最近のBlog

📚

 

静岡市 駿河区 塾 学習塾、 数学、英語、算数  中学生 小学生 葵区、清水区からでもOK

 

 

 

いつも読んでいただき

ありがとうございます

🌸🌸🌸🌸🌸

 

 

 

 

🦁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のブログ📚

 

 

 

 

静岡市 駿河区 塾 学習塾、 数学、英語、算数 中学生 小学生 葵区、清水区

 

 

 

 

 

2月26日 (金)

 

 

算数も数学も答えをみながら

やってちゃいけないよ✋🚫

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

(^^)/

 

 

 

中学では、

通常、副教材のワークがあります。

📖

 

 

 

 

「基礎問題集」という

やつだったり、

「ワーク」と書かれている

ものだったりしますが、

 

 

 

 

どちらも、書き込み式に

なっています。

📖

 

 

 

 

個人的には、

考えがあって

書き込み式には否定的ですが、

 

 

 

(だから塾のテキストは

書き込み式は使ってません👋)

 

 

 

 

生徒さんたちは、

書き込み式の方が

好きなようです💕

🤔

 

 

 

 

小学校からの習慣が

影響しているのだと思います。

 

 

 

 

ところで、

このワーク類ですが、

多くのケースでは、

学校の宿題とされています。

🌝

 

 

 

 

ときどき回収して、

チェックをしているようです。

 

 

 

 

宿題なので、

それはやって提出しなければ

いけません✋

 

 

 

 

じゃないと、

通信表の評価が下がっちゃい

ます↷

 

 

 

 

ほとんどの

学校の生徒さんが

ワーク=宿題をやって

提出をしているようです。

 

 

 

 

みな、宿題をやっている、

なかなか真面目じゃない

ですか、ふむふむ・・・

と、

いいたいところですが・・・、

 

 

 

 

その中身が問題!

 

 

 

 

わからなければ、

答えを赤ペンで写して

終わり、

 

 

 

 

それでは、

数学はできるようには

なりません👋

 

 

 

 

のはずなのに、

自覚のない人が

とても多いです。

 

 

 

 

また、他に大事なこと。

 

 

 

 

数学や算数ができるように

なるためには、

「解答・解説」をみながら

解いていてはいけない🚫

 

と思っています。

 

 

 

 

こんな生徒さんが普通に

山⛰のようにいます。

 

 

 

 

わからない問題を

解答解説をみながら

書き込んでいては、

 

 

 

 

自分で答えを導き出す

トレーニングができません。

 

 

 

 

ここは、結構大事なとこ

だと思いますよ。

 

 

 

 

数学や算数という教科の

問題は、

自分で式の過程を書いて、

答えまでもっていく

ものです。

 

 

 

 

ここで、算数ですが、

式の過程を書かずに

答えだけ書いている

ケースもよくみます。

 

 

 

 

これも正した方が

いいように思います。

 

 

 

 

答えだけでは、

論理的な話しの展開には

少なくともなっていません

ので。

 

 

 

 

話しがそれましたが💧

 

 

 

数学や算数で、

解答をみながら解いている

ような

勉強をしているのであれば、

 

 

 

 

すぐに切り替えてみる

必要があるのでは❓

と思います。

 

 

 

 

点数が伸びない❓

実はそんなところにも

原因があるのでは

ないでしょうか❓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月25日 (木)

 

 

 

ポイントはここ☝

 

は自分で気づけるように✋

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

問題集や参考書には、

 

「ポイントはここ☝」

 

とか、

「ここ大事」

 

 

 

 

などと、

ポイントが示されて

いることが多いです。

 

 

 

 

大事と言われた

ポイント=要点に

ついては、

 

 

 

 

必ず目を通していると

思います。

 

 

ところが・・😱

 

 

 

 

スルーしている生徒さんもいます

( 一一)

 

 

 

 

よっぽど楽勝な問題なら

別ですが、

 

 

 

 

ポイントとか重要と

書かれたところには

目を通さないといけない

ですねよ。

 

 

 

 

って、言うか、

そう書かれていたら

目が行っちゃうと思うの

ですが・・・・

 

 

 

 

重要と指摘されている

ところに目を通すのは、

基本中の基本、

 

 

 

あたりまえの勉強方法です。

😌

 

 

 

 

ここで、

お話ししたいことは

そこではありません。

👋

 

 

 

 

ポイント☝

大事☝

これパターン☝

 

など、

 

 

 

自分で先に気づけるように

なるといいよね、

 

 

 

というお話しです。

 

 

 

 

📖にポイントとか

書かれてなくても、

あるいは、見ていなくても、

 

 

ポイントがわかるように

なってほしいと思います。

 

 

 

 

だから、塾においては、

生徒さんにポイントの

説明を求めています。

 

 

 

 

先生になったつもりで。

 

 

 

 

が、

ハードルは高いようです。

 

 

 

うまく説明ができない、

あるいは、大事なポイント自体が

ズレている、

 

 

 

そんな状況が多発します💥

 

 

 

 

なのですが、

これができるように

なったら、

成長まちがいなしです。

 

 

 

 

より高いところを目指し

たいのなら、

 

 

 

 

自分でポイント解説の

練習をしてみると

いいと思います。

 

 

 

 

「ポイント解説って

本に書いてあるじゃん」

 

と、言われるかもしれません。

 

 

 

 

そうではないんです。

本読んで、ああそうなんだ、

 

 

 

というレベルから、

「言われなくもわかってます✋」

 

 

 

 

という

先回りできるレベルになる

ということです。

 

 

 

 

そうしないと、

問題を解くカギ🔑が

自分ではみつけられないため、

 

 

問題を解くことができません( ;∀;)

 

 

 

 

だから、

ポイントについては、

自分から先に気づけるよう

問題演習を繰り返す、

 

 

 

 

そして、

その問題演習も数をこなす

こと以外に、

 

 

 

 

問題の「essence=根本的要素

をとらえる。

 

 

 

 

これもワンランク上になる

勉強法だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月24日 (水)

 

 

『勝ちパターン』を増やすことは

必要条件😉v

 

ツボを押さえる❓

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

勝ちパターンを増やす

ことは、

 

 

 

自分の得意パターンに

「引きずり込む」

機会を増やすことができるので、

 

 

 

勝ちパターンの

引き出しはたくさん持って

いたいものです。

 

 

 

 

問題の解法パターンを

多く知っていれば

問題を解ける可能性が

高くなります👐

 

 

 

 

たとえば、数学ですが、

問題演習で、

似たような問題を

経験していれば

 

 

 

 

同じようにやってみて

できることは多々あります。

応用問題の話しです。

 

 

 

 

問題演習を数多くこなすと

できるようになる

 

というゆえんなんだと思います。

😌

 

 

 

 

だから、

そういう意味でも問題演習は

数多くこなさないと

いけません。

 

 

 

 

そこでですが、

問題をこなしながら、

 

 

 

 

「ここポイント☝」

「ここ大事☝ ✅」

 

 

 

と、

自分で意識している人

もいれば、

 

 

 

あまり、

そのようなことは

意識されてない人が

 

 

 

いるのではないかと

思います。

 

 

 

 

「できる人」にとっては、

ここは押さえどころだ☝

 

 

 

 

と、問題の「ツボ」を

無意識にも押している

ことが

 

 

 

あたりまえのようかも

しれませんが、

 

 

 

 

「そうでもない人」に

とっては、

 

 

 

 

ただ、問題をやってみて、

そのままスルー、

 

 

 

 

ツボは特に意識してない、

なんてことは

よくあることだと思います。

 

 

 

 

一を聞いて十を知る、

 

という言葉がありますが、

 

 

 

 

一を学んだら、少なくとも

一を吸収する、

 

 

 

 

できれば、ニも三も十も

吸収できれば

いいですよね。

 

 

 

 

学習効率は高まります。

 

 

 

 

数学という教科では、

1つの問題から

十も二十もってわけには

いかないかもしれませんが、

 

 

 

 

科目によっては、

例えば、社会のような

教科であれば、

 

 

 

 

関連したことを

いろいろ調べることで、

 

 

 

一を学んで十を知る、

 

ことは可能なのだと思います。

 

 

 

 

ともかく、

設問には、ツボと言える、

ポイントがあるもので、

 

 

 

 

そのツボこそが、

「必勝パターン」

「勝利の方程式」

 

 

 

しっかりと、

正しくツボを押してほしいと

思います☝

 

 

 

 

だから、私は、最近は

生徒さんによっては、

 

ツボツボツボ言っています 笑

 

 

 

 

勝ってに笑のツボに

入っている生徒さんも

いますが、

 

 

 

 

勉強のツボの方は

外さないでくださいよ👋

 

 

 

 

ツボを意識して、

ツボを押す、

 

 

 

 

プロの整体師のように、

「秘孔」と言える

ツボを押さえて、

 

 

 

勝ちパターンを

積み上げていってほしいと

思います。

 

 

 

 

なんの気なしで問題解いている

のと、

押さえどころを意識して

やっているのとでは、

 

 

 

 

全然ちがうと

私は思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月23日 (火)

 

 

解法のパターンを知る😌

 

 

 

 

こんにちは

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')

 

 

 

 

問題の解法のパターンを知る、

 

 

 

 

 

自分の中での必勝パターンを

増やす、知る☝

 

 

 

どんなことなのかと

言うと・・・

 

 

 

ある生徒さん👦に

数学を教えていたところ、

 

 

 

数学の受験で対処法⇒

数学の解法のパターンに

ついて、

 

 

 

 

たとえば、

一次関数の2直線が

平行の場合は、

 

 

「変化の割合」が同じ、

 

 

2直線

y=ax+b

y=cx+d

 

 

a=cになる。

 

 

 

 

それをヒントに

変化の割合の公式、

 

 

 

変化の割合

  =y₂-y₁/x₂-x₁

 

 

 

を利用する☝

 

 

 

 

これは、基礎なんです。

 

 

 

 

 

問題の形式として

こんなに素直に公式を

「あてはめて」

 

 

 

 

やっちぇえるような

問題って、

 

 

 

 

あるっちゃああるけど、

公立高校の試験の

過去問では、

 

 

 

さすがに

ひねられています(>_<)

 

 

 

 

でも、

ひねられてはいますが、

 

 

 

 

似たような問題に

当たったことが

あればできるはず・・・

 

 

 

なんですが・・・

 

 

 

 

ただ過去問を

「とにかく過去問やっとけば

経験しとけばいい」

 

 

 

 

なんて程度に考えて

いては、

対処はできないかも❓

( ;∀;) です。

 

 

 

過去問やっとけば・・

 

 

 

ちがうちがうちがう

👋👋👋

 

 

 

そんな単純じゃないよ!

 

 

 

 

実は、

上記(変化の割合)

のパターンで

「やっつける」ことが

できる問題が

 

 

 

 

ここ最近の過去問でも

2回も出ているのです。

 

 

 

 

だから今年受験の生徒さん

には言いました。

 

 

 

 

 

ここは押さえどころ

 

だと

 

 

 

 

問題攻略には、

押さえどころのポイント☝

ここだぜ、ここ☝

ちゅうもんがあります。

 

 

 

押さえどころ

というのは、

 

 

 

平行四辺形なら、

台形なら、

 

 

 

少なくとも

平行線の組がひとつ以上ある、

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

だったら

平行になってる直線の

「変化の割合」は同じ

 

 

 

 

私自身も、

押さえどころを外すな☝☝☝

 

 

 

 

と、

特に強調したのですが、

自分でも

はっと思いました。

 

 

 

 

そうだよ、

毎回の勉強で押さえどころを

意識して

勉強しなきゃと・・

 

 

 

 

それは、

自分ではもちろんわかって

いることなんだけど、

 

 

 

 

教えられている

生徒さんはきっと気が付いて

いない、

 

 

 

 

いままで

生徒さんに指摘していた

つもりだったけど、

 

 

 

足りてないかも💧

 

 

 

 

私が中学生のとき

のことを言わせてもらえば、

そこまで頭がまわって

いませんでした。

 

 

 

ダメだこりゃ🙉

 

 

 

 

(実は、中学時代の

私は数学がいまいち

でした あっ

 

👋((+_+)) )

 

 

 

 

必勝法・・・

必勝パターン・・・

 

 

 

 

大変、おおまかな意味でも

大変、こまかい意味でも

 

 

 

 

こまかいという意味では

それは、問題(設問)ごとにも

存在します。

 

 

 

 

そこをおさえて

勉強することこそが

「勝利の方程式」

 

 

 

 

押さえどころを

押さえる。

 

 

 

 

押さえどころを

考えて見つける、

 

 

 

 

そして、

それをくりかえしていると、

 

 

 

 

押さえどころが

感じられるようになる。

嗅覚が研ぎ澄まされてくる

 

 

 

 

のかな❓

 

 

 

 

ところで、

これは全生徒に共通する

こと

 

だ思うのですが、

 

 

 

「「問題(設問)の

「急所」をとらえる。」」

 

 

 

だれでも意識しないと

いけないポイントだと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月22日 (月)

 

 

 

前向きな意識で

やらないとうまくはならない

🎾 📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

(^^)/

 

 

 

勉強方法がわかったら、

勉強方法を教えてもらったら

できるようになる❓❓

 

 

 

 

はっきり言ってしまうと、

そんなに甘いものでは

ないんですよね。😣

 

 

 

 

知識を知ったらなんとかなる、

そのとおりやったら

なんとかなる❓

 

 

 

 

ところが、

まずは意欲がないと

なんともなりません。

 

 

 

 

意欲がないと

興味がないと、

吸収力が低いからです。

 

 

 

 

勉強方法を教えても、

こちらが教えた通りには

してくれない生徒さんも

多いんです( ;∀;)

 

 

 

 

興味がないと、

教えても身につかないん

です。

 

 

 

そうなると、

まずは意識を変えさせて

いくことから

始めなきゃいけない。

 

 

 

 

なので、

入塾の際には、

「指導を守る」よう

お話しをしています。

 

 

 

 

「指導を守る」

 

 

 

 

これがこれが、

早速、そうなってないケースも

多々あるんです。

 

 

 

 

なんで、

教えられた通りに

やってないのか❓

 

 

 

 

それは、

やはり強い興味はなく

 

 

 

 

どうしたら勉強が

もっと上手にできる

ようになるのか、

 

なやむレベルではない❓

問題意識が足りてない❓

 

 

 

 

 

勉強しないでゲームばかり

やってる人って、

 

 

 

 

ゲームがうまいと思います。

 

 

 

 

これは、

才能なんかではなく、

好きで興味があるから。

 

 

 

 

好きこそものの上手なれ

 

 

 

 

そして、

どうやったらうまくできるか、

どうやったらステージを

クリアできるか、

 

 

 

 

毎日真剣勝負をしていたら、

そらうまくなるでしょ✋

 

 

 

 

そこで、

ゲームの必勝法

(勉強で言えば勉強方法)

でも学んだら、

もう鬼に金棒👹

 

 

 

 

ゲームに関しては

神の領域にするすると

入っていくこと

だろうと思います。😇

 

 

 

 

部活だってそうで、

スポーツも勝ちたいと

思えば頭を使うもの。

 

 

 

 

「サッカー⚽って、

頭使ってやらないと

うまくならないんじゃ

ないの❓」

 

 

 

 

って生徒さんに質問すれば

「はい、そうです」

 

 

 

 

って返事が返ってきてます。

 

 

 

 

ただ、言われたことを

そのままこなしているのではなく、

どうやったらうまくなれる

んだろう

 

 

 

 

と、考えながらやって、

試行錯誤をして、

 

 

 

 

うまくいく方法を

自分なりにみつけて

いくんだろうと思います。

🎾⚽🏀・・・

 

 

 

 

そして、その通りだと

答えています。

 

 

 

 

吹奏楽だって、

ただ、吹いているだけ🎺

 

 

 

 

だた、弾いているだけ🎹🎻

じゃ、うまくはならないでしょ。

 

 

 

 

(そのあたりは、

ちょっと超苦手な領域なんだけど

きっとそうなんだと思う。)

 

 

 

 

勉強も

ゲームや部活のように

それだけの

意欲、興味、積極性があったら、

 

 

 

 

もっと、

どうやったら

勉強がうまくなるのかを

考えるものだと思う。

 

 

 

 

勉強がうまくなれば、

当然、成績だって上がる⤴

 

 

 

 

できるようになってくるんだと

思います。

 

 

 

 

この塾でも伸びる人と、

伸びない人の格差が

激しいんです!

