強止めませんか、

って、言ってるんだけど。

 

 

 

わからないことは調べる、

関心をもって調べるからこそ、

記憶に残りやすいんです

よね。

 

 

 

 

そこでですが、

社会が苦手な人って、、

 

 

 

地理(地図)に弱い人が

多いんですよね。

 

 

 

地理に強い人が社会できない

ってイメージができません。

 

 

 

地理が得意になることは

その後のことを考えてみても

とてもいいと思います。

 

 

 

社会の勉強には地図が必要。

地理だけでなく、

歴史ももちろんそうです。

 

 

 

なぜか❓❓❓

 

 

 

また、お話しをさせていただき

たいと思います🙇

 

 

 

  

 

 

11月15日 (月)

 

 

 

証明問題の多くは

三角形の合同を証明するのが

目的ではない!

🔺🔺

 

2 数学

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

(‘ω’)

 

 

 

2は証明問題のあたりを

やっています。

(これからの人も)

📖

 

 

 

 

証明問題と言えば、

パッと思い浮かぶのが

2つの三角形の合同の証明。

 

 

 

 

三角形の合同条件は、

3つありました。

 

 

 

1.3辺がそれぞれ等しい。

 

 

2.2辺とその挟まる角

(その間の角)が、

それぞれ等しい。

 

 

3.2角とその挟まる辺

(その間の辺)が

  それぞれ等しい。

 

 

 

 

あまりにインパクトが強い

この合同3条件。

😲

 

 

 

三角形の合同を

証明するために

使う必須条件となり、

 

 

 

上記のどれか1つの条件が

当てはまれば

2つの三角形の合同が

証明されます。

 

 

 

と、ここですが、

😞

 

 

 

 

数学が苦手な人の中には、

 

 

結論ではなく、

2つの三角形の合同を

証明することが

「ゴール」だと

思いこんでいる人が

いるようです。

 

 

 

 どういうことかというと、

証明の結論(証明すべきこと)が

 

 

 

2つの角の大きさが

等しいとか、

2つの辺の長さが等しいことを

証明する内容で

あるにもかかわらず、

 

 

 

2つの三角形が合同である

ことを証明することで

頭がいっぱいになってしまって、

 

 

  

本来、証明しなければ

いけないところにまで

頭が回らなくなります。

 

 

 

「2つの三角形の合同の証明」は、

多くの場合は、

 

 

 

2つの角や辺が同じで

あることを証明するために、

利用しているものです。

 

 

 

 

2つの三角形が

合同であることを

証明せよ、

 

 

 

という問題(設問)もあるには

ありますが、

 

 

 

出題の頻度としては

低いですね。

 

 

 

  

全く同じ形の2枚の

三角定規を重ねれば、

ぴったりと合わさります。

 

 

 

そうなったら、

対応する2つの角

(たとえば30°の角)

の部分は、

同じ角度になっている

ことがわかります。

 

 

 

だから、三角形の対応する

2つの角の大きさが

同じなんですよね。

 

 

 

 

なのに

「2つの角が同じ大きさ

であることを

証明しなさい。」

という問題のはずなのに、

 

 

 

「三角形の合同を証明しなきゃ」と

いっぱいいっぱいになって

しまって、

 

 

 

問題を最後まで回答できない。 

 

 

 

なので、

生徒さんに教えるときは、

 

 

 

あらかじめ、

「三角形の合同の証明」は

あくまで結論を

証明するために

 

 

 

利用するものだということを

確認することがあります。

😌

 

 

 

だから、

簡単な証明問題の流れは、

 

 

 

2つの三角形の合同の証明

     ⇓

対応する辺や角度が等しい

 

 

 

となります。

 

 

 

あくまで問題とされて

いるのは、

角や辺が同じであることを

証明することなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月8日 (月)

 

 

むりな暗算をやめてみたら・・

🤗

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

算数の問題で、

あるいは数学の問題で、

 

 

計算を暗算したがる

生徒さんが多いです。

😞

 

 

算数や数学が苦手な人

ほど、暗算をしようとします。

 

 

そして、

ミスってます😞

 

 

 

本当に能力があって、

正確に暗算ができるのであれば

 

 

 

暗算はおススメ💁‍♀️💁‍♂️ですが、

ミスるようであれば、

それは特にテストの場面に

おいては、

 

 

 

やめておいた方が

いいと私は思います。

 

 

 

また、先日も、

暗算せずに、

筆算をしっかりと書くよう

「改善」した生徒さんが、

 

 

 

塾での問題演習で、

「ようやく」全問正解を

していました。🤗

 

 

 

なかなか言っても

暗算をやめようとしないもの

ですが、

 

 

 

やめてみれば、

短期間で成果を出すことが

できます。

 

 

 

こんな楽ちんなことで、

得点力が確実につくなんで、

 

 

 

なんていいことなんでしょう

😊ハッハッハ

 

 

 

All right!