 

 

 

 

全員成績が伸びてます♫

なんて言いたいですが、

正直、そんなことは

ありません。

 

 

 

 

だから、

勉強は、

まずはやらないことには

始まらないし、

 

 

 

 

それも、ただただ、

やらされ意識でやってるんじゃなく、

 

 

 

 

受け身じゃなくて

能動的に(=自分から)

 

 

 

 

まずは、

そこからスタートして

ほしいですね。

 

 

 

 

前向きに考えられる

ようになれば、

1つのことから1つを

学ぶのではなく、

 

 

 

 

2つや3つ、

場合によっては10を知る

ことだってありえます。

 

 

 

 

じゃあ、どうやって❓

という話しにもなって

きますよね。

 

 

 

 

そこで、「勉強方法」が

活きてくるわけですよね。

 

 

 

 

「勉強方法」より先に

意欲を持つことが必要。

 

 

 

 

(興味を持たせる勉強方法

というのはありますが

それ以上に・・・)

 

 

 

 

「勉強方法」を活かすの殺すも

自分の意欲次第、

なんだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月19日 (金)

 

 

勉強方法の位置づけ

📖

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

勉強方法さえわかれば、

勉強はできるようになる❓

 

 

 

 

勉強をやらないのは

勉強方法がわからないからだ、

 

 

 

 

だから、勉強方法を

理解して、実行に移せば

なんとかなる❓

 

 

 

 

勉強方法は打ち出のこづち、

💰

方法さえわかれば

あとは楽~に成績が伸びる❓

 

 

 

 

私は、これらの「❓」は

申し訳ないですが、

「違う」と思います。

 

 

 

どう違うのか❓❓❓

 

 

 

そんなお話しをしたいと思います。

 

 

 

 

意欲がないと

勉強方法は身につかない。

 

 

 

 

塾で教えていて、

良く感じることは、

こちらが「方法」を教えても、

 

 

 

 

パクっと喰いついては

来ず、

 

 

 

 

あまり深くは考えずに

言われたことを

だたやっている人が

少なくありません。

 

 

 

 

だから、

次にまた塾に来られたときに、

 

 

 

 

また、

いつもの自分に身についた

習慣の方を実践しています。

 

 

 

 

たとえばですが、

無駄のない方法は、

こうだよ、

 

 

 

必要でないことを削って、

必要なことに集中する!

 

 

 

 

と「熱く」語っても、

「意欲」「興味」がないと

吸収はしないものです。

 

 

 

 

「せっかく教えたのに、

まだ改善してない」

 

 

 

 

なんてことは、

実際には日常茶飯事なんです。

 

 

 

 

こちらも、

そんな生徒さんを

改善させるよう、

闘っています💦

 

 

 

 

意欲があれば、

成績を本当に上げたいと

思えばこそ、

 

 

 

「方法=How to」が活きてくる☝

 

 

 

 

そのためにはどうしたら

いいんだ、

 

 

 

どんな方法がいいんだ、

 

 

 

と、自分の頭でも考えることです🤔

悩むくらいに

考えてもらいたい😣

 

 

 

 

そうでないと、

なかなか「勉強方法=技術」は

定着しないんですよね。

 

 

 

 

スポーツでもそう、

 

 

 

 

何の目標もなく、

ただ体を動かしている

だけで、

 

 

 

 

ただスイングを繰り返して

いるだけの人で

 

 

 

上手くなる人なんで

いないでしょう。

 

 

 

 

だからこそ、

意欲が大事、

欲求が大事。

 

 

 

 

なので、

私は「勉強方法の位置づけ」は、

 

 

まず勉強方法ありき

 

 

ではなく🙅👋

 

 

 

 

まずは

勉強への意欲、

成績を上げたいという欲求、

 

 

 

が、先に立って、

 

 

 

その上に勉強方法がある

のだと思います。

 

 

 

ピラミッドの図にしたら

下の土台の部分が

意欲、欲求、努力で

 

 

 

その上に勉強方法が

あるんだと。

 

 

 

 

土台がないと、

その上はありえないって

ことなんです。

 

 

 

 

簡単に教えて、

それがすぐにマスターできるかは、

 

 

 

 

その人の意欲が

どの程度かで

決まってくるもの

だと思います。

 

 

 

 

それが証拠に、

意欲があり、

必要性を感じている

生徒さんたちは、

 

 

 

 

勉強方法を学ぶことで

爆発的に成績が伸びる

こともあります。

 

 

 

 

ピラミッドが完成すれば

その力は大きんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月18日 (木)

 

 

勉強しないと勉強はできない

😲

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

「勉強しないと勉強はできない」❓

 

 

 

 

はあ❓

 

 

 

 

そんなの当たり前じゃないの❓

 

 

 

と思われたかもしれませんね

苦笑✋

 

 

 

その通りですよね、

当たり前すぎるほど

当たり前のこと。

🎯

 

 

 

 

なんでしょうね。

 

 

 

 

 

勉強しなきゃ勉強できるわけない

( 一一)☞

 

 

 

 

でも、あえて

言わせてもらいたいんです。

 

 

 

 

「勉強しないと勉強はできない」

んです。

('ω')

 

 

って

 

 

 

勉強はしないとできない❓

 

 

 

勉強はしないとできない☝☝☝

 

 

 

 

 

勉強が苦手な人は勉強をしてない。

 

 

 

 

 

勉強が苦手な人は

勉強をしてないものです。

 

 

 

そんな当たり前の

ようなことを

私は痛く感じています😣

 

 

 

 

勉強の方法がわからない

から、・・なんです

 

 

 

という保護者さんの

声を聞きます。

🔉

 

 

 

 

 

 

だから、勉強方法さえ

わかれば・・・・

 

 

 

 

 

すがるような気持ち、

もちろん、わかります。

 

😌

 

 

 

 

確かにそうだと思います。

方法がわかんないから

苦労しているんだと。

 

 

 

 

実際に

勉強方法がわからなければ

できるはずありません。

 

 

 

 

 

それは、まちがいないありません。

 

 

 

でも

勉強方法はそれなりに

バッチリ👌

うまくできてるんだろうけど、

勉強自体は

あんまりしてない、

 

 

 

なんて人、

実際には

いないんですよね。

 

 

 

ゼロ

 

 

 

あんまり勉強してない

生徒さんで、

「う~ん、なるほど」

と、

 

 

 

 

こちらを

うならせるような

勉強方法をしている人を

 

 

 

 

未だにひとりもみていません。

 

 

 

 

 

こっちは、

うなりたいんだけど・・

 

 

 

 

だからこそ、

勉強方法がわからないから

 

 

 

うまくいなかないんだと

いうのもわかりますが・・・・

 

 

 

 

そうじゃないよ、

ちがうんだよ、

👋👋👋

 

 

 

というのが私の本音です

 

 

 

 

勉強法がわかれば

みな解決する

 

 

 

っていうんなら

いいんだけど。

 

 

 

 

 

勉強方法をマスターすれば

なんとかなる、

 

 

 

 

勉強方法さえわかれば、

一気に状況逆転❓

 

 

 

勉強方法=打ち出の小づち

を得れば、状況は改善される❓

 

 

 

もしかしたら、

大逆転もあるかも🤗

 

 

 

 

そして、

勉強方法がわかって

成績が上がれば、

勉強が楽しくなって

勉強もするようになる❓

 

 

 

 

方法=How to 

がわかれば

うまくいかなった勉強も

なんとかなる❓

 

方法さえわかれば・・・

 

 

 

実際どうなの❓

 

 

 

 

勉強に打ち出の小づち

があるんでしょうか❓

 

 

 

楽してうまくいく

方法があるのか❓

 

 

 

「勉強方法」は

成績を上げる上で

どんな位置付けに

なるのか❓

 

 

 

 

次回、お話ししたいです。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月16日 (火)

 

 

 

ケアレスミスを直すためには。

(自身の経験例より😱)

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

「私はケアレスミスが

ひどかった」というお話しを

させていただきました。

 

 

 

最近のブログ👈

 

 

 

 

ケアレスミス

=careless miss

 

 

 

careless=注意不足

miss=ミス

 

 

 

うっかりミス、

おっちょこちょいミス、

などとも

言われています。

(小学生)

 

 

 

 

さすがに学年が上がれば

言葉も変わってきます。

 

 

 

 

さて、そのケアレスの話し。

 

 

 

中1のときの私は

あまりにひどい

ケアレスミスによって

失点する自分自身に

あきれ、

 

 

 

テストの答案用紙が

返されると

 

 

 

 

どれだけ、

ケアレスミスによる

失点があったかを

数えるようにしました。

 

 

 

 

🙅だらけの答案用紙、

何の教科だったかは

忘れましたが、

 

 

 

 

🙅のうちの

ほぼ半数がケアレスミスに

よる失点でした。

 

 

 

 

やばい💧

 

 

 

 

「これはなんとか

しなければ」

 

 

という焦る思いと同時に

 

 

「これ本当に直るのかな❓」

 

 

とも不安に思っていました。

😱

 

 

 

 

テスト中、

しっかり注意しよう、

 

 

 

と思ってやってみても

あまり改善はされなかった

ように思います。

 

 

 

ダメだこりゃ。

 

 

 

 

テスト本番で、

ケアレスミスに注意しようと

思っても、

 

 

 

 

テストが始まって

しまうと実際には

そっちの方に意識が

回らなかったりしました。

 

 

 

うまくいかん。

 

 

 

う~ん

どうしたらいいものか❓

 

 

 

 

そこで、

自己学習をしていた

あるとき、

 

 

 

 

ケアレスミスがそこでも

しっかりやらかしてることに

気が付きました。

😲

 

 

 

 

当然と言えば

当然です。

 

 

 

 

もしや、普段の自己学習の

ときから、

ケアレスミスに気をつけて

やっていたら、

改善できるかも。

💡

 

 

 

 

そこで、私は、

自己学習をするときの

ひとつのテーマとして

 

 

 

「つまらないミスをしない」

 

 

 

ことも意識するようにしました。

 

 

 

 

自分が書いたノートで

ケアレスミスしたところは

しっかりチェックを入れる

ようにしました。

 

 

 

 

自分にこんなとこで

ミスしちゃだめだよ、

 

 

と言い聞かせるために。

 

 

 

 

次第にですが、

ミスは減っていきました。

 

 

 

 

そして、それと同時に

テストの点数が上がり

出しました。

 

 

 

不思議と学力もついて

きたような感じがしました。

 

 

 

ケアレスミスは

どんどんと減っていきました。

 

 

 

 

点数も伸びて、

勢いも出てきて、

一石二鳥だったのかも、

です。

 

 

 

 

それでも、

もとがあまりにひどかったので、

直りきるところに

までには至らず、

 

 

 

 

必ずテストでは

ケアレスミスをやらかし、

取れそうな満点💯も

何度か逃しています。

 

 

 

 

というわけで、

ケアレスミスが課題の人は

 

 

 

 

それを直すために、

普段の自己学習の

ときから直すことを

意識して勉強してみては、

 

 

 

と提案します。

 

 

 

 

最近の「怪物さん👧」の

ケアレスミスによる

満点💯逃し連発の例より

 

 

 

 

ミスを繰り返さないよう

にするためにも

 

 

 

 

今、塾の生徒さんには、

ケアレスミス対策についても

お話ししています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月15日 (月)

 

 

ケアレスミスは

偶然ではなく必然

🙅

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

当塾には、先日の学調で

235点(250点満点)を

とった「怪物👧」が

います。

 

 

 

英語はいつも💯です👏

 

 

 

 

こちらの生徒さん、

学校では定期テストの

順位は出ませんが、

順位の出る業者テストでは

学年1位でした。

 

 

 

 

とても抜け目のない

ような印象がありますが、

 

 

 

 

なぜか数学については

毎回、ケアレスミスで

失点をしています。

 

 

 

数学については、

いつも満点近くまでは

いくのですが、

 

 

 

まだ💯をとったことが

ありません。

 

 

 

 

これまでの定期テスト

4回がすべてケアレスミスに

よる失点です。

 

 

 

 

信じられない

アンビリ~バボ~

 

 

 

 

ご本人もくやしいと

思いますが、

こちらも、結構くやしい(T_T)

 

 

 

 

なぜなら、

この生徒さんについては、

 

 

 

 

私は「潜在能力」については、

英語よりも数学の方が上

 

だと思っているからです。

 

 

 

 

加えて理科も得意。

傾向としては理科系

「リケジョ」

なんだと思うんですよね。

 

 

 

 

毎回してしまうミスは

たまたまなのか❓

 

 

 

 

ご本人には

お話しをしました。

 

 

 

 

ケアレスミスは、

本番で気を付ければいい

というものではなく、

 

 

 

 

普段の練習(勉強)から

注意しておかなければ

ならないと。

 

 

 

 

ケアレスミスは偶然

たまたま起こるものではなく、

これは必然なんだと。

 

 

 

 

私にはよくわかるんです。

 

 

 

 

かつての私が

かなりひどかったので💧

 

 

 

 

私もかつてはひどいもんだった

( ;∀;)

 

 

 

 

中学の時の私も

ケアレスミスを減らすことが

大きな課題した。

 

 

 

 

 

高校に行っても、

まだありましたが・・

 

 

 

 

特に中1のときの

ケアレスミスの数は

すさまじいもので、

 

 

 

 

テストが終わると

ケアレスミスでの失点を

いつも計算していました。

 

 

 

 

ケアレスミスが

なかったら、

〇〇点だったのに・・・

 

 

 

 

どうしたらなくなるん

だろう❓

 

 

 

方法は❓

 

 

 

 

最初は、ツイてない

程度に考えていましたが

 

 

 

 

あまりのひどさに

対策をとらなければと

考えるように

なりました。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面接では、

何をみられているのか❓

 👀

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

🤗

 

 

 

 

入試の面接では

どこをみられているのか❓

 👀

 

 

 

 

みられるのは、

もちろん外見のみならず、

内面もです。

 

 

 

 

そんなお話しを

してみたいと思います。

 

 

 

 

外見に関しては、

特に常識があるかを

みられています。

 

 

 

 

風紀を乱すような

 

生徒はいやがられ

ます。

👋

 

 

 

 

カッコいい、

美しい、

で、ポイントが上がる

ことはありません。

 

(おそらく減点法ですから)

 

 

 

 

高校の先生方だって、

生活指導で苦労はしなく

ないはずです。

👋

 

 

 

 

また、不潔な人は

周囲への迷惑にもなりますが、

 

 

 

 

学校のイメージダウン

にもつながりかねません。

👋

 

 

 

 

多分ですが、

イメージを大切にする

私立学校はいやがると

思います

👃👋

 

 

 

 

これらのチェックについて、

 

 

 

多くの場合は、

面接官がチェック表を

もっていて、

 

 

 

 

ひとつひとつの項目に

チェックを入れている

ものです。

 

 

 

 

 

内面に関しては、

ひとつひとつ質問に

よって確認が

なされます。

 

 

 

 

面接では、その人の

人となりをみられる

と言います。

 

 

 

 

その人がどんな人なのか❓

学校であればその学校、

会社であればその会社に

ふさわしいかどうか、

 

 

 

 

そんなところを

みられているものです。

 

 

 

 

スパースターを発掘

しているのでは

ありません 苦笑

 

 

 

 

志望動機

がんばったことなど、

いかにも質問されそうな

質問に普通に答えられるか❓

 

 

 

 

そして、それらの話しが

「外れた」ものでないか

どうか❓

 

 

 

 

また、面接のための

準備をしっかりとやって

きたかどうか、

 

 

(やるべきことを

やるべきときに

やる人かどうか)

 

 

 

 

というところも

みられているものです。

 

 

 

 

かんちがいされやすい

のは、

面接で、いかにも

自分をよくみせようとして

 

 

 

 

立派そう、凄そう

なことを言おうと

することです。

 

 

思ってもないことを・・

 

 

 

 

面接の相手は、

なんども面接の経験を

していて、

 

 

 

百戦錬磨のつわもの☝

 

 

 

 

その後、入学してくる

生徒の姿をみて、

その「ギャップ」を

 

 

あたたたた

 

 

 

目の当たりにしている

はずです。

 

 

 

 

なので、変に背伸びを

しないことです。

 

 

 

 

怪しまれ、

へたすりゃ、ツッコミを

入れられるかもしれませんね。

 

 

 

 

そこで、

あたふたしてしまえば、

印象が返って悪くなって

しまいます。

 

 

 

 

面接での質問では、

たまに、

なんでこんな質問を

してくるんだろう❓

 

 

 

というような質問を

されることがあります。

 

 

 

 

たとえば、

最近のできごとで

関心のあることは❓

 

など。

 

 

 

 

聞かれている生徒側は、

どこまで最近のニュースに

詳しいのか❓

 

 

 

どんなことに関心を

持っているといいのか

 

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

 

こんなニュースを答えると

印象がいいとか❓

 

 

 

 

今日も、

それに関するお話しを

生徒さんにしました。

 

 

 

 

どんなニュースに関心が

あるのかなんて

ほんとうは正解はありません。

 

 

 

 

もちろん、取り上げる

問題は社会問題のような

内容が好ましいはずですが。

 

 

 

 

大事なことは、

社会への関心をもっている

のか、どうかなのだと

思います。

 

 

 

 

社会に無関心、

という人がいますので、

 

 

まずは、そのあたりのチェック。

 

 

 

 

それから、その社会問題に

対して、自分なりの意見を

もっているかどうか❓

 

 

 

 

「それに対してあなたは

どう思いますか❓】

 

 

 

 

という質問が飛んで

くると思います。

 

 

 

 

ただの興味本位で

感想を聞かれている

のではなく、

 

 

 

 

主体性をもって

自分のことのように

問題意識をもって

考えられているかどうかが

試されているもの

だと思います。

 

 

 

 

すごく難しいことに

関心を持っているかどうかじゃ

ないんだと思います。

 

 

 

 

多くの場合、

最初からチェック項目が

決まってるんだから。

 

 

 

 

面接では、

生徒さんが常識人であるのか、

 

 

 

 

すごい人かどうかなんて、

事前の調査書でバレて

まっせ💥

 

 

 

 

しっかりと準備をして、

 

 

素直な良識のある人間で

あることをそのまま

「お見せする」

つもりで臨めば

 

 

 

 

まずまちがいないのでは

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月28日 (木)

 

 

 

解答は三角形の合同から

入っていますが、

それは「Goal」では

ありません👋

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です。

😝

 

 

 

 

三角形の合同が関係した

証明問題を解いていると、

 

 

 

 

すっかり三角形の合同に

気を取られて

 

 

 

 

肝心の結論の証明を

忘れているなんて

ことはありませんか❓

 

というお話しでしたね。

🤗

 

 

 

 

問題(設問)は、

あくまで三角形の合同を

利用して解くはず

なのに、

 

 

 

 

三角形の合同を証明する

ことが、

 

 

 

 

いつの間にやら、

勝ってに「結論」とされて

おり、

 

 

 

 

なんのために

三角形の合同を証明する

のかが

わからなくなる。

 

 

 

 

2つの三角形が合同で

あることは、

 

 

 

 

結論ではなく、

本来の結論を証明するための

「手段」にすぎません。

 

 

 

なので、

何を証明したいのかを

最後まで気にしていないと、

 

 

 

 

自分がなぜ三角形の合同を

証明しているのかが

わからなくなり、

 

 

 

Give up (T_T)

 

 

 

してしまうんですよね。

 

 

 

 

人によっては、

三角形の合同を証明できて

 

 

 

 

満足して、

「証明おわり」

 

 

 

いやいや👋

 

 

 

 

まだ終わってねーよって👋

 

 

 

 

 

参考書などには、

三角形の合同を利用して

 

 

 

線分の長さが等しいとか

角の大きさが等しいとかを

 

 

 

 

証明することについて、

「三角形の合同を証明する

ことが目的ではない」

 

 

 

 

とは、書かれていないことが

多いです。

😯

 

 

 

 

そして、

【解答】には、

 

△OABと△ODCにおいて

 

 

 

 

などど、

いきなり合同の証明から

入る記載になっているので、

 

 

 

 

ますます、ややこしいくて

かんちがいしやすいん

ですよね。

 

 

 

それでも、

 

 

 

 

「三角形の合同を

利用しての証明問題である

ので、

 

 

 

 

三角形の合同を証明することが

目的ではない。」

 

 

と書かれていないのは、

 

 

おそらく、

 

 

 

それは、

「あたりまえのこと」

だからでしょうね。

 

 

 

 

ちゃんと問題に書いてある

ので、

 

 

 

あたりまえのことなんですよね。

 

 

 

 

あたりまえのことだから

そんな指摘はないん

だと思います。

 

 

 

 

そんなこと

言わなくてもわかるでしょっ

って、ね。

( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

ところが、

そんな、問題で質問されている

ことに対して応える、

 

 

 

 

なんて、

あたりまえのことが、

 

こと、「三角形の合同がからんだ証明」

となると、

 

 

 

とたんに、

結論がみえなくなるんですよね。

 

 

 

 

教科書などには、

しきりに、

「仮定と結論」

のちがいについて

説明をしています。

 

 

 

 

実際、仮定と結論を区別

できても、

 

 

 

 

証明問題をやっている

過程において、

 

 

 

 

結論=Goal⚽

を意識しないと、

 

 

 

 

とんでもないところに

⚽はころがっていって

しまいます。

 

 

 

 

意外な盲点、

とはなっていないでしょうか❓

 

 

 

 

 

  

1月27日 (水)

 

 

 

三角形の合同を利用しての

証明問題のひっかかりポイント

(>_<)💥

 

なんの証明をしてるの❓

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

中2は、今、平面図形の

証明問題のあたりを

進んでいます。

🏃

 

 

 

 

本格的に「証明」に入って

目がまわってる人も

💫

 

 

 

 

三角形の合同条件

合同の証明

 

 

 

 

というインパクト🔨が

強すぎて、

 

 

 

 

そちらの方に気を取られて

本来、証明すべきことが

なにかを忘れていませんか❓

😲

 

 

 

 

どういうこと❓

 

以下にお話ししますね。

 

 

 

 

たとえば、

前提条件として(仮定)

OA=OD

OB=OC

(線分の長さが等しいということです)

 

 

 

 

ならば、

AB=CD

 

 

 

を証明せよ

👉🙉

 

 

 

 

という問題があったとします。

(上図参照🙇

 

 

 

 

この問題は、

AB=CDという結論に

もっていくために、

 

 

 

 

まずは、

△OABと△ÒDCが

合同(≡)であることを

証明します。

👉

 

 

 

 

そして、

これらの三角形が

まったく同じ形なんだから、

(重ねあわせたら、

ぴったりと一致する)

 

 

 

 

対応している辺は

等しいので

(お互い重なりあっている

辺の長さも等しいので)

 

 

 

 

AB=DCが

証明できます。

💡

 

 

 

 

 

整理すると

手順として

 

 

 

△OAB≡ÒDCの証明

 

 

➁対応する辺は等しいんだから

AB=DC

つまりAB=CD

 

 

という流れができます。

 

 

 

 

ここで、

問題を解くときの

ひっかかりポイントです!

 

 

 

 

頭の中が

証明問題のプレッシャーで

 

 

 

 

三角形の合同💧

 

 

三角形の合同💧💧

 

 

三角形の合同💧💧💧

 

 

合同条件💧

 

 

合同条件💧💧

 

 

合同条件💧💧💧

 

 

 

って、ストレスがかかって

くると、

 

 

 

 

いつの間にやら、

問題が

「三角形の合同を証明せよ」

 

 

 

すり変わっています🚀

 

 

 

 

はっはっは😂

 

そんなバカな

 

 

 

 

と思わるかもしれませんが、

結構います、

そういう生徒さん☝

 

 

 

 

私は、そのことに

すぐに気が付きました💡

 

 

 

 

なぜなら、

私は中学の時に

しっかりと

「ひっかかっていた」

からなんです( ;∀;)

 

 

 

 

誰からもアドバイスを

受けなかったので、

ワナに気づかず

ドツボにハマり、

 

 

 

 

中2の合同のパートについては

苦手のままでした(@_@)

 

 

 

 

今、思えば

なんてことないのですが、

 

 

 

 

これがこの時期だと

こんがらがるんですよね🌀

苦手意識全開。

 

 

 

 

証明しなけれいけないことは、

AB=CD

であって、

 

 

 

三角形の合同ではないはず。

 

 

 

 

三角形の合同を証明する

ことによって、

 

 

 

AB=CDを証明したかったん

ですよね。

 

 

 

 

「論理的」に考えないと

問題の意味まで、

いつの間にやら

すりかわっています。

(>_<)

 

 

 

証明が苦手だ!

👋👋👋(@_@)

 

 

 

 

という生徒さんの中には

いるんじゃないでしょうか❓

 

 

このパターン。

 

 

 

 

思い当たる節は

ないでしょうか❓🤔

 

 

 

 

向かうべきgoalと

そのための手段を

混同しないようにね!

 

 

 

 

 

 

 

 

1月26日 (火)

 

 

書けばなんとかなるの❓

書いてもなんともならない❓❕

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

🤗

 

 

 

 

とにかくたくさん

書かせる、というような

「マシンガン書き取り」

(勝手に造りました 苦笑🙉)

は、

 

 

 

 

私はむだが多いように

思います。

 

 

 

 

書きまくって覚えられている

人もです。

 

 

 

 

 

とにかく量をこなして、

たくさん書いて、

 

 

 

 

そして、書いたことで

満足感に浸っている❓

ように思えてしまう。

 

 

 

 

それでは、

やったつもりに

なっただけなんじゃないの❓

って思う。

 

 

 

 

塾で自習をしている生徒さんの

姿をみても

そんなふうに思います。

 

 

 

 

ああ~

こりゃちがうな👋

 

 

 

 

そして、

その「マシンガン」を

信じ込んでいる。

 

 

 

 

小学校のときから

「仕込まれている❓」ので、

 

 

 

 

書くこと、からの

呪縛(じゅばく)からは

なかなか逃れられないん

じゃないかと思っています。

 

 

 

 

そこには「合理的」という

言葉とは無縁と思えます。

 

 

 

 

勉強はスキル、

勉強方法はアート、

であると思います。

 

 

 

 

合理的(むだがない)なこと

には、裏付けがある。

 

 

 

 

理にかなった勉強方法は

美しい✧

 

 

 

 

生徒さんたちには、

むだなく最短距離を行くように

お話ししています。

 

 

 

 

遠回りは誰でも

好きではないはず。

 

 

 

 

 

 

合理的なものを追究せずに

過去の慣習を疑いもなく

信じている(のでは?)

 

 

 

 

それでは、進歩がないと

思います。

 

 

 

考えない勉強はダメです。

 

 

 

 

勉強の内容以外にも

どうしたら早く上達できるのかを

考えて工夫してやらないと、

 

 

 

 

旧態依然として、

 

なかなか進歩できません。

 

 

 

 

勉強の仕方を

合理的につきつめて

考えながら勉強する。

 

 

 

 

そうすれば、

マシンガンのような

書き取りもなくなり、

 

 

 

 

その他、多くのむだが

なくなり、

 

 

 

 

非合理的な勉強法を

しなくなってくるはず

だと思います。

 

 

 

  

 

 

 

 

1月25日 (月)

 

 

 

 

勉強方法は合理的に

考える必要がある。

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')

 

 

 

 

いつもいつも思うのですが、

生徒さんたちに勉強を

みていて、

 

 

 

 

効率がよくないな、

と思うことが

よくあります。

 

 

 

 

たとえば、「書き取り」。

 

 

 

漢字の書き取りの目的は、

おそらく、

いや、まちがいなく、

漢字を覚えるため☝

 

 

 

 

なのに、

ただ漢字を書いているだけ。

小学生も中学生も。

👋

 

 

 

 

それで覚えられるほど、

地頭がよければ

いいのですが、

 

 

 

 

多くの人は、そうもいかないはず。

👋

 

 

 

 

私自身も、ただ書いている

だけでは、

頭の中には入って

きません。

 

 

 

 

書いて覚えられる人種と

書くだけでは覚えられない

人種がいるんだと

思います。

 

 

 

 

あまり、このことを

知っている人は

少ないのでは❓

 

 

 

 

私自身は

「覚えられない派」

😿

 

 

 

 

だからこそ、

言えるんです。

 

 

 

 

かつて私は、

同級生に借りたノートを

写していると、

 

 

 

 

複数の同級生から、

それだけ書いたら

覚えるだろう・・

 

 

 

と言われました

 

 

 

 

が、私自身は書いたからと

言って、

 

 

 

 

記憶としてはしっかり

定着できていません

でした。

(残念( ;∀;))

 

 

 

 

かしこい頭の人は、

書くことで覚えられると

思っているかも

しれません。

 

 

 

 

なので、

「量」で出される宿題に

対して、

 

 

 

 

それをやることで

たくさんの漢字を

覚えることが

できるのだと思います。

 

 

(それでも非効率だと

思いますが・・)

 

 

 

 

なぜ、多くの人が

書けば(書くだけで)

覚えられると考えている

のか❓

 

 

 

 

英単語もそう。

 

 

 

 

単語をいくつ書けばいいのか

聞いている生徒さんも

います。

 

 

 

 

いくつ書けば覚えられる

のか❓

 

 

 

 

3個書けば覚えられる、

10個書けば覚えられる、

 

 

 

 

目安となる個数がある

ものだと思っている

ようです。

 

 

 

 

そんな生徒さん、

多くないでしょうか✋

 

 

 

何個書けば覚えられるかは、

個人差があって・・・①

 

 

 

 

何を考えながら書いている

かでも、ちがいがあり・・②

 

 

 

 

そもそも、書けば(だけで)

覚えられるというのも、

ちょっと、

ちがうかな・・➂

 

 

 

 

と、

➀➁➂より

 

 

 

 

いくつ書けば、単語が

覚えられるようになるのか

という法則は

ないでしょうね((+_+))

 

 

 

 

では、

なぜ、

書け、書け、ということに

なるのか❓

 

 

 

 

それは、

過去の習慣から来ている

ように思います。

 

 

 

 

少なくとも、

私の時代にも

書けば・・

という考え方が

主流でした。

 

 

 

 

つづく🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月22日 (金)

 

 

 

垂直二等分線、角の二等分線は

作図をするための道具に

すぎない 😲

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

🤗

 

 

 

 

中1数学では、

垂直二等分線、角の二等分線の

作図の問題をしています。

 📐

 

 

 

 

この線を引けることは

基本中の基本と言えます。

 

 

 

 

そして、これら2つは

作図をしていく上での

「道具」として利用していく

ことになります。

 

 

 

 

道具❓

 

 

 

 

作図をする道具って

三角定規📐やコンパスじゃ

ないの❓

 

って言われそうですが😊💧

 

 

 

 

もちろん、

物理的な物としての道具は、

コンパスなどになります。

 

 

 

 

垂直二等分線などは、

あくまで、

「知的な」作図のための道具

 

という意味です。

 

 

 

 

さらにどういうことかと

言えば・・・

 

 

 

 

中学校の作図の問題は、

三角定規とコンパスだけを

使って、

 

 

 

 

設問の求める図を

作らなければいけません。

 

 

 

 

そして、

作図した証拠として

コンパスで描いた線や

補助線なども

 

 

 

 

残しておかなければ

いけません。

 

 

 

 

証拠隠滅を図ると

得点できません👋 

ははは

 

 

 

 

そして、出される問題は

垂直二等分線を描きなさい

とか、

 

 

 

 

角の二等分線を描きなさい

なんて問題は

 

 

 

 

学力調査や入試で出ることは

まずなく

 

 

 

 

(定期テストや単元テストでは

出るかもしれませんが)

 

 

 

 

それらを使って、

解く問題がほとんどです。

 

 

 

 

だから、垂直二等分線や

角の二等分線が描けないと

 

 

 

 

作図の問題は、

多くのケースで

お手上げ\(^o^)/💧

となります。

 

 

 

 

なので、垂直二等分線と

角の二等分線は必ず描ける

ようにならないといけません。

 