 

 

 

 

さて、

 

そこでですが、

暗算についてですが、

 

 

 

これまでのお話しとは

逆に

 

 

以下のような疑問が

浮かんでくると思います。

 

  

 

 

疑問1

 

式の過程を書いていると

遅くならないか

暗算した方が速く答えが出るのでは❓

 

 

 

 

回答1

 

 

イメージとしては、

書いていると時間がかかって、

暗算していた方が速いと

感じられるかもしれません。

 

 

 

ところが現実はそうでもない

ことがあります。

 

 

 

実は、様子をみていると、

暗算自体に時間がかかっている

ケースも多いんです。

 

 

つまり、考え込んでいる時間が長い。

 

 

 

そして、導き出された

答えはまちがっている。

 

 

結局、遅くて不正確。

 

 

最悪です😭

 

 

 

特に計算が苦手な生徒さんが

暗算をすると、

本当によくミスをします。

 

 

 

算数(数学)は、たった1つの

ミスでその問題は0点になります。

 

 

 

おそろしい教科で、

それを何度もくり返せば、

問題を解く実力があっても、

得点力はかなり減退します。

 

 

(;´д`)トホホです。

 

 

 

実際には、式の過程や筆算を

書いていた方が速いことも

あるのです。

 

 

 

その代りにですが、

式の過程を書くときは

「速く正確に」を目指します。

 

 

書くスピードが遅い人がいます。

 🖊

 

 

それだと、正確に答えを出せても

時間はかかってしまいます。

 

 

 

目標は「速く正確に」です

 

 

 

 

疑問2

 

 

暗算できた方が頭がいいのでは

暗算できないと賢くない❓

 

 

 

回答2

 

 

暗算ができないよりは

もちろん、できた方がいいと思います。

 

 

 

しかし、問題は、無理をして、

あるいは、慎重さを欠いて

得点を失うことです。

 

 

 

暗算をせずに過程を

ノートに書くように、

 

 

と言っても、

なかなかやらない人もいます。

 

 

 

暗算することに

こだわりがあるようです。

 

 

 

なぜ❓❓❓

 

 

 

そんな生徒さんには

このようにお話しをします。

 

 

 

「できる人でも、結構、筆算や

式の過程をしっかり書いているよ。

 

 

 

できる人は、

意外に(むりに)暗算はしてないよ。

 

 

基本的なことを

ちゃんと書いているよ。

 

 

逆に苦手な人ほど暗算をしている。

 

 

そして、そのような人は

よく計算ミスをしている。

 

 

だから、暗算しないで、

ちゃんと式を書こうよ。」

 

 

と。

 

 

 

暗算ができる人は得点力があるか❓

と聞かれれば、

 

 

 

私は、それはちがうと思います。

 

 

 

暗算ができる人が、

筆算を書くのを省略して

いつも暗算でやっているかと

いえば、

 

 

私がみた限りでは、No.✋です。

 

 

 

むしろ、よく書いています

 

 

また、筆算などをやった

あと(形跡)を残しておけば、

 

 

見直しのときに、

そこをみて確認することができる

メリット(利点)もあります。

 

 

 

算数(数学)で計算ミスを

甘く見ないことです。

 

 

 

とれる問題では必ず確実に得点する。

 

 

 

その意識をもって、

矛盾しているようですが、

 

 

 

慎重に、

かつ「速く」を目指し、 

改善を図ってほしいと思います。

 

 

 

暗算することがいいこと

とは、限らないんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

116日(土)

 

 

暗算注意報!😲

できる人が暗算をしているかと

言えば、大まちがい!

 

 

(つづきです)

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

(‘ω’)

 

 

 

前回お話しをした

小学生の生徒さん👩

 

 

 

むりな暗算をやめて、

式の過程や筆算を書く

ようにしたら、

 

 

 

算数の点数が、

いつもより20点UPした

とのことでした。

 

(※100点満点のテストで)

 

 

 

教えているこっちが

びっくりです😲

 

 

 

だって、この生徒さん、

塾に入られたばかりで

 

 

 

授業だって、

3回しかやって

なかったんだから。

 

 

 

いとも簡単に

ひとつの方法をやって

みただけで・・・

 

 

 

それだけ、

場合によっては、

勉強の方法、仕方ってのは、

大事だってこと。

👌

 

 

 

でも、

教えてもその通りやらない

って人もいるんです。

 

 

 

そして、

いつも同じまちがいを

くり返している。

 

 

 

それじゃ、勉強も運動も

上達はしないですよね。

😞

 

 

 

勉強って、性格も影響する

っていいますが、

まさにその通りで、

 

 

 

素直であるってことが

大事だと思います。

 

 

 

それにしても、

いきなり算数が20点も

上がっちゃった生徒さん、

 

 

 

小学校の先生に

「どうしたの❓❓❓

って言われたそう。

 

苦笑

 

 

 

そして、お母さんに

話したら、

「カンニングでもしたの❓」

って言われたそう。

 

苦笑²

 

 

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

もちろん、冗談で言ってるん

だと思いますが・・💧

 

 

 

 

さて、お話しのつづきです。

 

 

 

 

勉強できる人、

特に算数や数学のテストで

点を取っている人が、

 

 

 

暗算が得意で、

なんでもさっさと暗算で

計算をしているかと言えば、

大違い!

 

 

 

あくまで、

私が見てきた経験上の

お話しではありますが、

 

 

 

意外や意外、

高得点している人は、

式の過程や筆算などを

しっかりと書いて、

 

 

 

ノートにちゃんと

整理しているものです。

 

 

 

反対に、

できるだけ暗算をしようとして

 

 

あまりノートへの書き込み

が無い人は、

 

 

 

計算まちがいが多く(T_T)

できるはずの問題で

失点しています。

 

 

 

 

そして、

当のご本人は、そのことには

全く気がついていません。

🤷‍♀️🤷‍♂️

 

 

 

 

個別の授業をして、

観察👀をしていると

よくわかるんです。

 

 

 

 

塾では、

お話しさせていただいた

生徒さん以外にも、

 

 

 

暗算をしてミスを

している

小学生の生徒さんがいます。

 

 

 

受験生なので、

基本問題での失点が心配です。

😟

 

 

 

注意してお話ししても、

「うっかり」が治らず、

 

 

 

今、くりかえして

「うっかり暗算しないよう」

お話しをしています。

📢