 

 

 

そしてこれらを「道具」として

使っていくのです。

 

 

 

 

問題の出され方として

例を挙げてます。

 

 

 

 

 

Q

 

 

A地点とB地点から

等距離にあり、

 

B地点とC地点からも等距離に

ある地点を作図で求めなさい💥

 

 

 

 

という問題について、

解答は、

 

 

 

 

A

 

 

線分ABの垂直二等分線と

線分BCの垂直二等分線との

交点になります。

 

 

それを作図すればいいんです🌝☝

 

 

 

 

AとBから等距離にある点は

線分ABの垂直二等分線上に

あるはずで、

 

 

 

 

BとCから等距離にある点は

線分BCの垂直二等分線上に

はあるはず。

 

 

 

 

だから、それぞれの

垂直二等分線の交点が

2つの条件に共通した

ポイントになります。

 

 

 

 

問題(設問)では、

「線分ABの垂直二等分線と

線分BCの垂直二等分線の

交点を作図しなさい」

 

 

 

 

なんて、

ほぼ答え丸出しみたいな

「おひとよし」な

問題の出され方はしません。

 

 

 

 

答えを思いつくのは、

ある程度の思考力が必要

になります。

 

 

 

 

問題の考え方として

質問の意味を理解して、

問題文を頭の中で

言い換えて

しまうといいと思います。

 

 

 

 

基本の作図がマスター

できるようになったら、

 

 

 

 

やはり、作図の分野についても、

他の単元同様に、

 

 

 

 

問題演習をして、

作図に要する特有の思考力を養って、

 

 

 

 

かつ、問題にも慣れていって

ほしいと思います。

 

 

 

 

そうすれば、

作図はできます。

🤗

 

 

 

 

 

 

 

 

1月21日 (木)

 

 

 

作図の問題は、

ただ描ければいいって

もんじゃないyo

👋

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

(^^)/

 

 

 

 

数学の作図の問題について。

 

 

 

 

塾では、1年の生徒さんが

よくコンパスや三角定規を

使って作図をしています。

 

 

 

 

平行線を描くのに

普通の定規を使ったり、

(カンで勝負❓)

 

 

 

 

長さを測るのに

定規の目盛りを使ったり

している生徒さんが

普通にいます😞

 

 

 

 

数学の作図の問題では

平行線を作るのには、

三角定規を2枚使い、

 

 

 

 

長さを測るのには、

コンパスを用います。

🌝☝

 

 

 

 

コンパスは、上の部分を

つまんでくるりと

回します。

 

 

 

 

コンパスの鉛筆の部分を

つまんでやってしまっている

生徒さんがいますが、

 

 

 

 

そうすると、

コンパスが安定せずに

股が開いてしまうことも

あるので、

 

 

 

 

つまみの部分だけを

もって、回すようにします。

 

 

 

 

一回描けば結構です。

何度もなぞる必要はありません。

 

 

 

 

描くのは一発で決めて

もらった方が、

 

 

 

 

描いた部分がズレて二重線に

なったりすることがない

ので、いいんです。

 

 

 

 

そして、基本的には

分度器も使用しません。

(多くの問題で使用禁止です🚫)

 

 

 

 

やはり、三角定規と

コンパスを用いて

角度を作ることになります。

 

 

 

 

黙ってると、

平行線、長さの測定、

角度の測定、

全部を「反則技」で

やってしまう「強者」もいます🚫

 

 

 

 

中学の 作図では、

いろんな使用制限がある中で

考えて作図しないと

いけないんですよね🤗

 

 

 

 

さて、

作図の問題は、

根拠もわからず、

ただ描いているだけ

ではいけません。

 

 

 

 

作図の問題も

当然ですが、

頭を使うのです。

 

 

 

 

問題演習をやっていると、

わからなかった場合、

 

 

 

 

ただ、

答えの描き方を覚えようと

している生徒さんがいます

🙅

 

 

 

 

それでは、

本来の作図の勉強になりません。

 

 

 

 

図が描ければ

いいということでは

ないんです。

 

 

 

 

垂直二等分線を描くのなら、

なぜ、そこで垂直二等分線の

出番なのか❓

 

 

 

 

円の接線を描くのには、

円の中心と接点を通る直線を描いて

この直線上の接点から

等距離の点をとって、

 

 

 

 

そこでできた線分の

垂直二等分線を引きます。

 

 

 

 

その過程には、

「根拠」があります。

 

 

 

 

そこを考えるのが、

作図の問題なんですよね。

 

 

 

 

ただ見様見真似で描き方を

覚えても、

勉強にはならないのです。

 

 

 

 

作図の問題は、

垂直二等分線や角の二等分線

という「道具」を使って、

 

 

 

 

想定される線の姿を

どう描いてやろうか

考える問題なんだと

思います。

 

 

 

 

ある意味アートですが、

これは美術のアートとは

ちがった世界なんです。

🤗

 

 

 

 

 

 

 

  

 

今日はなにを勉強したか、

振り返ってみる。

案外、わかってないかも❓

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

勉強するときに

今日は英語の○○をやる

数学の××をやる

 

 

 

 

というように、

やる内容を明確にするのは

基本です☝

 

 

 

 

そして、

勉強をしたら、

そこで何を学んだのか、

ポイントを押さえられて

いないといけない

ですよね。

 

 

 

 

つまり、勉強してみて

何を得たのかを

自分なりにレビュー

(振り返り)できて

いるかどうかが重要です。

 

 

 

 

😲

 

 

 

 

こちらから質問をして

みると、

今やったことの要点が

うまく言えない生徒さんも

います。

 

 

 

 

助動詞とはどのようなものか

助動詞の文の語順は❓

否定文の語順は❓

疑問文の語順は❓

関連の熟語は❓

 

 

 

 

命令文とはなに❓

語順は❓

命令文の特徴は❓

否定の命令文の語順は❓

助動詞のあとの動詞は原形。

 

 

 

 

現在進行形とは❓

語順は❓

命令文、否定文はどうなる❓

 

 

 

 

という具合に、

各パートでの幹となる

部分の質問について

 

 

 

なにも見ないで言えるように

してほしいものです。

 

 

 

 

そして、幹となる部分が

しっかりと理解できれば、

 

 

 

 

枝葉となる部分である、

関連の知識を覚えていけば

いいんです。

 

 

 

 

 

まずは大まかに

何をやっているのかが

自分でわかっている必要が

あります。

 

 

 

 

あまりに当たり前の

ように思えますが、

テキストやノートを

閉じてみて、

 

 

 

 

やったことを空で言って

みてほしいと思います。

意外に、思い出せないことが

あるのではないでしょうか❓

 

 

 

 

ちょっと、

試してもらいたいと

思います。

 

 

 

 

空で言えて

整理して話すことができたら

 

 

 

 

そのパートは

しっかり理解できている

(少なくとも、要点については

外してない)

 

 

 

と言えるのではと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月29日 (火)

 

 

 

なぜ❓を考える🤔

社会

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

😲

 

 

 

 

今日も、前回につづいて

社会のお話しを

したいと思います。

👐

 

 

 

 

社会は連想で覚える、

なぜ❓で覚える、

 

 

 

というお話しをしました。

 

 

 

 

私が過去にやってきた

方法です。

(効果は自分でも実証済です)

 

 

 

 

なぜ❓

を思い浮かべて

その理由を頭の中で

述べるような

勉強です。

 

 

 

 

この方法には

大きなメリット

があります😊

 

 

 

 

今後の入試等の出題

傾向が、

 

 

 

考える🤔問題

(記述問題)に

シフトしてきているからです。

 

 

 

 

入試改革では、

記述問題を増やすように

しています。

 

 

 

 

なぜですか❓

とか

理由を述べよ❓

 

 

 

 

という問題は、

よくあります。

 

 

 

 

なので、

なぜを意識して

覚えようとすれば、

 

 

 

 

それが、

実践のテスト対策にも

なるというわけです。

 

 

 

 

普段からそのような

思考で臨んでないと、

 

 

 

 

記述問題で苦戦をするの

ではないかな、

と思います。

 

 

 

 

だから、

なぜ❓

 

 

 

 

という切り口は、

記憶の役にも、

テスト対策としての

役にも立ちます。

 

 

 

 

一挙両得

一石二鳥

 

 

 

 

地理も

歴史も

それは同じです。

 

 

 

 

なぜ❓

という切り口はもちろん

のこと、

 

 

 

 

ただの丸暗記なんか

ではなく、

 

 

5W1Hをあきらかに

することを考えながら

 

 

 

 

勉強すると

覚えられな~い

 

 

 

 

と言っている人でも

効果的なのではと思います。

 

 

 

 

ただの丸暗記について

ですが、

 

 

 

これは全否定するもの

ではありません。

 

 

 

 

なぜ、そうなのかを考え、

その上で、機械的に

丸覚え作業に入るのは、

 

 

逆におススメです。

👍

 

 

 

 

ものごとの因果関係(理由)

がわかれば、

 

 

 

用語も覚えられやすくなる

というもの。

 

 

 

そして、

覚えやすくなったところで

仕上げの丸暗記。

 

 

 

 

そのあたりも

うまいコンビネーションで

やってもらえれば

うまくいくんじゃない❓

 

 

 

 

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月28日 (月)

 

 

社会は連想ゲーム 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

😝

 

 

 

冬休み期間、

塾ではクリスマス🎄も

あったことから、

 

 

 

おチョコサービスを

しています🍫

 

 

 

 

本場ベルギー産もあった

ことから、

 

 

 

 

ベルギーはどこ、

首都は、

首都には何がある❓

 

 

 

(A、ブリュッセル

EU本部)

 

 

 

と質問をしました。

 

 

 

 

そして、知識として

ベルギーを覚えてもらおう

と思ったのです。

 

 

 

 

ベルギーチョコと言えば

ゴディバが有名ですね🍫

 

・・・

 

 

 

 

なっなんと

 

 

「ゴリラ」

 

 

 

と聞き間違えていた

生徒さんが・・

😲

 

 

 

ゴリラチョコ🦍

 

 

 

あんまり食欲はそそられないな💦

 

 

 

そんな小さな事件が

ありました🙇

 

 

 

 

さて、

冬期講習期間中の今、

地理についても

複数の生徒さんに

レクチャーをしました。

 

 

 

地理が覚えられな~い(T_T)

 

 

 

 

というお話しも

よく聞きます。

👂

 

 

 

 

まず、地図🗺を見る習慣は

つけた方がいいと思います

が・・・

 

 

 

 

なんと、みなさん、

その肝心な地図は

学校に置きっぱ

 

 

 

それじゃあ、

地理がダメなわけだ☝

 

 

 

 

地理は地図、

地図、地図、地図

 

 

 

 

それが私の考えです。

🌝☝

 

 

 

 

(私は自慢じゃないけど、

えっへん、

地理はけっこー

得意だったんです('ω')ノ)

 

 

 

 

そんな地理ですが、

覚えるときには、

 

 

 

 

ワークなんかの用語を

そのまま丸々覚えよう

なんて

 

 

 

「無謀」👋

 

 

 

そんなアホくさい

勉強やってられません。

👋

 

 

 

 

さらに関心がなければ

そんなもの

 

 

 

なんにも覚えられなくて

あたりまえ☝

 

 

 

 

むちゃに知識を

丸のみしても

消化されませんよ☝

 

 

 

 

覚え方は、

 

 

 

なぜ❓

とか、

どうなってるの❓

どこと関係があるの❓

 

 

 

 

みたいな疑問を

持ちながら、

 

 

 

そして関連事項を

連想しながら

調べたりしていくと

覚えやすくなります。

 

 

 

 

ベルギー

 

 

⇒ブリュッセル(首都)

 

 

⇒EU本部

 

 

⇒🦍 ❓

 

 

 

 

どんどん

つなげて連想をして、

 

 

 

その度になぜ❓

と疑問をもって、

 

 

 

 

調べていきます。

 

 

 

 

今どきは、

調べるのに

インターネットという

強力な武器が

あって、

 

 

 

本当に環境がいい。

 

 

 

 

それだけに、

上手くやる人と、

 

 

 

 

そうでない人とでは、

差がついて

しまいます。

 

 

 

 

そうそう、

関心をもつという

ことが

とても大事です。

 

 

 

関心がないことに

どうやって関心を

持つかは、

とても難しい問題です🤔

 

激むず🤔

 

 

 

 

これも、好きなことと

結びつけて

 

 

 

(たとえば好きな

スポーツとか)

と連想してみるとか、

 

 

 

それで完全に改善できる

とはいいきれませんが、

 

 

 

 

苦手をそのまま放置する

ことなく、

 

 

 

 

打てる手は

打ってみてほしいと

思います。

 

 

 

 

逆に関心さえあれば、

あとは方法の問題、

 

 

 

 

そんな人は心配ご無用、

かなり改善できる

可能性があると

思いますよ。😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月24日 (木) 

 

 

勉強する理由を教えて

背中を押してあげる✋

 

 

 

🎄

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

😌✋

 

 

 

 

なぜ勉強するのか❓

理由が必要では❓

 

 

というお話し。

 

 

 

 

自燃性、他燃性、不燃性。

 

 

 

 

参考

最近のブログ👈くりっく

 

 

 

 

3つのタイプがあって、

ある一定割合(2割くらい❓)

が不燃性型である

そうです。

 

 

 

 

自燃性とは、

自分で考え、

自分で行動できる

タイプ。

 

 

 

 

言われなくても

自分からやる、

完全なる自立型、

 

 

 

 

いわゆる優秀な人が

このタイプ。

 

 

 

 

他燃性とは、

言われないとやらないが、

背中を押されればやる

タイプ。

 

 

 

 

このタイプが多数で

普通の人。

🌝

 

 

 

 

やらなければ

やらないとは聞こえは

悪いですが、

 

 

 

 

うらを返せば、

言われればやる、

ってこと。

 

 

 

 

不燃性とは、

背中を押されても

やらないタイプ。

 

 

 

うう~ん

反応しないタイプで

ちょっと残念😞

 

 

 

 

自燃性であれば

いうことなし、

 

 

 

 

他燃性であれば、

背中を押してあげれば、

前に進むことができる。

 

 

 

 

不燃性については、

正直、難しい

ものがあります。

 

 

 

 

(ちがったアプローチが

必要かと思います)

 

 

 

 

 

人間、ほとんどの人が

他燃性のタイプであると

いいます。

 

 

 

 

なので、

そのような人たちに

勉強してもらうためには、

 

 

 

 

理由を説明して

説得をする

必要があると思います。

 

 

 

 

なんのために勉強しているのか❓

 

なぜ自分は今、勉強をしているのか❓

 

 

 

 

多くの時間を勉強に

使っていながら、

 

 

 

 

その理由がはっきりしない

というのは

おかしな話。

 

 

 

 

大人の側が、

子どもに勉強する理由を

納得するまで

お話しする必要がある

と思います。

 

 

 

 

私からも

お話しをするように

しています。

 

 

 

 

 

 

12月23日 (水)

 

 

 

理由がわからないと

勉強する気も半減なのでは❓

😞

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

人は、理由がないと

行動しにくい、

 

 

 

そんなお話しでした。

 

 

 

最近のブログ👈くりっく

 

 

 

 

勉強(自己学習)とて同じこと。

 

 

 

 

勉強できている人は

勉強が好きだから

できている❓

 

 

 

とんでもございません

👋

 

 

 

 

そんな人はほとんど

いませんよ。

 

 

 

保護者さんとお話し

していて、

 

 

この話をすると

驚かれる方もいます。

 

 

 

 

普通に考えてみて

くださいな。

 

 

 

 

問題集をカリカリと

解くのが楽しい❓

 

 

 

解けるのが楽しくて

ゲームのように

やみつきになる❓

 

 

 

残念ですが、

それは理想かもしれませんが

到底、現実的では

ありませんよね。

👋

 

 

 

 

東大生(卒生)でも

そんなことはいわないと

思います。

 

 

 

(東大生や難関大を

卒業された多くの方は、

 

 

大学に受かったのは、

「がんばったから」

「ガマンしたから」

と言います)

 

 

 

 

必要だからやってるんです。

ここ☝を外したら、

実際には前進できません。

 

 

 

 

勉強が面白くなるのを

待っていた生徒さんも

いましたが、

(ご本人いわくです)

 

 

 

 

多くの時間をむだに

してしまったようです。

 

 

 

 

楽しくなってきたら、

がんばる❓

 

 

 

 

そうじゃないよ☝

必要だからやるんだよ☝

とお話しして

 

 

 

 

理解してもらい、

納得してやりだして

成績が上向いてきた

生徒さんもいます。

 

 

 

 

 

 

なので、

勉強するべき理由を

教えてやらなければ

いけないと思います。

 

 

 

 

それが、きわめて

現実的な対処法と

考えます。

 

 

 

 

 

 

ところで

なにかしなければいけない

ことに対して、

 

 

 

 

行動を自ら変化させる人と

そうでない人がいます。

 

 

 

 

これは、人の個性は

人それぞれなので

そういうものなのかな、

 

 

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

自燃性、他燃性、不燃性

 

 

 

 

次はこのお話しを

したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月22日 (火)

 

 

 

説得するのには理由が必要☝

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋🌝

 

 

 

 

勉強する理由が

わからなければ

 

 

 

 

なかなか自分から

勉強することは

ないと思います。

 

 

 

 

塾でも、

いろんな生徒さんに

勉強する理由について

聞いたことが

あるか👂❓

 

 

 

 

と聞いてみると、

聞いたことがない、

👋

 

 

 

 

という生徒さんが

意外や意外に

多いものです。

 

 

 

 

それでは、

なかなかモチベーションが

上がらないのでは❓

と思います。

 

 

 

 

(生徒さん側も自分から

疑問に思って

質問をしてみてほしい

ですね😰)

 

 

 

 

よく、人の行動には

動機があるいいます。

 

 

 

 

昭和っぽい😰

のですが、

 

 

 

 

刑事物のドラマで

「犯人の動機は?」

 

 

は、決まり文句でしたね。

 

 

 

って、

知らないですよね💧

 

 

 

 

「必ず動機があるはずだ、

動機を探るんだ。」

 

 

 

「そうか、そうだったのかっ」

 

 

 

ってな具合に。

 

 

 

 

 

動機を探ることによって

事件を解決していきます。

 

 

 

 

例えが

悪かったかもしれませんが

😰

 

 

 

 

私自身もそうで、

人に何かを言われたとして、

 

 

 

 

理由がわからないと

納得していない

ことは多いです。

 

 

 

「あたりまえだろう」

 

 

「そういうものだから」

 

 

「常識だから」

 

 

・・・・

 

 

 

 

どうして、

あたりまえと言えるのか❓

 

 

 

そういうものとは

どういうものなんだ

 

 

 

それはyou自身の考えなのでは❓

 

 

 

 

常識がいつも正しいと言えるのか❓

 

 

 

・・・

 

 

 

 

理由をもって話されると

納得はしやすいものです。

 

 

 

 

心理学の実験では、

理由が的外れであっても、

 

 

 

 

なんとなくの雰囲気で

説得できてしまう

(説得されてしまう)

ことが証明されています。

 

 

 

 

それだけ、

「理由」というのは

大事なのでは、

と思います。

 

 

 

 

勉強とて、

全く同じことだと思います。

 

 

 

 

勉強は

 

 

「やりなさい」

 

 

「しなけばいけないから。」

 

 

 

 

それでは、

勉強する側は納得しない

でしょうね。

 

 

 

 

具体性に欠けても

納得しにくいものです。

 

 

 

 

「やらないと大人になって

困るから」

 

 

 

 

どう困るのかがわからないと、

しっかりと納得は

できないものですよね。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

12月21日 (月)

 

 

 

図や表は正確に指し示すこと☝

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

😌

 

 

 

 

人に説明するとき、

プレゼンをするときは、

 

 

 

 

図や表を用いて

行うと

わかりやすく

説得力があるものです。

🌝☝

 

 

 

 

もとから図や表が

あれば、

それを使うことは

もちろんのこと、

 

 

 

 

そうでなくても、

自分で内容を図式化する

とか、

 

 

 

 

表にまとめるなどして、

それらをもとに

説明をするのも

効果的です。

 

 

 

 

わかりやすいことは、

理解を得やすいし、

説得力にもつながります。

 

 

 

 

そして、

その図や表を説明する

ときですが、

 

 

 

 

線なら線、点なら点、

三角形なら三角形を

正確に指し示す

ことが大事です。

 

 

 

 

それができない

ことによる

2つの問題点があると

考えます。

🌝☝

 

 

 

 

まず、

説明を聞いている側が

 

 

 

どこの点、

どこからどこまでの線、

のことを

 

 

 

言っているのか、

理解がしにくい😰

 

 

 

 

そのような場合、

聞いている側は、

話している側が、

何を言っているのかを

理解しようと、

 

 

 

 

本来、頭を使わなくて

いいところに

頭を使うことになるので、

 

 

 

 

プレゼン内容が理解

しにくいだけでなく、

 

 

 

 

説得力もありません。

相手に対しての

ストレスにもなります。

😰

 

 

 

 

もう一点が、

話している本人の理解度

の問題です。

 

 

 

 

みんながみんなそうとは

いいませんが、

 

 

 

 

プレゼン内容の

自分自身の

理解度が低い場合、

 

 

 

 

きっちりと

指し示すことが

できていないと

感じています。

 

 

 

 

指している🖊が

ブレブレだったり、

😰

 

 

 

 

線を示すところを

頂点を示していたり、

 

 

 

 

線分がどこからどこまでか

長すぎたり、

短すぎたり、

😰

 

 

 

 

塾では、

よく生徒さんの

に説明をするよう

求めますが、

 

(普通の塾では

こんなことやってない

と思いますが)

 

 

 

 

勉強がうまくいってない

生徒さんほど、

 

 

 

 

示すべき図の点や線分、

図形などが、

「的確」ではありません。

 

 

 

 

なので、

示すべきポイントは

正確に指し示すようにと

言っています。

 

 

 

 

これが、

なかなか直らないん

ですよね~

 

 

 

 

勉強ができるように、

そして、相手を説得する

技術を身につけてもらう

ために、

 

 

 

 

このようなことでも

基本は基本!

 

 

 

「できるまで」

しっかりとやって

もらおうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

12月19日 (土)

 

 

 

正しい表現を使うことが

論理的思考を養う

算数・数学

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

 

 

🌝

👐

 

 

 

小学生の算数の計算式の

書き方について

問題点を指摘しました

 

 

 

参考

👉最近のブログ

 

 

 

 

左辺=右辺

というのは、

もちろん「等式」であって

 

 

 

 

等式には等式の

ルールがあります。

 

 

 

 

ルールといっても

ごく簡単なもの。

 

 

 

 

右と左がおんなじ値だよ

(^o^)☝

 

 

 

=でバランスをとって

いるんだよ

(^o^)☝

 

 

 

バランスをくずしたら

=じゃなくなっちゃうん

だよ

(^o^)☝

 

 

 

だから、

書きやすいから、

やりやすからと言って、

 

 

 

ルールを破っては

いけないんだよ

(^o^)☝

 

 

 

 

っと。

 

 

 

 

これが、

算数(数学)のルール。

 

 

 

 

ルールを無視していると

算数⇒数学が

 

 

 

 

わからなくなって

くることがあると

感じています。

(現場感覚で)

 

 

 

 

方程式の等式は、

左と右が等しい、

というルールのもとで

 

 

成り立っている式です。

 

 

 

 

それを無視して考えて

いると、

 

 

 

 

方程式でない

普通の分数や小数の

計算式で

 

 

 

 

勝手に何倍するか

のような

とんだ計算ミスを

してしまう人が出てきます😰

 

 

 

 

方程式と

そうでない普通の計算

との違いが

わからなくなって

いるんです😢

 

 

 

 

まさか、

と思われている

保護者さんも

いらっしゃるかも

しれませんが、

 

 

 

 

平均点クラスの生徒さん

でも、

 

 

 

 

普通にやっている

ミスなんです。

🙅

 

 

 

 

中1数学のひっかかり

ポイントです☝

 

 

 

 

そして、

なにより、

 

 

 

 

根本的なところ、

数学は論理的思考を

養う教科。

 

 

 

 

たとえばですが、

 

AだからBなんだ

 

BだからCなんだ

 

 

 

だからAだからCと

考えることが

できる🤔

 

 

 

というように。

 

 

 

 

連立方程式は大人に

なって使う人は

ほとんどいませんが、

 

 

 

 

このような思考法は

だれでも

必要なはずです。

 

 

 

 

数学(算数もですが)は

ルールの上で、

 

 

 

いろんな法則が成り立って

いますので、

 

 

 

ルールを無視すれば、

 

 

 

数学が数学では

なくなってしまいます

( ;∀;)

 

 

 

 

だからこそ、

数学の前段階、

小学校で習う算数を

 

 

 

 

「まちがいのない」形で

習得しておくことが

必要かと思います。

🤔

 

 

 

 

算数から正しく学ぶ、

 

 

 

答えさえあえばいい

のではなく、

 

 

 

正しい算数

正しい計算式の書き方を

学ぶことが

 

 

 

 

基礎からきっちり

やっておくことが、

その先につながって

くるものなんです☝

 

 

 

 

 

 

 

 

12月18日 (金)

 

 

 

算数の式も

正しい表現をすべきです

🚫

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

算数のお話し。

 

 

 

多くの小学生が

やっている、

 

 

やってはいけない

算数の計算式、

 

 

 

について、

ご紹介します

😰

 

 

 

 

とても多くの小学生が

やってしまっている、

 

計算式ですが、

 

 

 

 

「等式」が等式として

書かれていない、

 

 

 

そんなことがあります。

 

 

 

 

具体的にどんなまちがい

かというと、

 

 

簡単な例を挙げると、

 

 

 

2.5×40-2.5

を計算しなさい。

 

 

 

という問題があった

場合、

 

 

 

2.5×40-2.5

 

=2.5×40

 

=100-2.5

 

=97.5

 

 

 

っと、やっちまいます🚫

 

 

 

 

2.5×40-2.5=2.5×40

 

では、ありませんし、

 

 

 

2.5×40=100-2.5

 

でも、ありません。

 

 

 

 

自分が計算しやすい

ように、

(計算式を短くしたい

ために)

 

 

 

 

-2.5を省略したり

あとからくっつけたり

 

 

 

 

している

のだと思います🤔

 

 

 

 

おかたいことを申しますと、

この式は、等式として

「=」が成り立ってない、

 

 

 

 

つまり「≠」なので、

まちがいです。

 

 

 

 

「そんなこといったって

長い式はめんどうくさく

なるし、

 

 

答えが合ってればいいじゃん」

 

 

 

っと

思われるかもしれません。

 

が、

 

 

 

 

これは算数・数学のルール

から逸脱(外れて)して

いるんですね✋

 

 

 

 

等式というのは、

左辺と右辺が同じ値

という意味です。

 

 

 

 

なので、

正しい「=」の意味を

理解して、

 

 

 

 

式を立てるべきだと

私は思います。

 

 

 

 

そして、

あとから問題も出てきます。

😰

 

 

 

 

等式の計算問題の

代表格が、

「方程式」の問題。

 

 

 

 

方程式は、

等式で結ばれていて、

右辺と左辺が同じという

性質を利用して、

 

 

 

 

両辺を同じ数字で

足したり、引いたり、

かけたり、割ったり、

して(移項の基礎)

 

 

 

 

つまり移項をして

計算するのですが、

 

 

 

 

これを使って

χの答えを出します。

 

 

 

 

この方程式を中1の前半に

やるのですが、

 

 

 

 

等式の意味をしっかり

理解をしないと、

 

 

 

 

方程式と通常の計算の

仕方がごっちゃになって、

 

 

 

 

だんだんと計算が

めちゃめちゃになる

生徒さんも

少なからずいるんです。

 

 

 

 

考え方の基礎が

できていないから

だと思います。

 

 

 

 

たとえば、普通の

文字式の分数の計算で、

 

 

 

分母に5があれば、

勝ってに5倍して、

分母を掃ってしまって、

 

 

 

それを答えにして

しまったり

しています。

 

 

 

 

5倍していいのは、

等式が成り立っている

ときで、

 

 

 

 

右辺と左辺が同じ値で

あるからのはずです。

 

 

 

 

「=」が持つ意味、

を正しく理解して、

正しく使う。

 

 

 

 

算数も数学もですが、

決して答えがあってれば

いいって

ものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

12月12日 (土)

 

 

 

ちょっと思ったこと。

🤔

 

ちょっとだけよ。

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

('ω')ノ

 

 

 

 

ちょっと思ったことを

ツイートします🐤

 

 

 

 

勉強ができるように

なるためには、

勉強の方法、テクニックは

言うまでもなく

大事です。

 

 

 

 

どんなスポーツでも

でたらめなことを

たくさんがんばっていても

無意味です。

 

 

 

 

だから勉強方法や

やってみて「得する」ことを

教えているのですが・・

 

 

 

👻

 

 

 

 

教えられたことも

やらないとなんの意味も

ありません。

😞

 

 

 

 

やらないと始まらない、

当然のことですが、

そんなみえみえの落とし穴に

 

 

 

 

ずどんずどんと

ハマっている人が

います。

 

 

 

 

やらなければ

何事も始まらない、

 

 

 

そうではないのでしょうか❓

 

 

 

 

スポーツをしない

評論家がスポーツが

できるでしょうか❓

 

 

 

 

すべては、

「やる」ことから始まります。

 

 

 

 

だよね👍

 

 

 

 

だから、まずはやる。

 

 

 

 

やる気をもってやれば、

じゃあ、どうしたらいいんだ

 

 

 

という疑問がわいてくるはず🤔

 

 

 

 

だから、とくかく

始めて、

 

 

そして、いろいろと

考えてみてほしいと

思います。

 

 

 

 

そうすれば、

疑問がわいてきて

その解決のための

テクニックは

活きてくると思いますよ

😊☝

 

 

 

 

 

 

 

 

12月11日 (金)

 

 

 

どんな目標を立てたらいいの❓

 

 

 

(その日の各教科の

勉強のGoalの設定⚽

のお話し)

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

静岡学習塾の西ヶ谷です

(^o^)丿

 

 

 

 

各教科の勉強で

個々に目標を設定する

ことが、

 

 

 

 

集中も生み出すという

お話しでした。

😌

 

 

 

 

こちらのつづきです。

最近のブログ(👈くりっく)

 

 

 

 

どこまでやるのか、

自分で目標とする到達度を

設定しておくことが

大事、

 

 

 

 

なんのために

今勉強しているのか

と言えば、

 

 

 

 

まちがいなく、

「できるようになるため」

 

 

 

 

ではでは

できるようになるん

だったら、

 

 

 

 

小さなできるを

ひとつひとつ

クリアしていくように

するのがいいのでは、

 

 

 

って思うんですよね😊

 

 

 

 

では、

自分の学習での

時間割りの

各「時限」ごとの

目標ですが、

 

 

 

 

どんな目標を立てたら

いいのか、

 

 

 

 

もっと具体的にお話し

したいと思います😊☝

 

 

 

 

目標とするgoalですが、

どれだけの量をやる、

 

 

 

という目標でもいいのですが、

 

 

 

 

注意すべきは、

大事なことは

「やった」ことに満足しない

ことだと思うんです。

 

 

 

 

自分はやった、

がんばった、

👏

 

 

 

 

それは、わかりますし

大事なことですが、

 

 

 

 

結果が出ていないと

何のためにやったのか、

何のために

がんばったのかが

わからなくなります。

😱

 

 

 

そうなっちゃうと

実にむなしい( ;∀;)

 

 

 

 

よくありがちな「わな」

なので、

要注意です。🚧

 

 

 

 

多くの人が、

やったという事実に

対して、満足してしまって

います。

 

 

 

 

そうじゃダメですよ。

 

毎日の勉強に、

結果を求める姿勢が

大事なんです。

 

 

 

と、強く思います。

🌝☝

 

 

 

 

毎日、毎日、

小さな結果を出して

それを積み重ねれば、

 

 

 

 

それは

ちりも積もれば山となって

大きな結果を生むように

なるものです。

 

 

 

 

その結果志向の

目標ですが、

問題数を時間内の

目標とするのならば、

 

 

 

 

具体的な問題番号を

挙げて、

 

 

 

その問題が完ぺきに

できるようになることを

目標にします。

 

 

 

問題をやっても、

理解しただけではなく、

 

 

 

 

できなかったら、

答えをみないでもう一度

やってみて、

 

 

 

 

できるまでやる。

ことです✋

 

 

 

 

いつもいつも、

できるまでやる。

 

 

 

 

わかるまでじゃない、

できるまで、

なんですね🌝☝

 

 

 

 

また、

ほかの目標の決め方の

一例ですが、

 

 

 

〇〇を完全に理解する。

 

 

 

 

とか、

〇〇をなにも見ないで

言えるようにする。

 

 

 

などが、考えられると

思います。

🌝☝

 

 

 

 

いずれの目標も、

考えのベース(基本)に

あるのは、

 

 

 

 

結果重視、

定着重視、

の考えです。

 

 

 

 

多くの人が

やったことに対して

満足しがちで、

 

 

 

 

それは、生徒さんたち

だけでなく

保護者さんも同じ。

🌝☝

 

 

 

 

毎日、毎日

積み重ねていくものの

質がちがって

いれば、

 

 

 

 

最後の着地点も

おのずと全然かわって

くるもの。

 

 

 

 

わたしは、

これに早く気がついた

人が、

 

 

 

 

より遠くへ跳躍することが

できるのだと

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

12月10日 (木)

 

 

 

その日その日の

目標を決めると

集中ができる👍

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

('ω')ノ

 

 

 

 

自宅で勉強するときに

集中力を高める方法の

ひとつをご紹介します

😉

 

 

 

 

集中法については、

いろいろあります。

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、

ほんとは集中法

ではなく、

 

 

 

 

勉強の基本に関する

やるべきことなのですが、

 

 

 

 

これをやると、

副産物として

集中ができるという

やつなんです。

 

 

 

 

う~ん、

いいじゃん👌

 

 

 

どんなものかというと、

 

 

 

 

それは、

「1日の勉強の目標を

時限ごとに

ひとつひとつ決める」

 

 

 

ということなんです。

 

 

 

 

 

どんなことかというと・・・

以下に説明しますね😉

 

 

 

 

1日の学習のスケジュールが

あります。

 

 

 

 

スケジュールとは

勉強の時間割りです。

 

 

 

 

🕕

1時限目 宿題📖

2時限目 数学📖

3時限目 英語📖

4時限目 社会📖

 

 

という具合に。

 

 

 

(時限というのは、

時間の区切りのことで

「1時間」では

ありません。)

 

 

 

 

そして、それぞれの

時限ごとに

目標を決めます。

 

 

 

目標とはGoalのことです。

 

 

 

 

その時間内に何を

やるのかは、

もちろんのこと😉

 

 

 

 

どこまでできるように

するとか、

 

何問やるか、

 

など、それがGoalと

なります。

 

 

 

 

そして、立てた目標は

頭の中で「わかってる」

 

 

 

としないで、

ちゃんと紙に書き出すこと

をおススメします✋

 

 

 

 

紙に書いて

視界に見えるようにして

おくと、

 

 

 

 

より意識がたかまり、

それを達成させようという

意識もわいてくる

ものです。

 

 

 

 

めんどうがって紙に

書かない人も出てきそう

です。

 

 

 

👋ダメダメ

 

 

 

 

後で、決めた目標が

なんだっけ❓

と、ぱっと出てこなければ

目標を見失います。

😞

 

 

 

 

というわけで、

ぜひ、やってみては

いかがでしょうか❓

 

 

 

 

この方法は、

私自身が過去にやって

いた方法です。

 

 

 

 

だれに言われるのでもなく、

試行錯誤というか、

 

 

 

 

考えてやっているうちに

だんだんと進化してって

 

 

 

このような形に

なりました。

😊

 

 

 

勉強は根気が必要です。

 

 

 

 

そこで、

これをやらなきゃ、

ここまでやらなくちゃ、

 

 

 

 

と思いながらやれば

おのずと集中するもの。

 

 

 

 

そしてスピードも

自然と上がってきます。

 

 

 

 

ぜひ、試してみては

いかがでしょうか❓

 

 

 

 

すでに、

似たような感じで

進められている人も

おられるのでは。

 

 

 

 

ぜひ、お試しあれ

😊👌

 

 

 

 

 

 

 

 

12月7日 (月)

 

 

 

導くのは親の方では❓

 

 

思ったこと🤔

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

 

当塾は面談からの 

成約率はかなり高め

(7割くらい)だと

思います。

 

 

 

 

しかしながら

「見送り」の方も

いらっしゃるのが

事実です。

 

 

 

 

見送りの方の中で

多いのが、

「子供の意向」

です。

 

 

 

 

「友達のいる塾がいい」

言い出したので、

そちらの意見を

優先させたい、

というご意見です。

 

 

 

このご意見が多いんです。

 

 

 

 

その度に私は疑問に

思うんです。🤔❓

それでいいの❓

 

 

 

 

塾というのは、

勉強をするところで

あって、

 

 

 

成績を上げることが

目的であるはず。

 

 

 

 

のはずですが、

そのニーズが強いのは

だいたいは親御さん

の方です。

 

 

 

 

そして、

子どもはと言えば

きっと、喜んで塾に

いきたいとは思って

いないでしょう。

 

 

 

勉強は好きではないから。

 

 

 

 

むりやり連れて来られた

😣

 

 

 

 

やや元気なくうつむき

加減で連れて

こられる生徒さんも

います。

 

 

 

 

(中には、自分から

行きたいと言ってくる

方もいます。

 

 

 

 

そのような人は、

即入塾が決まりますし、

こちらも大歓迎です。

 

 

 

 

教えがいがあるって

もんです。)

 

 

 

 

子どもの方は、

せめて楽しい方がいい、

友達がいると安心、

 

 

 

 

と考えていることだと

思います。

 

 

 

 

ところが

ここがくせ者なんです。

😣☝

 

 

 

 

当塾のようなキャパの

小さな塾でも、

 

 

 

友達関係同士はいます。

 

 

 

 

そして、その友達同士が

お互いを高め合う存在で

あるのならいいのですが、

 

 

 

 

多くの場合は

逆に作用している

ことが多いのです。

 

 

 

 

授業中に

関係ない会話をしだして

とまらない生徒さんも

います。

 

 

 

 

お互いを前向きに

刺激しあう関係が

理想ですが、

 

 

 

 

それは他人に依存しない

しっかりとした意志を

持った生徒さん同士の

話し。

 

 

 

なので、

私は友達関係については

塾でも注意深く

観察しています。

 

 

 

 

お互いにとってマイナスと

判断すれば、

同じクラスには

しないようにしています。

 

 

 

 

(一方が他方を一方的に

楽な方向🚫に誘っている

ケースもあるよう

に思います。

 

 

 

 

誘われた方は、

気を遣って付きあっている❓

 

 

 

迷惑を受けているが

関係がこわれるから

断れない、

 

 

 

 

そんな

ケースもありそうです。)

 

 

 

 

そもそも、

親側と子ども側では

 

 

 

 

求めるニーズ、

また、その度合いは

人にもよりますが、

 

 

 

 

本音の部分では

食い違っているものです。

 

 

 

 

なぜ勉強する

ことが大事なのかも、

知らない子どもが

自分で正しい選択が

できるものなのか❓

 

 

 

 

 

そこはよく気をつけて

おかなければいけない

ポイントだと

思っています。

 

 

 

 

なので、

塾を決めるときは、

 

 

 

 

勉強の大切さが

よくわかってない

子どもの方ではなく、

 

 

 

 

親御さんの方が

イニシアティブ(主導権)を

とって決定すべきでは

と思います。

 

 

 

 

そのためには、

選ぶ塾がどのような塾

なのかを

 

 

 

 

親御さんの方が

しっかりと調べる

必要があるのでは

ないかと思います。

 

 

 

 

 

正しい判断が

まだ十分でない

子どもを導くのが

親御さんの役割、

 

 

 

 

向上心が

それほど高くない

生徒さんをもつ

親御さんは特に。

 

 

 

そう思うのですが・・・。

 

 

  

 

いかがでしょうか❓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月21日 (土)

 

 

 

『準備8割』💦

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

テストの反省。

 

 

 

 

なんのためにやるのかと

言えば、

 

 

 

 

それはもちろん、

次回や次回以降につなげる

ためですよね😌

 

 

 

 

反省≒振り返り

がなければ、

 

 

 

いわゆる、

やりっぱなしって

やつで、

 

 

 

 

そこには

戦略もなにもあったもんじゃ

ございません😢

 

 

 

 

その反省を

テスト本番での失敗に

求めれば、

 

 

 

 

それは、

結果的に

「言い訳」

になってしまいます。

 

 

(時間が足りなかったなど)

 

 

 

 

塾で振り返りをして

多く出てくる

反省は、

 

 

 

テスト本番中での失敗!

になっている。

 

 

 

 

そうじゃないですよね。

 

 

 

 

準備段階、

つまりテスト勉強における

反省をしなければ

いけませんよね。

 

 

 

 

準備がしっかりできていれば

本番でのミスも減って

くるものです😌

 

 

 

 

準備8割と言われます。

 

 

 

 

テストでも試合でも、

その結果は準備で決まる

ということです。

 

 

 

 

結局のところ、

本番でどれだけ集中して

がんばろうが、

 

 

 

 

事前の練習がしっかり

してなければ

勝てないということです。

 

 

 

 

それだけ、

準備は重要ということです。

 

 

 

 

強いスポーツの選手は

ハードな練習をたくさん

積み重ねているはずです。

💦

 

 

 

 

それも、

ただやっているだけでなく、

 

 

 

 

目標をもって、

それを目指して、

知恵を絞りながら、

やってるはず。

 

 

 

 

勉強とて同じこと。

 

 

 

 

本番で結果を出すためには、

事前のテスト勉強を

どのようにやったかで

決まってくるはず。

 

 

 

 

そこから目を離しては

いけないんです😟

 

 

 

 

どんなことを

どれだけ考えて、

どれだけ努力したのか❓

 

 

 

 

やることの

精度を上げ、

 

 

 

 

ステップアップするために

自分がやったテスト勉強の

反省をすべきです。

 

 

 

 

必ずや自分に足りてなかった

ものはあるものです。

 

 

 

 

そして、

うまくいったことは

そのまま継続して

みればいいんです。

 

 

 

 

改善を繰り返す人と、

現状維持を繰り返す人とでは、

 

 

 

 

時間が経てば大差がつきます。

 

 

 

 

テストの結果が悪かった

場合に限らず、

 

 

 

よかった場合でも、

 

 

 

 

反省すべきことは

あるはずなので、

 

 

 

 

振り返りの機会を

つくってほしいです。

😊☝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月20日 (金)

 

 

 

 

テストの結果が

悪かった

ときの反省の仕方

🙉

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

反省だけならサル🐵でも

できる。

 

 

 

 

知っている人は・・・

ははは

 

 

 

( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

さて、

テストの結果が悪かったら

次こそはがんばろう、

 

 

 

 

よくありがちな

パターンだと思います。

 

 

 

 

そのくやしさ、

その反省は、

いつも間にやら

忘れ去られ、

 

 

 

 

そして、

歴史はくり返す。

🌀

 

 

 

 

人間は同じまちがいを

くり返すもの。

 

 

 

 

だからこそ、

歴史を学ぶ、

という意見もあるほど。

📖

 

 

 

 

だから、

節目節目で

反省はしておかないと

いけませんね👍

 

 

 

 

そこでですが、

どんな反省をするかで、

 

 

 

 

次への展開は

全くちがうものに

なってきます。

 

 

 

 

反省だけなら🐒でも

できる❓

 

 

 

 

するべきことは

🐒でもできる反省では

ないはず。

 

 

 

 

ありがちな

反省のパターンは、

 

 

 

 

テストで

難問にひっかかって

時間がなくなって

しまった😢

 

 

 

 

わからない問題に

気を取られて

できる問題ができなく

なってしまった。

 

 

 

 

問題の量が多かった。

 

 

 

 

ケアレスミス

(うっかりミス)が

多かった😢

(本当はできるのに)

 

 

 

 

などなど

 

 

 

 

 

これらは、

報告を聞くと

もっともらしく

聞こえますが👂

 

 

 

 

私は、

そうじゃなくて、

 

 

 

 

これらは

厳しい言い方ですが、

「言い訳」😭

 

 

 

なんだと思っています。

 

 

 

 

難問に時間をとられる

ような経験は

過去にもあったはず。

 

 

 

 

そして、

問題ができていない

のも、

 

 

 

ちゃんと勉強していれば

できたのでは❓

 

 

点数が高得点なら

まだしも・・・

 

 

 

 

問題の量が多いと

感じるもの、

 

 

 

 

自分の実力が足りてない

ために、

多く感じる、

 

 

 

ということもあります。

 

 

 

 

私も経験者ですから、

そうなんだと思います。

🌝☝

 

 

 

 

ケアレスミスは、

そのための対策を

普段の学習からしておく

べき。

 

 

 

 

そんなに簡単には

直りませんが、

 

 

 

 

本番のテストに限って

連発してしまうのは

おかしな話。

 

 

 

普段からの練習不足、

実力不足(T_T)

 

 

 

 

多くの原因は、

事前準備に問題が

あったのでは

ないかと思います。

 

 

 

 

つまり

 

勉強不足 😞

 

 

 

 

厳しい見方と思われる

かもしれませんが

それが本音😞

 

 

 

 

 

事前準備の状況が

どうだったのかが

問題だったと思います。

 

 

 

 

なので、

テストの反省は、

試験本番の最中のこと

ではなく、

 

 

 

 

事前準備の段階の

反省であるべきと

考えます🤔

 

 

 

 

テストができなかった

原因は、

 

事前準備の方法と量に

問題があったのでは❓

 

 

 

 

テスト本番での

「戦法」もあるには

ありますが、

 

 

 

 

ほとんどは、

準備で決まる✧

と思っています。

 

 

 

 

私は、

そこが反省すべき

ポイントなのではと

思っています。

💡

 

 

 

 

 

 

 

 

11月19日 (木)

 

 

 

テストの結果が悪かった

( ̄▽ ̄;) 

次がんばろうで

フェイドアウト

しちゃってませんか❓

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😟

 

 

 

 

定期テストが終わって、

各学校の生徒さんの

結果がだんだんと

出そろってきています。

 

 

 

 

各学校(静岡市立)の

定期テストの時期は、

前後期制のため、

 

 

 

 

だいたい同じ時期に

中間、期末があります。

 

 

 

 

びみょうに時間のずれが

ありますが、

 

 

 

 

これもだいたいパターン化

(早めの学校、遅めの学校)

しています。

🌝☝

 

 

 

 

さて、

テストの結果は、

いつも塾のみなの成績が

伸びていればいい

ものの、

 

 

 

 

なかなかそう簡単には

いかないものです。

😢

 

 

 

 

上がる人もあれば、

変わらない人もいる、

😞ながら下がる人も

いる。

 

 

 

 

みなが順調という

わけにはいきません

😢

 

 

 

 

それもそのはず、

これは競争だからです。

 

 

 

 

結果がよくても、

悪くても、

 

 

 

 

そのテストの結果の

振り返り(review)を

して、

 

 

 

 

次につなげるように

しなければいけません。

 

 

 

 

やりっぱなし、

になっていませんか❓

 

 

 

 

よくあると思われるのが、

 

 

「テストができなかった

(T_T)、

 

次こそはがんばろう。」

 

 

 

 

とか、言っておいて、

そのまま時間の経過と

とともに、

 

 

 

 

そのくやしさは、

徐々に消えていく・・・

 

 

音楽🎶でいう、

徐々に曲の最後が小さく

なって消えていく・・

フェイドアウト。

 

 

 

 

くやしさも、

いつの間にやら、

忘れ去られて、

 

 

 

 

結局、

また、同じ失敗をくり返します。

((+_+))

 

 

 

 

こりもせずに、

何度も何度も

次こそは・・・

 

 

 

 

で、

結局、うまくいかない、

 

 

 

 

悪循環です🙅

 

 

 

 

そういう私も、

かつてはそんな経験が

あって、

 

 

 

 

身をもって

それがどんなもんかは

わかってるつもりです

(T_T)✋

 

 

 

 

そんな悪循環を

止めるためには、

 

 

 

 

テストが終わったら

しっかり反省しない

といけません。

 

 

 

 

反省をして、

次につなげるのです。

 

 

 

PDCA

 

 

 

 

さてさて、

反省といっても

どんな反省をしたら

いいのか❓

 

 

 

ここは大事☝

 

 

 

 

こちらから指摘しないと

「テスト中の反省」

の反省を書こうとする

人がいます。

 

👋

 

 

 

「時間がかかりすぎて

見直しをする時間が

なかった。」

 

(だからできなかった(涙))

 

 

 

ちゃいまっせ

👋👋

 

 

 

ポイントはそこじゃない☝

 

 

 

 

次回は

そのあたりのお話しを

したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月18日 (水)

 

 

 

女子は証明問題ができない❓

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

女子がとってもイヤがる

証明問題、

👋

 

 

 

 

論理的思考が特に

必要なのがこの領域です💦

 

 

 

 

論理的というのは

 

 

AだからB

 

BだからC

 

CだからD

 

・・・ 

 

 

 

だから〇〇が成り立つ、

 

 

 

 

というような、

 

 

論理が積み重なった

ようなもの。

 

 

 

だから、

理屈っぽい

👋👋

 

 

 

 

男子🚹は、理屈っぽい生き物。

 

 

 

女子🚺はどちらかというと

理屈っぽいのは

きらい。

 

 

 

 

 

だから、

女子は証明問題が

きらい👋なんだと

思います。

 

 

 

 

そんなこと言ってちゃ

いけないんだけど。。

 

 

 

 

だからと言って、

女子が証明が

できないかというと・・・

 

 

 

 

そんなことはないと

思います。

 

ないない👋

 

 

 

 

証明でも、

なんでもそうですが、

苦手の原因は

「やってない」

ことが多いものです。

 

 

 

 

そうではない場合も

ありますが、

 

 

 

 

基本、

勉強してないから

できないんです。

 

 

 

 

理屈っぽい、

きらい、

 

 

だから、やらない、

 

 

 

 

そうなっちゃってると

苦手になって

当たり前です😭

 

 

 

 

かつての生徒さんでも、

 

 

「むりむりむりむりい~」

 

 

 

 

と教室にエコーがかかって

いるんじゃないかと

思うくらい🎤

 

 

 

 

一曲行くんじゃないか

と思える勢いで♫

 

 

 

 

むりむり連発していた

生徒さん👧が、

 

 

 

 

 

やっているうちに

「できたー」

を連発🚀

 

 

 

 

絶対むり、から

得意かも、

 

 

 

 

って言うこと変わっちゃう

んだから、

 

 

 

 

結局は、

ただの食わず嫌い

なだけ。

 

 

 

 

いざとなれば

できるもの。

 

 

 

 

他の生徒さん👧でも

やればできた、

 

 

 

 

という同じようなことは

もちろんあります😊

 

 

 

 

ステップを踏んでいき、

自分にあった問題を

進めて、

 

 

 

 

徐々にレベルを上げていく

のは、他の単元も同じ。

🌝☝

 

 

 

 

手順を踏んでやる!

 

 

あきらめずにやる!

 

 

どうしたらできるかを

考えながらやる!

 

 

なやんでもいい。

まずはやる。

 

 

 

ノープロブレム

なんの問題もなし👋

 

 

 

 

できるように

やれば、

できるしかない。

 

 

 

 

👧は証明問題が苦手

というのは、

 

 

 

わからなそう

だからと、

 

 

逃げている結果なんだと

思います。

 

 

 

やるかやんないかの

問題。

 

 

 

 

 

合同、相似の条件を

しっかり覚え込んで、

  

 

 

 

まずは、

やさしいステップ

から入って

 

 

 

 

ねばり強く進めて

もらいたいと思います

😊

 

 

 

 

そうすれば、

なるようになる

(できるようになる)

ものです。

😊♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月17日 (火)

 

 

条件を知らなければ

証明問題はできない

👋

 

 

 

 

 

こんにちは、

 

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

 

女子がイヤがる👋

数学の証明問題に

ついてです。

 

 

 

 

合同には合同条件、

相似には相似条件

があります☝

 

 

 

 

いわば戦うための

絶対的に必要な武器

と言えます。

 

 

 

 

条件を知らないで

問題を解くことは、

武装した相手に

素手で戦うようなもの

😣

 

 

 

 

なので

まずは合同や相似の条件を

覚えて、

 

 

 

 

それを自在に使いこなせる

ようにしたい

ものです。

 

 

 

 

苦手であっても

いずれはできるよう

になります。

 

 

 

 

練習すれば、です。

💦

 

 

 

 

問題とにらめっこしてる

生徒さん、

 

 

 

 

格闘しているのかと

おもいきや・・・

😟

 

 

 

 

どうやらフリーズして

しまってるようすです😲

 

あた~

 

 

 

 

なににつまづいて

いるかとおもいきや、

 

 

 

 

合同条件を知らずに

問題を解いていました。

 

👋👋👋

 

 

 

 

むりむり

わかるわけない。

 

 

 

 

いやいや、

それで解けたら、

逆に超優秀ということに

なるかもしれませんね

(苦笑)

 

 

 

 

合同条件、相似条件に

ついては、

 

 

 

 

それが生まれる背景に

ついて

学校で学んでいるはずです。

 

 

 

 

なぜそうなるのかを

知って、

覚えてしまわないと

いけませんね。

 

 

 

 

いきなり、

条件を暗記させて、

問題を解かせるはずは

ないのですから。

 

 

 

 

というわけで、

できることなら

わけを知って

条件を覚え込む必要が

あります。

 

 

 

 

さて

証明の手順は、

 

 

 

 

条件をひとつずつ

そろえていき、

 

 

 

 

3つ、あるいは2つの

条件が満たすように

していきます。

 

 

 

 

全部そろって

合同か相似の証明が

終了します。

 

 

 

 

なので、

条件をそろえるためには

条件がなんなのかを

いないといけませんね。

🙉

 

 

 

ちょ~あたりまえのこと。

 

 

 

 

塾では、

わかってない生徒さんに

何度も暗唱してもらい

覚えてもらいました。

 

 

 

 

やれば覚えられるもの、

大変そうに思えても

なんも大変じゃない👋

 

 

 

 

問題は、その条件を

どう使いこなすか、

 

 

 

 

武器をもっていても

使いこなせなかったら

やられてしまいます

からね

(T_T)

 

 

 

 

 

つづく

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月16日 (月)

 

 

 

 

証明問題ができない。

(T T)

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です

✋😊

 

 

 

 

証明問題の季節が

やってまいりました。

😢

 

 

 

 

証明問題が好きだと

いう生徒さんは

あまりいません

🌝

 

 

 

 

そういう私も

中2のときの三角形の合同

の応用問題が

よくわかりませんでした。

 

 

 

(というか、

わけわかりませんでした

( ̄▽ ̄;) )

 

 

 

 

中学生の時期という

のは、

 

 

 

 

論理的展開が得意な

生徒さんと

 

 

 

 

苦手な生徒さんの

差がはっきりと

してくるような

気がします。

🌝

 

 

 

 

気のせいかも

しれませんが、

「証明」という問題が

出てきて、

 

 

 

 

それをうまくこなせる

生徒さんと

 

 

 

 

章に入ったばかりで

早速、🏳 お手上げ✋

状態の人が

出てきます

 

 

 

証明、というのは

論理力がものを言います。

 

 

 

 

論理的なお話しが

苦手な人は、

証明も苦手のように

思われます

😞

 

 

 

 

証明問題は

乗り越えなければ

いけないハードルが

2つある ↷ ↷ ❓

 

 

 

 

証明問題には

乗り越えなければ

いけないハードルが

 

 

 

 

通常の問題に比べて

もうひとつあるように

思っています。

🌝☝

 

 

 

 

2つのハードルとは、

 

 

 

 

➀通常の問題のように

問題を解く、

というのと、

 

 

 

 

➁論理的な

展開によってストーリーを

作り上げるという

 

 

 

2つの作業のことです。

 

 

 

 

実際には証明は、

各単元の応用問題で

あるのですが、

 

 

証明ばかりを解く単元は、

 

 

 

 

三角形の合同の証明、

あるいは、

三角形の合同の応用、

 

 

 

 

三角形の相似の証明、

あるいは、

三角形の相似の応用、

 

 

 

 

のパートとなります。

🌝☝

 

 

 

 

いわゆる証明の単元という

のは、

 

 

 

 

三角形の合同か

相似のことを指す

ことが多いです。

 

(合同=中2、相似=中3)

 

 

 

さて、

気を悪くされないで

ほしいのですが😓

 

 

 

 

論理的というより

感情的な👧女子生徒さん

の方が、

 

 

 

 

証明が苦手

(意識的に遠ざけている)

 

 

 

な傾向にあるように

思います。

 

 

 

 

証明の難しい問題

なんかが出てくると、

 

 

 

 

食いつくどころか

とっさに

 

 

 

むりむりむりむり・・・

 

 

 

 

もう、苦手意識の方が

先にいっちゃってる

みたい💧

 

 

 

 

さて、

そんな証明問題、

攻略できないもの

なんでしょうか❓

 

 

確かに難しいです。

 

 

 

 

市立高の中には、

入試で証明問題を

ガチでは出さない

学校もいくつかあります。

 

 

 

(穴埋め問題に変えたり

しています)

 

 

 

そこまで手におえない

ものなのか❓

 

 

 

 

以下、このことについて

考えてみたいと

思います。

 

 

 

 

三角形の証明問題には

合同条件や相似条件が

あります☝

 

 

 

まず、

これらの条件を

覚えることが絶対に

必要なのですが・・・

 

 

 

 

つづく🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月10日 (土)

 

 

 

 

定期テストと受験対策を

どのように

両立させるか❓

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

中3にとっての

定期テストは、

  

 

 

3年生の内申が高校に

いくので、

 

 

 

1,2年生のときの

定期テストとは

 

 

 

比べモノにならないほど

重要です。

 

 

 

 

後期の内申が高校にいく

ことになりますが、

 

 

 

 

後期だけの成績でなく

前期の成績も加味されて

結果が出される、

 

 

 

 

というお話しも聞いて👂

います。

 

 

 

 

なので、

前期の定期テストで

失敗していたら

 

 

 

 

後期の最初の定期テストは

必ず逆転を狙わなければ

いけません😣☝

 

 

 

 

後期の2回目のテストは

先にお話ししましたが、

 

 

 

 

タイミング的に

高校に提出される

内申には

入りません。

 

 

 

 

盲点😲💥

 

 

 

 

後期の1回目のテストが

ラストチャンス

になります。

 

 

 

 

さて、

この時期(🍂)になると、

 

 

 

 

入試本番までの時間も

少なくなってきています。

 

 

 

 

(通常、私立は2月、

公立は3月に入って

まもなく試験本番です💦)

 

 

 

 

定期テストも大事だし、

入試本番のテストも

もちろん超重要です。

 

 

 

 

定期テストがあるからと

言って、

 

 

 

 

定期テストの勉強ばかり

してはいられません。

 

 

 

 

うまく両立させないと

いけません。

 

 

 

 

では、

どのように両立させたら

いいのか❓

 

 

 

 

「正解」と言えるものは

ないかもしれませんが、

 

 

 

 

私でしたら、

今までよりも早いタイミングで

定期テスト対策を

始めながら、

 

 

 

 

併行して受験対策

(1・2年の復習・演習)

をやっていきます。

 

 

 

 

定期テスト1週間前くらい

になったら、

定期テストの勉強を

100%にもっていきます。

 

 

 

 

それくらいメリハリを

つけるくらいが

丁度いいと思います🌝☝

 

 

 

 

定期テスト本番に向けて、

入試対策の勉強は

徐々に比率を下げて

いきますが、

 

 

 

 

これは、入試対策の進み

具合にもよるので、

 

 

 

 

個人の事情によって

変わってくるもの

だと思います。

 

 

 

 

定期テスト、

学力調査、

入試、

 

 

 

 

と、テストがいろいろ

ありますので、

 

 

 

 

勉強の計画は、

それらを加味したものに

なるはずです。

 

 

 

 

つまり、それぞれの

テスト前には

それぞれの対策をする

ということです。

 

 

 

 

いきあたりばったり

思いつきでは、

 

 

 

 

まともな成績は出せれ

ませんので、

 

 

 

 

「戦略的」に

学習を進めてほしい

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

10月9日 (金) 

 

 

 

 

3年間定期テストの

総決算!!

第1回後期テスト

😣☝

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

中学3年生にとって

最初の後期テストは

これまでの総決算!

 

 

 

 

つまり、中学生活の中で

もっとも大事な定期テスト

ということです。

🌝☝

 

 

 

 

なぜなのか❓

 

 

 

 

 

もうおわかりだと

思いますが、

 

 

 

 

このテストによって

高校にいく内申点が

大きく左右される

からです。

 

 

 

 

多くの中学校では

1回目の後期テストは

11月にあります🔥

 

 

 

 

2回目の後期テストは

もう年を越えて

1~2月になりますので、

 

 

 

 

内申の方には

成績は加味されない

のです。

 

 

 

 

大変重要なことなので

知っておてほしい

と思います。

 

 

 

 

そして、高校にいく

内申点は後期分に

なるそうです。

 

 

 

 

なので、

 

 

後期1回目の定期テストは

他の定期テストとは

比べ物にならないほど

重要度が高いといえます。

🌝☝

 

 

 

 

また、なおかつ、

高校入試は、

いまどきは、本番の受験より

内申が重視されると

いいます。

 

 

 

 

なので、なので、

11月の後期テストは

「受験本番」のつもりで

臨んでももらいたい、

 

 

っていうか、

 

 

 

もう受験本番そのもの

 

 

 

超重要 ✋😲

なので、

心して準備をしてほしいと

思います。

 

 

 

 

これまでの勉強の

積み重ねは、

 

 

 

 

この高校入試のために

あったと言っても

過言(言い過ぎ)では

ありません。

 

 

 

 

あと、約1か月後に

迫っている学校もあります。

 

 

 

 

もう、準備を始めても

いいんじゃないかと

思います。

👉

 

 

 

それぐらい大事。

 

 

 

 

学調も近い時期にありますが、

学調は実力テストなので

 

 

 

 

直前にじたばたしても

しょうがないところが

ありますが、

 

 

 

 

定期テストは範囲がせまく

短期決戦なので、

 

 

 

 

「努力が実を結ぶ」

テストです。

 

 

 

 

 

どうやるのか❓

どう攻めるか❓

 

 

 

 

を考えて、

目標点を奪取💨して

入試で優位に立ってほしい

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちがうテスト同士での

比較をどうすれば

いいのか❓

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

ちがうテスト間、

 

 

 

例えば、

1回目の定期テスト

2回目の定期テストの

結果を

 

 

 

どのように

比較すればいいのか❓。

 

 

 

 

 

中1の定期テストであれば

1回目と2回目では、

 

 

 

 

問題の中身はもちろん

問題の難しさがちがう。

 

 

 

 

ほとんどのケースで

2回目のテストの平均点が

ストーンと落ちます↷

 

 

 

 

だから、

何割かの中1の生徒さんは、

(または保護者さんは)

 

 

 

 

学力が下がったものだと

誤解をします。

 

 

 

 

そもそも

ちがうテストでの結果を

 

 

 

 

同列に比較すること自体が

ナンセンス(非常識)

なのです😞

 

 

 

 

医学の世界でもそうで、

ちがう臨床試験の結果を

ごちゃ混ぜにして

評価した結果は、

 

 

 

 

基本的に

エビデンス(証拠)レベルが

落とされています。

 

 

 

 

(中には勝手な操作が

されている報告があり、

 

 

都合のいいように使われる

ことがあります🚫)

 

 

 

 

 

しかし、

それでは、成績が上がって

いるのか、

下がっているのか、

 

 

 

 

できるだけ正確に判断したい

ものの、

どうしたらいいのか❓

 

 

 

という疑問❓❓❓

が思い浮かびます。

 

 

 

 

自分の成績の上げ下げを

テスト結果からどう判断

したらいいのか❓

 

💡

 

 

 

 

ひとつの簡単なご提案が

あります。

 

 

 

 

テストが終われば、

ほとんどの学校で

テスト個表が

配られるはずです。

 

 

(個表の存在を知らない

保護者さまもいます👻)

 

 

 

 

そこには、

平均点が出されていると

思います。

 

 

 

 

平均点との差を比較して

みるんです。

 

 

 

 

1回目のテストより

2回目のテストで

合計点が10点さがった😢

 

 

 

 

しかし、

1回目のテストで、

平均点を20点オーバー、

2回目のテストでは、

30点オーバー

 

 

 

 

ということであれば、

 

 

2回目合計点 - 1回目合計点 

=10点

 

 

 

 

ということで、

平均との差(乖離(かいり))は

プラス10点で、

 

 

 

 

事実上は10点UPしている

ことになります😊

 

 

 

 

なので、

1回目より20点下がったと

あせらずに💦

 

 

 

 

冷静に比較評価してみては

いかがでしょうか❓

 

 

 

 

ただし、

平均との乖離を

みる方法は、

 

 

 

 

あくまで大ざっぱに

判断する方法です。

 

 

(そのため、

偏差値を出している

学校もあります。

 

 

 

が、

これはこれれでくせ者です)

 

 

 

 

%アップ(割合でみる)

を計ることもできると

思います。

 

 

 

 

しかしながら、

ちがうテスト間での

評価になるので、

 

 

 

 

ざっぱな方法でも

(あくまで参考値)

 

 

つまり、平均点との差の

比較で、

 

 

 

いいのではないかと思います❓

 

 

 

 

 

ところが、

ここで平均点の差を計算して

みても、

 

 

 

 

かなり下がった(T_T)

 

 

 

 

というのであれば、

これは原因を考えて

対策をとらねばなりません💦

 

 

 

 

おおくの場合は、

中1では、勉強がむつかしく

なってきて、

 

 

 

 

だんだんと手におえなく

なってきているのが

現状ではないでしょうか❓

 

 

 

 

塾に通っているのなら、

どううまく塾を

「使っていくのか❓」

 

 

他力本願になっていないか❓

 

 

 

 

考える機会になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

中1の2回目のテストは

簡単にはいかない💦

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

塾に入られるときや、

入ったあとで、

 

 

 

 

「定期テストで

過去最高点をとったのは、

いつのテスト❓」

 

 

と質問すると、

 

 

 

 

多い答えが

「1年生の最初のテスト」

です。

 

 

(中学の話しです。

小1じゃないよ😓)

 

 

 

 

とくに伸び悩んでいる

生徒さんに多い答えですが、

 

 

 

 

そうでない生徒さんでも

このように答える方が

いるものです。

😲

 

 

 

 

つまり、

それまでのテストと

比べて、

中1の最初のテストは

 

 

 

 

それだけ、

簡単、やさしい😊

 

 

 

ということなんですよね。

 

 

 

 

小学校のときまでは、

80点、90点という点数を

あたりまえに

とっていても

 

 

 

 

中学校のテストでは

そんな点数は

簡単にはとらせてくれません😢

 

 

 

 

満点💯とる人も

わずかです。

 

 

(通信ぼで5段階評価を

つけるので、

先生は簡単に満点をとれない

テストをつくるはずです。)

 

 

 

 

小学校と中学校のテストでは

平均点がちがうのです。

 

 

 

 

憶測ですが、

それでも中1の最初のテストが

やさしいのは、

 

 

 

 

小学校から中学に入った

ばかりで、

 

 

 

最初のテストで点数が

ガクンと下がると

 

 

 

ショック💥をうける

生徒さんが出てくるから

 

 

 

なのだと思っています。

(まちがって劣等感を

もってしまうかも❓❓)

 

 

 

 

だから、

「ソフトランディング」に

 

 

 

最初のテストはやさしめ

にして、

 

 

 

 

2回目以降、

それよりも難しくしていこう

 

 

 

 

との考えではないかな

(多くの場合。)

 

と思います。

 

 

 

 

中学に入ると勉強が難しく

なった、

 

 

 

というお話しをよく聞きます👂

そりゃそうだ☝

 

 

 

 

今まで8割が当たり前

と思っていた生徒さんが、

 

 

 

 

いきなり50%しか

できない(T_T)

 

 

 

では、ショック💥かも

しれません。

 

 

 

 

と言って、

毎回のテストをやさしく

しているわけには

いきません。

 

 

 

 

だから、2回目以降の

平均点は1回目より

下がってくるのだと

思います。

 

 

 

 

事情をしらないと

点数だけから判断して

 

 

 

成績が下がった(T_T)

 

 

 

とあわてる💦ことに

なりかねないと

思います。

 

 

 

 

ただし、勉強がだんだんと

難しくなってくるのも

事実。

 

 

 

 

正確にテストの結果を

「分析」しておかなくては

いけませんね。

 

 

 

 

さて、

それでは、どうやって

ちがうテスト間の結果の

比較を

「分析」したらいいのか❓

 

 

 

 

私なりの考えを

次回にお話ししたいと

思います。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月16日 (水)

 

 

 

 

「なぜ勉強するのか❓」

考えてますか❓

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

なぜ勉強しなければ

いけないのか❓

 

 

 

 

 

について、

今、塾では各生徒さんに

お話しをして

意見を聞いています。

👂

 

 

 

 

教科の勉強をせずに

このようなお話しをして

 

 

 

 

中には

「無駄に時間を使っている」

と思われる保護者さんも

いるのでは💧

 

 

 

 

と思いながらも

進めています。

 

 

 

 

なぜなら、

モチベーションが

上がらなければ

 

 

 

 

勉強の成果は上がりません

ので。

 

 

 

 

本当にやる気にならないと

成績は上がらないもの

です💦

 

 

 

 

そのような考えで

私はやっていますので、

 

 

 

 

このような授業も

させていただいている

次第です、はい😓

 

 

 

 

さて、

「なぜ勉強をするのか❓」

以下のような問いかけを

しています。

 

 

 

 

「別に楽しくもないのに

やる必要があるの❓」

 

 

 

 

「ゲームやってた方が

楽しいじゃん❓

そうじゃないの❓」

 

 

 

「そんなに楽しいの❓」

 

 

 

そんな問いかけに

対しての答えは

勉強に必要性を感じながらも

さまざまです。

 

 

 

 

職業につくため。

 

 

生きるため。

 

 

やらなければいけないから。

 

 

よくわからない。

 

 

など

 

 

 

 

すでに、

小学生でありながら

ご家庭で、

このようなテーマで

お話しをされている

保護者さんもいました。

 

 

 

すっすばらしい

👏👏👏

 

 

 

 

その中でも

勉強しなければいけない

理由として

よく出てくる意見が

 

 

 

 

「将来のため」

 

 

 

です。

 

 

 

キタ━(゚∀゚)━!

 

 

 

 

それぞれの意見に対して

こちらからツッコミを

入れます☝

 

 

 

 

「将来のため」

 

 

 

という意見に対しては、

具体的にどうなるため❓

と聞き返します。

 

 

 

 

すると返ってくる

答えはばく然とした

ものが多いです。

 

 

 

 

なかには、

よくわからない、

という人も。

 

 

 

 

勉強する理由は❓

という質問に対しては

なかなか模範解答のような

ものは作りにくい

のかな❓と思います。

 

 

 

 

その中には、

人それぞれの価値観で

ちがいが出てくると

思います。

 

 

 

 

稼ぎ(かせぎ)

 

 

職業

 

 

のような「現実問題」から、

 

 

 

考え方の視野が

広くなる

(人格形成)

 

 

 

 

そして

ばかにならない

他人から受ける

イメージの問題。

 

 

 

 

(精神的なものから、

実益、実害に至る

ものまで)

 

 

 

 

知恵がついて

頭もまわり

「問題解決能力」が

上がる。

 

 

 

 

=さまざまな障害を

乗り越える力をつける

ことができる

 

 

 

など。

 

 

 

 

こんな視点でお話しをし

ディスカッションして

います。

 

 

 

 

勉強ができる人ほど、

勉強の価値がわかると

いいます。

 

 

 

 

勉強の価値がわからない

のなら、

 

 

 

 

勉強の価値が

わかるようになって、

勉強ができるように

ならなければいけません。

 

 

 

 

基本中の基本である

はずのことですが、

 

 

 

 

「勉強する理由」

について

今まで教わったことが

ない、

 

 

 

 

という生徒さんが

ほとんどです。

 

 

 

 

理由が分からずに

勉強をするとなると、

やらされ意識が先行する

ように思います。

 

 

 

 

なので、

「勉強する理由」を

自分なりに考えて、

 

 

 

 

自分なりの落としどころを

見つけることが、

 

 

 

 

とてもとても

重要なのだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月15日 (火)

 

 

 

 

誰のために勉強するのか❓

🎾

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

なんのために勉強するのか❓

 

 

 

 

というお話し(問いかけ)

をしたときに、

 

 

 

 

「自分のため」ということを

いつも強調しています。

 

 

 

 

もちろん、

それは、家族のためであり、

周囲のためにも

なることです😊

 

 

 

 

しかしながら、

メインは自分のためです。

 

 

 

 

ところが、

自分のためと考えると、

 

 

 

 

モチベーションが

上がりにくいことが

あることもあると思います。

 

 

 

 

わたし自身もそうですし、

これは、一般的にも

言われることです🌝

 

 

 

 

他人のためになる、

とか、

 

 

他人に対して責任が生じる

 

 

 

 

ということになれば

プレッシャーがかかり

 

 

 

 

これが高いモチベーションに

なることはあると

思います。

 

 

 

 

全米オープンテニスで

大坂なおみ選手が

優勝しました👏

(2020.9.13現地)

 

 

 

 

テニスは世界の

プロスポーツの中でも

メジャーの部類に入ります。

 

 

 

 

そして、全米オープンは、

世界4大大会=グランドスラム

のうちの1つです。

🎾

 

 

 

 

今回の大会で、

大坂選手は名前入りの

7種類の黒マスクを

つけていました。

 

 

 

 

詳しい背景は省略

しますが🙇、

 

 

 

 

1回戦から7回戦=決勝

まで、毎回名入りマスクを

変えていました。

 

 

 

 

決勝まで行けば

7枚のマスクをして

公衆の面前に見せる

ことになります。

 

 

 

 

自分のためのみならず、

マスクの名前の1人1人

のためにプレイしたと 

思います。

 

 

 

 

もしも、途中で

トーナメント敗退すれば

 

 

 

 

残りのマスクの名前は

アピールできない

ことになります。

 

 

 

 

みんなも注目してみている。

用意している7人分の

マスクをみせなければ・・・

 

 

 

 

そう思えば、

自分がやっていることに

責任も感じるはずです。

 

 

 

 

きっと、

そんなプレッシャーも

自分に課して闘って

いたのではないでしょうか❓

 

 

 

 

自分のためのみならず、

他人のため、

周囲のため。

 

 

 

 

同じ次元の話しでは

ありませんが、

 

 

 

 

自分以外のため、

という考えも

 

 

 

 

勉強する理由にある以上、

(社会貢献だって

知恵があった方が

人の役に立つはず)

 

 

 

 

それも強調していければ

と思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月13日 (日) 

 

 

 

 

 

 

なぜ勉強するのか❓

 

 

 

 

 

こんにちは、

静岡学習塾の西ヶ谷です。

 

 

 

 

「なぜ勉強するのか❓」

 

 

 

 

いまさらながらですが、

また原点に戻って

(必要のある)生徒さんに

お話ししていきたいと

思います。

 

 

 

 

勉強ができるように

なるためには、

まずは「意識」、

 

 

 

 

最初は技術ではなく

精神的な意識の問題が

大きく左右すると

思っています。

 

 

 

 

意識が確かでないと、

せっかくお教えしたことの

効果も半減します😢

 

 

 

 

復習してくれなかったら

やったことがパーに

なります。

(定着しないので)

 

 

 

変わらない人たちもいます😢

 

 

 

 

人は、1回言っても、

なかなか納得して

変化してもらえるもの

ではありません。

 

 

 

 

なので、

これからは、

もう言ったから・・・、

ではなく

 

 

 

 

繰り返して関連のお話しを

納得してもらえるまで、

変化するまで、

個々に続けていきたいと

思います。

 

 

 

 

 

まずは、意識が大事。

 

 

私は、このことについては

経験上、かなりの確信をもって

します。

 

 

 

 

なので、

 

「意識」の話し

なぜ勉強するのか❓

 

 

 

の話しを個別に

問いかけながらして

いきます。

 

 

 

 

 

 

 

I am study~  

 

 

 

 

こんにちは、西ヶ谷です。

 

 

 

 

夏期講習で中1の生徒さんに

英語を教えていたところ、

 

 

 

 

I am study English.

 

 

 

 

と書かれていました

(T_T)

 

 

 

 

amはbe動詞

studyは一般動詞

 

 

 

 

主語+be動詞+一般動詞~

 

 

 

 

の文は、

文法的には🙅です。

 

 

 

 

主語のあとに

動詞が2つ連なることは

ないんです👋

 

 

 

I am studyingや

 

 

You are studyingなら

 

 

 

 

Be動詞+現在分詞

 

 

※現在分詞は動詞ではありません。

 

 

 

 

となって

この2つの組み合わせで

動詞の役割を担います。

 

 

 

 

進行形自体は

対して難しくはないですが、

 

 

 

 

この点はややこしいので

気をつけたいところです。

 

 

 

 

文法を文法として

しっかり理解していないと

 

 

 

 

I am study~ 

 

 

 

 

みたいなまちがいを

してしまうのでは

ないかと思います。

 

 

 

 

主語って❓

Be動詞って❓

 

 

 

って言う生徒さんも

多いので

 

 

 

※中学校間でバラつきあり❓

 

 

 

 

学校で、文法を

文法として

やってないんじゃないかと

思います。

 

 

やってたらすみません🙇

でも、バラつきはありそうです。

 

 

 

 

文法を単純なものでも

しっかり理解していないと

 

 

 

I am study~ のような

文ができてしまいます。

 

 

 

 

実は、

I am study~ をみたとき

 

 

 

ぎょぎょっ👀

 

 

 

 

と思うことは

ありませんでした。

 

 

 

 

なぜなら、

見慣れているからです。

(T_T)

 

 

 

 

やらかしてる人は

案外多いんです。

 

 

 

 

テストで平均超えてても

平気でやってますよ。

👋

 

 

 

 

なんでもそうですが、

 

 

 

 

基礎!

基礎!

基礎!

基礎!

 

 

 

基本が大事!

 

 

 

 

中1のときから、

このミスを後まで

引っ張ってしまうと、

 

 

 

 

中2、中3で、

こんな基本的な内容の

ミスをやらかして

しまいます。

 

 

 

 

土台ができてない状態で、

上に建築物を建てる

ようなもの。

 

 

 

 

やったことが積み上がって

こないので、

 

 

 

成果は出ず、

そして、結果が出ないから

 

 

 

やる気も失われます。

 

 

 

 

中1の最初の英語で、

なんとなくこうだ、

 

 

 

 

というフィーリングで

やってしまうと、

 

 

 

 

あとで、

ドえらい目を

見るかもしれませんね😌

 

 

 

 

📈

 

  

  

当塾の小学生の生徒さん👧が作成したスケジュールです。
当塾の小学生の生徒さん👧が作成したスケジュールです。

  

 

 

 

 

 

Site Menu 

 

【ホームページ】(👈click)  

【お問い合わせ】(👈click)

短期集中特別講座(👈click)

最近のブログ(👈click)

こんな生徒様を募集(👈click)

授業料・時間割り(👈click)

塾生様・保護者様の声(👈click)

よくある質問(👈click)

自己紹介(👈click)

入塾手順・ルール(👈click)

講習・イベント情報(👈click)

 塾生の部屋】(👈click)

概要(👈click) 

サイトマップ(👈click) 

 

 

 

 

 

  

静岡市 駿河区 塾 学習塾、 数学、英語、算数  中学生 小学生 葵区、清水区からでもOK
【こちらをクリックorタップ👆👆👆】でホームページへGo!


「継続は力なり」を実践する